紗凰まとめ

140字SSとそれに関連したネタ妄想まとめ
0
美桜 @shootandsay

一凰はキャットファイトから始まると見せかけて何気に一紗さんが面倒見がいいところと、苛立つ相手でも凰香さんはちゃんと実力を評価してくれるところと、でも結局は意地っ張りな二人なので素直には関係性が進まなさそうなところがとても可愛いと思います。

2018-05-19 22:05:25
美桜 @shootandsay

あと一紗さんが、二葉くんの凰香さんへの憧れを正しく理解している関係で、ここで自分が凰香さんと関係を持ってしまうと二葉くんが悲しむんじゃないかと葛藤しそうなところも萌える。

2018-05-19 22:11:09
美桜 @shootandsay

凰香さんが、仕事のことは孝明さんに相談にいってしまうのがむかつく一紗さん、とかいたら可愛い。

2018-05-19 22:14:05
美桜 @shootandsay

企画書に落とされていた視線が宙をさ迷う。誰を探しているのかを推測するのは簡単で、その事実が無性に俺を苛立たせた。 「ママに確認しないとわからないってか?」 口をついて出た皮肉に綺麗な顔が顰められる。言い返す代わりに席を立った凰香に対応を間違えたことを気づかされて知れず舌打ちが漏れた

2018-05-19 23:14:13
美桜 @shootandsay

気だるげに肩に肘を置かれ首筋を吐息が擽る。いつもの挑発的な眼差しは、恐らくカメラの方へ。隣に並ぶ俺の髪とのバランスを考えて、毛先の流れを計算しているんだろう。すっかり仕事モードなのがなんとなく、ムカつく。 「おい」 振り返ったところで顔を近づける。そう、その驚いた顔が見たかった。

2018-05-20 00:41:07
美桜 @shootandsay

@sovereignsorrow 撮影中、隣にいたらしい一紗に突然顎を掴まれた。強引に振り向かせられ、至近距離でジロジロと顔面を見つめられる。何を、と抗議するより早く、シニカルな笑みとともに指が離れた。 「笑顔が嘘くさいな」 指摘に苛立ちかけたのはそれを自覚しているからで。見透かされた自分の甘さに腹が立った。

2018-05-20 13:12:11
藤原美桜 @sovereignsorrow

「せいぜい頑張れよ、凰香ちゃん」「そっちこそ、手を抜くなよ、お兄ちゃん」ってお互い呼ばれたくない呼称をあえて使って煽りあう一凰(撮影中)

2018-05-26 14:09:27
藤原美桜 @sovereignsorrow

「こらっ、兄さん!」「あっはは、お前らほんと仲いいなぁ」「あれは、仲がいいって言っていいんでしょうか……?」「よかったな一紗!弟が増えた!」って和気藹々としているメンバーの後ろで戦々恐々としているスタッフさん。

2018-05-26 14:12:08
美桜 @shootandsay

【美桜の一凰】 「ささいな事でも幸せだと思えるって、良いね」 #この台詞から妄想するなら shindanmaker.com/681121

2018-05-28 12:22:19
美桜 @shootandsay

「ささいな事でも幸せだと思えるって、良いな」 「……いきなりどうした」 らしくない言葉が漏れたのを、横にいた凰香に聞かれてしまったらしい。己の迂闊さに漏れた舌打ちも聞き取って、整った眉が顰められる。追い払うように手を振ると、小さなため息を残して凰香はソファへと向かっていった。

2018-05-28 12:59:37
美桜 @shootandsay

共有ルームを満たす穏やかな空気、楽しそうに繰り広げられる他愛もない会話。凰香はそういうものを全部拾い上げて、大事に抱えながら、さらに上を目指す糧にしているのは見ていて分かる。俺には、それが出来ない。……幸せは、大切にしてきたものは、全部自分自身の手で壊してきてしまったから。

2018-05-28 12:59:38
美桜 @shootandsay

きっと俺はずっと、お前には敵わないんだろう。むかつくくらい真っ直ぐて、素直で、凛と伸ばされた背中を見つめていてそう実感する。じくじくと胸を苛む苛立ちを誤魔化すために、俺はほとんど空になっているブランデーグラスに手を伸ばした。

2018-05-28 12:59:38
美桜 @shootandsay

美桜の一紗は凰香の心をすべて染めてしまいたかった。だから、いけない遊びを教え込んだんだ。俺だけを見て。 #君がほしい shindanmaker.com/753770 すっごい一紗さんっぽい

2018-06-02 21:36:07
美桜 @shootandsay

何色にでも染まる白、ではなく、全ての色を跳ね返す純白。それが初見の印象だった。そのイメージは結局いまに至っても覆ることはない。 長いこと芸能界にいるはずなのに、その闇に染まっていないのが妙に癪に障った。人形みたいな外見そのまま、周囲に大切に育てられてきただろうことが分かったから。

2018-06-09 21:48:40
美桜 @shootandsay

その『白』を汚したかった。始めはそんなきっかけだったはずだ。それが。 「凰香」 部屋の前を通り過ぎようとした凰香に呼び掛けて引き寄せる。部屋の扉が閉じきるのも待たずに唇を重ねる。触れるだけから、徐々に深く。1か月近く根気よく仕込んだ結果、いまは拒絶されることなく受け入れられている。

2018-06-09 21:48:41
美桜 @shootandsay

顔が離れるころには蕩け切った表情を浮かべている凰香の体をドアに押し付ける。熱のこもった吐息を漏らしたのちに、欲に潤みかけていた白銀の瞳に強い光が戻った。 「……いきなり、なんだ」 言いながら、ぐいと濡れた口元を手の甲で拭う。その気の強さとプライドの高さがたまらない。

2018-06-09 21:48:41
美桜 @shootandsay

「別に。物欲しそうな顔して歩いてるからだろ」 揶揄を真剣に受け止めて、眼差しにさらに力がこもる。あぁ、マジで。このままこの場でぐちゃぐちゃにしてやりたい。 「お前が飢えてたからそう見えただけだろう」 はん、と鼻で笑われて背がぞくぞく震えた。白は白のまま。どれだけヤっても染まらない。

2018-06-09 21:48:41
美桜 @shootandsay

「自意識過剰じゃね?誰がお前なんか」 笑って突飛ばそうとした瞬間、胸倉を掴まれて引き寄せられる。噛みつくようなキスは、一瞬で離れていった。 「俺が、なんだって?」 薄く笑んだ唇は、鮮やかな『紅(あか)』。真っ白な中に存在する俺の色に、昏い欲望が疼きだす。

2018-06-09 21:48:41
美桜 @shootandsay

「はっ、上等」 細い体を硬い鉄製の扉と俺の胸の間に捉えて。『白』を染めているのか『白』に染められているのか。境界線さえ曖昧になりそうな熱に身を預けながら視界の端で捉えたのは、白い指に纏わりつく他の男の『色』だった。

2018-06-09 21:48:42

↓以下マイスタのネタバレあり

美桜 @shootandsay

切り替えが上手くないタイプだという自覚はある。 スチル撮影なら問題が無いが、テレビ番組や歌唱披露となると話は別だ。慣れない分野で完璧の仕上がりを、と考えるとどうしたって雑念が色々と入り込んでしまう。 余計なことを考えずにパフォーマンスに集中する。そのための切り替えが上手く行かない。

2018-07-04 21:23:59
美桜 @shootandsay

普段なら、静かな空間で数回深呼吸をすれば入るスイッチも、こう騒々しい楽屋では簡単にはいかない。どこか落ち着ける場所をと探してさ迷うにも、あまり離れてしまうと集合時間まで戻ってこれない可能性が出てくる。 今日もどこか人気の少ないところをと探しているうちに、非常階段に出てしまった。

2018-07-04 21:23:59
美桜 @shootandsay

まぁ、利用する人も少ないだろうし、外に設置されているわけでは無いから人目を気にする必要もないだろう。そう考えて壁にもたれかかり呼気を吸い込んだ瞬間、扉が開き予想していなかった人物が姿を現した。 「……なにやってんだ、お前、こんなとこで」 「それはこっちの台詞だ」

2018-07-04 21:24:00
美桜 @shootandsay

不審さを隠さない声音で問いかけられ思わずこっちの声にも険がこもってしまう。俺の言葉に赤い瞳を微かに眇めて、一紗は目の前の階段に腰を下ろした。 「あのバカがあまりにもうるさいから逃げてきたんだよ」 「あぁ。……それは災難だったな」 直助の『気合注入』は騒々しいなんてもんじゃない。

2018-07-04 21:24:00
美桜 @shootandsay

あれから逃れたいという気持ちは理解が出来て頷くと、視線で先程の問いへの答えを促された。 「俺も似たようなものだ。あそこは落ち着かないからな」 「特にお前みたいなタイプはそうだろうな」 納得したのか肩を竦めた一紗が膝に肘をつく。じっと見つめてくる視線に居心地の悪さを覚えた。

2018-07-04 21:24:00
残りを読む(7)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?