Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年4月14日

ハル・フォスター『デザインと犯罪』(平凡社)

平凡社から発売中、ハル・フォスター『デザインと犯罪』について。
5
平凡社 @heibonshatoday

平凡社のハル・フォスター『デザインと犯罪』の5月末刊行が、ほぼ確定しました。四六判、248頁、2940円の予定。原著は2002年、Verso刊。内容について簡単にツイートします。本書は第1部「建築とデザイン」と第2部「芸術とアーカイヴ」から構成されています(続く)。

2011-04-12 13:40:57
平凡社 @heibonshatoday

平凡社5月末刊行予定、ハル・フォスター『デザインと犯罪』の続き。第1部は4章構成で、主に扱われるのは、1章がジョン・シーブルック『ノーブラウ』、2章がアドルフ・ロースを導入にブルース・マウ『ライフ・スタイル』、3章がフランク・ゲーリー、4章がレム・コールハースです。

2011-04-12 13:46:23
平凡社 @heibonshatoday

平凡社5月末刊行予定、ハル・フォスター『デザインと犯罪』の補足。第1章で扱われる『ノーブラウ』は邦訳なし、amazon→http://amzn.to/gqxgri 著者のJohn Seabrookは『ニューヨーカー』の記者で、邦訳に『愛しのネット狂』(日経BP、1998)。

2011-04-12 14:06:33
平凡社 @heibonshatoday

平凡社から5月末刊行予定のハル・フォスター『デザインと犯罪』前書より、本書の概要を述べた箇所です。「第Ⅰ部は建築とデザインに焦点化し、簡潔な数篇のリポートから成る。第一章ではマーケティングと文化の合併が概観され、第二章では日常生活におけるデザインの浸透が考察される。」(続く)

2011-04-15 16:32:31
平凡社 @heibonshatoday

ハル・フォスター『デザインと犯罪』前書の続きです。「第三章と第四章は建築における二つの目覚しい職業的キャリアに対するケーススタディである――はじめにフランク・ゲーリーの建物を吟味し、ついでグローバル都市における変異についてのレム・コールハースの著述を検討する。」(続く)

2011-04-15 16:33:13
平凡社 @heibonshatoday

ハル・フォスター『デザインと犯罪』前書の続きです。「第Ⅱ部では焦点が専門領域と制度へと移される。第五章ではボードレールとヴァレリーから現代に至るまでの著述家によって見取られたモダン・アートとモダン・ミュージアムとのあいだのディスクール的関係がたどり返される。」(続く)

2011-04-15 16:33:39
平凡社 @heibonshatoday

ハル・フォスター『デザインと犯罪』前書の続きです。「第六章では一九世紀後期の美術史学と二〇世紀後期のヴィジュアル・スタディーズの概念的変遷が探索される。第七章ではアメリカにおけるアート批評の近年の苦境が、さまざまな方法論とモデルの興亡とともに詳述される。」(あと1回続く)

2011-04-15 16:34:19
平凡社 @heibonshatoday

ハル・フォスター『デザインと犯罪』前書の引用、とりあえずラストです。「第八章ではモダニズムとポストモダニズムの二重の事後状況における生存の多様な戦略が論述される。」読みづらくて恐縮でした…あとでまとめサイトに上げておきます。訳者は五十嵐光二さん、引用は再校ゲラより。

2011-04-15 16:36:29
平凡社 @heibonshatoday

平凡社から5月末刊行予定のハル・フォスター『デザインと犯罪』。第Ⅱ部第五章に登場するおもな名前は、ボードレール、マネ、プルースト、ヴァレリー、ヴェルフリン、ヴァールブルク、パノフスキー、ベンヤミン、マルロー、フーコーなど。

2011-04-18 12:34:25
平凡社 @heibonshatoday

平凡社から5月末刊行予定のハル・フォスター『デザインと犯罪』の訳者・五十嵐光二さんのテキスト「デザインの倫理/『デザインと犯罪』」はこちらです→http://bit.ly/fIz9Yi

2011-04-18 12:35:46
平凡社 @heibonshatoday

『Massive Change』も挙がってますね。RT @chiharuwatabe @design_editor @heibonshatoday こちらで原書『Design and Crime』を書評しているhttp://bit.ly/huT7Iq 瀧本雅志さんの挙げている…

2011-04-18 13:28:12
平凡社 @heibonshatoday

平凡社から5月末刊行予定のハル・フォスター『デザインと犯罪』。原著のGoogleブックスのページはこちらにあります。Design and crime: and other diatribes→http://bit.ly/dUK1zC

2011-04-20 18:20:12
平凡社 @heibonshatoday

ハル・フォスター『デザインと犯罪』(平凡社近刊)について。“Design and Crime is cool, measured, and steady, like a Gunsmoke shootout.”—Greil Marcus→http://bit.ly/fLpVcQ

2011-04-20 18:25:43
平凡社 @heibonshatoday

情報感謝です。表紙はリチャード・セラかな?RT @oossiii ハル・フォスターの新著「The Art-architecture Complex」が出るタイミングですね。http://amzn.to/gxGXHg RT ハル・フォスター『デザインと犯罪』(平凡社近刊)

2011-04-21 11:21:37
平凡社 @heibonshatoday

お待たせしました。ハル・フォスター『デザインと犯罪』(五十嵐光二訳、平凡社、3150円)の見本がいま届きました。来週末から発売になります。カバーはフランク・ゲーリーのビルバオ→http://t.co/H9mLimq 内容紹介のまとめは→http://t.co/lnWNoru

2011-06-24 12:15:35
平凡社 @heibonshatoday

明日7月1日配本の平凡社新刊です。都内一部書店では明日の午後、全国には週末~週明けに行き渡ります→ハル・フォスター著、五十嵐光二訳『デザインと犯罪』。四六判、270頁、3150 円。Togetterまとめ→http://t.co/lnWNoru

2011-06-30 16:29:28

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?