【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
107
ログインして広告を非表示にする
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 11:22:36
近頃、新しいアイデアを盛り込んでプロットを送っても企画会議を通らんな、と思ったらこの二年くらいのうちに出版界は直近半年~一年の売れ行きで(企画ではなく)作家を使うかどうか決めとるそうな。作家が本を出すのが、まるで銀行や生命保険会社から金借りるか、住宅ローンみたいになってきたな。
ざるそば@けんぞくぅになりました @spelunker4 2018-07-10 21:09:39
@uncle_dagon 売れ行きが作品の出来もですけどバズるかどうかになってる感はありますね。
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 22:22:23
@spelunker4 かといって炎上商法は下品にすぎるし。
ざるそば@けんぞくぅになりました @spelunker4 2018-07-10 22:25:53
@uncle_dagon SNSでの宣伝の重要性はとにかく感じますね。実店舗の数減ってる分だけSNSでの宣伝比率が上がるというジレンマ
珍小鳥@最終教師のフレンズ @chinkotori_fake 2018-07-10 11:51:30
@uncle_dagon これは思うに、TwitterやFacebookの悪弊だと思うのです。私の場合漫画出版でそれをよく感じるのですが、インターネットで現場が熱くなっているのはとてもわかり易いので、そういう作品(決して作家ではなく)をどれだけつかみ、読者を取り込めるか、が出版界の動静となっているように思います。
前例と同じばかりになるとどうなる?
左紳之介 @Hidari_ShinnosK 2018-07-11 08:03:17
@uncle_dagon @shibataro_ebook 出版社が前例で作品評価するようになったらデカいヒットは中々出せなくなるでしょうね。デカいヒット作には何かしら新規性があり、新規性とは「類似の前例がない」ということですからね。デカいヒット出せずに続けてもジリ貧なんじゃないのかな。
しば @yamayama_nae 2018-07-11 08:36:01
@uncle_dagon 面白そうな本が出てこない訳ですね。 二匹目のドジョウとはいえドジョウばかり食べたくないよー。
作家は作品以外のことを精査されそう

フォロワー数をチェックするところもあるようですね。

朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 11:25:08
そのうち新しい企画を通すために作家は健康診断とか結婚してるとか持ち家か借家かとか貯金残高とか版元と取次に精査されるかもしれん。 twitter.com/uncle_dagon/st…
kozou054 @kozou054 2018-07-11 09:56:40
@uncle_dagon 作品の事前審査!! 編「今迄に、原稿の滞納や遅延はありましたか?」 恐ろしいねぇ。 お邪魔しました。
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-11 10:09:05
@kozou054 あ、それは審査対象外。原稿の滞納や遅延はキャリアが上になればなるほど多くなります。そして、そうした場合には今度は担当の危機管理能力が社内の考査対象になりますので。かつてこの危機に遭遇して大先生の名で作品書いたとか忘れられた作品を見つけて来て焼き直しを提案した名編集者は数多いです。
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 11:32:39
あぶれた作家たちが朝5時ころに飯田橋の駅前に集まると版元の名前が書かれたトラックがやって来て荷台からエージェントが「時代物、人情、310枚」「ラノベ、萌え系、420枚」とか怒鳴る作家たちは「やります、凸凹賞受賞です」と叫んで「よし、お前」と指名されると何処かに運ばれていくんだ。嗚呼。 twitter.com/uncle_dagon/st…
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 11:37:51
12年くらい前にこの話をソノラマの石井編集長にしたら「そんな時代になったら私は出版社を辞めます」といってたが、石井編集長が退職してソノラマが潰れたら、本当にそんな時代になってしまったよ。最悪の予想が実現する未来なんて逆宇宙の中だけと思ってたのにな。
きょうせいとう @AuJ3s6fFmb6If6p 2018-07-10 23:42:18
@uncle_dagon KADOKAWAのトラックの他に竹書房や双葉社や芳文社のトラックがあるのでしょうか?
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 23:43:36
@AuJ3s6fFmb6If6p あと、群小編集プロダクションのバンもあります。乗せられると何処に連れていかれるか、分かりません。
ぺんご @pengomk2 2018-07-11 11:33:16
むしろオフィスビルの前に並んでいて、やってくるマイクロバスに無言でのりこm(通信途絶
たべぞう【定例ボドゲ会@プレプレ中野】 @tabetetabete 2018-07-11 11:21:20
飯田橋周辺に手配師を待つ作家たちの木賃宿が溢れ出して、ドヤ街と化す twitter.com/uncle_dagon/st…
たべぞう【定例ボドゲ会@プレプレ中野】 @tabetetabete 2018-07-11 11:47:26
そのドヤは廃業した出版社や印刷所の廃ビルを利用し、見た目はゴーストタウン(作家は中でカンヅメ状態
この時代はもう来ている
吉田 仁 @zephyros1960 2018-07-10 19:38:32
@uncle_dagon 既に近い状況な気がします。 眉村卓先生の作品を想い出しました。「小説を書く人」は出版社で直前迄出来ている文章を画面で見て次の展開を打ち込み、問題無くて機械が受理した中から良いものが選択され、又、次の展開を・・・。
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 22:27:04
@zephyros1960 作家はコンテンツ作成ソフトじゃないのにね。何かが間違ってるよ。
吉田 仁 @zephyros1960 2018-07-10 22:57:38
@uncle_dagon もっとも、ラノベの現場もそれに近い感じらしいですね。 出版社によっては編集部にマニュアルが有って、この話の主人公は・・・ならばライバルは居るか?と云った感じで。企画会議の段階でマニュアルに即していないと、はねられてしまいマニュアル通りがイヤてせ、別会社に持って行く人も居るとか。
朝松健ニュース @uncle_dagon 2018-07-10 23:37:24
@zephyros1960 でも、そんなのは私がデビューした頃からあったね。ある版元の部長は「読者は馬鹿なんだから裸の女とバケモノとイケメン出して一行の文章短くしていつまでも終わらなければ売れるんだ」とマニュアル押し付けられた。腹が立ったので「屍美女軍団」にウスラバカ編集長役で出してやったけど。
米田淳一/8月17日JAMビッグサイトD-1自由環状線 @YONEDEN 2018-07-11 11:12:03
@uncle_dagon @chayakyu 架空戦記も「大和と山本五十六と零戦出てればそれでいいんだよ」って版元に言われましたよ。まあその版元の方が先になくなりましたけどね。そういう連中に生殺与奪任せるなんてまっぴらなんで私はバイトしながら好きなもん書くようにしました。人生一回しかないし書けるもんの数は限られてるし。
残りを読む(14)

コメント

笹かま @voyageur105 2018-07-11 13:42:07
要は出版業界はじり貧ということですね。 切ないなあ。
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018-07-11 13:52:00
これ「最悪の例で言えば5年前のtwitter上の発言で炎上したから絶版です。」は「二度目の人生は異世界で」のこと?Amazonでkindle版を販売しているのに「当該書籍の当社在庫はなく、出荷をしておりません」http://hobbyjapan.co.jp/book_notices/index.php?id=157 って、絶版の意味が変わってきたな。電子書籍だって領域は使うんだから、絶版とは元データ削除をいうのではないのか。
亞俄蛇 @agata_agahta 2018-07-11 14:08:10
SNSっていうほどたいした宣伝効果ないと思うのだけど・・・。
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-11 14:24:47
1980年代で既に「売れている作家」に仕事集中って傾向あったと思います。SF作家とかミステリーとか
川田零三 @kawada0zo 2018-07-11 14:29:27
漫画家(赤松健)かと思ったら小説家(朝松健)だった。「屍美女軍団」まで気付かなかった。
_ @wholescape 2018-07-11 14:38:18
もうコミケコミティア文学フリマで自費出版してた方が良いのでは…
tamama @tamama666 2018-07-11 15:11:35
kawada0zo 加藤あいと阿藤快くらいのわずかな違いなので勘違いしますよね!
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018-07-11 15:14:38
これは致し方ない部分もある。面白さでいえば100点満点の作品は誰の目から見ても面白く、ほっといても売れる。問題は70~80点くらいの作品で、売れるかどうかは流行や運が絡む。毎回100点が出せればそれにこしたことはないが、そうはならんからね。
さとうあきひろ @akihirosato1975 2018-07-11 15:17:35
昔はシリーズ物のラノベはとりあえず3巻までは出して様子見るとかあったけど、最近は1巻の売れ行きが悪かったら即切られるのも多いからなぁ(特に新人作家の場合に顕著)。完全に余裕がなくなってる。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018-07-11 15:18:25
編集者たって個人に過ぎないわけだから80点くらいの作品を面白いと思ってても、絶対に売れるという保証が出せるわけもなく、結局今までの売上データや営業部の意見に従うしかない。出版点数が増えたぶん、80点でも売れずに打ち切りになる作品も相対的に増えてる以上、会社としてはほかの指標に頼るしかないってのは自然なことだ
ヘルヴォルト @hervort 2018-07-11 15:19:31
作家へのメリットドンドン減ってるよね
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2018-07-11 15:20:58
注文はネット通販ばかりで、本当に本を売りたい本屋が全国でも数えるほどしかなくなったとも言えるなぁ。盛岡のさわや書店は貴重な方。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018-07-11 15:25:14
最近だと漫画家の津々巳あやが、まんがタイムジャンボの休刊時、芳文社ではこれまでの売上実績が悪かったため打ち切りを打診され、著作でそれなりに実績のあったMFへ連載移籍なんてこともあった。作家は専業でいくなら複数掛け持ちをしてリスクヘッジを常に考えないとやってけない時代だと思います。
ぽんぽん @apocalypse1706 2018-07-11 15:31:12
出版はみんなおおむねこんな感じになってはいる。企画建てるにも前例の部数とかが必要で、まー大変。
はなれ @kajyahinn 2018-07-11 15:36:06
ちょっと信じられんが本当なら自業自得ですね…そりゃ好き勝手書いてるなろうで拾ってくるほうがマシな状況に陥るよな、としか。出版社の人員を削ってなろう小説から注文を受けて自動で印刷してくれる自販機を作ったほうがマシ。まであるな
satman12 @satman121 2018-07-11 16:09:41
もう本買うのやめるか
UZIRO @UZIRO 2018-07-11 16:16:33
これだと編集要らなすぎ問題が発生するな。外注編集以外はクビだわ。
茜射す紫野行き @smichie1221 2018-07-11 19:12:31
読者は馬鹿だから裸の女と化け物と~で(菊池秀行!?)とか思ってしまった。先生ごめんなさい。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-11 19:31:00
そんなもん、昭和のころからNHKにも民放にも芸能人のギャラのランク付けが全部あって、それはギャラだけでなくキャストの並び順や楽屋の広さ、(現場への)入り時間にいたるまで全てに反映されてるし、脚本家だって「誰が出るか」が決まってから書くのが当たり前。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-11 19:33:39
民間企業だって、フォロワー数で採用決めるような職業いくらでもありまっせ。出版業界に限らず人気商売はどこでも同じ。
taro @necoin800 2018-07-11 19:33:41
satman121 元から買ってないやろ
JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2018-07-11 19:36:21
まとめとは関係ないですが、tiltintninontun は状態としては「版元品切れ」(品切れという状態で出版権を保持)か、紙の書籍では出版権を手放しているが電子書籍では出版権を所有している状況なのかと。
CVB @NqL7i7n1NitbuL0 2018-07-11 20:23:10
超一流SF作家の某Y氏がちょっと前からリツイートするだけマンになってるのはこういった事情が絡んでいて出版社に睨まれたせいだという可能性が微レ存…?
Yo-太 @Yota586 2018-07-11 20:41:54
小説家は清廉潔白じゃなきゃダメな時代か… 作家なんて明治くらいから「まとも」から1歩半外れたような連中ばかりかと思っていたけど。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-11 22:07:24
「そうな」って元ツイートが言っているんで、まあとりあえず、それどこ情報よ、みたいな気分です。デコレーションするならそこのところを赤字大文字にしたいぐらい。企画持ち込むぐらいならせっせとネット小説書いてview稼いだほうが、小説の場合は出版される可能性は高い、みたいな。
番兵君 @banpeikun 2018-07-11 22:17:15
作家とフリーの編集、校正と絵描きをマッチングするサービス立ち上げてAmazonで出版すれば良いような…もうそんなサービスあったりする?
はまな @hamanaHSC 2018-07-11 23:26:30
『絶対にSNSを使ってセルフマーケティングをするしかないですし、やらされます』←仕事しろよ出版社と編集! お前らの給料何のためにあるんだと!
はまな @hamanaHSC 2018-07-11 23:27:26
もうさ、電子での個人出版があたりまえになるだろうしなるべきだとすら思えてくる。小規模の校正とかの会社があればそれでいいよもう。
paru @parukkusu 2018-07-12 00:14:50
>アニメ放映時期に心を病んでいないか  アニメ放映で心を病むことも有ったりしますね (´・ω・`)
ゆうき @F001Yuki 2018-07-12 02:00:14
もはやどうしても書きたい衝動にかられて書く生産者と、それをどうしても読みたいという消費者という同人社会がそっくりそのままの形につながって出来上がった創作活動の受給でしか双方の幸せは完成せず、そこに商売という要素が割り込める、あるいは割り込まなくてはならないという状況ではなくなっているのかもしれない。つまり、そのくらいITは身近。
酒屋 @nakaei19351 2018-07-12 02:10:30
いつもの話題ですけどとりあえず編集者必要論のまとめも置いときますね https://togetter.com/li/1194910
酒屋 @nakaei19351 2018-07-12 02:12:02
『編集者がいらない』んじゃなくて『いらない編集者がいる』もしくは『編集者がいらない場合がある』って話
毛海王 @masu_ooyama 2018-07-12 02:36:57
作家もわざわざ出版社に企画持ち込まずになろうに投稿すりゃいいじゃん
ふひひひひひひ @satoda3104s2 2018-07-12 05:11:35
こんなん、作家を奴隷扱いしているようにしか見えないわ。
やとおじさん @yato1925xxx 2018-07-12 05:20:47
紙の本は確かに好きなんだけど編集と出版社の話とか印税の話を聞く度になんだこのゴミ制度やべえなとしか思えないしもう個人で電子書籍にしてくれたらいくらでも買うから早く作家さんが好きなように描きたいものだけ描いて生きていける世界になって欲しい
森㌧@硬水ダイエット @plmjp 2018-07-12 05:22:44
じゃあ出版社の役割って何よ、って話になる。作家が営業までできたら、出版社いらないじゃん
いちたりない朽木 @lack_lucky 2018-07-12 05:53:46
だいぶ前から言われてることだけど、営業はSNSでやらせて、作品作りはマニュアルに沿わせて、編集は前例に従ってとなると、本当に編集者不要ですね……。 出版不況だから失敗が許されないとはいえ、流石にこれはどうかと思います。
かつ丸 @katumaru8000 2018-07-12 06:15:37
棘にわざわざ挑発的なコメントしまくったり、同系統の作品を無理矢理貶したり、自分の「ストーカー」にわざわざ粘着したり、そういった炎上努力をして露出を高めて作品を売ろうとしてる作者さんも世の中にはいるからね。本を売るのは大変なんだろうね。
トモマサ @Mattyan_shida 2018-07-12 06:23:04
結局今までのやり方では本が売れない・雑誌が売れないから、Twitterでバズってる漫画を書籍化すれば少なくとも売上的に爆死は避けられるだろうという考えなんだろうな。昔と違って個人で作品を発表し販売できるようになったことで、益々出版社の存在意義が問われていると思う
kimuraお兄さん @nobuo_kimura 2018-07-12 06:39:48
( ×H×)y-~~営業力があってフォーマットどおりの既成品を納期通りに仕上げる職人しか相手にされないのは昔から。そのやり方で斜陽になったのに、懲りずに拡大しているだけという話ではないかな?と。
kimuraお兄さん @nobuo_kimura 2018-07-12 06:41:28
( ×H×)y-~~純文学とかでも厳しい思想チェックをパスしてブンガク村に入村できた少数派がかろうじて商業出版の尻尾にかじりついて生き残ってる程度。
kimuraお兄さん @nobuo_kimura 2018-07-12 06:45:20
( ×H×)y-~~思想的にアレな人の攻撃を受け外圧まで利用されて何年も前の書き込みを発掘され実質的に商業出版から追放、というような事例も…出版の自由、言論の自由、思想の自由はどこに消えてしまったんでしょうね…
昆布出汁 @kobu_dasi 2018-07-12 06:56:23
作家の方で自前で編集抱えて広報やら渉外やらやってった方が良いんでないかな。と言うか、もうそういう作家とか居るんだろうか。
はげはげちゃびん @hagehagechabin 2018-07-12 07:08:31
創作の世界でも昨今の就職活動同様「経験を有し即戦力として成果が期待でき情報発信力のある、コミュニケーション能力に長けた安く使える新人」が求められる時代が来たのですね(白目)>RT
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-12 08:15:37
菊池秀行さんの小説が凄く本屋に平積みされていた頃、別作品でも似た表現があったりして、出版社は作家を使い潰す傾向があるという話しを誰かとした時、市場規模が英語圏と比べて小さいとかなんとか話した記憶があります。
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-12 08:20:06
nobuo_kimura 芥川賞は随分前から作家個人のキャラ売りをメディアで見かけるようになった印象です。どんな変わったキャラの人が書いているかと
kimuraお兄さん @nobuo_kimura 2018-07-12 08:51:23
mikumiku_aloha ( ×H×)y-~~その前は文学の新人賞を若い女の子に取らせるのが流行ったような。
kimuraお兄さん @nobuo_kimura 2018-07-12 08:54:31
( ×H×)y-~~女の子に賞取らせたら人気でるんじゃないかと業界がトチ狂った時代にたまたまデビューしてデビュー作以外ほとんど読まれていないくせに文化人気取りでモノ申してる女流作家がいるよなあ…(誰のこととは言わない優しさ)
煮物 @nimonotenpura 2018-07-12 09:07:00
みんな冒険が出来なくなってるんだなぁ 日本って国の老化を感じる
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-12 09:10:38
nimonotenpura 鶏が先か卵が先か。企業が冒険をしなくなってから日本社会は元気なくなっていったという考え方も出来ると思います。米国では古い企業はかなり消えていきますので
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-12 09:48:08
米国の出版業界の例を検索すると、ニューロマンサーの初出の時の出版社ACEは、 Berkley Booksに吸収され、 Berkley BooksはPenguin Groupとくっつき、さらにRandom Houseとくっつき、Penguin Random Houseかな?
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-12 10:14:00
米国の大手出版5社が"The Bgi Five"と呼ばれているらしいけど、 http://almossawi.com/big-five-publishers/ ハリーポッターやハンガーゲームのScholasticは、そこに含まれない6位の会社。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018-07-12 11:34:46
satoda3104s2 作家だけじゃないと思う。所謂"即戦力"ばかり追っ掛けて、その付焼刃を当てにする、将に怠慢。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018-07-12 11:38:07
結局、後に続くものを作ろうとしないと、ジリ貧になるのは、火を見るよりも明らか。
内田宏基@東京都 @_danwaneji 2018-07-12 11:45:34
これ、出版社に作品を卸す意義が、本格的にわからなくなってくるんですが、電書直販に対する優位性ってどう認識されてるんだろう?
ナナカネ @akane_nanasawa 2018-07-12 12:19:15
売上低下の原因の一つがシリーズ物なのに1巻2巻で打ち切り(しかもそれが読者に伝わらない)という事例があまりに多すぎたからだし悪循環よね。
X178 @GFX178 2018-07-12 12:56:41
宣伝費ケチりたいから元から名の売れてる作家使いたいんだろう 広報に気合い入るの一回売れて重版かかってからだろ確か……現代だとビジネスモデルとして無理がある
おいちゃん @semispatha 2018-07-12 13:24:42
制作委員会+マルチメディア展開がブルーオーシャンの頃はイケイケドンドンだったけど、狩場に集まり過ぎてレッドオーシャンになって「悪いのは作家が売れ線から外れてるからだ」と下を育てなかった編集者達の空洞化を無視して総力戦やってるからダメなんだろうと。
兵頭新児@ネオマス @hyodoshinji 2018-07-12 14:06:53
それ、「なろう」って言うんやでRTあぶれた作家たちが朝5時ころに飯田橋の駅前に集まると
通りすがりのだいこん @KansaiF 2018-07-12 14:23:53
最近思うようになってきたんだけど、出版業界隈で聞く「作者にSNSでの宣伝頑張って貰わないと…」ていうセリフさぁ、もしかして『横浜駅SF』からの風潮? あの作者さんって一説では出版以前ですでにフォロワー数何万って聞いてるんだけど、そんな人を基準にトラタヌしたって失敗するの解かり切ってないか?
Takuji Minami @yamaqsha373 2018-07-12 14:33:09
出版業界の問題ってよりは取次の部決の材料が直近のデータくらいしか無いからやね
ささみくん @3_3_me 2018-07-12 15:09:03
「SNS宣伝やって」にキレるのって、逆に自分の作品のマーケティングになんでそんな他人事なスタンスで居るのか分からん。
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-07-12 15:22:00
hyodoshinji なろう小説のランキングで需要を測って、出版で問題になりそうな作品を除いてピックアップとかだと、作家を育てると言うより統計処理って感じで
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ @Lkpi8dEIKmF7bi1 2018-07-12 15:25:31
出版業界が首を絞めている様にしか見えない・・・「読者」という購買層についての分析がなされているか 怪しい。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ @Lkpi8dEIKmF7bi1 2018-07-12 15:29:30
nobuo_kimura これから右も左もその手の言論の自由への攻撃始めるとしたら益々出版業界や創作者は大変な事になるだろうなぁと思う
moxid @moxidoxide 2018-07-12 15:31:47
なんぼセルフサービス謳う食堂でも食材渡されたら困るわって話。ノウハウ持ってる方がやらないってなんなんだよ。え?そこから?ってTOKIOか
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 15:37:53
未だに勘違いしてる人がいるけど、企画書を書くのは作家の仕事じゃありません。企画を立てるのはプロデューサーであり、実際に企画書を書くのはアシスタントプロデューサーや脚本家見習い。映画シナリオ募集で大賞とって自分で営業かけても全く相手にされなかったが、それを自分で小説化して実績を上げたらPがこぞって映画化を申し込んだとかいくらでも聞く話。マスな数字ホント大事、この業界。
GGj8mKf.IE2 @GGj8mKfIE2 2018-07-12 15:39:37
まとめの中にある「日雇い小説家」はちょっと読んでみたい
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 15:45:06
今時、誰でも知ってる編集者なんていないし、いたところで編集者の名前で本を買う人もいないでしょう。「全米が泣いた」で映画見ようと思う人がいないのと同じ。大ヒットってのは、普段興味がない人を引き込めない限り無理なんだから、結局は数字と口コミだよりになって宣伝広告費は削減されていくと。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 15:47:31
GGj8mKfIE2 新人シナリオコンクールで受賞してキー局のプロデューサーの子飼いになれば、そういう体験ができますよ。
中杜カズサ @nakakzs 2018-07-12 17:22:59
「作家」ではなく「ライター」であれば、もう出版界(ここで言う全rね起伏夢)に依存しないで自分の実力(文章のみならず自分の知名度や広報力、はてなデザインや依頼手法など)での体制が、KDPなどで生まれつつあるのではないかな。作家もそう遠くない。
みあ@『怪盗ルパン伝アバンチュリエ』応援 @mia_pyxis 2018-07-12 17:35:25
出版社が作家を使うって言ってるのがもうね。作家が自前でフリー編集者と組んだりセルフ出版始めてるケースあるんだけど。これからどうなるのか。
@gatirogrth 2018-07-12 18:16:18
読者を見てないからジリ貧だし売れないんだよ
フローライト㌠ @FluoRiteTW 2018-07-12 20:44:37
プリンセスプラスティックははたして戦記モノなのかと疑問ではあったが、そうこうしている間に時代の方が追い付いてきたのである意味勝者とも言えるな米田先生。
まちゃるんと @UnfoundNimo 2018-07-12 21:06:08
KansaiF 会議体で俎上に登り始め、依頼の基準にフォロワー数という項目が現れたのはカクヨム開設前後。マーケティング上、安定購買者は著者のファンなので著者に呟いてもらうのが一番宣伝効果がある。そういう人は当然印税率が高い。印税率安いのにどうのと表で喚いてる人は、そもそもペイラインに達しないから「せめて自分に興味持ってくれてる人にくらいは告知してよ」と編集がお願いしてる様な場合。印税率どうこう言う以前にお別れ間際の土俵際な問題。勿論、会社によって程度に差はあるけれども
ステンレスたわし @hushuutawasi 2018-07-12 21:29:21
既に売れてる他人のフンドシでメシ食いながら、自分たちがさも文化創造の担い手や作品価値のジャッジ役であるかのような意識やスタンスを感じる瞬間に気色悪さを覚える
ステンレスたわし @hushuutawasi 2018-07-12 21:35:23
「よりブラッシュアップする、流通を広げる、企画展開を助けるサービスの提供」を標榜するようなスタンスなら別に気持ち悪さも感じないと思うんだけど、「作家や作品自体そのものの価値を決める権利と能力がある」とまで言うかのような部分に傲慢さを感じることがある。「自分たちには売る能力が無い」のを“全て”「作家の能力が足りないから」に変換・転化して語る感じというか
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018-07-12 21:48:35
GGj8mKfIE2 昭和中期に、普段は連絡取れないけど、酒飲むカネが無くなったら編集部にふらっとやってきて文章を書いて、原稿料を貰って消える作家なら聞いたことがある。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 21:51:06
出版業界の話をしているのになんで放送業界の話をしはじめるエセ業界人がいるのか。企画書って執筆者も書きますよ? 作家の場合はまあ、プロットっていう言い方かも知れないけど。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 21:52:45
あと、編集者の名前なんて昔から知られてないよ。誰が眠狂四郎を書かせたのか、誰が村上龍・村上春樹をデビューさせたか、なんて普通の人は知らない。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 21:58:53
プロットと企画書の区別もつかないような人が編集を名乗ってるのが日本の現状です。みちがみさんのことですよ、もちろん。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 22:02:22
まあ、企画書の現物みたことがない人は当然、企画書に何が書いてあるのか知らんでしょうなあ。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 22:09:51
プロットと企画書の区別もつかない人間が編集を名乗るなら、そりゃ作家も読者も編集イラネっていうしかないわな
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:17:21
普通に「企画書 作家」で検索するだけで、【放送作家】っぽい人見つかるんだけど、それらはみんな「アシスタントプロデューサーや脚本家見習い」なの?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:18:18
あと、さどはらめぐるさんは眠狂四郎の担当編集者についてどの程度知ってるか教えて(ネットテキスト以外で)
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:20:28
まあ別に、「今時、誰でも知ってる編集者なんていない」ってことなんで、「昔、誰でも知っていた編集者」の名前いくつか挙げてみて。菊池寛ぐらい?
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 22:20:46
放送作家と作家の区別もつかない人が何か言ってるよ。みちがみさんは似非業界人どころか、一般人以下の知識しかお持ちでないと見える
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 22:22:11
とりあえず、みちがみさんは企画書とプロットの違いを理解するまでは黙ってたほうがいいよ。これ以上はなにを話しても貴方にはなにも理解できないでしょうから
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 22:24:33
他人に「ソースは?」と連呼するbotみたいなみちがみさんが、企画書とプロットの違いをネットで調べないのは、怠慢以外の何物でもないと思うんですよね
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:38:40
もう「企画書」と「プロット」の違いに関しては、朝松健ニュースさんが言っている通り。企画会議にかけるもの=企画書∋プロットですね。まあエセ業界人が語るエセ放送業界では違う意味なのかもしれませんが。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:39:24
で、「昔、誰でも知っていた編集者」の名前をとっとと挙げてみてください。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:41:15
で、「放送作家」はみんな「アシスタントプロデューサーや脚本家見習い」なんですか? これは修辞疑問なんで別に回答は不要です。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 22:42:27
ネットテキスト意外にソースのない似非編集者みちがみさんの未来に幸あれ。彼が本物の編集者ならまあ、出版業界滅んでしまえと思うけどね
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:45:23
要するに、今も昔も「誰でも知っていた編集者」なんていない、ということで、さどはらめぐるさんが「今時、誰でも知ってる編集者なんていない」というのは【適当なこと言ってみた】で合意形成と判断していいですね。これも修辞疑問です。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 22:47:32
さどはらめぐるさんが知っているフリをしたがっている業界のエセ業界事情と、出版業界とは関係ないってことがわかってもらえれば、特に問題はありません。
しわ(師走くらげ)@余暇ください @shiwasu_hrpy 2018-07-12 22:50:10
これ割と、支部だのなろうだのに上げて読者集めて催事場で販売というスタイルの方がいいような気がしてきた。敢えて言うなら本の産直的な。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 22:54:55
企画書を企画会議のために書くとか、みちがみさん、ひょっとして編集以前にサラリーマン経験すらないんじゃないの?大丈夫?自分のキャラ立て見失ってない?
ogtk5tdh @ogtk5tdh 2018-07-12 23:01:16
商業出版って出版社が費用出して著作権使用料を払って、大量に印刷して全国の書店に届けるものでしょ。で、利益を得るために売れそうな作品を見極めて出版するのが出版社、編集者の仕事。出版社とか編集者に何を求めているの?
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018-07-12 23:03:38
【緩募】作家本人にガチの企画書を書かせたことのある編集者
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 23:38:59
「執筆者」がいつの間にか脳内で「作家」とイコールになってませんか。いや、さどはらめぐるさんの脳内エセ業界ではイコールなのかもしれませんが。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 23:41:02
えー? 企画書って脳内エセ業界の脳内企画会議のために書くものだったりするんですか? それならそれで合意形成は可能です。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-12 23:43:17
早いとこ「私の脳内エセ業界では、放送作家も企画書を書くことがありますので訂正します」とでも言っておけばいいものを。なお、自分は人の脳内の間違いについては特に謝罪を求めません。
古橋 @FuruhasiYuu 2018-07-13 10:54:28
アマゾンを代表とする通販サイトとか電子書籍を含めると、作者と作品の紐づけが強くなってますからね。昔は好きな作家がマイナー出版社から本出してても結構気付かなかったりしたけど、今だと逃さずamazonさんが勧めてくるからなあ。作家のネームバリューは確実に昔より重くなってるのも確かですよ。
ぽんぽん @apocalypse1706 2018-07-13 11:49:13
出版の企画書なんてのは、会議の前振りみたいなものだから別に誰が書いたっておかしくないんだけど。それで社内の稟議通すわけじゃないし。逆になんで筆者が書いたらおかしいんだろうか? 俺も何度も企画書書いて通してるけど。
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018-07-13 12:22:15
ふと「企画書を書いた作家」と検索してみたら、ヒットするページが出て驚いた。「ヒット作はこうして生まれる! 現役作家が語る物語の”書き方”とは?」「私のプロットの書き方。 | 小説家わかつきひかるのブログ」「最短距離で作家になる方法 文章のイロハから出版社に企画書を提出するまで!」
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018-07-13 12:31:03
apocalypse1706 イメージがこうでした「思い出してみれば、これまでぼくは編集者と喫茶店で、「こんな企画はどう?」「う~ん、もう一つですね」「じゃ、こうしたら?」「あ、それ面白い!」なんて雑談をして、それが小説連載、あるいは書下ろし本の企画になっていたのだ。喫茶店での雑談は、いわば「企画会議」であり、「企画書」。だから二人の間で企画書なんかいらなかった。」https://otocoto.jp/column/saydo-258/
転倒小心 @tentousho 2018-07-13 16:56:54
なんかもーなろうのランキング覗いたら日刊で出てくるあたりがぼんぼこぼこぼこ書籍化しましたありがとうございますって言いまくってて「各出版社これ血を吐いて走り続けるマラソンみたいになってないか・・」と思ってたんですけど、作家さんは作家さんで大変そうですね。
ガンタンク南雲@BBPS4始めました @RX75GUNTANK 2018-07-13 17:00:03
ネット書店に課税しろと、実店舗書店が言い出してるけど、そも書店が売れてる本しか発注しないなんてことしてるから、ネット書店に客を奪われてるのではないかな。で、出版も本屋の発注にだけ対応してれば、作家はKindle出版とかに逃げて行くのではないかなと。
酒屋 @nakaei19351 2018-07-14 00:42:59
(漫画の話ですけど、ここhttps://twitter.com/TaketoraTsuneki/status/961909401010372608で言うところの「これってどういう話か」「対象読者は誰か」「どこを楽しんでもらいたいのか」をキャラ表とプロットと合わせて出してもらってそれを『企画書』と言ったりもしますね)
酒屋 @nakaei19351 2018-07-14 00:45:46
(あと企画書を企画会議のために書いてます。企画会議が隔週あって手ぶらで出るわけにはいかないけどそんなに自信を持てる企画を思いつくほど有能ではないのでなんとかでっち上げてます。そんなんでも採用されたり上手くいったりすることもあるので不思議なものですね)
NTB006 @NTB006 2018-07-14 18:29:39
少なくとも、宣伝を作家に回すなら広報部いらないよね。ってなるのは確かではないかな
ビッター @domtrop0083 2018-07-14 18:45:20
「直近半年~一年の売れ行きで(企画ではなく)作家を使うかどうか決めとる」 そりゃ、直近半年~一年の売れ行きが無い作家ってのは、「ヒットを出したけどそこから年単位でヒットか作品自体を出してない作家」か「そもそもヒットを出してない作家(新人含む)」なわけじゃん。 直近半年~一年の売れ行きが良い作家ってのは、「ヒットが長く続くような作品を書いた作家」か「前作がまだ売れてる(知名度が稼げてる)状態で次を持ってきた旬の作家」じゃん。そりゃ後者を取るだろ。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-14 22:01:47
M__Sadohara ←ついでなので、このコメントに「いいね」した4名ほどの人にお伺いします。あなたたちには「昔、誰でも知っていた編集者」の名前」が挙げられますか? 「誰でも」というところがキーです。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-07-14 22:33:31
まあ江戸川乱歩・福島正実・菊池寛ぐらいは知ってるか…。
酒屋 @nakaei19351 2018-07-14 22:34:33
ontheroadx 「いいね」してないですけど僕でも知ってる人だと見城徹氏ですかね。漫画だとマシリト氏とかキバヤシ氏とか「誰でも」知ってるかもしれません。
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018-07-15 10:07:43
ontheroadx 同人誌を主宰していた作家って、編集者扱いしていいんですかね。「白樺」は武者小路実篤が編集者でしたっけ。筒井康隆も「null」出してたり。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする