10周年のSPコンテンツ!
6
生駒クズリ @ikoma_ru
のぞみの娘、って話が降ってきた。成長し、教師になったのぞみはシングルマザー。結婚はしておらず、ココの娘を育てている。娘は小さな頃から「あなたはお姫様なんだよ」と言われて育てられてきたが、中学二年生にもなろうとする今は、 それを信じてはいない。
生駒クズリ @ikoma_ru
相変わらず天然ボケで、未だに娘のことをお姫様と言う母のぞに呆れながらも、娘は母のぞのことが大好き。りんちゃん娘や、同じようにシングルマザーなこまちの娘と仲良く過ごしている。
生駒クズリ @ikoma_ru
父ココからは、時折、手紙が届く。手紙を届けてくれるのはシロップ。最初、娘は自分の父がシロップではないかと疑っていたが、今ではそれが違っていることを知っている。何故ならシロップは、うららと遅ればせながらの結婚をしたから。
生駒クズリ @ikoma_ru
シロップの戸籍やなんやらは、大きくなったブンビーカンパニーの社長、ブンビーさんが用意した(適当)。シロうらは、若い頃は色々あって疎遠になりそうになった頃もあったが、うららが女優としての地位を確固とした後に結婚。つい先日、子供が産まれたばかり。
生駒クズリ @ikoma_ru
かれんは結婚などはせず、医者として働いてる。今はミルクことくるみと二人で暮らしてる。仲間との集まりでは、結婚出来ないことを嘆いてみせるが、それなりに幸せそう。
生駒クズリ @ikoma_ru
りんちゃんさんは花屋を継いでくれる旦那さんを貰い、自分はアクセサリーデザイナーとして活躍中。暇な時は花屋の手伝いをしてる。変わらずのぞみと大親友なさまは、母達に自分達と一緒だと苦笑されている。
生駒クズリ @ikoma_ru
こまちさんは小説家としてデビュー。こちらの世界ではシングルマザーだが、しょっちゅうパルミエ王国やキュアローズガーデンに出向いており、産まれた娘も妖精の存在を知ってる。が、両親譲りで飲み込みがいいのと、ナッツに似てあまり口数が多くないので周りにはばれていない。
生駒クズリ @ikoma_ru
そしてのぞみ娘とりん娘、こまち娘は同い年で仲良し。同じ中学にも通っている。そんな彼女達の中学には、フローラと館長とアナコンディさんの生まれ変わりがそれぞれいて、三角関係となっている。
生駒クズリ @ikoma_ru
ありふれた、なんでもない日常が続くと思っていた彼女達。だが、ある日のこと、彼女達は道で倒れている女性を見つけて救う。「お前は……のぞみ……? いや、違う、か……」 彼女の名前は、デスパライヤ。
生駒クズリ @ikoma_ru
かれんの病院に担ぎ込まれた彼女は、語る。何者かの介入があって、邪悪な力を抑えきれなくなり、封印が解けそうだ、と。そこに現れる敵。のぞみ達は変身出来ず、ただ一人、くるみがミルキィローズに変身するが、多勢に無勢となる。
生駒クズリ @ikoma_ru
変身出来なくても娘たちを守ろうとするのぞみ達。混乱するのぞみ娘たちだが、一人、こまち娘は落ち着いており、母からキュアモを受け取り、のぞみ達にも娘にそれを渡すようにいう。
生駒クズリ @ikoma_ru
なんのことかわからないのぞみ娘たちに、こまち娘が言う。「二人とも、変身よ!」。わけもわからぬまま、それでも母達に背を押され、そして古い記憶を元に彼女達は叫ぶ。「プリキュア! メタモルフォーズ!」と。
生駒クズリ @ikoma_ru
そして新たなプリキュア伝説が始まる……

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする