編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!

囲碁の先手「黒」後手「白」 ボードゲーム用語

海外のゲーム「チェス」とか。 先手が白(および薄い色) 後手が黒(および濃い色)がおおい。
ゲーム ボードゲーム 後攻 先攻 囲碁
2379view 2コメント
11
ログインして広告を非表示にする
SIM(シム)@予定調和 @sim3simo3
海外の二人零和有限確定完全情報ゲームは 先手が白(および薄い色)で 後手が黒(および濃い色)な事が多い。 日本とは逆なのだ。
北条投了 @give_up3
@sim3simo3 碁も昔は白が先手だったそうですが(「素人」「玄人」という語はそこからきた)、なぜか逆になってしまったそうで。
SIM(シム)@予定調和 @sim3simo3
@TTB1997 ボードゲーム研究室「おしえてTTB」のコーナーへに質問が来ています。 twitter.com/sim3simo3/stat… 昔は、白が先手だったようですが。 この辺のお話をしてください!
TTB#次回ゆうもあゲーム会大阪9/30 @TTB1997
@sim3simo3 これには諸説あって残念ながら定まった見解はありません。私がよく説明しているのは、一番やってる囲碁(先手が有利)の例で、昔(三国志演義でも囲碁あります)は今と違って照明がないやたらに暗いので、石を見分けやすい薄い色を目上の人に勧めて先に打たせていたという書き物があったはずです。😅
SIM(シム)@予定調和 @sim3simo3
@TTB1997 すると、 目上の人が白を握って先番。 あれ?じゃあ、目上の人が勝っちゃう。 ヒカルの碁で、サイが 「黒を握ったら私は負けたりしませんでしたから」と言ってたけど、あの時代には黒が先番なのかな。
TTB#次回ゆうもあゲーム会大阪9/30 @TTB1997
@sim3simo3 いやあ、正直わかりません。中世~近世頃には今のルールになったと言われていますがそれも確認する資料はなかったはずです。『ヒカルの碁』を読んだことがないので間違っているかもしれませんが、サイは「先番不敗」の異名をとった秀策がモチーフなのでそんなセリフがあるのでしょうかね。😅

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2018-06-11 18:03:48
囲碁はその昔には、ある程度石を置いた状態で始めたのだそうだ。 ハンデ戦でなく互角の戦いでも、両者同等の石を決められた位置に置くとか。 何もないところにいきなり置きはじめたのは日本が先らしい
冶金 @yakeen4510 2018-06-12 02:05:11
時計回りもちょっと前までの日本では「泥棒まわり」と言われていた。その頃は多分ばば抜きなんかも反時計まわりでやってたように思う(確証はない)。麻雀もそういや反時計だな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする