編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

2018/08/20 油圧ドライブトレイン関係メモ

福島沖浮体式洋上風力発電設備含むお話にて
ログ メモ
579view 0コメント
2
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
丸紅はまずは福島沖浮体式洋上風力発電をまず固めてほしい。あれだけ福島復興を打ち出したのだから。あと鹿島沖の着床式洋上風力発電の撤退理由も明確にしてほしい。あれも地元に迷惑かけてないか? →浮体式なら日本勢 洋上風力で負けられない理由:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…
リンク 日本経済新聞 電子版 59 浮体式なら日本勢 洋上風力で負けられない理由 日本で洋上風力発電の導入拡大に向けた動きが活発になってきた。注目を集めるのは海上に風車を浮かべて発電する浮体式。先行する欧州では海底に風車を設置する着床式が主流で、浮体式は世界で事例がまだ少ない。欧
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind なので、日経新聞8月10日付けの記事nikkei.com/article/DGXMZO… を読んだ時、きっと@northfox_windさんは辛口のコメントをするだろう、と気にしていました。twitter.com/northfox_wind/…
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind 日経新聞8月10日付けの記事の前の8月8日に開催された添付シンポジウムで、それまでに@northfox_windさんが発しておられた問題提起について会場で石原猛先生に質問させてもらいました。 以下、石原先生との質疑で私が理解した内容をお伝えします。 pic.twitter.com/6Up5b48IBT
 拡大
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren 福島沖浮体式洋上風力発電ですが、当初の募集要項は2MW 6基以上、または総設備要領15MW以上とあったので、今回は実は14MWだったり、浮体の研究という位置づけの場合、実績のある風車を採用すべきだったと思う次第(7MW機などは故障停止が非常に多い為、実証実験になっているのかも疑問)です
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren あと福島沖の実証研究は募集要項に「本事業では、世界最大級の浮体式洋上風力発電所を実現するため、当該発電所に係る要素技術の開発を行い、福島県沖で浮体式洋上風力発電システムの実証研究を実施」とあるので、よそでは無く、まず福島沖を完遂してほしいのです。あと丸紅の責任者もこう言ってました pic.twitter.com/D2xcvKHu1a
 拡大
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
ちょっと誤解があるようですが福島沖浮体式洋上風力発電では無く陸上風力を先にやるべきだったのでは?という趣旨です。陸上の案件は阿武隈山地で多数展開されていますがもっと早く着手していれば既に稼働している段階かと思います。いわき市でも大規模案件は環境アセス中で建設に至っていないです twitter.com/plutob4/status…
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind ①福島のプロジェクトの将来展望  現在は第1ステップの実証試験段階(~2018年度)  予定通り事業化の段階に進めるべく準備中   第2ステップはパイロットWF:25~40MW   第3ステップは大規模WF:400~500MW  福島県長期ビジョン:2040年までに2,000MW の実現を目指す
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren ありがとうございます。ただ時間軸から見ると福島県では陸上風力発電からリソースを注ぐ方が遥かに早いのと現時点での浮体式の上ものの風車の故障などが多く(7MW)なぜ実績豊富な2MWを主体で進めなかったのか。特に7MWは世界で1基かつ、油圧ドライブトレインという特殊な駆動装置を用いたのかと等
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
もうひとつは福島県の各種関連企業と話していると、福島沖浮体式洋上風力発電での産業寄与は皆もう期待していないという感触です(公的には流石に言わないと思いますが)。陸上風力発電は送電網整備(福島送電)も併せて1000MW位はアセスが進んで数年後に建設開始の段階です(もっと早くできた筈) twitter.com/yoshikeidanren…
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren そして、第二ステップですが、五島列島(福江島)ではスパー式浮体式洋上風力発電(22MW)は間もなくアセスが終了、着工。FIT買取が高いとは言え、「商用」運転段階なので、これも、速度的にちょっと。補助金投下額から見れば圧倒的と思いますので、追い越してないと、思う次第です
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind ②将来展望に向けた活動の現況  事業化の為に必要なSPC設立準備開始  第3ステップの為に必要な県の海域計画策定への協力開始 ③実証試験の現況  2MWは風車も浮体も実証済みの組み合わせ⇒順調に稼働  5MWは両方とも初めての実証⇒慎重に運転⇒稼働率想定以下
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind ③’  5MWの難しさ:揺動する浮体と回転する巨大風車との相互作用による複雑な応力  想定外の困難:ケーブルに大量の貝が付着してケーブルが海底に接触⇒損傷  福島沖が豊かな漁場であることの証ではあるが、大きな課題。
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren ここからが、現場との乖離が起きていると思うのですが、震災から7年経過している段階では「将来展望」では無く「今」がどうかだけで判断しています。なお、5MW、7MWは浮体式そのものの実証であるべきと思うので不要だったと思います。国産他社やMHI-VESYAS(三菱合弁)の実績ある風車でも良かったかと
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren といろいろ書きましたが、浮体式洋上風力発電そのものは、期待もしているので(スパー式では国内や海外のHyWindはちょっと話を受けた事も昔あって)、あまりにもやり方、地元への説明の仕方などが悪いことなど、とても残念に思っています
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind 私が聞き取った内容は以上です。 プロジェクトの概要と現況は随時 fukushima-forward.jp で公表されています。 また、誰でもメールで質問が出来ます。 一旦、了 pic.twitter.com/EIxbtjcFoZ
 拡大
 拡大
リンク www.fukushima-forward.jp 4 users 261 福島洋上風力コンソーシアム 福島洋上風力コンソーシアムのホームページです。福島浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業について紹介します。
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren いろいろ、質問して頂いて、ありがとうございました

Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind 話が少しそれますが、油圧ドライブトレインという特殊な駆動装置、は同期発電機が系統と直結でき、慣性と短絡電流を系統に供給できる(はずな)ので注目している技術です。将来実用化見通しのある技術でしょうか?
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren だいぶ昔MHIの方からも伺っていて(元々が海外アルテミスという会社の技術だったかと)電力の品質の問題の他、風車の機器へのストレス(増速機などでは故障要因)を緩和できるとも考えていたので、ずっと期待していたものです。ただ、だいぶ立ちますが商用化されていないので課題が多いのではと思います
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind ありがとうございました。 先のシンポ会場でこの質問もしてみたのですが、知っている人はいませんでした。 そういえば、mhi.com/jp/news/story/… から随分と時間が経っていますね。
リンク 三菱重工 世界初 洋上風車用新型油圧ドライブトレインの実証試験を開始|三菱重工 三菱重工業は4日(現地時間)、英国ハンターストン(Hunterston)テストセンター<sup>※1</sup>において、油圧ドライブ式大型洋上風力発電設備(MWT167H/7.0、定格出力7000kW)の陸上実証試験を開始しました。独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と英国ビジネス・イノベーション・職業技能省(The Department for Business, Innovation and Skills : BIS)および同..
翼が折れたきたきつね @northfox_wind
@yoshikeidanren 専門性の高い風力発電のシンポジウムで、油圧ドライブを皆知らないとは、それはちょっと(涙目)
Yoshiharu Tachibana @yoshikeidanren
@northfox_wind 皆かどうかは分かりません。時間が押せ押せになってメーカーさんのプレゼンに対する質問を沢山するのは申し訳なかったので多くの人が関心を持ちそうな話題に絞って公開の場で質問し、油圧ドライブについてはシンポ終了後に個別に聞いた結果です。
残りを読む(49)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする