みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!
174
笹井 @swimin15
大正12年に書かれた小説家番付を見つけたんですが、人選がえらい面白いことになっている…自然つよい🍃 pic.twitter.com/BX41K82Pye
 拡大
笹井 @swimin15
タヤマ先生なら全員一本背負いでなぎ倒していけそうだよね。
笹井 @swimin15
アリシマブラザーズが3人とも入ってるの凄いなって思うし、逆にカン先生は当時売れていたはずなのになんで入っていないんだろう?地属性vs水属性のキクチ対決に敗れて欄外になってしまったのだろうか…
笹井 @swimin15
これの全編はデジタルコレクションで見れます。 作家の他にも定番の長者番付から武将番付、名刀番付、ご飯番付、嘘番付とかなんでこれを番付にしようと思ったんだろ…ってのがたくさん載ってて時間泥棒でした。 dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid…
反応
ぶんちゃん @bunchan0602
ねぇ、これすごいやばいんだけど (昔の作家大好きマンにとったらたまんらんぜ) twitter.com/swimin15/statu…
fosseder @fosseder
芥川龍之介とか志賀直哉とか、現代の知名度からするとだいぶ低いな。これが当時の共通認識ってこともないだろうけど。 twitter.com/swimin15/statu…
むらパカ@11/17ナンジャ @mrpk_130_x
花袋さんと藤村が横綱なのしんどい好き(^ω^三^ω^)
うっく@マカロン @ukku1102
小説家なのか微妙な人がたくさん入ってる…小説も当時は書いてたのか? 高浜虚子とか twitter.com/swimin15/statu…
ふつうのおばさん @_heibonitiban
志賀直哉や芥川龍之介が随分下位にあるなあ。このころまだ若手だったのかな?年齢知らないけど。 twitter.com/swimin15/statu…
零崎友識 @zerozaki_isa
前頭で武者小路実篤か…
Takuya Takeuchi @takx2
元のデータをダウンロードして見てみたら、各番付のタイトルデザインが地味に頑張っててすごい。大正タイポとでもいうんだろか…明治からあったんかな? twitter.com/swimin15/statu…
u @ingansseuregi
一段目二段目にも読んだことはおろか名前も知らない人がいて三段目になると久米正雄と半井桃水くらいしか知らないけど、松田竹の島人さんの名前が気になって調べたら熊本の人で時代小説を書いていたらしい。当時は人気作家でも百年後まで名声が残るとは限らないのよね。 twitter.com/swimin15/statu…
コロナこんこん(RITU)@STG作る! @qwas669
(真っ先に田山花袋さんが目に入ってしまった……)
シャケ800t @shake800t
RT>田山花袋の一時期の作風に関しては賛否両論あったらしいからもうちょい番付下だと思ってた…!人気者にはアンチも多いの法則?
ハイパーえさD @esa_C
上毛かるたでおなじみの田山花袋ってそんなすごかったのか…
夕凪🐡 @unagi189
田山花袋強そうだもんなぁ…
リンク Wikipedia 31 田山花袋 田山 花袋(たやま かたい、1872年1月22日(明治4年12月13日) - 1930年(昭和5年)5月13日)は、日本の小説家。本名、録弥(ろくや)。群馬県(当時は栃木県)生れ。尾崎紅葉のもとで修行したが、後に国木田独歩、柳田國男らと交わる。『蒲団』『田舎教師』などの自然主義派の作品を発表し、その代表的な作家の一人。紀行文にも優れたものがある。栃木県邑楽郡館林町(越境合併により..
行司
残りを読む(12)

コメント

白石玄人 @ShiraishiGento 2018-05-28 19:41:14
夏目漱石がいねぇ…! と思ったら大正五年に鬼籍に入ってた(森鴎外の行司入りはこの番付作成時にはまだ生きてたのかもしれない)。
白石玄人 @ShiraishiGento 2018-05-28 19:51:19
リンク先の今古大番附は、当時の風俗・流行が垣間見れてすごく興味深い。日本地理的番付に臺灣、朝鮮、樺太が普通に入ってて時代だなぁ、と。
こねこのゆっきー @vicy 2018-05-28 20:13:53
データに基づくランキングじゃなくてさ、個人の主観に基づくランキングってのが面白いよな。売上なんかに現れない価値観を見ることができて
Destroyer Rock @hondapoint 2018-05-28 23:18:18
くっこれは見つけられなかった。不覚!
シン・世界の片隅のスゥ。 @_2weet_sue 2018-05-29 00:07:40
勧進元に名のある人らが(黒岩涙香しかワカラナイけど^^;)文壇バーとかで飲みながらワイワイ拵えたのかなー?ぃゃワイワイぢゃなくて侃侃諤諤?喧喧囂囂?どっちにしても楽しそー♡
上下逆さまつげ @kitayokitakita 2018-05-29 02:44:44
出ていった弟子の布団でホニャララした人が居ますねぇ…
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2018-05-29 06:13:01
ヨコジュンの「日本SFこてん古典」の愛読者としては江見水蔭とか村井弦斎という名前があるのが嬉しい
ヘボピー @hebop_ 2018-05-29 07:45:59
大正12年の番付ってことはこのあと4,5年後にはしんでるのか芥川龍之介
五月 @xf52_523 2018-05-29 08:30:04
以前大正時代の小説を買ったら、巻末の広告で芥川龍之介が期待の新人みたいな扱いされてて不思議な感じがしたのを思い出した。
神宮寺(奇祭の古老)まこと @jingu77 2018-05-29 08:30:27
(=-ω-) 当時のブームなんだろうなぁ。
kitty guy @namaegawakannai 2018-05-29 08:34:36
楽しい資料をありがとうございました。東京番付調査会、なるものの社会的位置付けが気になります。同じ事を今やったら――、おっと誰か来そうだからやめておこう。w
なんもさん @nanmosan 2018-05-29 09:03:15
菊池寛が入ってないのは単に中里介山とかと同じ扱いで通俗小説作家だからでしょうね。これを戦後作家でやったとしても、赤川次郎や西村寿行はおろか司馬遼太郎や山崎豊子ですらこの手のランキングには入らないものです。そして三浦朱門がなぜか絶対に入るw
森の眼鏡オヤジ @kgbn1112 2018-05-29 09:32:01
芥川龍之介と武者小路実篤しかわからん
長介 @chousuke 2018-05-29 09:37:48
田山花袋が大きな影響力を持つ小説家のチャンピオンだったってのはこの当時の文壇の話のなかでよく出てくるんだけど、じっさい「蒲団」とか彼の作品読むと「ええ……嘘だろ……」ってなるよな。ほんとにチャンピオンだったっていう傍証のひとつ。
holozoa @holozoa55 2018-05-29 09:38:16
ShiraishiGento その鴎外も前年の大正11年に亡くなっているんですよねえ。
えいふぉ @eifo_15 2018-05-29 10:40:02
田山花袋が自画自賛でなく群馬が誇る文豪であることを、実は群馬県の殆どの人は知らない。
せんたく @senn_taku 2018-05-29 10:45:52
ニヤニヤしながら眺めちゃう
KAMON @KAMON_Yammani 2018-05-29 11:03:15
この番付表って、なんJの「打線組んだったwwww」のご先祖様か。
ろんどん @lawtomol 2018-05-29 11:19:11
菊池寛が入ってないのは「通俗小説作家だから」とすると、岡本綺堂が前頭筆頭なことの説明が難しいような
rath @rath_t 2018-05-29 11:28:32
当時の年齢はだいたい… 森鴎外 61(60歳没) 島崎藤村 51 田山花袋 51 有島武郎 45(この年に亡くなる) 永井荷風 44 志賀直哉 40 武者小路実篤 38 谷崎潤一郎 37 芥川龍之介 31
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2018-05-29 12:03:58
島崎藤村に田山花袋……人気小説家になるためには、教え子に恋をすれば良いのか。
ろんどん @lawtomol 2018-05-29 12:06:46
大関の菊地幽芳って誰?とWikipediaを調べてみたら、「己が罪」は20回、「乳姉妹」は13回も映画化されたほどの人気作家だったんですね…全く知らなかった
Tadashi @tadashifx 2018-05-29 12:19:09
eifo_15 田山花袋の名前を半強制的に刷り込まれる時期に田山花袋なんて絶対読まないので仕方ないと思います。
ながぐつ @high_boots 2018-05-29 12:38:19
政宗白鳥とか森田草平も入っているのか
白石玄人 @ShiraishiGento 2018-05-29 12:39:39
holozoa55 だからこの番付作成は大正十一年(かそれ以前)の可能性大、とかそれだけで推し量れるものがあったりして面白い。
シオシオ神殿 @WsaltTemple 2018-05-29 12:57:59
さすがグンマーが誇る文豪やで
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018-05-29 13:10:23
岡本綺堂と久保田万太郎がいるのに長谷川伸がいないや。
FX-702P @fx702p 2018-05-29 13:23:37
岡本綺堂、もうちょっと下かと思い込んでて「ないなー」と探してしまった。
Ralph Rdlizer@Where'll we go from now? @Ralph_Rdlizer 2018-05-29 13:24:03
後見の徳冨蘆花・行司の森鷗外・幸田露伴・坪內逍遙の四氏はむしろ番付上位に入れてさしあげるべきでは…。
黄色いちくわ @yellow_chikuwa 2018-05-29 14:43:06
昔から「強さランキング」ってあったんだな
片岡靖博 @katakatayayayaa 2018-05-29 16:36:48
この頃の作家さんって、本がかなりの高級品で購読者が少なく生活が苦しかったらしい。数年後に円本ブームでようやく本を買って読む層が増えて作家の生活が安定するんだけど
signal9.jp @Signal9J 2018-05-29 16:46:50
例えば大関の菊池幽芳なんて、翻訳(翻案)ものから大衆小説、いわゆる「家庭小説」という1ジャンルを打ち立てて、アホみたいな数の映画化までされた超人気作家(おまけに大阪毎日の社会部長→取締役)だったわけだが、今時読んだことのある人がどのくらいいるだろう。作家としての名前の残り方って不思議。
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018-05-29 17:35:53
Ralph_Rdlizer 多分その4名は番付に入れると(権威的な意味で)色々問題があるから番付外の後見や行司役にしたんじゃないかと。
Ralph Rdlizer@Where'll we go from now? @Ralph_Rdlizer 2018-05-29 18:34:01
maki_miquette なるほど…お教え頂きありがとうございます。
なんもさん @nanmosan 2018-05-29 18:56:07
katakatayayayaa たしかに書籍の部数はあまり出ませんでしたけど、大正期は原稿料が飛躍的にアップした時代でして、定期的に新聞や雑誌に書いてるかぎりは中流以上の暮らしは余裕だったようです。たとえば関東大震災の時期の相場で中堅程度の作家が原稿用紙1枚あたり10円程度、現代では2万円以上もらってた感じです。まあ原稿料は昭和に入ってからあまり上がらなくなったようですけど。
有芝𝕸𝖆𝖍𝖆𝖑殿下。 @Mahal 2018-05-29 19:27:31
xf52_523 昔の「燃えよドラゴンズ」で、「期待のルーキー○○くん」のとこにすげー古い名前が入ってるときに起きる感情
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2018-05-29 20:58:07
「風雲児たち」でも紹介されていた、江戸時代の蘭学者番付( http://bit.ly/2JbyKNI )。司馬江漢が「銅屋の手代高慢うそ八」とか「唐絵星の丁稚猿松」とか酷いこと書かれているやつ。相撲の番付表に見立てたものもあります( http://bit.ly/2H24dwy )。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2018-05-30 06:20:32
仇討ち番付( http://bit.ly/adauchi )、倹約おかず番付( http://bit.ly/okazu_rank )。何でもありだな。
散歩 @808cho 2018-05-31 01:36:05
上司小剣が前頭に出てて「ほえええ」となった
散歩 @808cho 2018-05-31 01:38:37
つかかなり大衆作家多いじゃん。
冶金 @yakeen4510 2018-05-31 09:46:23
鷗外が死んでるのならこの番付に出てくるのはおかしいから、俺もこの番付作成時にはぎりぎり生きてたんじゃないかと思う。というか60で死んでるのに「当時61」って絶対おかしいぞ(笑)。坪内逍遥とか幸田露伴って、かなり長生きだったんだなぁ(知りませんでした)。
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2018-05-31 10:47:20
808cho 当時のリアルタイム流行作家ランキングなので、大衆作家が多いのは必然ですね。今なら池井戸潤や天童荒太、東野圭吾に海堂尊、宮部みゆき、大御所扱いで村上春樹あたりがランキングに入る感じでしょうか。
こばやしゆたか @adelie 2018-05-31 16:46:28
そして「SF作家はいない」と筒井康隆が夕刊フジに書く。//
HAGANE @hagane_enn 2018-06-03 14:01:23
hebop_ そういう歴史を俯瞰した感想を持てるのは後世の人間の特権ですねぇ。 この本には「古今災害番付」なんてのもあって、横綱は明暦3年の振袖火事、安政3年の江戸台風、大正6年の暴風雨の3件。 大正12年4月に発行されたこの本には、その5か月後に起きる関東大震災はまだ記されていないのだ。 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1185061/43
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-09-09 20:38:51
定本花袋全集って全28巻・別巻1巻もあるのよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする