10周年のSPコンテンツ!

新聞報道と広告の関係について

新聞報道と広告について勘ぐったご意見を披露していた元代議士で政治学者の @junsaito0529 さんに対して、自分の経験から反論したものです。同じようなことを嘆いていたテレビ局の人のブログが紹介されたいたので、そちらのリンクも。
59
不惑記者 @o40kisha
広告局が編集に口を挟む大手紙を僕は知らない。ある企業の全面広告が載ったときに、その企業を批判する記事が載るケースはいくらでもあり、広告局はその度にクライアントに頭を下げにいく。 @junsaito0529 広告と編集の独立が担保されない限り、新聞は信頼を失い続けるだろう。
不惑記者 @o40kisha
(承前)広告局の人は板挟みで辛い状態だが、決して編集に文句を言わない。その企業から広告が打ち切られても、必死に別の企業から広告を取ってくる。彼らには報道の自由を底支えしているという誇りがあるからだ。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)長年記者をしてきたが、広告局がこんな苦労をしていることを知ったのは、つい3年ほど前のことだった。ビジネス系の研修をちょっとした縁があってのぞいて、初めて知った。報道の自由は編集が担う、といい気になっていた自分が恥ずかしくなった。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
広告がどうなるかなんて、整理記者も含む新聞記者は考えたこともない。載っているのは取材の結果のみですよ。 @junsaito0529 広告と編集が分離しているなら、出来上がる記事は「あうんの呼吸」でお互いに迷惑がかからないようにした結果?
不惑記者 @o40kisha
何を取材するかを決めることはあっても、何を取材しないかを決めることはないですね。少なくとも僕の経験では。というか、僕は僕の経験でしか責任を持って語れないので、そこはご勘案下さい。 @junsaito0529 何を取材して、何は取材しないか、は誰が決めるんですか?
不惑記者 @o40kisha
(承前)取材対象を決める人はケースバイケースですが、基本的には記者個人。チーム取材の場合はキャップやデスクが決めることがありますが、その多くは複数の記者が重ならないようする交通整理が目的。対象というよりは範囲を決めることも多々あります。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)取材は無駄足の連続です。それは記者なら誰でも分かっています。だから「取材しなかったこと」を怒られたことはあっても、「取材したこと」を怒られることはレアケースを除きありません。もちろん、僕も後輩記者に対してそうでした。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)レアケースとは、順番に関係者を詰めて、裏取りしてから会わねばならない相手なのに、それを十分にしなかった場合。もしくは口裏を合わさせないために一斉取材するべきなのに順次やった場合など。つまり取材戦術の未熟さが原因です。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)何を取材するかは記者個人の裁量が大きい(もちろん、デスクにこれやって、と言われるものもあります)。だから他の記者の持ち場を浸食することもしばしばあります。担当記者には嫌がられるけど、基本的に「ネタは取ってきたもの勝ち、取材したもの勝ち」です。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)何を取材しないかも記者の裁量です。「しない」というより「何を優先させるか」と言った方が正しい。優先順位を決めて取材した結果、「取材しきれないもの」「取材できなかったもの」がでてくるのです。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)取材した記者は自分が取材してきたものが重要だと誰もが思っています。だから、複数の記者が持ってくる複数の記事の鼎の軽重を第三者の目で判断する役目が必要となる。それがデスクの役割です。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)デスクが通した原稿を紙面に割り付け、見出しをつけるのが編集者(整理)の役目。デスクよりさらに読者に近い目線で判断することになります。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
(承前)もちろん、いろんなケースがあるので、今説明したのは一例に過ぎません。個別具体のケースについては、僕が関わらない限り、ただの憶測になるので、ご要望があっても、説明はできませんので悪しからず。 @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
局どころか、部が違うとかなり「隣は何をする人ぞ」状態。だから、「新聞社は○○と結託して」的な陰謀論を聞くと、「すまんが新聞社はそんなに一丸にはなれんよ」と言いたくなる。 @pomail 新聞社は局が違えば別会社みたいになってるのをどうにかしないとなぁ。大きな会社はどこもそうかな。
不惑記者 @o40kisha
政策と献金は無関係? 東電役員から献金をもらって原子力政策を推進していた党があるようですね。 http://bit.ly/gyCJZn @konotarogomame 同意! @junsaito0529 電事連や電力会社が新聞テレビに広告を出すことを規制すべきだ
不惑記者 @o40kisha
なんか、政治家や元政治家が広告と記事の関係を勘ぐる様子を見ると、献金って政策に大きく影響するんだろうなぁ、と逆に心配になる。 @konotarogomame @junsaito0529
不惑記者 @o40kisha
いくら報道規制や広告主の圧力なんてない、と言っても「信じたくない人」は信じない。残念ではあるが。 @nhk_kabun 報道に対し何らの外部圧力は無い。万一あってもその事への内部反発を抑えられるメディア環境では無いと思います。そのためにもかぶんツイッターのようなチャンネルが必要
藤若亜子 @akof
栞:東京電力の広告費で別にマスコミは黙らない。 http://j.mp/ehQ42p
不惑記者 @o40kisha
こんだけいろんな人が書いても信じてくれない人は信じてくれないのだろうが……。 @yasuomisawa さんの「広告主が何だ!記者は社会のため記事を書く」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/118189

コメント

ഇച്ചിറോ ഇഡ(てぃんぶく) @timbuk16 2011年4月14日
新聞や広告の仕組みを知らない人がほとんど、ということがよく分かる今日この頃。
Shun Fukuzawa @yukichi 2011年4月14日
広告陰謀論について。
岡一輝 @okaikki 2011年4月14日
まあゴチャゴチャ調整するより営業に土下座させるほうが早いわな。
Naoki @yosomibito 2011年4月14日
広告会社の媒体と営業は、クライアントに都合が悪い記事が掲載されるかも知れないって情報を、新聞社の営業から聞くと、記事下の掲載面を変える、掲載日をずらす程度の事しかしないよ。他の媒体でも同じ。
Naoki @yosomibito 2011年4月14日
ま、有能な広告会社の営業担当は、記者会見の場所取りやリリース作成等で忙殺されるんだけど。
不惑記者 @o40kisha 2011年4月14日
@yasuomisawa さんのまとめも追加しました。
時計じかけのミカン @mkn_inv 2011年4月14日
元朝日新聞科学部長の泊次郎氏が「現役時代に東電から抗議が来たり、記事を差し替えたこともある」と、ニコ生の番組で証言していたけどなぁ。この人が知らないだけで、実は上の方で色々あるんじゃないの?…「新聞報道と広告の関係について」
安藤道人 M. Ando @dojin_tw 2011年4月15日
反原発派でない経済学者の斉藤誠氏も『「うちの雑誌は電力会社関係が有力広告主なので、正面切った原発の話題はどうも……」というので、本当に馬鹿らしくなって、寄稿の申し出を取り下げた』と書いてるが。http://ow.ly/4AqeO
安藤道人 M. Ando @dojin_tw 2011年4月15日
それとも新聞と雑誌ではぜんぜん違う、ということなのだろうか。前者は広告と編集の独立性がしっかりと担保されていて、後者はされていないのだろうか。
斉藤 淳 @junsaito0529 2011年4月15日
現状の報道に対する批判が「勘ぐった意見」と取られるのは不本意ですが、賛否両論から冷静な検証報道が原子力発電についてなされるきっかけとなるなら、別に気にしません。もう一つ、記者さんの意見・経験よりも、できあがった紙面から判断すべきものでもあります。
斉藤 淳 @junsaito0529 2011年4月15日
編集と広告が独立しているなら、なぜこれまで「原発タブー」などという言葉があったのか。原発の安全性について、報道すべきことを報道してきたのか。福島第一原発の設計の危険性について知らなかったのは、自分が無知だったせいなのか。報道は役割を果たして生きたのか。
斉藤 淳 @junsaito0529 2011年4月15日
ちなみに僕は報道だけを問題にしているのではなくて、選挙を通じて電力業界が政治に影響を及ぼすことも批判的に検討しています。重大事故は複数の安全装置が機能しないから起こるわけで、政治も報道もその失敗は冷静に検討すべきです。
斉藤 淳 @junsaito0529 2011年4月15日
勘ぐった意見と言われるのは正直、そんなに愉快ではないので、可能であれば個別のつぶやきに具体的に反論いただければ幸いです。
斉藤 淳 @junsaito0529 2011年4月15日
それと言論は記者が書いたものだけで成り立っているわけではない。多数の寄稿者、オピニオンリーダーと目される人たちの貢献でも成り立っている。
斉藤 淳 @junsaito0529 2011年4月15日
匿名のサラリーマン記者に圧力はなかったかもしれないが、実名で執筆・発言している方々には様々な圧力があった傍証は事欠かない。この意味を我々はどう考えたらいいのか。
セルフ執事 @SF_yomi 2011年4月15日
広告費で黙らないのなら、無能って事になると思うのだけれども、それは案外正しいと思う。でも広告で黙るってのも有ると思う。つまり、現場は無能で、トップは卑しいのが、新聞って事かなぁ? 
セルフ執事 @SF_yomi 2011年4月15日
だってさぁ、東電や保安院の記者会見見てると、半分位の記者さんはどうもなんか変な質問をしてる。記者さんなんだから、新聞くらいは読んでると思うんだけど、基本的な教養に欠けて自身が持つ不安をそのまま質問にしてると思うんだ。
セルフ執事 @SF_yomi 2011年4月15日
と言う事は、新聞を読んでいても原子力に関する知識は得られないという事を証明してしまっている訳で、これを皆なは、広告で口を噤んで来たからどと責めているんだけど、そうじゃないって不惑さん言うのだから、新聞を読んでる新聞記者が無能という結論に至る。
セルフ執事 @SF_yomi 2011年4月15日
結局東電による圧力を否定したら、得られる答えは、新聞記者は物事を良く考えず、調べもせず、記事にして来たという事でしかないわけで。いずれにせよ、新聞はやっぱり問題だと言う事になりけり。
munimuni @muniyama 2011年4月15日
そもそも「原発タブー」って誰が言い出したの?俺は生まれてこの方、原発事故や危険性みたいな話は全部TVとか新聞とかの報道で知ってきたし、それに関する書籍もいっぱいあるでしょ?記者会見も、フリーの人達が自分の作った物語に丁度ハマる言質をとる為に追及してた風評拡大演劇にしか見えなかったけど。上杉(笑)とか。
munimuni @muniyama 2011年4月15日
原発の話をするとハブられる!と騒いでる人たちの過去の発言を精査してみた事ある?はっきり言って、こりゃテレビラジオに出しといちゃマズいってなるよ。まともな危険性啓蒙だけにしときゃいいのに、大抵いき過ぎて単なる陽動になってるだけなんだもん。で、外すと「タブーに切り込んで外された!」と勝利宣言w感心する。
だい @dais197x 2011年4月15日
みんな疑いを抱いているのはテレビ報道、特にワイドショーだと思いますよ。
A Programmer living somewhere @mzch 2011年4月15日
それにしては大本営発表垂れ流しなのはいかがなものか。不安を煽れと言ってるのではなく、安全連呼するなら(今は無理でも)飯館村へ取材に行くとか、屋内退避区域に突撃する記者が一人くらいいても罰は当たらんが
powder0311 @powder0311 2011年4月15日
一番有名な例を挙げると、ナベツネと中曽根の関係がある。つまり1つのコネクションが新聞社全体の方針に影響を与えるということはあり得るし、実際にあった(そして今もある)。広告主が編集権に口だしはできないが、編集権は会社の方針に従う。
powder0311 @powder0311 2011年4月15日
物事を見るときに、近すぎたり遠すぎると正確な分析はできない。電力会社は30年以上にわたり、莫大な金をあらゆる方向に営々とつぎ込んできた。現状を見て「電力会社はメディアに影響力が無い」というのはあまりにも近視的な物の見方だ。少し距離を置いてみれば、国の原子力政策を翼賛してきたことは火を見るより明らかだ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする