見守り、驚くだけ

子育ても、部下の育成法も、原則は「見守り、驚く」だけ。それだけで人間は自発的に動きだし、学び出す。
見守る 教育 先回り 驚く
63
shinshinohara @ShinShinohara
本を2冊書いてみると、「あれも書いておきたかった、これも書いておくべきだった」。特に2冊目の子育て本は、教育にもともと関心が強いため、そうした感が強い。でもだからこそ、編集者の方のアドバイスに従って方針を明確にしないと、本としてまとめられなかった。 amazon.co.jp/%E5%AD%90%E3%8…
shinshinohara @ShinShinohara
子育てにおいて非常に大きな誤解がある。子どもはほっといたら学ぼうとしない、どこまでもサボろうとする、という認識。これは明らかに間違い。子どもは、というより人間は学ぶのが大好きで、学べるのなら飽かず学ぼうとする生き物。それを邪魔しさえしなければ。
shinshinohara @ShinShinohara
学習意欲を奪う最大の理由は「先回り」。 「宿題やったの?」「やろうと思っていたのに!今のでやる気なくした!」「ウソばっかり!ほっといたら何もしなくせに!」 世の中で溢れ返っているであろうこの親子でのやりとり。しかしこの構造(先回り構造)こそが、学習意欲を奪う最大の要因でもある。
shinshinohara @ShinShinohara
子ども(人間)は本来、学習意欲のカタマリ。ほっといたって学ぼうとする生き物。それは赤ん坊をみればすぐわかる。寝転んでいるだけだった赤ん坊がいつしか寝返りをうち、ハイハイするようになり、つかまり立ちし、立ち上がり、歩くようになる。誰も歩けと言わないのに。
shinshinohara @ShinShinohara
子どもは、「できない」を「できる」に変えることが、単純に楽しい。しかもその様子を、親が横で驚いてくれたらとても張り切る。「あ、いま、寝返りうったよ!」「立った!立った!」「うわー!歩いた!」自分がなにかひとつできるようになると、親は手放しで喜ぶ。これが学習意欲をドライブする。
shinshinohara @ShinShinohara
しかし子どもが、言葉が通じるようになり、学校に通うようになると、親の向き合い方が一変する。先回りし始めるのだ。「それはこうした方がいいよ」「もうあれはやったの?」親からしたら、親切心。親心。しかしそれこそが子どもの学習意欲を奪ってしまう。「自分でやりたかったのに!」
shinshinohara @ShinShinohara
親が「教える」と、子どもは学習意欲を大きく損なってしまう。なぜか。推理小説で、犯人とトリックを読む前から種明かしされるようなものだから。映画を観る前にクライマックスを教えられてしまうようなものだから。そんなことをしたら、普通、怒るだろう。これを多くの親がやってしまう。親切心で。
shinshinohara @ShinShinohara
もう一度、思い出そう。あなたは赤ん坊に寝返りの打ち方を教えたろうか?這い方を教えたろうか?立ち方を教えたろうか?歩き方を教えたろうか?教えなくても子どもはそれらを達成したはずだ。なぜか?言葉が通じなかったから、あなたは教えられなかったのだ。ただ、驚くだけ。
shinshinohara @ShinShinohara
子どもは体をモゾモゾ動かし、その結果がどうなるかを体感し、観察することで、「あ、こうすればこうなるのか」ということを発見していく。試行錯誤し、発見することが楽しいようにできている。その横で親が「わ!できた!」と驚くと、もっと驚かせてやろうとハッスルする。
shinshinohara @ShinShinohara
赤ん坊の頃の接し方を、そのままずっと続ければよいのだと思う。子どもはほっといたって学ぶ。親は変に教えようとせず、子どもが試行錯誤し、発見し、「できない」を「できる」に変えていく様を、ただ驚き、喜んでいればいい。そうすれば、赤ん坊の頃からの学習意欲を損なわずに済む。
shinshinohara @ShinShinohara
私は上司本も書いているが、実は同じことを述べている。親が赤ん坊に対し、何も教えず、ただ見守り、できたことがあったら驚く、その姿勢を上司が部下に対して持つことができれば、部下は自発的に考え、動くようになる、ということを書いた。 amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%8…
shinshinohara @ShinShinohara
多くの母親が赤ん坊に接する姿勢、つまり、特に教えようともせず、ただひたすら見守り、できたことがあったら驚く。それだけで、人間は自主的自発的に動きだし、勝手に学ぼうとする。それを2冊の本で、訴えたかった。だって、これができただけで、人生、結構楽しいから。
shinshinohara @ShinShinohara
テレビで、知らなかったことを知ったら、人に教えたくなるだろう。そのくらい、人間は知識に飢えている。DIYで、下手くそなりに椅子や棚を作ると、「次は何を作ろう」と考える。「できない」を「できる」に、「知らない」を「知る」に変えることは、それだけ楽しいこと。
shinshinohara @ShinShinohara
「学ぶ」ということ、「できない」を「できる」に変えるということ。人生の最大の楽しみのひとつを、先回りすることで奪ってはならない。この楽しみは、人生をどんどん楽しいものにする力でもある。だから、変に手を出さずに、じっと見守り、できたことがあったら、驚いてあげてほしい。
shinshinohara @ShinShinohara
それだけと言えば、それだけのこと。ただ、人間は教えたがる生き物でもある。それは、大人になっても「私、それ知ってるよ。すごいでしょ!」という、子どもっぽい心理を、いつまでも失わないから。しかしそれを我が子にやってしまうと、子どもの学習意欲を奪ってしまう。
shinshinohara @ShinShinohara
親になったら、指導者になったら、上司になったら、「ボクそれできるよ!スゴいでしょ!」という、人に驚いてほしいという心理をグッと抑え、それは子供に譲る、という気構えをもってほしい。その心理こそが、先回りして教えてしまう大きな原因だからだ。
shinshinohara @ShinShinohara
そう、大人になっても「驚いてほしい」のだ。いつしかそれを知るようになったことを。それができるようになったことを。そしてついつい、我が子に対しても「ボク、それ、できるよ!スゴいでしょ!」という幼児めいた示威行為をやってしまう。それが「先回り」してしまう原因。
shinshinohara @ShinShinohara
見守り、驚くだけ、というのは、簡単なようで実に難しい。人間はそのくらい、教えたがり。でも、教えたがるという心理も、実は「ボクもうできるよ!スゴいでしょ!」と、誰かに驚いてほしいという、人間がどうしても失えない衝動が原因。ならば、子どもにもあるその衝動を生かすべき。
shinshinohara @ShinShinohara
自分は親となり、指導者となり、上司となたのなら、見守り、驚くだけの役回りになったのだと腹を据える。それを、子育て本でも、上司本でも書いただけ。そして意外と簡単なようで、自分の中の衝動を抑えるのが厄介なので、その衝動の押さえ方に重点をおいて書いた。
shinshinohara @ShinShinohara
子どもがほっといても学ぼうとするのを、邪魔しないようにすること。邪魔する存在にはならないようにすること。それにさえ気がつけば、子どもは学ぶ意欲を失わない。だって、楽しいから。死ぬまで続けられるこの楽しみを、損なわずに済むから。だから、大切にしてほしい。
shinshinohara @ShinShinohara
そのためにも、自分を強い人間だと思わないこと。自分の弱さを認めて、弱い自分でもできる方法を模索すること。試行錯誤を繰り返し、「これなら自分でもできるかも」という方法を見つけていく。自分の弱さを知る人は、子どもにどう接すればよいか、見当がつくから。

コメント

Cook⚡入院中。詳細は固定ツイ。回線低速中 @CookDrake 2018年7月23日
“意外と簡単なようで、自分の中の衝動を抑えるのが厄介”<わかりみが深い。
ロード・ロス @game0mode 2018年7月23日
見守りっていうのが難しいんだよなぁ、安全を確保するとかじゃなく本当に見守ってなきゃいけないから
evacuated_man @evacuated_man 2018年7月23日
篠原さんの学びの考え方は、地に足がついたような安心感があるから好きです。
えきどな@中将&FF11バハ鯖 @senryuu2 2018年7月23日
本来自から学びたがるのが人という意見にはオタクとして納得はできますが、教育という面では「学習指導要領」において学ぶスピードが画一化されてましてね…。例として15歳になって「僕、掛け算九九について自発的に学んだよすごいでしょ!」となったところで「タイミングのずれた自発的な学びの意思なんぞなんになる」でしかないと思います。
evacuated_man @evacuated_man 2018年7月23日
僕も「見守り、驚くだけ」というのは難しいことだと思いました。関心を相手に向け、一挙一動の変化や喜びのツボを意識して観ること。それは自分のリソースを相手のために空けておくことでもあるし、相手にとって自分は「誰でもいい人」ではなく「ちょっと特別な人」として関わることかもしれないな、それは責任を負うことでもあるな、と思いました。それができる余裕を持ちたいですね。
evacuated_man @evacuated_man 2018年7月23日
今はとてもそうだとは言えませんが、僕もできれば関わるすべての人にはそのようでありたいし、自分自身に対してもそのようでありたいです。
心技 体造 @mentalskillbody 2018年7月24日
ゲーム、マンガ、アニメなどの娯楽もまた子供にとっては学習で、学校で出される学習より楽しいので子供の学ぶ意欲はひたすらに学校の学習から離れていく。また、ゲーム、マンガ、アニメでも「ぼく凄い」が満たされる要素がある。「見守り、驚くだけ」の他の何かがないと子供心を掴むために努力を続けている娯楽に打ち勝つのは難しいのが実情だと思います。
不登校は法律でOK⚠️ホームスクーリング制度&教育機会確保法を知ってますか?⚠️ねぎゅチュブ@病み垢 @negyutyubu 2018年7月24日
そういえばなろう小説も「主人公がすごい事をやって、みんなが驚く」をずっとやってくれるからカタルシスがあるんですよね。大人だってスゴイって驚かれたい。
digest @digest105 2018年7月24日
「学ばなきゃ、学ばなきゃ」と言いつつ、全く動かない人間がいるけどあれは精神的になにか患ってるのだろうか…
kyk✡ @____kyk_ 2018年7月24日
学習意欲の塊なのは分かる。それを勉強に向くかって、向かねーよ〜!山脈の名前とか鉄の種類とか数字に興味ないもん 虫取りや漫画の学習にまっしぐらだわ あれは親が先回りしつつ、自分で時間を割り振ってタスク管理できる様に習慣を躾けるだけのものだと思う
星川月海@コミケ落選ティア集中 @hosikawatukimi 2018年7月24日
というか大人の「ペース」や「都合」で動かそうとすることが、意欲をだんだん奪っていったり自発的に動けなくしていったりするんだろうな という感じはする
---------- @yukiokurosaki 2018年7月24日
学校の学習がなぜ苦痛かって、「できて当たり前で誰も褒めない、驚かない」「強要される」からだよね。おまけに「先回りされる」まで加わったら、子供が行動する意味はもう何もないのでは。親が勉強して親が受験すればいいんだから。
たちがみ @tachigamiSama 2018年7月24日
いや、特に異論はないけど先に言ったら駄目っていうなら結局いつ宿題をやったか確認したらいいんだ? まぁその前に学習意欲を勉強に向かせることに成功してなきゃならんからなぁ…
tarako @AodamaSuika 2018年7月24日
これ大事だよなぁ……嫌で仕方ないけど宿題やるか!と腰上げた時に言われると本当に一気にやる気失せた。あとは前にもどっかのまとめで書いたけど、平均点を大幅に上回る点を取れたテストを持って帰って、褒められるどころか「なんで満点じゃないの?」って言われたのと。
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2018年7月25日
うちは先回りとか全然してないのにほっといたら学ぼうとしない、どこまでもサボろうとするんだよなぁ。2人とも。ちょっとほっときすぎた感がある。
aKi @bole010 2018年7月25日
1歳児にご飯食べさせるのすら自分でやらせないと機嫌悪くなって大変やった
ペンギンコマンドのおっさん(35) @OssanBlackRX 2018年7月26日
あぶねぇ…うちの赤さんにハイハイの仕方を教えるところだった…
shinshinohara @ShinShinohara 2018年7月26日
t_shimaya 「驚く」ことが、うまく誘導するポイントです。
tarako @AodamaSuika 2018年7月29日
t_shimaya 「先回りするのは良くない」という話であって「先回りしなければ大丈夫」というわけではないかと。そして「ほっときすぎた」と言っておられますが、それが「何かを強制しなかった」というだけでなく「何かをしたときにも放っておいた」という意味を含むならばそりゃ「ほっといたら学ぼうとしない」ようになるのは順当な流れかと思います。
tarako @AodamaSuika 2018年7月29日
t_shimaya 褒めてもらえると思って意気揚々と見せたものを「ふーん」で流された人間の意欲低下っぷりすごいですよ。やってもやらなくても褒めてもらえない、認めてもらえないなら、そりゃ何もしなくなります。頑張っても褒めるというエネルギーもらえないなら、頑張るために消費するエネルギー無駄が無駄になるだけですから。
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2018年7月29日
AodamaSuika あ、いや、そうやって意気揚々と見せてくるはずに違いないみたいな前提で話をされてもですね… そういうのが出てこないからって親から強要したらマイナスだろうなぁと思って堪え続けてきたんですが。さすがに高校受験の頃は「これじゃまずいんじゃないの?」とか言うようになっちゃったけど。
tarako @AodamaSuika 2018年7月29日
t_shimaya 「見せてくるはず」なんて言ってませんが。特にマイナス効果の大きい一例として「意気揚々と見せた場合の意欲低下」を挙げただけです。宿題やってたこと、通知票にちょっといい部分があったこと、ちょっと家の手伝いしたこと、授業でこんなことがあった、というちょっとした話。褒めるチャンスってたくさんあります。その程度の会話すら無かったなら……
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2018年7月29日
AodamaSuika 先回りしなすぎたって話をしたつもりなんですが。
tarako @AodamaSuika 2018年7月30日
t_shimaya 重ねて言いますが、そもそも「先回りすることはマイナスになる」という話であって「先回りしなければ万事OK」なんて都合のいい話ではありません。しなかった原因を「先回りしなさすぎた」ことだと思っているなら、どうしようもないでしょうね。プロの方のまとめでこれ以上語るのも野暮ですからこの辺にしておきますが。
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2018年7月30日
なんか言ってもないしやってもないというかやってることをやってないと決めつけられ続けて話が進まないのでこちらもここまでにしておきます。
tarako @AodamaSuika 2018年7月30日
t_shimaya 内容にはこれ以上触れませんが、勘違いしていらっしゃる部分だけ訂正しておきますね。私が突っ込んでいるのは「先回りはマイナス」という話をしている場所で「先回りしなかったのが失敗」と言っていることへのツッコミであり、それ以外は「例えばこういうことならこうだし、これをしていないならこうだ」という例えでしかありません。それを「決めつけられた」とまさにご自分が決めつけて憤っていらっしゃるだけです。
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2018年7月30日
自分は特に驚かれたり喜ばれたりすることもなくただ先回りされなかっただけで勝手に知識を広げたり深めたりするタイプだったんで以前なら賛同はしてたと思うんだけど、子供たちは結局ある時期から mentalskillbody に全部持ってかれちゃったし、「みんなそういう素養がある」というところにはもう懐疑的なんですわ。もちろん自分達の育て方がよくなかった部分も多々あるだろうけど、これでうまく行く子はうまくいくだろうしそれじゃ動かない子もいるだろうしと。
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2018年7月30日
「こんなになにもしなくなるならもうちょっと強制したほうが本人はしんどいだろうけどまだマシだったんじゃないか」と180度転換。同じように「本棚に本をたくさん並べとけば子供はそれを手に取る」というのにも懐疑的です。人それぞれだと。
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2018年8月11日
「子どもはほっといたら学ぼうとしない、どこまでもサボろうとする」うん。学校の勉強を含めて正しい。ソースは俺。(私がエビデンス)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする