『仮面ライダーV3』の効果音ツイート まとめ

2012年9月から半年間、東映チャンネル『仮面ライダーV3』の放送日に合わせて行なった、効果音に関するツイートをまとめてみました。 ツイートした後になって、考察を誤った箇所が一部存在したり、書き方はこうすべきだった・・・と恥じ入る点もあるのですが、ほぼそのまま残しました。 何かのお役に立てれば幸いです。
仮面ライダー 効果音 特撮
36
吹太 @su_i_ta
東映チャンネルで本日17:00から『仮面ライダーV3』が2話ずつ更新で放送開始されますね。そこで、各話初回放送前に、この作品の効果音に関するツイートをしてみようと思い立ちました。まぁ読んでも役に立たないかも知れませんが、何かの興味に繋がれば幸いです。では今回は第1、2話を。(続)
吹太 @su_i_ta
▽1話終盤の初登場時を始め、見得を切る時に流れる「ブイスリー」と発音するV3用アクセント。場面に応じて鳴りが力強いもの、弱めのもの等、数タイプあります。素材に使われたのは口笛(もしくは指笛)と思われ、録音したテープの再生やエフェクター処理等の細工で作られたのでは?そもそも(続く)
吹太 @su_i_ta
1号・2号のアクセントは、実写版悪魔くん6話のマネキン人形の目が光る時等に使った東映のライブラリー効果音を更に細工したものですが、その音も口笛(か指笛)を素材にしたものと思われ、それを推察した協立効果が後継のライダー・V3用のアクセントにも同じ素材から作った…と考えると、(続く)
吹太 @su_i_ta
音作りの職人の経験と勘の凄さを感じませんか?尚、V3用アクセントの初使用はV3自身ではなくて、風見志郎の改造手術の際に“エネルギー全開”を行う1号のベルトが光る時という罠。▽デストロンアジトの室内音に使う「グイーン、グイン」を繰り返すSEは『鉄腕アトム』で使っていたもの。(続く)
吹太 @su_i_ta
という事は大野松雄さん作?アトムのSEが東映に来た経緯はこちらを→ http://t.co/svRFNQsNそして、デストロン首領・発言時の電飾点滅音についてはこちらを→ http://t.co/J2LzaSrw▽2話で初披露となる風見志郎の変身ポーズ。そのSEは(続く)
吹太 @su_i_ta
V3用アクセントや、ライダー16話の古代生物ピラザウルスがショッカー科学者に掴まれて身をよじらせる時の「キュリキュリ」という音など、ある程度使う音は決まっているが、回によって登場する音や、各SEの鳴る順番が違う事があります。2話の2度目の変身場面が多分SE挿入数が最少で、(続く)
吹太 @su_i_ta
14話が最多と思われます。▽V3が1号・2号のテレパシーを受信する音は、3話からV3ホッパーの映像受信音として使用。その為か、この2話でのV3ホッパーの映像受信場面は、代わりにミラーマンのSGM本部・室内音を付けています(参考までに→ http://t.co/GojYPLoo)。
吹太 @su_i_ta
東映CH『仮面ライダーV3』の効果音ツイート。今夕は第3、4話。▽テレビバエが催眠電波を発する時の「シュワシュワ…」という、ほとばしり気味のSEは1話でも改造人間分解光線に使ったが、ライダー24・25話では一文字隼人の変身ベルトが光る時に使っている。この音を半分の再生速度(続く)
吹太 @su_i_ta
に落としたのが、実写版悪魔くん7話で強盗の子分が樹木(山彦妖怪の本体)に埋まった場面で使用したSEで、ライダー12話ではヤモゲラスが白川マチ子の誘拐に掛かる場面やデンジャーライトを浴びて炎上する場面に、V3の3話では風見志郎の声を作るデストロンの機械の音に使用した。(続く)
吹太 @su_i_ta
▽3話から少年ライダー隊本部・室内音に使われる「プップル、ポォン」を繰り返すSEは、ライダー4話で旧1号のO(オー)シグナルの点滅時や、同じく93・94話のアンチショッカー同盟のコンピュータールーム・室内音に使用していたもの。▽4話のV3のO(オー)シグナルの点滅音は、(続く)
吹太 @su_i_ta
東宝映画『地球防衛軍』のモゲラの動作に使われていたSE。この音源を細工して、3話と11話のライダー隊本部の入口を開けるペンダント閃光音にもなっている。▽4話のライダー遠心キックの際にV3が空中旋回する時には、プロペラ(機)の擬音を利用しているが、40、47、49、52話の(続く)
吹太 @su_i_ta
V3のキック技にも同様の趣向でプロペラ(機)のSEを付けている。
吹太 @su_i_ta
仮面ライダーV3・効果音ツイート追加。3話からライダー隊本部の自動ドア開閉に使う音は、『ミラーマン』SGM本部・自動ドアの「カチコン、ビーーッ、ガシッ」というSE(ライダー52話で本郷猛を入れたショッカーアジト・ガス室の遮断壁昇降音にも使用)から頭の「カチコン」をカットしたもの。
吹太 @su_i_ta
#kamenrider 東映チャンネル『仮面ライダーV3』に勝手に連動企画の効果音ツイート。今夕の放送は塚田正煕監督による第5、6話。▽以前、 http://t.co/AH36RcQtのようなツイートをしたが、逆にレギュラー登場のSEは変わらないものの、それ以外で突飛な[続く]
吹太 @su_i_ta
音を抑え気味にして、現実味のサウンドの方向へシフトした感があるのが塚田監督の回の特色。▽5話のマシンガンスネークに付随する音のメインは、パーカッションのギロを擦った音を素材にしたSE。村山博士の首に噛み付く時の「カサカサ…」と鳴るタイプは、ライダー73話のシオマネキングが[続く]
吹太 @su_i_ta
ハサミ状の手で相手の首を押さえつける時等で使用(この音を半分の速度でスロー再生すると、ガラガランダに付随する音等に使われる)。この音の再生速度を少し落としてディレイを掛けた「ガサガサ…」と鳴るタイプが、ヘビの変身態の時に付随するSE(前作89話のカナリコブラのコブラハンド[続く]
吹太 @su_i_ta
が相手に噛み付く時等で使用)。▽怪人自体の姿は見えていないのに、「ザク、ザク…」と不気味な足音が近づいて来る──といった、ギロを短く擦った音にエコーを掛けたSEが、ライダー73、74、86、92話とV3の1話に使われていたが、この音を一鳴りでカットして、マシンガンスネーク[続く]
吹太 @su_i_ta
のヘビ腕のアクセントに使用。▽これらギロ使用の一連は『超人バロム・1』20話が放映上では初登場のようで、6日遅れでライダー73話にも登場という形となった。▽5話終盤から登場のハンマークラゲ。ハンマー腕という事で、腕を振るう動作も多い為、怪人が腕を振るう時の「ギェグーン!」[続く]
吹太 @su_i_ta
という音が通常回よりも多め。この音は『キャプテンウルトラ』LDに収録の効果音テープにも存在する、東映のライブラリー効果音からの使用。前作のナマズギラー・イカデビルが鞭状を振る時に使い始め、82話を境に怪人が手を振るう時や身構える時に多用され、ゲルショッカー・デストロン怪人[続く]
吹太 @su_i_ta
や『仮面ライダーX』のゴッド(主に神話)怪人の代表的なアクションSEとなる。▽V3のOシグナル点滅音は、この6話と9、22話でV3ホッパーの映像受信場面と同じSEを使用。▽V3が5話で、強化筋肉で銃弾を跳ね返す直前にダブルタイフーンを回す時や、6話のV3スクリューキックの[続く]
吹太 @su_i_ta
回転時に使った、風がうねる感じのSEは、ライダー1話の手術台の本郷猛の風車ダイナモへ風が送り込まれる時や、キノコモルグが胞子を吹く場面で使っていたもので、本作8話のV3ダブルアタックと12話のハリケーンの風車の回転にも登板。
吹太 @su_i_ta
#kamenrider 東映CH『仮面ライダーV3』に連動の効果音ツイート。今夕は第7、8話。▽7話冒頭の河井博士の人工心臓手術の環境音として、テレビバエの“催眠テレビ”放射音に使った「シュワシュワ…」と、ほとばしり気味のSEが使われる。▽ナイフアルマジロが右手から刀身[続く]
吹太 @su_i_ta
を出す時の「グガン!」という音は、前作の「ライダーアクション」が主題歌のOPタイトルで新サイクロンが翼を出す時や、94・98話で一文字隼人の変身ベルトの風車のシャッターが開く時に使用。V3では今回の8話や2話で、V3ホッパーをベルトから取り出す音にも使われる。▽前回ツイー[続く]
吹太 @su_i_ta
トの5話で多用したギロを擦った素材のSEの内、ライダーのガラガランダに付随する音に使ったタイプが、ナイフアルマジロが弾丸鋼鉄球と化して地面を転がる音に使用、V3へと宙を飛ぶ際にはプロペラ(機)のSEを伴う。▽8話から登場のノコギリトカゲ。右手の丸ノコが何も切らずに回転する[続く]
吹太 @su_i_ta
音は、恐らく誇張した聴感を得る為に、電動ノコで何かを切っている音をあえて使っているように思う。そうした事もあってか、風見志郎の居る病室の壁をノコで切って行く場面には、この音の他に、手引きノコギリで切る音も同時に使っている。▽ノコギリトカゲの丸ノコがV3にかわされて、誤って[続く]
残りを読む(155)

コメント

さだこーじ ツイッターデトックス中 @SadaKoji 2018年6月9日
結構使い回しとか、再加工して使うとかあるんだ。おもしろい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする