10周年のSPコンテンツ!
59
オムニ P @OMNI_P
日本刀も大太刀や長巻などは重打剣状の用法がされていますので、戦国時代が長引いたとしても概ね実情は変わらないと思います。また西洋において斬撃を重視した剣としてはブロードソード等が嚆矢ですね。 http://togetter.com/li/124250
オムニ P @OMNI_P
むしろ西洋の刀剣と日本の刀剣を見比べて思うのは、双方の文化圏における道具への思想の違い かなぁ
オムニ P @OMNI_P
食器で考えると判りやすいと思う
オムニ P @OMNI_P
西洋はスプーン フォーク ナイフなどを使い分けるのがデフォだけど 日本人は大体箸で済ませる
オムニ P @OMNI_P
西洋は「用途に細分化した道具を作る」方向が優れていると思う。対チェインメイル用に刺突特化のパンツァーステッチャーやスティレットを作るし レイピア ブロードソード サーベルと言った概ね交戦距離が近い刀剣が同時代に数種類も存在している
オムニ P @OMNI_P
逆に日本は「用途に技法を合わせる」方面が多い。刀一本で刺突、斬撃、打撃の全部をこなす。それぞれに特化させるとしても、刺突に特化しても反りを浅くし長く作る。打撃の場合は大きく重く作る等あるにせよ、「日本刀」という概念内で済ませている。
R @rei_eag
@OMNI_P 日本人的だなと思いますねw
オムニ P @OMNI_P
ついでに日本の古流剣術には反りの強い太刀で突く技法が普通に存在する。というか反りを生かして防御をかいくぐりながら相手の身体を捕らえるという「それなんてショーテル?」という変態技法もある
@Lenan_CRENTHIRD
いや、パブリックイメージな「日本刀」は実用度外視のものらしいのだが。鉄鞭とか鉄刀とか十手とか分銅とか。まあ、見た目は綺麗ですが。換えの刀を2,3本持って行くことはよくあることだったらしいですよ? 西も東も
@Lenan_CRENTHIRD
刀一本で何とかしろ、的な状況がすでに詰んでいるのよね。あれだねー。館ごと焼き払って生焼けの首探しても・・・・・・だめかなあ。
オムニ P @OMNI_P
代えは良く聞きますね。刀剣は携行性が高いという利点がありますし RT @Lenan_CRENTHIRD: いや、パブリックイメージな「日本刀」は実用度外視のものらしいのだが。鉄鞭とか鉄刀とか十手とか分銅とか。まあ、見た目は綺麗ですが。
オムニ P @OMNI_P
因みに西洋剣で個人的に面白いのは設計上のギミックというか たとえばロンデルダガーの石突は下に振り下ろす時の支点としての効果があるというし ブロードソードのヒルトにサムフックを有する物もある(親指を引っかける事によって特殊な操作を可能にする) 後はリカッソが代表例かな
オムニ P @OMNI_P
日本に関してはどーかというと まさにリカッソと同じ発想なのが中巻野太刀→長巻 ただ西洋のリカッソが設計段階で刃を付けないという徹底したものなのに対して、日本は後から布を巻くという違いはあるけど。刀には焼き落としというものあるけどこれはリカッソとはまた別

コメント

オムニ P @OMNI_P 2011年4月16日
まあ日本は概ね同一言語圏の島国であって、西洋は言語から違う複数の国家があった大陸ですので、装備に多様性が出てくるのはそれも大きいとは思います。と追記しておく。
オムニ P @OMNI_P 2011年4月16日
ラテン語という下地があるから、ある程度共通要素がある。というご指摘も頂きました。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年4月16日
素朴な道具と神の手を持つ日本の職人と、精緻な治具を数多と用意し使いこなすドイツのマイスターの話をちょっと思い出した。 そういえば、日本では近代~現代に至るまでホールド、マウントを「結ぶ」で済ませてることが多いな。
uiro☔ @70_ 2011年4月16日
和服と洋服なんかにもそういう思想の違いがあらわれてるのかな。 風呂敷と鞄なんかもそうか。
uiro☔ @70_ 2011年4月16日
一つの部屋で寝食を行う日本住宅と、寝室と食卓を分ける西洋住宅、なんて所もあるな。面白い視点だ
岡一輝 @okaikki 2011年4月16日
日本では縄一本、しかし西洋だと、ありとあらゆる意匠と機構を凝らした道具を使いますね。手枷・足枷・ラバースーツ・ボールギャグ・拘束衣・コルセット・貞操帯・十字架・鎖・フック・滑車・バキュームベッドetc.