10周年のSPコンテンツ!

第2回情報法制シンポジウム実況(午後)

一般財団法人情報法制研究所主催 第2回情報法制シンポジウム(2018/6/3)午後の部。ハッシュタグ #JILIS02 から抽出しています。参加者の善意によるメモの共有であり登壇者質問者の発言内容を保証するものではありません。 午前の部↓ https://togetter.com/li/1233503
GDPR 海賊版サイト 法律 個人情報保護 ブロッキング 防災 情報公開 AI
4
鈴木正朝 @suzukimasatomo
情報法制研究所第2回情報法制シンポジウム(無料) 6月3日(日)10:00〜17:50(東京大学伊藤謝恩ホール) お申込は、下記サイトから(残席49、交流会はあと数名) jilissymposium2.peatix.com/?lang=ja 当日ハッシュタグ #JILIS02
リンク Peatix 234 【入場無料】第2回情報法制シンポジウム  1. 主 催 一般財団法人情報法制研究所(JILIS)2. 共 催 情報法制学会(ALIS)3. 日 時 2018年6月3日(日)10:0... powered by Peatix : More than a ticket.

さとうあきひろ @akihirosato1975
午後になってさすがに会場は7割ぐらいの入りに。やっぱりみんなGDPRの話目当てなのか?それかその後のブロッキング問題パネルの方か? #jilis02
SAKIYAMA Nobuo/崎山伸夫 @sakichan
午後の開始前に着いて堀部先生の基調講演から。 #jilis02
基調講演 情報法制研究の対象としてのデータ保護法
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:今日最初は、GDPR と十分性認定という内容で、という話でしたが、今日の時点では話をするのは難しいだろうということで、研究対象としてのデータ保護法ということにして、今まで、日本でこの問題をどのように扱ってきたのかを。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:日本で一貫してこの問題を扱ってきたのは私のみでして、そういう意味では生き証人として話をしながら、先程、高木先生から、日経の記事の言及がありましたが、それはまだ途中段階でもありますし、委員会として議論もしていませんので、そのあたりは、 #jilis02
さとうあきひろ @akihirosato1975
日経の記事の件は委員会として最終的な議論をしていないので、5/31のステートメントに触れるにとどめたい@堀部先生 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:こういう学問を提唱しましたのは 1970年台でありまして。その後も研究を続け、それまでのことも機会がありましたらまとめたいところでありますが。 #jilis02
samiii @samiii_xyz
午後の堀部先生の基調講演。 今日の段階ではGDPRについてお話しするのは難しい、とのことで、『GDPRと十分生認定について』→ 『情報法制研究の対象としてのデータ保護法』に変更。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:今、色路なところでプライバシーという言葉が使われていますが、三島由紀夫氏を提訴したことがありました。小説「宴のあと」の内容について有田八郎氏が。 学会でプライバシーが議論されるように。プライバシー侵害という主張は通るか?など。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:1964年にプライバシーを険路として認める判決が。東京地裁 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:この訴訟をメディアは大きく取り上げた。プライバシーの権利 はカッコ書きであったが、メディアは問題を投げかけるのではということで、メディアは関心を持ったのだろうと。表現の自由との関連も議論。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
このとき、プライバシー侵害だという訴訟が起きていなければ、日本ではなかなか関心が高まらなかったでしょう。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:1961年に、プライバシーが流行語になったという記述も。 #jilis02
さとうあきひろ @akihirosato1975
宴のあと事件についてはwikipediaがとりあえずある程度まとまってるかなぁ。ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B4… #jilis02
Tomoharu Sato @higetomo
『宴のあと』とプライバシー侵害とは30数年前の憲法の講義が懐かしいな~。と思ったら、堀部先生は伊藤正巳氏(元・最高裁判事)の門下でしたか #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:学会では、どういうふうにこの問題を考えていくかを議論。その議論はこの本郷キャンパスで始まったと言っても過言ではなく。 当時、プライバシーというのを、どういう日本語にするかについても議論しました。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:どの言葉も、プライバシーという概念に、一対一で対応する日本語がなく、プライバシーという肩書で日本語になっている状態です。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:昨年、2017年9月に、香港で、データ法プライバシーの国際会議がありました。アジアにおけるデータ保護について議論し、日本について話をしてほしい、と。ユニジャパンについても、と。これは何なのだろう?と。どういうふうに捉えようか、と。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
事務局と議論。色んな国で、プライバシーをそれぞれの言葉に訳したりしていますが、日本ではそういう言葉がないまま日本語になりましたので、日本ではこういうことを許容しているんだということで、スピーチの中でも触れまして。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:外国の方から、日本はそういうものなのか、よくわかったと、何人もの方から評価をいただきました。 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
堀部先生:1964年9月28日、東京裁判所が、プライバシーを険路として認める判決を出しました。私生活をみだりに公開されないもの、と。人格権。マスメディアが発達した中では、権利として認めていくべき、と。ただ、当時、 #jilis02
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
日本では、一方で、都市化、住宅にしましても、団地ができ始める、家が接していて、お互いに隣を知っている状況では、なかなかプライバシーの議論がしにくい状態。しかし都市化の中で、人間関係が希薄に。そういう中でプライバシーをどう考えればよいかを議論した。 #jilis02
残りを読む(346)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする