限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

タイトル未定、魔力とか魔術基盤、法術師までの与太考察

タイトルは未定です、とりあえずたたき台を作ったのであとで編集します
ゲーム 与太考察
1481view 0コメント
5
DICTATOR @SPQR_RomeFan
まず型月世界の大前提として生命は、今持っている生命力が尽きる前に、「手持ちの生命力を使って新たな生命力を生み出す」という無限機関じみた事をしている。
DICTATOR @SPQR_RomeFan
@SPQR_RomeFan 生命力は魔力に置き換えて良い。ただ、サーヴァントとはその「自身の魔力を使って魔力を生み出す」というサイクルが出来ないらしく、「外界から取り入れた魔力を使って魔力を生み出す」しかない。
DICTATOR @SPQR_RomeFan
@SPQR_RomeFan ちなみに、生命力を奪う事でこのサイクルを阻害して死に至らしめるのが偽直死
クロダオサフネ @kuroda_osafune
"このマスターは遠く離れた場所で、町の人たちから"生命力"っていう、最も単純な魔力を掠め取っているわけ" 生命力を魔力に変換するのが魔術回路。生体電流を魔力に変換するのがガルバニズム。 ともかく魔力は他のエネルギーと交換可能なリソース、というのは割とポイントになるらしい #SN再読
クロダオサフネ @kuroda_osafune
自ら生命力を生み出せない(増やせない)ために外部からただ奪い続けるだけ、という生態。 これは要するに英霊は生者ではないから新たな生命を生み出せないという話なのだろうけど。 このあたりは、やはり死徒と英霊の表裏一体性を感じるにゃあ。 #SN再読
クロダオサフネ @kuroda_osafune
"通常ね、魔力を通った物は何らかの変化をして、その魔力を使い切ってしまうものなの。魔術の効果は瞬間であって永続じゃないでしょ" "で、家の家計はそうならないように、うまく宝石に魔力を流動させて永続的なものにしているんだけど……" #SN再読
クロダオサフネ @kuroda_osafune
魔術が永続しないのは魔力が消費される理由は魔力を通った物が変質することによって魔力を使い切ってしまうせい。 大体電流と同じよな。 #SN再読
クロダオサフネ @kuroda_osafune
『魔力を通った物は何らかの変化をして~』、というのは変化させた代償に魔力を使うというより魔力が取ってる間は物質には抵抗が生じるからそれで直ぐに魔力が失われていく、という風に読める(気がする)
クロダオサフネ @kuroda_osafune
"魔術を使うのに必要なものが魔力だって事は知ってるわよね? 魔術さえ発動させられるなら、それらは全て魔力と言い換えても差し支えはないわ。  魔力の種類は千差万別。  自分だけの精神力をもって魔術を使用する者もいれば、  自分以外の代価をもって魔術を止揚する物もいる" #SN再読
クロダオサフネ @kuroda_osafune
"ああ。大源(マナ)と小源(オド)の事だろ。大源が自然、世界に満ちてる魔力。小源が個人が生成できる魔力だ" "そうそう、よくできました" ここ、微妙に話を逸らされた気がするのだが……??? #SN再読
クロダオサフネ @kuroda_osafune
『魔術さえ発動させられるなら、それらは全て魔力と言い換えても差し支えはない』というの、しれっと言ってきやがるな…… #そういう話っすか・・・
クロダオサフネ @kuroda_osafune
生命力は最も単純な魔力、というのは生命力を別に他のものに代替してもいいという話で、何を魔力に使える(変換)できるかは特に決まりはないってことなのか
DICTATOR @SPQR_RomeFan
魔術は「過程が奇跡(通常の物理法則を外れる、の意?)である現象」の事だから、通常の物理法則による通常の因果関係を経由しないで得られる結果はみな魔術、みたいな話かね
クロダオサフネ @kuroda_osafune
"積み重ねた歴史が浅い魔術師……ようするに士郎の事ね……は、"すでに形式あるもの"を以て魔力と成すの" "自身の力では足りないから、代価を用意して取引する、という魔術形式(フォーマルクラフト)" この辺り全然覚えてなかったな…… #SN再読
里村邦彦 @SaTMRa
だから、カルデア式の電力-魔力変換機構も別に問題はないと。使われないのは、たぶん小規模で回すとひたすら効率が悪いからなんだろうけど……(ライターの例とかマリスビリーの懊悩とか見るに)
クロダオサフネ @kuroda_osafune
"すでに形式あるもの"を以て魔力と成す。マジか、って感じだ。
クロダオサフネ @kuroda_osafune
というか"すでに形式あるもの"を魔力に変える行為=大源からマナを引き出すという話に繋がるの難しいなこれ
クロダオサフネ @kuroda_osafune
というか実践派の法術師どうのと似た話をしてると思う。これは。
里村邦彦 @SaTMRa
魔力基盤-人理の話に繋がりそうですね。テクスチャ内部が有限って筋読みが正しいなら。 #ロジック的には文化と物理法則が同根に乗っかってるはず
クロダオサフネ @kuroda_osafune
積み重ねた歴史の浅い魔術師は"すでに形式あるもの"を以て魔力と成す=大源から魔力を借り受ける。 修行が浅い僧侶は神仏に届かないから、自身の力を上乗せして術を成す≒小源の魔力を足す。 で反対のアプローチなのだ、おそらく。
クロダオサフネ @kuroda_osafune
この辺りの関係が逆になるのは、システムの在り様の違いか単にリソースの質の違いか、まぁ何にせよ似た話をしてるのは間違いないと思う。
DICTATOR @SPQR_RomeFan
この辺、魔術師の到達点の一つが固有結界である、というところにもつながってる気がする #最終的には己の小源で己の世界を構成するところまで行くみたいな
里村邦彦 @SaTMRa
「蒸気でコイルをぶん回して発電する」と「儀式によって魔術を行使する」は、対立しているように見えるし魔術師もそのように扱ってるけど、実は同じ何かの別側面である。的な。
DICTATOR @SPQR_RomeFan
僧侶の場合は、最終的に神仏の高みにまで到達する=もはや一個人という形には縛られない、みたいな話なのかな?
DICTATOR @SPQR_RomeFan
神霊は高次に存在するという話だけど、多分、仏の類も高次存在よね
残りを読む(54)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする