「科学」は「宗教」か

Nshatner氏の「科学が宗教だって気付いてない人、どれくらいいるんだ。まさか9割くらいいる?」 http://twitter.com/#!/Nshatner/status/59616486255374336 のtweetから始まった、「科学」と「宗教」に関するアレコレ。 続きを読む
31
西田シャトナー伯【ジャイ マヒシュマティ】 @Nshatner
科学が宗教だって気付いてない人、どれくらいいるんだ。まさか9割くらいいる?
念波 @nennpa
悪いけど宗教じゃねえよ。
念波 @nennpa
科学者としては、科学に宗教としての期待を抱かれてしまうのは、まったくもって、困ります。@Nshatner: 科学が宗教だって気付いてない人、どれくらいいるんだ。まさか9割くらいいる?”
念波 @nennpa
さしずめおれは司祭だなw
Kawano Yuichiro @Y_Michiari
宗教は教義を否定できないところに限界がある…科学ではない。
永田夏来(さにはに) @sunnyfunny99
もとつぶやき見た感じでは、科学もまたある種の「正しさ」みたいなのを信仰してるとか、そういう話なんじゃないかなー?RT @nennpa 悪いけど宗教じゃねえよ。
念波 @nennpa
であったとしても、受け入れられない。“@sunnyfunny99: もとつぶやき見た感じでは、科学もまたある種の「正しさ」みたいなのを信仰してるとか、そういう話なんじゃないかなー?RT @nennpa 悪いけど宗教じゃねえよ。”
Kawano Yuichiro @Y_Michiari
間違っていたらご指摘をお願いしたいのですが、論理的思考を否定して科学は成立しますか? RT @nennpa @sunnyfunny99
念波 @nennpa
@Y_Michiari @sunnyfunny99 論理は道具の一つにすぎませんが、欠かせない道具、という感じですね。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari
論理が何故"正しい"と思われるのだろうか…?論理の正しさの根拠は何処にあるのだろう?
Kawano Yuichiro @Y_Michiari
@nennpa なるほど、ありがとうございます。
Yoshi871 @yoshi871
「◯◯は宗教である」って言われると反論したくなっちゃいますよね。自分がそうじゃないと思ってたら。「◯◯は宗教だと思います」なら余裕でスルーできるよ。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari
その論理の"正しさ"を、信仰しているのが現在の科学では無かろうか…と。…正し、私はまだまだ勉強不足ですので、先ずは数理論理を習得して、非形式論理を理解しよう。
永田夏来(さにはに) @sunnyfunny99
@Y_Michiari @nennpa 何をもって「論理的」とするかが文脈に依存するのでなんともいえないです。
超帝国剣聖 Go Nakagawa Okumura @Go_Go_Go_Go_Go
では、宗教の定義をプリーズ。 RT @Nshatner: 科学が宗教だって気付いてない人、どれくらいいるんだ。まさか9割くらいいる?
西田シャトナー伯【ジャイ マヒシュマティ】 @Nshatner
えーとね、ちょっと言い方乱暴だったね。科学とて、最後の一線では自分の正しさを証明できず、結局は「それを信じる」ことでしか成立しない、みたいなことに気付いてる人、どれくらいいるかなーって言いたかったのだ。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari
私の想定する論理は、「同一律」「矛盾律」「俳中律」を満たす論理ですね。アリストテレスの古典的な論理です。 RT @sunnyfunny99 @nennpa
念波 @nennpa
そういうものは多いです。いやはや。“@Biz_Sakuma: 多くの科学者の立ち位置や考え方はともかく、大槻<プラズマ>教授みたいなのが変に目立つもので、宗教と言われてしまうような気もしますね。 RT @sunnyfunny99
念波 @nennpa
たとえば安全「神話」である以上、宗教なんだろうさw それを期待したのはさてどこの誰だ。
永田夏来(さにはに) @sunnyfunny99
@Y_Michiari @nennpa 哲学にも形而上学にもその種の「論理的思考」はあるよう思いますが、それらがいわゆる「科学」なのかと言われると違うかと。なので、「論理的思考」の否定/肯定は直接科学とは関係ないのではないかな、と思います。
Yoshi871 @yoshi871
@nennpa なんとなくですが、「科学は宗教だ!」って裏側には、「安心したかったのに...」っていう感情が含まれているような気がします。
西田シャトナー伯【ジャイ マヒシュマティ】 @Nshatner
科学だって、宗教だって、信じることに立脚している。ところで、信じることそのものは、そんなに悪いことではないよ。
念波 @nennpa
.@yoshi871 ああそうか、科学に「別格の宗教」でいて欲しかったという構図があるのかな。たとえば奇跡を信じさせてくれるような。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari
う~ん、では科学って何だろう?…深いなぁ…。
超帝国剣聖 Go Nakagawa Okumura @Go_Go_Go_Go_Go
@ublftbo あぁ、そうか。科学は宗教ではないけれども、新興の実態が存在しちゃうから、科学は宗教ではないけれどもそう誤解する人も居ると。
残りを読む(44)

コメント

Yoshi871 @yoshi871 2011年4月18日
デコりました。「科学」は「宗教」か
Yoshi871 @yoshi871 2011年4月18日
いくつか削除いたしました。
岡部 健 / Ken OKABE @kenokabe 2011年4月19日
理系のひとでもみんなあんま勉強してないんだな、って印象。最初の「科学は宗教だ」と言う方が補足説明の真意もふくめて正しい。これは論理的な帰結。参考 http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t7.html
岡部 健 / Ken OKABE @kenokabe 2011年4月19日
(そのページの引用)つまり、科学理論とは、 『ごちゃごちゃ、うるせぇんだよ!  とにかくこれは絶対に正しいんだよ!』 という人間の<決断>によって成り立っており、 そのような思い込みによってしか成り立たないのだ。 そして、それは、すべての理論体系(哲学、倫理、宗教)について、 当てはまることである。 
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2011年4月19日
科学は批判的合理主義の精神を信仰する”宗教”だけどそれは一般的な意味での閉じた体系の宗教とは全く異なった比較的開いた体系を持っている。 だから思想にすぎないという意味では宗教だが、科学的手法を用いて生成する知識の客観性という点から言えば、一般的な宗教の教義よりもランダムに人々を抽出した場合に、普遍的妥当性が高いと言う点では著しく異なっている。
もにょたん @monyotano 2011年4月19日
@Nshatnerさん頭いいな 将棋も最善が勝ちやすいわけじゃないんだ
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2011年4月19日
また科学は常により説明内容の高い仮説をある一貫した基準によって合理的に選択、決定、淘汰できるという点が、純粋価値体系である、いわゆる”宗教”と異なっている。いわゆる”宗教”には、より説明内容の多い教義の客観的合理的選択を可能にする一貫した基準が存在しない。
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2011年4月19日
科学は宗教と言われて多くの科学者がアレルギーを抱く原因は、それを反知性主義者の使う意味での科学は宗教という言説を思い浮かべるからであろう、例えば宗教同様な相対主義とか。 私もそういう反知性主義的な行き過ぎた相対主義による科学は宗教という言説であれば認める気は毛頭ないが、ここで述べられているような思想の一つという意味では当然のこととして受け止めている。この区別が大切。このような議論が起こることこそ科学が堕落していない証拠、なぜなら、それは科学思想の神髄、批判精神を表すものだから。
樵 薪 @kikoritakigi 2011年4月19日
話し合い、そこで出された結論によっていままでの聖書なり経典なりを書き換えることができるのであれば。あるいは入信一年目の人間の言葉をトップの人間と同等のものとして扱えるのであれば、科学が宗教でもいい。そんな宗教は、もはや宗教じゃないんだろうけどね。
kumouke @kumouke 2011年4月19日
多分永遠に繰り返されるだろう不毛な分類のお話。そろそろ「宗教性」とか「カルト性」みたいな値を本気で作ればいいのに。もしかしたらそこらの宗教よりも宗教性の高い科学者集団があったりするかもしれなかったり。
undo(フリーソーメンリー) @tolucky774 2011年4月19日
科学について不勉強な人ほどこういうこと言いたがるよね。コメント欄にアホの子おるしw
フロストマニア @frostmania 2011年4月19日
確かに「信」という意味では科学も宗教も同じでしょうね。けど科学と宗教の決定的な違いは、宗教は信仰するもので、科学は信用するものではないのでしょうか? もちろん、科学を信仰している人もいるのでしょうが。
フロストマニア @frostmania 2011年4月19日
まぁ信用の部分すら信じられないとなると、科学も宗教も同じでしょうけど。細かい区別だと違うけど、大まかな区別では同じと言う事ですね。
フロストマニア @frostmania 2011年4月19日
ただ、A(科学)はX(信じるモノ)である,B(宗教)もXである,ゆえにAはBだ、つまり科学は宗教だって事にはならないです。小さな違いがあるだけなのですが、科学は宗教だ、には反対します。
やすかい/yasukai @uk_maniax 2011年4月19日
そもそも「なぜ?」「どうして?」といった疑問から成立しているわけで、そういう意味では信じるところから始まっていないことには注意しないといけないんじゃないかなあ。
樵 薪 @kikoritakigi 2011年4月19日
宗教家は神を信じている。科学者は実験データを信じている。「結局最後は信じるしかないのだ」という一点で、この両者は同じである。ところでA君は東○電力のことを信じている。信じるという一点で、前二つと同じである。従ってA君のこの態度は、科学的かつ宗教的なものである。なーんて言われて納得できるわけがない。
水野 学 @cz500c 2011年4月19日
創造主(そして救世主)を認める宗教を信仰する一方、創造主の作りたもうた世界を探求するのが自然科学の発祥。いつからか科学は創造主を否定し始め、宇宙開闢辺りが最後の砦になってきた。故に科学は(一部の)宗教の側面である。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 2011年4月19日
私のツイートで、「ここは間違っているよ」と言う部分があれば、ご指摘をお願いしたいのですが…
けるかりあ @kerukaria 2011年4月19日
主観から離れられない現状では全てが宗教じみているさ
マイロ @myrowg 2011年4月19日
「地震は怖い」、「お化けも怖い」、「だから、地震はお化けだ」みたいなの。二つの物事に、同じような性質が1つあっただけで、イコールで結んでしまうのは少し乱暴ではないですか?
マイロ @myrowg 2011年4月19日
科学、宗教の持つそれぞれの要素をもっと多く挙げていけば、単純に「信じるしかないから、同じものだ」という一点のみで、結論づけることはできません。科学も宗教ももっと多くの性質、側面をもって多様であり、そのために違うものとして位置づけられているのではないでしょうか?
ex_hmmt @ex_hmmt 2011年4月19日
科学そのものは宗教じゃないと思うけど、宗教の教義に科学をおく事は可能だと思う。科学が宗教だ、としている人は、教義に科学をおいている人の事を指しているだけなのではないだろうか。
sivad @sivad 2011年4月19日
「科学は宗教」は怒られるけど、「科学は芸術」だと喜ばれるよねぇ
Okamoto S @so_kamoto 2011年4月20日
ずれてるかもしれないけど参考文献。 http://amzn.to/fafiYE 科学で大事なのは再現による実証で、科学はオカルトを駆逐したけど、「複雑になりすぎて一般人には「再現」できないものになってるから現在は科学自身がオカルト化しており、似非科学がはびこる温床になっている」一理あるかなと
千葉泰博 @yasuhirochiba 2011年4月20日
ミュンヒハウゼンのトリレンマ
卓越魔法少女新戸@ヮ≦)ノω @Doctor_NEET 2011年4月20日
まともな科学者だったら、「実験データを信じる」ことはしないんじゃないだろうか。その実験データが何によって得られ、どれだけ確からしいかを認識しているはず。
タコじるし @takomark 2011年4月21日
蓋然性という宗教(シンジル)の元、変死体の事件捜査をする感じ=「科学」かな
isovista_ @isovista_ 2012年12月26日
この人の「宗教もまた、科学とは別の仕方で、世界を探求する理性的なプロセスである」という主張を受け取れるか。記事のタイトルだけ読めば俗悪な相対主義にも見えてしまうから怖い。「宗教は教義を批判しない」そんな訳がない。どうして同じ宗教の中に宗派がこれだけ分かれていると思う。宗教にはその根拠となっている宗教的経験があり、それに基づく宗教的世界観が科学的世界観とは別個に存在している。あと、前言を覆すけど宗教一般の定義なんて無理だ。
いしちゃん(エイジング中) @kouji_chan 2013年3月9日
2年も前のまとめにマジレスしても仕方ないんだが、科学は徹頭徹尾疑う学問なんですということをもう少し上手いこと説明してくれる人はいなかったのかな~っと(´・ω・`)
خلود @khulud 2013年8月3日
「論理を用いるのが科学」? 「宗教」の論理性をないがしろにしていないか.神の存在やその性質 (全能性や善性など) の仮定をこそ「宗教」はするだろうが,そこに非論理性はひとつもない.両者をわかつものは論理性の有無ではない.もしかりに,どう考えても「神」は存在しない,どうしても「神の思し召し」と解釈することはできない,というような根拠が,「宗教」の理論内部で認められるものとして見つかったにもかかわらず,それが「神」の仮定を放棄しないとすれば,そのときは非論理的だろう.
خلود @khulud 2013年8月3日
というときに注意すべきは,このとき言われる「神の不在」の証拠は,外部の自然科学によるのではなく,問題の宗教内部の理論によって提示されるのでなければ,「非論理的」と言うことはできないということだ.一方で,自然科学によってわれわれは,そんな超自然的な「神」はいないであろうと信じていて,それだからこの「宗教」は擁護不可能,却下できる,と言えそうな気はするが,その選択は,とりあえず,「論理」ではないだろう.
خلود @khulud 2013年8月3日
もう 1 点.「え〜、神の奇跡なの? 違うんじゃない? 規則とか法則とかあるんじゃない?」という発言があるけれども,科学は神の否定を契機として始まったというのは,思いっきり史実に反する.規則や法則があるというだけなら,神がそのように整然とこの世界を作ったという仮説ともまったく整合的に両立する.
خلود @khulud 2013年8月3日
実際,われわれがいま,近代科学の始まりとふつう考えている,Copernicus, Galileo, Kepler, Newton, Leibniz ら,16 世紀,17 世紀,そして 18 世紀はじめまでの「科学者」はみな,「隠された神の意図」を知るべく,いや神の意図は人間には知りえないと思うとせめてその結果の構造,「神によって造られた世界の成り立ち」,を知るべく,「科学」,当時の言葉では「自然哲学」,をしたのだ.
خلود @khulud 2013年8月3日
自然の研究に神の仮定が不要になるのは,18 世紀に起こる啓蒙主義を待たねばならない.ちなみに,自然哲学がわかれて「物理学」や「化学」などが独立の領域として自覚され,また「科学者」という言葉が現れるのは,19 世紀も半ば近くになってからのことだが.
ねこ博士 @kazukazu_ex 2018年1月4日
理学の学位持ちになる予定だけど別に宗教でもいいんじゃないかな。世界そのものを神として崇め、実験という形で神託を得て、論文という聖典に書き残す。そういう風に考えればやってることは宗教と大して変わらん気がする。ただ、自然科学教と他宗教との間にある大きな違いは化学教においては『条件さえ整えばだれでも同じ神託が得られる』ことが客観的に示された内容のみ聖典に記すことを許されるってことだろうか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする