2018年8月13日

帰ってきたベイマックス/ベイマックス・ザ・シリーズ感想

ベイマックスTVシリーズなどの視聴感想を予定しています。
0
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

さて、フルメタthesecondraidに代わりまして帰ってきたベイマックスもといベイマックスザ・シリーズの視聴感想でも触れることにしませう。どうやら弟がスカパーで録画してくれていたようで賢弟、さすが賢弟。ザ・シリーズの方について10話まで放送されていたらしいが #ベイマックス pic.twitter.com/9CSc7f9fkW

2018-08-12 23:16:04
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

現時点でこれでシリーズ完結かどうかはちょっと見れていないのでわからない。今回の帰ってきたベイマックスについて前作とザ・シリーズの間をつなぐエピソードになるらしい。今作から2Dのセルアニメとなり、新たなる敵が現れる。だが、前作ともどもケアロボットでもあり、#ベイマックス

2018-08-12 23:17:56
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

戦闘ロボットでもあるベイマックスとその周囲に差異はなく、違和感なく楽しめるものになっている。今作ではヒロが兄の遺志を継いで大学へと入学。兄のラボでベイマックスを復元する訳だが、ベイマックスのAIは復元できたものの、ベイマックスの体ことハードウェアについては #ベイマックス pic.twitter.com/dv000AQ9w9

2018-08-12 23:24:58
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

タダシと違って念入りにテストせずに本起動してしまい、AIとハードウェアが適合しないまま暴走。この辺りはヒロが前作より成長したとはいえ、自分でもベイマックスを復元できるだろうとまだ幼い故の見通しの甘さも見られる。さらにそのベイマックスの体が、ロボットファイターで幅を #ベイマックス pic.twitter.com/dnzQfPkdt1

2018-08-12 23:28:26
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

利かせる、ミスターヤマに体を奪われてしまう。返してもらう条件としてベイマックスのエネルギー源と思われる金属体を大学から奪えとの司令が降る。この金属体の争奪戦を得ながら、ヒロの仲間たちことビッグヒーロー6の面々は、ヒロも大学に通い始めたわけで、自分たちもいつまでも #ベイマックス pic.twitter.com/z9uhv9BTiU

2018-08-12 23:31:06
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ヒーローをやってよい年なのか?とフレッド以外は乗り気でない。また新キャラとしてタダシの事も知っているグランビル教授が出てくる訳で、彼はヒロへ兄のラボ室を使うにはヒロはまだ勉強や経験が足りない事を指摘し、兄のようになりなさいと重圧をかけてくる。最もヒロ達の行動を #ベイマックス pic.twitter.com/mSW1hS1lCh

2018-08-12 23:36:18
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

明らかに知っているような様子であり、頭ごなしに否定するのではなく敢えて嫌味な事を指摘する役回りを演じていたのはなかなかキャラが立ってたと思う。そしてベイマックスを取り返すものの、ヤマの背後に存在すると思われる黒幕が既にベイマックスを量産化しており、#ベイマックス pic.twitter.com/J6EERwTxpO

2018-08-12 23:38:50
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

量産型ベイマックスが金属体を捜索している様子から、彼らの手に渡る前にヒロ達は金属体を探そうとする。最もヒロ達は事情をまず理解してもらえないからか、夜の校舎に侵入することを挑んでいたが、ベイマックスからそれは悪い事ではないですか?と突込みが入ったり #ベイマックス pic.twitter.com/nwyaOvY9Jp

2018-08-12 23:41:11
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

量産型ベイマックスの面々に外装をパージして紛れ込んで、そのさなかで金属体を手に入れるネタがあるわけだが、律義にもヤマたち悪党相手にも診断を行い、あなたたちの体の悪い所を直しますと自分からあっさり正体をばらしてしまうネタは笑えるとともに、あぁ確かに心と体を #ベイマックス pic.twitter.com/j6hAEZOQ54

2018-08-12 23:42:58
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ケアするロボットだからそりゃ隠密行動できないなぁとも少し微笑ましかった。そんなヒロ達の危機をフレッド以外の面々が結局助ける訳だが、落とした金属体は列車に憑依して暴走を起こしてしまう。なおその列車にキャバ叔母さんが乗っていたが、よりによって生カツオを買った帰りに #ベイマックス pic.twitter.com/abubBrDrQK

2018-08-12 23:47:05
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

列車に平然と乗っており、暴走に伴い生カツオが散乱した様子でも、今日の夕食だから取らないでねーとマイペースな様子で回収しているネタには笑いを禁じ得ない。それはそうと暴走する列車の先頭車両だけ切り離して必死に食い止めるビッグヒーロー6。いい年しているんだからと #ベイマックス pic.twitter.com/uohhPKo7IF

2018-08-12 23:49:58
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ヒーローはもう卒業だよなぁと考えていた彼らはやはり、ビッグヒーロー6として活動していこうと団結する。ヒロもまたグランビル教授へ自分はタダシではなくヒロだからと、兄に捉われない生き方をしたいと胸の内を告げると、彼女もタダシのラポを使っていれば兄が道を踏み外しそうに #ベイマックス pic.twitter.com/s5yLFLKqAR

2018-08-12 23:52:25
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ヒロがなった時助けてくれるだろうと、明らかに彼らの活動を知っている上で認める描写で締める。前作でのヒーローについてヒロがタダシを失った事から仇を討とうとするといった憎しみも少なからずあってそうさせている描写(そしてベイマックスとの別れがヒロの精神が成長した意味にも) #ベイマックス pic.twitter.com/ajKhnLj80Y

2018-08-12 23:54:27
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

だったのに対して、今作はヒロが失敗しながらもベイマックスを復元させることに成功した上で、兄と同じレールを歩むのか?の問いに対して自分は自分の道を歩んでいくのだとヒーローであることを負の感情から来るものではない事で描かれている。ヒーローであることについての精神は #ベイマックス

2018-08-12 23:55:38
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

前作より確かにヒロが成長したことを感じさせられるもの。そこからヒーローをいずれは卒業する必要があるかどうか、どっちに決着をつけるかわからないがヒーローであることについて前作より少し大人になった視線で書くことができたというのは感じられた。少なからず #ベイマックス

2018-08-12 23:56:32
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

前作の雰囲気を損ねているわけでもなく期待したいところだと思う。TVシリーズはまた後日に書く #ベイマックス

2018-08-12 23:57:02
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

続いてベイマックス・ザ・シリーズについて第1~4話までを書く。どうやら弟の話だと多分これシーズン2が絶対あるとの事らしいようで、カウントするのは時期的に無理かもしれない。だが帰ってきたを既に取り扱っているので一応シーズン1の10本だけでも書いていく #ベイマックス・ザ・シリーズ

2018-08-17 12:04:01
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

このTVシリーズに関しては、ベイマックスの量産を進める黒幕は健在ながら、基本毎回異なる悪党が登場し、半分くらい逮捕されず逃亡しており何人かはサブレギュラーになるような感じはする。また帰ってきたが実質の第1話扱いからか、シリーズの第1話はフレッド主役回で、#ベイマックス・ザ・シリーズ

2018-08-17 12:05:29
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

彼の父もまたヒーローだったと劇場版のエピローグで触れられたネタを拾い、その父の宿敵だったスチーマー男爵が、彼の息子フレッドに復讐を目論む話(敗北するも逃亡し健在)第2話はハニーの主役回。彼の知り合いだった三流泥棒ネバーがクレイテック社の新商品 #ベイマックス・ザ・シリーズ pic.twitter.com/r94CMoxfFv

2018-08-17 12:08:55
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

トランスミッターを盗んで姿を自由自在に変えることができるようになる。ちなみにクレイテック絡みのネタでアリステア社長が登場する。相変わらず利益最優先の高慢ちきな奴だが、このシリーズでは事件に巻き込まれて渋々だがビッグヒーロー6に依頼する事もあり、 #ベイマックス・ザ・シリーズ pic.twitter.com/7yTaE3zxS7

2018-08-17 12:11:34
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

一応善人寄りになったのだろうか……ハニーはネバーが冴えない強盗だったのをコンプレックスにしていたことから、彼は何かできると説得するが、まさかトランスミッターを手に入れたことで凄腕の強盗になって今の俺は何でもできる!と斜め上の開き直りをしてしまったので #ベイマックス・ザ・シリーズ pic.twitter.com/aOnrmgynQc

2018-08-17 12:12:32
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

彼も逃亡してその後のレギュラー悪党になりそう……。第3話はグランビル教授がヒロにカルメとの共同研究の課題を出す。彼女がヒロが来るまで最年少で入学したことを誇りとしていたので、彼に対してやたら突っかかる。一方ビッグヒーロー6としてのヒロに助けられた事から、#ベイマックス・ザ・シリーズ pic.twitter.com/BTEl8XLrrN

2018-08-17 12:15:11
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

正体を知らずヒーローとしてのヒロに恋をしてしまうのは……まぁ良くある話(笑)ちなみに今回の悪党ハイ・ボルテージは逃亡できず御用となり特に他の面々との関りも無い為単発のキャラクターと思われるが、母と娘の怪盗コンビであり、電撃を駆使しながらのダンス戦法で #ベイマックス・ザ・シリーズ pic.twitter.com/QO2ov8ufAK

2018-08-17 12:16:52
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

専用の曲が流れるのでそこそこ存在感はある。ちなみにカルメは病原菌の研究をしており、細菌を育成していたがアクシデントで細菌が死んだ際にベイマックスが「これでよかったです、完全に殺菌しましょう」と見事に空気を読んでいないネタには吹く。言っている事は一応 #ベイマックス・ザ・シリーズ pic.twitter.com/PJ8YaE2E0X

2018-08-17 12:19:09
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

正しいのだが(笑)最もカルメは最年少のプライドを傷つけられたほか、ヒロと違い年の違う友達がいない事から孤立していた事も触れられ、ヒロは彼女の事情を察してレポートの報告で彼女は良きパートナーだと称賛していた。その後グランビル教授にヒロが、この共同研究は #ベイマックス・ザ・シリーズ pic.twitter.com/OpI3F4owPl

2018-08-17 12:20:48
拡大
残りを読む(2)

コメント