編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
49
ログインして広告を非表示にする
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
漆って思い入れが異常に強い素材で、他の塗料や樹脂とはまったく異なる存在という、信仰にも似た感覚を持っている人がけっこーいる。漆は英語ではJapanといって、みたいな微妙な事実誤認もあったりで、国粋的な要素とも親和性のある素材と思う。
Hisako A @maru33maru
@miyamonomiyamo >漆は英語ではJapanといって、みたいな微妙な事実誤認もあったりで、 昔、保存科学の講義で「海外では漆のことは「Japan 」で通じます」と習ったのですが、実際はそうではないことも多々あるのでしょうか。
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
@maru33maru よくそういう話がされるのですが、実際のところそうではないという話を聞きました。一般には、urushi lacquerとかJapanese lacquerではないでしょうか。たとえば、V&Aのページ→ vam.ac.uk/content/articl…
passerby @tokyopasserby
@miyamonomiyamo @maru33maru japanは漆ではなく、西洋で用いられた漆風塗料のことですね。日本語ですぐに読める論文 → ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/… 松田権六も漆はジャパンだと言っているので、日本での一般での誤解はなかなか解けないようです。
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
@tokyopasserby @maru33maru 論文にもありますが、ジャパニングですね。japanが漆ではないということはジャパニグ研究者が以前から言っておられますね。実は私もジャパニング研究の発表等でそのことを知りました。
passerby @tokyopasserby
@miyamonomiyamo 私は鈴木良隆「「ジャパン」(japan)史考」『研究年報「経済学」』1997で知りました。どうも日本の英和辞典に問題がありそうだという話です。
Hisako A @maru33maru
@tokyopasserby @miyamonomiyamo 有用性ある情報をありがとうございます! 恥ずかしながら勤務先でも私を含め、 「漆=Japan 」で認識している職員が多いようなので、御提示いただいた情報を皆で共有していこいと思います。
passerby @tokyopasserby
@maru33maru @miyamonomiyamo 少し古い本では china = 陶磁器、japan = 漆 と書かれている事がほとんどですものね(前者は正しい)。 わりと気にして見ているのですが、漆、漆器関係の展覧会図録の英文テキストでは lacqure、lacquer ware と訳されているようです。
Shirosan @Shirosan001
@tokyopasserby @miyamonomiyamo @maru33maru 歴民博の『URUSHI』図録の巻頭解説も概ねpasserby さんと同じ用語解説してましたね。(゚з゚) 「定義と用語は混乱している」と注記付きですが。
ykkykym @ykkykym
TLの「漆を英語で何というか」「Japanは誤用?」の話が面白かった。確かにJapanと表記した実例は見たことない。 pic.twitter.com/28prqjB2G5
 拡大
 拡大
ykkykym @ykkykym
英語だとlaquer。 pic.twitter.com/4Nmojm6M7Z
 拡大
 拡大
 拡大
ykkykym @ykkykym
フランス語だとlaque。 pic.twitter.com/Bn6x8fww3Z
 拡大
 拡大
 拡大
ykkykym @ykkykym
19世紀だとJapan=漆(漆器、漆芸)の文例があるのかも。版画で和紙を使用している場合とか、Japon nacré などと記載しているのはよく見かける(19世紀後半から20世紀?)。挿画本の奥付とか。
ykkykym @ykkykym
新潮世界美術辞典はそもそもバイリンガルになってなかったw 巻末の逆引きにもlaquerすらなかった。新版いつ出るの〜。
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
@ykkykym lacquerだけだと、漆以外の塗料(わゆるラッカーなども含め)も含んだ包括的な意味合いがあるような印象があるかと思いますがどんなんでそょうかね。文化財分野の素材的に厳密な文脈では、urushi lacquerを使っているように思います。
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
皆さんが補足してくれるから助かる。
ykkykym @ykkykym
@miyamonomiyamo 文脈で「日本の漆芸」であることが明らかな場合、地のテクストや展覧会カタログのキャプションではurushiを省いてしまうのかもしれません。多ジャンルの作品・資料を所蔵している館では厳密に分ける必要性が生じるので、そうなるのかなと思いました。
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
@ykkykym なるほど。文脈的に自明なときにはわざわざurushiを付けないということですね。
passerby @tokyopasserby
@Shirosan001 @miyamonomiyamo @maru33maru でもですね、歴博の展覧会紹介文にはこう書かれていたんですよ。 rekihaku.ac.jp/outline/press/… pic.twitter.com/VlwA6qcxE6
 拡大
ykkykym @ykkykym
@miyamonomiyamo 今回参照したのが全部1990年代の書籍でした。最近はまた違うかも。
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
これにはまたちょっと面白い(別の面倒な)観点があって、lacquer Wareが漆器ということで挙げていただいたと思いますが、これのSURFACE COATING:LACQUERBASEの意味は、漆100%ではなく、ウレタン樹脂に漆を混ぜた塗装という意味になろうかと思います。 twitter.com/ykkykym/status…
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
合成樹脂の塗装に少しでも漆を入れれば、それは漆器なのかという。まぁまた別の問題ですが、日本国内でも漆器として一般流通するものの大部分がそういった商品です。
宮本晶朗 @miyamonomiyamo
@tokyopasserby @Shirosan001 @maru33maru 海外ではともかく、日本ではジャパンと呼ばれていたという作られた伝統的なものがあるから、それを言っているという解釈でどうでしょう……
残りを読む(4)

コメント

夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2018-06-09 22:45:12
博物館のキャプションとか大々的に直さないといけない事態じゃないか…?
よこなが @yokonaga_h 2018-06-09 22:48:06
漆=Japanは古語?って聞いた気がする
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-06-09 23:09:53
Japanは日本かららしく漆からJapanという線は無さそうです。 https://www.etymonline.com/word/japan
08_Reader @08_Reader 2018-06-10 00:37:44
「漆」ではなく「漆器」に限って使われる用法なんじゃないの? 陶器=chinaだって陶器の素材である土のことをchinaと呼ぶわけじゃないでしょ
08_Reader @08_Reader 2018-06-10 00:42:39
ちなみに https://en.wiktionary.org/wiki/japan では 1.A hard black enamel varnish containing asphalt. 2.Lacquer ware. 一般人が記述したりもしてるwiktionaryではあるけれど、裏を返せば一般人視点の認識での意味合いでもある
masano_yutaka @masano_yutaka 2018-06-10 00:48:58
樹木としての漆はLacquer それを使った漆器がjapanだよね?
masano_yutaka @masano_yutaka 2018-06-10 00:51:03
08_Reader 有名な名前だと「ボーンチャイナ」とか。 あれは以前骨を入れていたからで、今は骨ににた乳白色陶器をそう呼ぶとか。
masano_yutaka @masano_yutaka 2018-06-10 00:56:58
ちなみにJapanは固有名詞なので国名。 漆器は全部小文字でjapanが正解。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 2018-06-10 01:09:05
するてぇとこのドヤ顔説教ハゲが非常にマヌケなことに・・・
yuki🌾遠征から一時帰還⚔ @yuki_obana 2018-06-10 02:35:04
urushi ( ⊂ lacquer )は塗装剤名(コーティング剤と希釈剤の混合物)、japanは重ねがけと乾燥を繰り返す工程技法名、Japaneseが日本産(の定義はまちまちだけど)。蒔絵や螺鈿細工って言うのは芸術面でのアクセサリー部分の技法名であって全体では材質は木の器に漆がけをジャパニングしたものでしょ。ドメインとしてラッカーは定義を上位オントロジーにおけるのでurushi lacquerというのはFelis cattusと同様に成り立つ。
長 高弘 @ChouIsamu 2018-06-10 04:31:52
よくよく考えりゃそうだ。ラテン語みたいな「死んだ言語」ならともかく、今も使われてる言語では「昔は、この言葉がカクカクシカジカの意味に使われてた」からと言って、今もそうだとは限らない。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018-06-10 04:56:12
そうなると、"ラッカー系塗料"とは、元来は"漆系塗料"って事に、なりはしなイカ?
長 高弘 @ChouIsamu 2018-06-10 05:09:01
08_Reader masano_yutaka chinaは陶器全般ではなく、磁器(あくまで陶器の部分集合)の事で、しかも限られたケースのみに用いられてたみたいです
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2018-06-10 05:22:07
上の人も書いてますが、japan=lacquer wareは現代でも通じる用法ですよ。このまとめで妙な結論に至っているのは、これも上の人が書いていますが、冒頭のツイート主が、japanを漆器ではなく漆のことだと思い込み、どこかでその思い込みが正されてしまった結果でしょう。漆器は我が国では縄文時代早期から作られ続けており、その技法も独自の発展を遂げています。その美しさが好まれ、大航海時代には欧州に多く輸出されていましたから、国名がそのまま品名になったのですね。
眠れるミソサザイ++@過ごし易いので眠い @marumasa58 2018-06-10 05:51:27
そもそもアジアの人なら兎も角、欧米まで離れた人間が極東の器やその技法やらを詳しく知ってるのか?と突っ込むのは野暮か?そうなるとUrushiで十分のような気がしないでもない。
Daiji @Daiji75 2018-06-10 06:10:06
祖父江ジャパン……
肉団子 @nickdangoo 2018-06-10 06:15:34
デカいピザとかハンバーガーを指してThis is Americaって言ってるようなもん?
Mandria @Fnex_lsrand 2018-06-10 07:50:00
話聞いたときに、いくらなんでもダイレクトにJapanなんて呼ぶかな。と疑問にはおもってたけど。やっぱりか
永遠の初見さん @Eternal_NewMan 2018-06-10 08:00:21
イタリアンとかナポリタン、天津飯とか言うじゃろ? その程度じゃね?
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2018-06-10 08:02:50
陶器をCHINAって訳すのは https://www.youtube.com/watch?v=s6nkePlKS3E この曲しか知らんなぁ。なお日本のグループの歌ですので…。
いくら @YamadaIkra 2018-06-10 08:16:15
漆器でなく漆をjapanとする話は聞いたことがないし、当然Japanではない。普通に英語辞書引けばそういう用法は確認できる。現代で広く通じるかは別として。https://en.oxforddictionaries.com/definition/japan
prad_bitt @pradbitt42 2018-06-10 08:20:04
YamadaIkra その辞書の語釈の1は「漆のことをjapanと」書いてないか?
yotiyoti @yoti4423yoti 2018-06-10 08:26:51
最初から前提が違ってたんじゃこんな話になるよな。
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2018-06-10 08:36:57
なお、ヤフーの辞書検索にかけてみると、『漆器』はlacquer ware、『japan』は漆、漆器、漆の、漆器の、と出てきます。『japan』で検索したときは『漆器』をjapan wareというのも出てきました。
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2018-06-10 08:40:49
未だに㌠つけてる人にハゲとかいわれたくないよな。まぁそういってる本人もハゲかもしれないしな…。
ハドロン @hadoron1203 2018-06-10 08:46:46
約9000年前に作られた世界最古の漆器が南茅部町(函館市)で発見されている。http://urx2.nu/KscJ また1万2600年前の漆原木が福井県で見つかっている。http://urx2.nu/Ksdb 漆器は中国由来とされてきた定説が崩れ、日本発祥のものだった可能性が高まっている。
Flying Zebra @f_zebra 2018-06-10 10:03:25
Japanとjapanが違うようにChinaとchinaも別だからね。漆器の方は乾燥した気候では割れやすいこともあってアジア以外ではモノ自体があまり普及していないので具体的なイメージのない人も多いけど、陶器(china)は世界中どこにでもあって誰でも知ってるので言葉としても子供でも知ってるごく一般的な言葉。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018-06-10 10:12:31
自分もだいぶ前に雑学本で読んだことあるなあ。考えてみたら、仮にそういう用法があったとしても一部の業界だけの専門用語だろうから、今通じるかどうかてのはかなり怪しいよね。メリケン粉みたいに、一般人に馴染みのある素材だと、残りやすくはなるだろうけど。
のび @Novifam 2018-06-10 11:19:20
テレビゲームをニンテンドーと呼んでたとかいうのと同じ都市伝説だろ 漆ではなく漆器と習ったけど
kartis56 @kartis56 2018-06-10 11:24:25
まとめられてる「話法」に従うなら陶磁器もchinaじゃなくて porcelain な https://ejje.weblio.jp/sentence/content/%E7%A3%81%E5%99%A8+%E9%99%B6%E5%99%A8
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2018-06-10 12:14:24
Novifam それは「ゲーム機を全部ファミコンと呼んでる人がいた」くらいには本当だと思うぞ。ご先祖と言えるATARIを生んだ国なのにw
arikui @arikuiruby 2018-06-10 13:57:53
Novifam 海外では「ニンテンドーエンタテインメントシステム」だったんだから略してニンテンドー呼びされても別におかしくないと思う。japanやchinaとは事情がまた違うでしょ
kartis56 @kartis56 2018-06-10 14:09:08
arikuiruby 喫茶店を開こう。名前はNESカフェで
聖夜 @say_ya 2018-06-10 15:26:43
japanといえば発煙弾(ソースはアップルシード)というかchinaの用法に一番近いのは瀬戸物とか景徳鎮のほうでは。
Hideki @hideki19810220 2018-06-10 15:30:56
上の方に既に書いている方がいますけど、「漆器」と(塗料としての)「漆」を混同してませんかね
じょす(Jos-aki) @joschiaki_swym 2018-06-10 15:41:13
lacquerはもともとはラックカイガラムシ由来の樹脂のことみたいですね。少し調べたけどlacがもともと樹脂をさすのか虫の名前なのかがよくわからなかった。
dag @digital_dag 2018-06-10 17:25:58
1894年発刊のブリタニカ 13巻にはこんな記述があるな。 「china has given its name to all porcelain in th western worlds, as the cuntry whence it was first imported.so has japan givenits name to all lacwuer ware,first introduced to the knowledge and admitation of Europe.」
dag @digital_dag 2018-06-10 17:29:59
少なくとも漆器をJapanと呼んでいるのは日本国内の問題というわけではなく海外に根拠を求めることが出来そうだ。
dag @digital_dag 2018-06-10 17:35:21
だが1877発刊のThe Art Journalではこのような記載はなく「日本ではmakiye(蒔絵)を呼んでいる」とか書いてある。一般に普及した単語かどうかはほかの人が調査してくれ。
dag @digital_dag 2018-06-10 17:41:43
漆器、蒔絵、螺鈿、堆漆などなど漆工芸品にもいろんな分類がある。この手の美術工芸品はその精巧さも相まって今でも通用するような美しさがあるから、ちょっと収蔵している美術館に足を運んでみてはどうだろうか。
kartis56 @kartis56 2018-06-10 21:06:33
面白かったので参考までに 「ドイツにおける漆芸の発展と普及 」- 広島県大学共同リポジトリ http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/detail/1223020150129173651
kartis56 @kartis56 2018-06-10 21:15:31
美術方面だと生産地と紛らわしいから china とか japan とか書かなくなったんじゃないかな。だからまとめられてる人が、美術方面でその説が正しいというのはその分野だからそうでしょうねで終わりそう
saebou @Cristoforou 2018-06-10 21:19:58
OEDのII. 2. aでvarnish(ニス)を意味するという記述があり、1688年の用例で"Of Black Varnishing or Japan"、1762年の用例で"with strong varnish, or japan."、1851年の用例で"Japan is applied with a brush."っていうのがありますので、19世紀半ばまでの英語では塗るほうの漆も"japan"で指せたのは間違いないでしょうね。それ以降は用例がないので、古い使い方なのかとは思いますが。
kartis56 @kartis56 2018-06-10 21:22:57
ジャパンとかチャイナだけじゃ曖昧で通じないよねって言うことだったら同意なんだけど、全然違うわけで >漆は英語ではJapanといってみたいな微妙な事実誤認
bun🍃 @bun3559 2018-06-11 08:08:07
日本において、漆の原液はほとんど中国や東南アジアからの輸入です。しかも相当な昔からです(;´Д`)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする