編集可能

「はやぶさ2」リュウグウ近傍到着宣言&質疑応答

まとめました。
51
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

はやぶさ2、「リュウグウに着いたんじゃね?」という話がちらほら出ていますが、ISAS展示室のメディアセンターでは特に情報は出ていません。10:30からの状況説明で何か話があるかもしれません。

2018-06-27 10:17:39
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

なんというか、普段のJAXA記者会見と比べるとメディアがみんな楽しそう。仕事で来ているとはいえ、ワクワクしてるのが表情に漏れてるね。報道記事っぽく言うと「興奮を隠せない様子」

2018-06-27 10:44:41
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

リュウグウ到着を確認しました。化学推進スラスタが予定通り噴射されたこと。距離が20.7kmになったこと、相対速度が1cm/s以下であること、はやぶさ2が正常であることを確認しました。以上4つをもって到着を確認。

2018-06-27 10:50:02
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

到着したことのデータが届いて確認できたのは9:54分

2018-06-27 10:52:06
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q到着時の様子は? A探査機との距離のデータが一定になっていることを確認して拍手が起きた。

2018-06-27 10:54:05
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q率直な思いは A半分はほっとしたが、これからがいよいよ本番という緊張感が出てきた。

2018-06-27 10:55:11
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q時間軸確認 A運用は7時前から開始。コマンド送信は7:10。ある時間に噴射しろというタイムライン。まずX軸+に9:30、0.7cm/s噴射、予定通り。9:35にZ軸+(接近を減速)2.8cm/s噴射。その16分後、ドップラー効果で速度測定。9:54、津田PMが到着を宣言。拍手が起きたのは到着宣言後。

2018-06-27 10:58:16
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q今とこれからの運用は Aモードが変わる。小惑星近傍運用。今日はそのための設定作業、明日以降の運用への準備作業。 Q準備とは A探査機にコマンドを送る

2018-06-27 10:59:39
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q現在20km、新しい画像や知見はあるか A昨日おととい、画像は取得しているのでお見せする。まだサイエンス解析はしていないので、画像撮れたよという程度。

2018-06-27 11:00:37
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q今後の予定は A明日から近傍運用。8月なかばに着陸位置を決める Q手順は A7月には高度を下げたり重力を測定したりして、そういったデータを総合して検討

2018-06-27 11:01:42
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q川口先生もいたようだが何か話したか A姿勢制御系の人と話していた。うまくいっているか気にしていたようだが、うまくいって喜んでいた。

2018-06-27 11:02:23
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q LIDAR計測結果は A接近した距離はLIDARで測っている Q推定していた距離とあっていたか A km単位であっていた

2018-06-27 11:03:42
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q距離や相対速度は事前に決めていたか Aホームポジションは20kmと決めていた。プラスマイナス数kmは誤差範囲。相対速度は1cm/s以下。リュウグウの重力と太陽光圧で変化するので、ときどき制御する。

2018-06-27 11:05:14
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q到着したというだけで、わかることはあるか A我々が持っているデータはほとんど写真だけ。本格的観測はこれから。写真だけでは構造は見えてこないが、たくさんの岩塊が表面に見える。イトカワはラブルパイルだったが、リュウグウも同じかはまだ言えない。密度など計測しないと。

2018-06-27 11:06:33
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

A続き C型小惑星のことがよくわかる。もうすぐアステロイドデーだが、とても期待されている。

2018-06-27 11:07:07
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Qリュウグウは事前のレーダー観測ができなかったが、はやぶさ2により軌道が正確に測れるか Aその通り。

2018-06-27 11:08:23
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q地上でわからないことは行ってみるとわかると言って良いか Aその通り。軌道も地球からでは正確にわからない。

2018-06-27 11:09:08
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Qホームポジション20kmというのは赤道付近からの距離か Aその通り。中心付近を狙って測っており、表面からの距離が20km

2018-06-27 11:10:00
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q MASCOTチームなどから反応は A各チームにへメーリングリストで状況を送っている。まだ見ていないがはたくさんの反応があるだろう

2018-06-27 11:10:50
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q 管制室に「到着したら寝られるか」という張り紙があったが A 交替でやってはいるが、非常に神経を使って運用している。ふだんは臼田で1日8時間の運用だが、今回は海外局も使っており、24時間ではないが1日2回運用などもしている。TCMが終わっても楽にはならない。

2018-06-27 11:12:18
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q 今回、ほとんどトラブルがなかった。原因は A 第一に、はやぶさの経験があったから。大小さまざまなトラブルを分析して、探査機そのものもずいぶん変わっている。はやぶさは到着前からRW故障していたが、今回はない。運用も津田PMをはじめ慎重にやってきた。

2018-06-27 11:13:54
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q 一般の人へ A かなりサイエンスの成果が上がりそうという感じがしている。やってみないとわからないが、いろんな機器を積んでいるのでかなりいろんなことがわかる。リュウグウは幾何学的な形状が、ああいうのがいくつもあることがわかっている。

2018-06-27 11:15:05
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

続き)そういう同じようなものがたくさんある小惑星へ行くのは初めて。 Q新しいものとは、インパクターとか Aそれもある。またKa帯通信により4倍の通信速度が得られる。探査技術向上にも努めていきたい。

2018-06-27 11:16:14
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

Q 国際協力の予定 A サイエンス、300人ぐらい。ヨーロッパが多く、次いでアメリカ、あとアジアなど。毎年1,2回は会合を開いていたが、最近は5月に1回、次は8月に1回集まって着陸地点を話し合う。これからいよいよ面白いサイエンス議論が出てくる。

2018-06-27 11:18:07
残りを読む(32)

コメント

ねこ博士 @kazukazu_ex 2018年6月27日
【ISAS】はやぶさ×のぞみ fortissimo-the ultimate crisis【JAXA】‐the last http://nico.ms/sm16935576?cp_webto=share_others_androidapp 初代はやぶさについてざっと振り返りたくなった人はこちらがおすすめ。
1
うみ@療養中 @umi_tweet 2018年6月27日
まだ着いただけなのに、ちょっと泣いちゃう。
0
妹之山正雄@在宅勤務はコロナ後も継続でいいのよ @masawoImonoyama 2018年6月28日
めでたいニュースでなにより。 しかし、日本から見れないタイミングで海外の協力を得てるってのは解るんだが、ゴールドストーン(アメリカ)、マドリッド(スペイン)は兎も角キャンベラって日本とさして緯度変わらないよね。それでも見える見えないが発生するのか・・・
0