編集可能
2018年8月2日

ケネディの就任演説は間違って使われていた

続きが重要で、本来の意味は
2
向川まさひで @muka_jcptakada

ケネディの就任演説「国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを考えようではありませんか」って、ネット以前から都合よく引用される言葉の典型ですね。後段の「どうか我々(政府)が求めるのと同じ犠牲と熱意を、市民の皆さんも我々に求めてください」はカットで

2018-08-01 06:16:40
向川まさひで @muka_jcptakada

文脈としても、貧困や圧政、病気、戦争といった人類共通の悪に対して、個人と個々の国々がエゴにとらわれずに全人類的に共闘することを求めたもので、政府への人権的権利の要求を批判するような引用は不適当です。 冷戦下アメリカの抑圧や独善、という裏側のある言葉ではありますが。

2018-08-01 06:16:40
Hello Pitty(^ω^) @Pitty1966

@muka_jcptakada @tsundokulib そうか そう続くんだ おかしいと思っていたんだよね なんであんな傲慢なフレーズに権利意識の強い合衆国国民が痺れたのか

2018-08-01 07:06:12
向川まさひで @muka_jcptakada

@Pitty1966 @tsundokulib 全体を読むと、「アメリカの自由主義が世界を善く導く。そのために私心を捨てて協力しようではないか」という、独善的な感じが鼻につきます。冷戦下であるという状況を考えても。

2018-08-01 08:13:53
Hello Pitty(^ω^) @Pitty1966

@muka_jcptakada @tsundokulib 冷戦下のアメリカは風邪ひいて朦朧となってしまっていたようなものだから... あるいは末期がんで手当たり次第カバノアナタケとかへんな薬草や民間療法にはまっていたようなもの(o^^o;

2018-08-01 08:17:26
Kuto @KutoCat

@muka_jcptakada @miwachan_info 元ネタは聖書。 スピーチライターはセオドア ソレンセン。 彼によるケネディの伝記が以前、サイマル出版会から出てました。訳も國弘正雄さんで素晴らしかった。 古本であるのかも。

2018-08-01 17:58:28
Life is beautiful @OKAfiWLVLeNKDY6

@muka_jcptakada 昔から思ってました!片務契約みたいな言葉ばかり踊ってましたが、双方義務と責任を果たし、一緒に頑張りましょうってことですよね!知らない人いっぱいいます。

2018-08-01 18:31:29
not found @PGSn88GQA4DxAKr

@muka_jcptakada @bci_ 国のために尽くせ的な使われ方をしてるのに最近知って驚いてました。

2018-08-01 19:16:16

コメント

ろんどん @lawtomol 2018年8月2日
「後段の」ってのもミスリードだよな。間に一段落挟まってるし、前にもずーっとあるし、対になってるわけじゃないでしょコレ
1
barubaru @barubaru14 2018年8月2日
「どうか我々(政府)が求めるのと同じ犠牲と熱意を、市民の皆さんも我々に求めてください」って、「お互い様で行こう。一方的な負担はよくないよね」ってことでしかないよね。「碌に義務も果たさないのに権利を主張するな」て話なんだから「政府への人権的権利の要求を批判するような引用」に使える文脈だと思いますが。
1
えきどな@大将 @senryuu2 2018年8月2日
「健全な精神は、健全な肉体に宿れかし」と同じ案件ですヨネこれ。特定の立場にとって耳障りが良く都合の良い言葉は改めて検証する必要があるという教訓になりますね。
2
八代泰太 @3914kcorkcolc 2018年8月2日
どんな文脈であれ、「国のために尽くせ」とは使われてないと思うんだが。精々「国に何でもかんでも求めるのではなく、自分も国の一員として何かしよう」ってくらいで
0
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2018年8月3日
片山さつきが前段を引用したとき、なんで後段も引用しないんだといったtweetはみた。
0