【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
11
ログインして広告を非表示にする
ムネパン @vt07tee 2018-06-21 01:06:33
「蒸気機関車の駆動方式ってどうなってるんやろ…」 V 字 型 2 気 筒 エ ン ジ ン 独 立 軸 駆 動 方 式 最 高 速 度 1 8 6 k m / h 戦 時 下 で 営 業 運 転 開 始 狂 気 の 権 化 B R 1 9 . 1 0 pic.twitter.com/AF6bJ432gD
 拡大
 拡大
ムネパン @vt07tee 2018-06-22 18:37:32
なぜか伸びてるので補足を… 戦前から開発が始まったこの機関車がようやく試運転を実施できたのは開戦後の1940年8月。しかしながら数多の新技術を詰め込んだことでトラブルが続出し営業運転にこぎつけたのは既にドイツが劣勢に立たされつつあった1943年春だった pic.twitter.com/c3sbx1Rt2s
 拡大
ムネパン @vt07tee 2018-06-22 18:44:27
ドイツ敗戦後、その斬新な駆動方式に注目したアメリカ占領軍は1946年にBR19.10をバージニア州へ船で移送。何度かイベントで展示されたものの運用につくことはなく後に現地で解体された
ムネパン @vt07tee 2018-06-22 19:04:31
ちなみにイギリスや日本を始め当時世界的に流行した流線形カバーの取り付けは戦前のドイツ帝国鉄道でも積極的に実施され、01.10形、03.10形、05形、06形、60形(私鉄機)、61形、19.10形など多形式に及んだ。一方、保守点検の手間や高速運転の必要のなさから戦中から戦後にかけて随時カバーは外された pic.twitter.com/NAVvv9GRHg
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
ムネパン @vt07tee 2018-06-22 19:20:36
シーネンツェッペリンやフリーゲンダー・ハンブルガーなど数々の新技術を世に送り出すため苦悩を重ねたドイツ帝国鉄道の末路は戦争による高速運転中止と戦時輸送専念、そしてホロコーストへの加担という最悪のシナリオだった。栄光の頂点から戦争を経て没落の一途を辿った国鉄、それがライヒスバーンだ pic.twitter.com/1CM5rJLlhj
 拡大
ムネパン @vt07tee 2018-06-22 19:31:47
構造的にはこの画像が最も分かりやすいかもしれない。ロッドがなくても蒸気でエンジンを駆動させてる以上れっきとした蒸気機関車である pic.twitter.com/9HxznZ1742
 拡大
ムネパン @vt07tee 2018-06-22 19:46:13
優美な流線形カバーは無残に破壊され、迷彩を施した機関車も哀れな姿を晒す。連合軍の戦略爆撃はライヒスバーンに甚大な被害を与え、激動の時代を駆け抜けたドイツ帝国鉄道は第三帝国の崩壊と共にわずか25年で幕を閉じたのだった pic.twitter.com/3cl3wTHDM3
 拡大
 拡大
田舎社長 @EngsInst 2018-06-21 22:22:22
@vt07tee @1059kanri 19世紀の発明家の数々の作品をさておいても,ソ連のレール方向の水平対向エンジンに比べたら余程マトモです.
クルマやスーさん @nobu9053 2018-06-22 13:27:13
@bnvdfJBxFaFh8BS @vt07tee @1059kanri 凄い!こんな感じだったんですね。 ナチス時代のDRが産んだ「超高速蒸機」タイプ63…上手く行かなかったみたいだけど…時代が悪かった?
北陸の鴉(メカラス、轟雷、ごーほく〜) @acegespenst9 2018-06-22 15:22:32
@nobu9053 いいえ、速さと重量のせいでどえらい事になる可能性がでたせいです()
伊藤近平 (コンペイトウ) @KPTs460702 2018-06-22 19:21:01
@vt07tee トリプル・シリンダーで十分だった…(台無し)
sami ohi @samiohi 2018-06-22 19:47:19
@vt07tee @ota_yojo 写真では車輪の奥にもエンジン? ウィキ見ると諸元に8気筒。 駆動はV型2気筒と。 つまり車両に四つのエンジン。 ちなみに、ピストンの直径は30cm。
安心安全にみんなのツイートを残しておける。 今日の出来事をまとめて残そう。

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

安庭やよい @yayoy_amber 23日前
スチームパンクや。
青列車@leTrainBlue @EF61501 13日前
重いロッドの遠心力による影響がない分軌道破壊も小さいだろうし多軸化への制約も小さかっただろう。1250mm動輪で185㎞/h出せたというのも凄い(通常方式ならせいぜい65㎞/h)。ただ、Maintenance性はどうだったのだろう?細かい微調整や各部品の精度が厳しいと現場の評判は芳しくないかもね(^^);シェイやクライマックスなんぞも主流にはなれなかった。蒸機の主流がスチーブンソン以来原理そのままだったのはMaintenanceのし易さに在ったのかもね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする