編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
7
ログインして広告を非表示にする
リンク HONZ - 読みたい本が、きっと見つかる! 111 users 649 『朝、目覚めると、戦争が始まっていました』 未来を知らない十二月八日の言葉 - HONZ 意表を突かれた。企画も内容も構成も、見事という他ない本だ。毎年、終戦の日にむけて様々な本が出版されるが、とりわけ異彩を放つ本である。本書を手にしてはじめて私は、「開戦を人々がどう受け止めたのか」という個...
Nicholai MARO @MAROCKs
【開戦を人々がどう受け止めたのか】 さぞかし重苦しい空気なのかと思いきや、むしろその逆だった。戦争を歓迎する言葉が多いのである。知識人にして、そうなのだ。「一般人は?」と考えずにはいられなかった。 honz.jp/articles/-/448…
Nicholai MARO @MAROCKs
今日みたいにうれしい日はまたとない。うれしいというか何というかとにかく胸の清々しい気持だ。 (本書15頁、黒田三郎)
Nicholai MARO @MAROCKs
課題先送りの現状を思うと、当時のように戦争を「出口」ととらえる未来が、すぐそこに迫っているのではないかと不気味な思いに襲われる。どんなに閉塞感が高まっても、そこにだけは出口を求めてはならないのだ。当時も、この点で覚醒していた気骨ある知識人がいた。
Nicholai MARO @MAROCKs
僕は、アメリカとの戦争が始まったとき、二、三の客を前にしながら、不覚にも慎みを忘れ、「ばかやろう!」と大声でラジオにどなった。 (本書79頁、金子光晴)
Nicholai MARO @MAROCKs
清沢は「けさ開戦の知らせを聞いた時に、僕は自分達の責任を感じた。こういう事にならぬように僕達が努力しなかったのが悪かった」と、感慨をもらした。 (本書86頁、清沢洌)
Nicholai MARO @MAROCKs
いまも戦争反対は一般論だが、戦争経験者は減り、気骨ある政治家も少なくなった。そんな状況では、閉塞感が一定水準を超えた時、何かの拍子に一線を踏み越えてしまうことはないのだろうか。その時、私は、どちらの立場でいられるのだろうか。
Nicholai MARO @MAROCKs
慣れ親しんだ日常が制限される、不安に押しつぶされそうになりながらも、いつもと同じところで同じことをしようとする。しかし、その先々で「ナンだい全く」が立ちふさがる 三時から支度して、芝居小屋のセットへ入ったら、暫くして中止となる、ナンだい全く。 (本書59頁、古川ロッパ)

 

藤井(古本屋 弐拾dB) @1924DADA
つい先日、金曜日に入荷した本の一部。詩集たち、それも戦争中、国威高揚のために書かれた言葉たち。 高村光太郎、草野心平、三好達治など名だたる詩人たちが戦争賛美の詩を書いている。 頁をめくるたびに、やるせなさか悔しさか悲しさがこみ上げてしまう。 pic.twitter.com/oAPj3r9T8O
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
藤井(古本屋 弐拾dB) @1924DADA
三好達治 アメリカ太平洋艦隊は全滅せり pic.twitter.com/658PfA1GEd
 拡大
藤井(古本屋 弐拾dB) @1924DADA
違う。そうじゃなかったはずだ。 あんなに美しい詩を書いてきたのに。 言葉を用いて、世界を鮮やかに切り取っていたはずなのに。あまりにも陳腐な詩を書いている(書かされている)ことに悲しさがこみ上げる。

コメント

kimuraお兄さん @nobuo_kimura 2018-08-10 13:57:59
( ´H`)y-~~戦中どころか戦後も死ぬまでそういうテンションだった人もけっこう多数いた。
ジョンお姉さん @MagnaCarta2 2018-08-10 14:14:58
というか、戦後になって書いたり言ったりしたことでしょ。基本的に。
オトラント公 @JosephFouche521 2018-08-10 14:34:27
MagnaCarta2 例に上がっていた清沢洌なんかは戦時中に亡くなってるので、普通に当時の発言や日記から出ているものですよ
きゃっつ(Kats)⊿11/4欅坂京都個別 @grayengineer 2018-08-10 14:45:42
12月8日はあくまで対米開戦の日で、それ以前に日中戦争は継続だったので、12月8日に「戦争が始まった」と感じた当時の人はあまりいないと思いますが。
きゃっつ(Kats)⊿11/4欅坂京都個別 @grayengineer 2018-08-10 14:47:36
それに当時は朝日をはじめとして新聞社が主戦論を展開していたし世論も概ね同調していた(世論の支持があって戦争に突入している)ので、「いつの間にか始まった」という感覚の人もいなかったでしょう。「このままいけば日米開戦かもなぁ」と数ヶ月前から感じていて「やはりそうなったか」という人のほうが多いと思います。
きゃっつ(Kats)⊿11/4欅坂京都個別 @grayengineer 2018-08-10 14:49:45
そこらへんの認知の歪みは、おそらく、主戦論を煽ったマスコミが自分たちの責任を逃れるために、すべてを軍部や政治家のせいにして、国民はみんな反対していたのに無理やり戦争させられた、というような言い方をしてきたことで、当時を知らない戦後世代がそう刷り込まれたからではないでしょうか
cinefuk 🌀 @cinefuk 2018-08-10 15:13:59
日中戦争の長期化から「国家総動員法」制定が1938年、大政翼賛会発足1940年、配給制度開始が1941年。すでに市民は抑圧を強く感じていた訳だよな。対米開戦は、当初そう劇的なものでもなかったかもしれないが、まさか国土が焦土化する覚悟が必要だとも思うまい
cinefuk 🌀 @cinefuk 2018-08-10 15:18:20
grayengineer メディア側の責任についても言及しているハフィントンポストの記事は、興味深い https://www.huffingtonpost.jp/2016/12/01/the-pacific-war-yoko-kato_n_13349530.html "真珠湾攻撃から75年、歴史家・加藤陽子氏は語る「太平洋戦争を回避する選択肢はたくさんあった」 「太平洋戦争は、軍部の暴走といった単純な話の帰結ではない」"
LCO @f_lco 2018-08-10 15:25:03
日清、日露と戦争に勝って満州手に入れて 一般的な国民の理解なんて「戦争に勝って国が豊かになる」って程度だろ、蛮族経済万歳 日露戦争からの戦費問題が~なんて後世に歴史として学ぶから知れる話だし
他人 @Messiah_Justo 2018-08-10 16:14:41
反戦といえば左翼、左翼といえば戦争反対、というような有様で環太平洋革命戦争を主張するような極左は見向きもされない(T_T)
ヘボピー @hebop_ 2018-08-10 19:38:17
日中戦争がグダグダで鬱屈が溜まってるときに真珠湾で派手にやったんで痛快というかやったー!というか、そういう気分だったらしいからなあ。
かつま大佐(えび・かにを含む製品と共通の設備で製造) @kamiomutsu 2018-08-10 21:08:38
どこで見たか、開戦の日の日記が残ってたりして、たいていは「ついに来るべき時が来た」とテンション高い。開戦を祝って友達と歌ったりとかね。そりゃそうよ。当たり前よ。「正義は我にあり」だもの。負けるなんて予想は存在しないもの。戦争の始まりに庶民が暗澹としたなんてのは戦局の悪化を知ってる人のファンタジー。
かつま大佐(えび・かにを含む製品と共通の設備で製造) @kamiomutsu 2018-08-10 21:11:24
なお朝日は何年か前の本紙で戦争翼賛メディア化した当時の自らの状況を細かく検証している。書籍化してないかなあれ。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 2018-08-10 22:29:47
まあ始まってたんなら仕方ない。やるんならどんな手を使ってでも勝たないとな。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 2018-08-10 22:32:10
総力戦なんて生きるか死ぬかなんだから殺して勝たないといけないし勝ち馬に乗らないといけない。それが多数の犠牲の上で我々が得た貴重な教訓だろう。ああだこうだ御託を並べていいのは単身で開戦を止めることのできるスーパーヒーローだけ。
ゆゆ @yuyu_news 2018-08-10 22:39:20
この辺、戦時下の人の日記を書籍化したものがけっこうあるので、アンネ以外でも色々見ると、その人の所属するクラスタによって戦争の感じ方が違って興味深い。お勧めは『私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった』https://www.amazon.co.jp/dp/4163729402 。ゲットーの中の子から、ドイツで兵士になった子、オシャレなパリジェンヌ、レジスタントとして殉死した子、特攻兵、特攻兵を見送った女の子といろんな視点がある。
@mouth0717 2018-08-10 22:53:54
かりに絶対王政だったとしても多くの国民の反対をおしてまでできる戦争なんてそうそうないだろうし、まあそりゃそうだろうという感じがするけど。
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2018-08-12 08:23:12
「課題先送りの現状を思うと、当時のように戦争を「出口」ととらえる未来が、すぐそこに迫っているのではないかと不気味な思いに襲われる」「いまも戦争反対は一般論だが、戦争経験者は減り、気骨ある政治家も少なくなった。そんな状況では、閉塞感が一定水準を超えた時、何かの拍子に一線を踏み越えてしまうことはないのだろうか」この記事書いた人も現状認識能力にかなり問題抱えていそうな気が
cinefuk 🌀 @cinefuk 2018-08-24 16:15:07
SILVER_CAP 僕は赤木智弘 (@T_akagi)氏の書いた「希望は、戦争。」 http://t-job.vis.ne.jp/base/maruyama.html という記事を連想した
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする