『過労死って現代でしかありえない闇だよな!』って思ったけど江戸時代にも過労死がいっぱいあった「鬼平犯科帳の長谷川平蔵も…」

日本最古の過労死をみつけたい
83
日常への回帰を切に願う枢密院勅令 @wa8492

「過労死とか現代でしかありえない闇だよな」 「江戸の町奉行は16人(全体の2割)が在職中に死亡。この内半数は就任後3年以内、残りも数年以内に死亡。早朝勤務かつ夜中まで勤務が続き、自宅が職場。非番が事実上存在しない」 「学べよ、日本人」

2018-06-22 20:16:27

どんな感じだったのか

ヌコ @seavixen1

超激務だったと聞く

2018-06-23 12:18:13
柚見羽 鴻 @chocolat_kiss12

@wata8492 盆、暮れ、正月しか休みがない、というのはホントだったのでしょうか…💧西洋化ありがたや。

2018-06-23 07:34:01
花ブ~🐽 家にいます @yoshitti10

@chocolat_kiss12 @wata8492 平均寿命が 40歳くらいだったんですよね。歯の「親知らず」は 生えそろう頃には 親は死んでるって意味だそうで。

2018-06-23 09:17:20
バザーリ (22/7推して参る!なごちゃんを愛でる) @uhati

@wata8492 鬼平とかもブラックよな。 お上からの給金では足りない分自腹切ったり。 昔の俺みたいだw

2018-06-23 03:34:40
のぐち ともひろ @skumomaro

友人がこの町奉行だか勘定奉行だかの史料みた感想でまさにこの「死んでる人多い」っていってた。激務だし twitter.com/wata8492/statu…

2018-06-23 07:47:56
くずはなつき @natsuki77kuzuha

尾張藩の某畳奉行なんかは、かなり暇で酒と芝居に明け暮れていたみたいだから、当時の官僚もいろいろなのですね~(°▽°) twitter.com/wata8492/statu…

2018-06-23 11:13:12
しげの腐版 @Shigenosan

というか江戸時代頃って「休み」が今と全然制度が違うんだよね。人雇っててローテ組めるとこだと毎月十のつく日が休み(10日、20日、30日)と盆正月だけとか。朝がやたらと早くて、その代わり昼寝が入って、夜遅くまでとか。食い物屋台は夜通し明け方までやってるのも珍しくなかった。

2018-06-23 12:40:05
クリフ @bottikurihu

しかも部下である与力・同心が世襲制のプロなのに対して奉行は落下傘式の旗本なんで、奉行職って与力・同心から凄い軽んじられてたらしい。 仲を円滑にするため与力・同心の弁当を自腹切って用意したりしてたそうな。ストレス凄そう twitter.com/wata8492/statu…

2018-06-23 07:34:07
交代制だったはずだけど…?
やぶにらみの某くん @ohutotori

@wata8492 @atsuji_yamamoto お聞きしたいのですが、江戸町奉行は北と南で月番制で1ヶ月交代でやっていたはず?当番で無い月は何をしていたのでしょう? まさか、30日連続勤務のあとは30日連続休暇?

2018-06-23 09:56:49
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

@agDrJN20fbV3eFx @wata8492 当番でない月とは、新たに民事訴訟を受理しないというただそれだけのことであって、通常業務は普通に行われています。月番でない奉行所は、月番のときに受理して未処理になっている案件を消化していました。

2018-06-23 10:56:32
秋ゑびす●7/18 京都アニメーション 火災殉難 1周忌。供養と報恩感謝の御祈祷は、有縁の寺社にて。 @yamashita99

@wata8492 @EterSoulcalibur 奉行所の窓口は北町と南町で1ヶ月交代で閉じるけど、門の中では前月に受け入れた仕事で忙殺。さらに、奉行には登城して幕府中枢と打ち合わせたり報告する仕事が有る。

2018-06-22 23:49:44
nagaoka_sun @nagaoka_sun

@wata8492 町奉行ってドラマの影響で警視庁みたいなイメージが強いと思うけど、現実は区役所みたいなもんだし…北町、南町にそれぞれ与力25人同心100人が勤務していたけど、警察的な仕事をしていたのはそのうち3~5人江戸の人口は50万とも100万とも言われるけど、例えば新宿区役所で職員120人とか考えられない

2018-06-23 11:35:06
仕事量やばい

やばい(やばい)

佐太夫@菴仙、ェ螟ォ @jipangtry

司法行政立法がひとつになってるからそら仕事量増えるわ

2018-06-23 12:36:19
DMAP @dmap

@wata8492 現代風にいうと東京地裁の裁判官が2人しかいない状態ですものね………。仕事量に見合った組織体制を構築しない・できないのは古今変わらずです。

2018-06-23 08:27:25
鬼村優作(きむら・ゆうさく)@もう一度この手にチャンスを…! @captain_akasaka

@dmap @wata8492 それどころか、司法のみならず立法も行政も一部を担っていたので、東京都知事兼首都圏限定農林水産大臣兼東京都消防総監兼警視総監…ざっと書くとこんな感じですね。うわー激務!!

2018-06-23 12:22:27
品鶴線※ @hinkakuline

@wata8492 当時の町奉行は、東京都庁+東京消防庁+警視庁+東京地方裁判所 みたいなところで、北町と南町は月番で仕事。 翌月に前月のまとめをしていたと聞く。 いくら人口が今より少ないとしても、激務ですね。

2018-06-23 10:52:58
不正はすぐみつかる

不正を見つける側も過労死する。栄転の約束は守ってあげてよ!!!

モキュ様/我王 @tamachanmike

@wata8492 @a_hibernant かといって汚職や保身を図ろうとすると、光圀や吉宗や鬼平が斬りに来る

2018-06-22 23:04:15
残りを読む(25)

コメント

あ か こ @akakored 2018年6月23日
海外の有名所だと、スペイン王室に宮廷画家兼役人として仕えたベラスケスも過労死と言われていますね。 本来は画家なのに王女の結婚式の準備に東奔西走して倒れたとか気の毒な。
20
ユギ🌯🚢👾 @yugi_032 2018年6月23日
海外なら雍正帝も過労死と言われていますね〜
4
fumi @karakararen 2018年6月23日
そもそも曜日を導入し始めたのが太陽暦を取り入れた明治からじゃなかったか 七曜自体は存在してたけど、日常に取り入れてはいなかったそうな
1
d2b @d2breathe 2018年6月23日
歴史から学んだ結果、毎週ほぼ必ず休みがあるなど、現代の労働環境は江戸期よりかなりマシになっている。(一部無法者は除く)
13
d2b @d2breathe 2018年6月23日
それと、いわゆる平均寿命は出生時から見た平均なので、新生児死亡率が高かった時代はその分平均寿命が短くなります。 40歳が平均寿命という言葉が一人歩きしている印象がありますが、 一定の年齢まで成長すれば、あとはそれなりの年齢までは生存していたようです。
24
きゃっつ(Kats)⊿11/25日向坂ツアー広島 @grayengineer 2018年6月23日
日本だけではないですよね。そもそも労働権、労働組合、労働法規というのが整備されていった過程にあるのは、それがなかったがゆえに酷使され搾取された時代があったからで
28
きゃっつ(Kats)⊿11/25日向坂ツアー広島 @grayengineer 2018年6月23日
世界史的に見れば、産業革命による近代化で賃金労働者が増え、労使の立場の格差からくる搾取構造が定着していったことで、労働運動が起こってきたと。
22
Yo-太 @Yota586 2018年6月23日
照明どうしてたんだろ。ロウソクなんかじゃ到底足りない気がするけどそれは現代人の感覚なのかしら。
3
yotiyoti @yoti4423yoti 2018年6月23日
なんつーか「井の中の蛙」って諺がここまで似合うまとめもないな
4
rice_of_sato @gohan_of_sato 2018年6月23日
藤原道長とかも過労だった説のまとめがあったな
15
織原 然∇ @orihara_zen 2018年6月23日
これこれ、行政のスリム化とか、無駄をなくす、とかってつまりこの町奉行化なのよ。
16
ルルが効く @icicle_rain 2018年6月23日
d2breathe 色々な調査がありますが、一般に乳幼児の死者数を含めた江戸時代の平均寿命推計は、30そこそことされています。平均寿命40歳というのは、幼児期の死亡率をある程度除き、健康に成人出来た人々の平均寿命に近づけてある数字だと思いますよ
1
ヘイローキャット @Halo_nyanko 2018年6月23日
現代ほど教育システムが整ってないから仕事は出来る人に集中するよね
1
nob_asahi @nob_asahi 2018年6月23日
Yota586 古典落語の描写で夜明け前に起きて、仕事に出かける時に日が上る場面がいくつかあるので、仕事の開始時間が今よりもずっと早かったのではないでしょうかね。下手すると夏場は朝5時頃から働いていたとか。
1
やまぬこ @manul_0 2018年6月23日
むしろまともな法整備も人権意識も栄養もない昔になぜ過労死が無いと思っていたんですかね?
16
alan smithy @alansmithy2010 2018年6月23日
そら吉右衛門も兄(先代松本幸四郎、現松本白鴎)より老けるわ
1
ふうき あり @fuukiari 2018年6月23日
ブラック徳川幕府から引退(=隠居)をなかなか許してもらえず、90歳過ぎまで現役大名としてこき使われていた、真田信之(信州松代藩初代藩主)を思い出しました…過労死とは少し違いますが(しかも、父や弟や徳川に振り回されつつ、その年齢まで正気を保ったまま現役という)
1
ろんどん @lawtomol 2018年6月23日
激務なだけならまだしも、この時代、なんかやらかせば物理的にクビが飛んだわけでして…
0
ろんどん @lawtomol 2018年6月23日
滅私奉公って言葉は最近生まれたんじゃないんですよねぇ
1
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 2018年6月23日
ピラミッド建設が相当ホワイトに思えて来た…
1
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018年6月23日
史実の鬼平にも過労死疑惑があったはずだぞ。
0
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018年6月23日
tsujiml あれ実際は農閑期の副業みたいなものだったらしいですし。
1
おく のぶ @samorou 2018年6月23日
清の雍正帝なんかは、ガチの過労死だと思う。皇帝なのに睡眠時間4時間で大量の上奏文に赤ペン入れて返したりしてる。
7
おく のぶ @samorou 2018年6月23日
lawtomol そんな簡単に物理的に首は飛びませんが、何かやらかすと何故か病気になって死んだりします。実態は切腹して、もしくはさせられて公式には病死扱いになるパターン。
6
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2018年6月23日
Yota586 ろうそくは交換が手間なのか、油を燃やす行燈が普及しました。どっちにしろ裸の光源では壁や天井などどうでもいいところまで照らしてしまって必要な場所が十分に明るくならないので、紙で覆って光を反射&散乱させるといった工夫がされています。それでも現代の明かりよりはかなり暗い
3
おつらら @otsuraraa 2018年6月23日
「データがない」のと「事実が存在しない」は全くの別物ですよ
8
最中 @tastasto 2018年6月23日
昔の労働は意識が違うんだよな。労働が日常であって休みは非日常。そういう認識の上で世の中が回っていた時代。今の感覚で批判するのは少し違う
2
首くくり春夫 @Uzoumuzou1467 2018年6月23日
平安貴族なんてニートしているイメージあるけど、藤原行成が「深夜まで働くと気が狂いそうになる」って日記で愚痴るくらい忙しいかったらしいね。
8
首くくり春夫 @Uzoumuzou1467 2018年6月23日
nob_asahi 百姓の労働の大変さを「朝は朝星、夜は夜星」ってよく表現してますよね
1
Sanka @Sanka_black 2018年6月23日
つまり現代の労働条件は身分制度があった近世と大差ないってことだよね
1
@maryallyman 2018年6月23日
お上からの給料足りなくて自腹切ってた時代に決め手の銭が飛んでた銭形平次って凄い金持ちな人かなんかなんです??
0
内藤冥夜(ΦωΦ) @nightmere666 2018年6月24日
井伊直政も、過労死ですしねえ… というか、家康さんが三河から関東に連れて行って江戸を作った時点で連れてかれた武将たちは過労死してもおかしくない状態だったろうし(しかもお賃金なしの自腹)  日本は多分、創生の神代の時代から…
2
淡酒@不真面目な肉球新党員 @fugakusya 2018年6月24日
朝鮮王朝も負けちゃいない。当時の王は日の出前起床、午前6時から政務や勉強で、一応の就寝時間は午後11時ごろ。これに側室たち・親族の問題や官僚の派閥争いといったストレスマッハな人間関係、運動不足・栄養の偏りなどもあって、多くの王が50歳になるまえに死去。
5
一太郎 @sameaota 2018年6月24日
ほら、過労にたえられる人間しか生き残ってないから
0
BIRD @BIRD_448 2018年6月24日
maryallyman 投げ銭は使い捨てじゃなくて回収してます。収入に関しては神田明神の祭りを仕切ってるんじゃないですかね?
2
nekosencho @Neko_Sencho 2018年6月24日
むかしもあっただろうな、家老死
0
nob_asahi @nob_asahi 2018年6月24日
まあ、旗本は最初から扶持に部下を従える分も含まれていて、お役目の給金は役職手当てみたいなものだから、自腹という言い方にも語弊があるよなぁ。
1
ワス @wsplus 2018年6月24日
そういや大岡裁きの元ネタがソロモン王の伝説だった事知って、何気にあの時代もグローバルなパクリやってるなぁと思った。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E5%BF%A0%E7%9B%B8#%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E6%94%BF%E8%AB%87
1
真改 @shinden406 2018年6月24日
司法どころか労働環境も中世レベルだったんか…。
4
thx4311@平壌運転 @thx_4311 2018年6月24日
wsplus 映画・TVドラマなどでの大岡越前像は、林不忘・谷譲次・牧逸馬のペンネームを使い分けた戦前の流行作家「長谷川海太郎」が林不忘の名義で書いた「新版大岡政談」の影響が影響大きいかと。ちなみに「丹下左膳」はゲストキャラとして新版大岡政談の一作に登場させたら評判となり出来たスピンオフ作品。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%89%88%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E6%94%BF%E8%AB%87
0
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018年6月24日
maryallyman他の方も言ってる通りあの投げた銭は手下に後で拾わせてるそうで。っていうかあれはそもそも岡本綺堂がキャラを創作した時にニッチな所を攻めすぎだと思う。今じゃ人によっちゃ『束のまま殴った方が早くね?』とか言われてるし。
3
BIRD @BIRD_448 2018年6月24日
イギリス最初の労働規制が1833年の工場法「9歳以下就労禁止。週69時間労働以内」だが、現代日本の規制は36協定うまく使うと合法でこれ超えられるかも?
1
江戸しげズ @sigeponnu 2018年6月24日
なんで日本の物語は大岡越前とか水戸黄門とか体制側がヒーローになるんだ?って外国人は思うらしいけど、ノブレスオブリージュが行き届いてるからかもな
1
株屋 @plmjp 2018年6月24日
それをいったら大和朝廷の頃から(ry
0