「祖父は全くろくでもないジジイであった」さくらももこが書いた『祖父の死』のエッセイの毒は秀逸

エッセイ、本当に面白い。 水虫を茶葉で治す話なんかも好きだ。
154
りぼん編集部 @ribon60th

【さくらももこさんご逝去の報】「ちびまる子ちゃん」の原作者であり、幅広い執筆活動の他、多方面でご活躍されました、さくらももこさんが2018年8月15日ご逝去されました。生前のご貢献に深く感謝申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 2018年8月27日 株式会社集英社 りぼん編集部

2018-08-27 19:30:05
ちびまる子ちゃん【公式】 @tweet_maruko

「ちびまる子ちゃん」の原作者であり、幅広い執筆活動の他、多方面でご活躍されました、さくらももこさんが2018年8月15日ご逝去されました。 生前のご貢献に深く感謝申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 2018年8月27日 日本アニメーション株式会社

2018-08-27 19:31:04
あらいずみるい☆(スレイヤーズ32年生もうすぐ @araizumirui

ほんと同学年だったから共感いっぱいでした…(:3_ヽ)_ 改めまして、 さくらももこさんのご冥福をお祈りします。 pic.twitter.com/hgdDBfaeYe

2018-08-28 06:20:23
拡大

好きだった「さくらももこ先生の作品」について語られるツイートたち

からだすこやか茶 @Motoharu_dayo

わたしの好きなさくらももこ pic.twitter.com/phXdm2SEYi

2018-08-27 20:25:32
拡大
拡大
拡大
∠くの @kuno_toriazo

さくらももこさんの人生観好きでした pic.twitter.com/GdQxm4ur0V

2018-08-27 20:14:00
拡大
拡大
拡大
拡大
ティアモ @______oOkn

さくらももこさんのこういう考え方が本当に好きだった pic.twitter.com/Gb8tfZGWW2

2018-08-27 22:00:50
拡大
ヲ父さん @wotousan

さくらももこさんの漫画やエッセイなど読んでました! 一昨日久しぶりに読み返してた漫画版「ひとりずもう」の最後の4ページが頭に浮かびました。 ご冥福をお祈りします。 pic.twitter.com/7LRnAIg84p

2018-08-27 22:09:50
拡大
拡大
拡大
拡大

そのなかでも「もものかんづめ」収録の祖父の死に関するエッセイに触れられる

りく @rizeku_ee

さくらももこは個人的に小説家になってほしかったレベルでエッセイが面白いし友蔵が死んだ時のエピソードの書き方が鬼畜すぎて腹抱えて笑ったから追悼の意を込めて載せるね pic.twitter.com/0QkIuf1uaf

2018-08-27 19:57:33
拡大
拡大
りく @rizeku_ee

@uv_shield 「もものかんづめ」というエッセイです!他にも何冊かあるのでぜひ読んでみてください✋

2018-08-27 23:22:30
MUGEN・ザ・Mr.甲斐性なし @MUGEN2212857

@rizeku_ee @SpecialFreek アニメの後にこれ読んで 超ドン引きしました…… だから、まるちゃんの方では ぐう聖なのかと思いました。

2018-08-27 21:29:50
りく @rizeku_ee

@MUGEN2212857 でも実際本人なことを考えると、これがオリジナルなんですよね…まる子が持つ毒が絶妙に濃縮されて文字に起こされてるのが本当に面白いですよね…

2018-08-27 23:18:09
tearaiあるくま @mametarosibaken

@rizeku_ee @syunmyo 実際の爺さんはやな奴だったって、書いてたのをどこかで読みました。

2018-08-27 22:58:50
りく @rizeku_ee

@mametarosibaken だから作品内ではせめて理想的なおじいちゃんとして友蔵を描いていたらしいですね…

2018-08-27 23:18:59
りく @rizeku_ee

このお話が収録されているのは「もものかんづめ」というエッセイ集です。他にも「さるのこしかけ」や「たいのおかしら」など多くの作品があって全部面白いです。これを機に少しでも多くの人が買って読んでくれたら良いなあという気持ちしかないです。ありがとうございました。amazon.co.jp/dp/408747299X/…

2018-08-28 12:03:29
リンク www.amazon.co.jp もものかんづめ (集英社文庫) | さくら ももこ |本 | 通販 | Amazon Amazonでさくら ももこのもものかんづめ (集英社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。さくら ももこ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またもものかんづめ (集英社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 61

当時は批判も多かったがさくらももこ先生の返しが秀逸

あかね🐭とろろ @a7cn1066

さくらももこ先生の本当の祖父はとんでもないクソジジイだったらしいので、友蔵はきっと理想のおじいちゃんを描いたんだろうな〜と思ってたんだけど、非難殺到してたなんて😂 たしかもものかんづめだよね?爆笑した覚えしかないよ…😂

2018-08-28 17:56:30
Ariver @Ariver_hoho

さくらももこさんのエッセイは手元にないんだけど 祖父を悪いまま書いて(だからこそ漫画はひたすらまる子に甘い)批判された時、「家族だから仲がいいわけじゃない。家族じゃなくても、母が好きで姉が好きだ」と書いていたのを今でも覚えている。 これを20年前に言いきれる人はきっと少なかった。

2018-08-28 13:35:05
オーリー9000系の┏┛墓┗┓ @ollie1012

さくらももこ氏のエッセイ「もものかんづめ」が好きだった。問題行動の多かった祖父をさくら氏がボロクソに書いていたのを読んで、「あ、家族のことを好きじゃなくてもいいんだ」「嫌いな家族を無理やり好きにならなくてもいいんだ」 という気づきを得た思い出があります。合掌。

2018-08-27 22:45:43
お嬢🌸🍡 @nekoneko_nyanko

さくらももこ先生、嫌われ者だった祖父の葬式を面白おかしく描いたエッセイに批難殺到した際、謝った上で「家族だからといって自動的に愛情が発生するわけではないと思う」と返してらしたな。それを読んだ当時の私は、その言葉に救われた気がしました。ご冥福をお祈りします。

2018-08-27 20:34:43
筆が持てないまれいさん【腐】 @ulalfeird

自分の祖父の葬式話を面白おかしく書いたり大麻さんの事をたいまさんって爆笑してる話を書くさくらももこは最高にクレイジーで本当に好きでした… あと永沢くんはまじでやべーから読んでくれ… あとコジコジはアニメがすごくいいから見てくれ… エッセイも絵日記も面白いからとにかく読んでくれ…

2018-08-27 22:46:07
梨野つぶて @nasi_tsubute

さくらももこは漫画ももちろん面白いけどエッセイがバケモノ級に面白いので全人類読んでほしい本当に……祖父の事が大嫌いすぎてお通夜の時顎が外れてムンクの叫びみたいになった祖父の死に顔見て姉妹で大爆笑した話割と衝撃だったよ…(まる子の祖父はさくらももこの理想の祖父なので実際は真逆)

2018-08-27 21:55:06

コメント

おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2018年8月28日
嫌いたくないのに嫌いってのを言語化するのにどんだけ人生観歪めたか、想像するだけできついわ。たしかまる子の単行本でもちょっと触れてたはず
43
お空キレイキレイ @747_bold 2018年8月28日
嫌いって気持ちを封じ込めても澱むだけだと思う そういう意味ではエッセイで発散することは良い
74
marumushi @marumushi2 2018年8月28日
ボケたフリして母親とか姉の風呂の覗きとかしてたらしいしな、友蔵
66
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年8月28日
マンガやアニメでも闇をみせてはいるけど
1
しめじ @shimejinnn 2018年8月29日
追悼の意を込めて載せるね(死者への冒涜)
5
ザンちゃん @zanchann 2018年8月29日
あれ、もものかんづめの中に、そのまま批判が来たって書いてた筈……。じいさんの悪事も書かれてたので、なんで批判来るんだって吃驚した記憶あるし。
19
団扇仙人 @uchiwamaster 2018年8月29日
読んで笑えるエッセイに仕上げてるのが純粋にすごいと思うなあ。うちの祖父も大概な人だったけど、それにまつわる話をこんな面白おかしく書ける気がしない。
32
電子馬🅴 @Erechorse 2018年8月29日
文章だけで声を出して笑った初めての本だったなあ、さくらももこのエッセイは。
1
もっこㄘん @Mokko_Chin 2018年8月29日
ちびまる子の友蔵は温和な性格だったね。釣りキチ三平の一平爺さんも元となったのが厳格な人間だったので作中では理想的な祖父として描いたって話だったような。
1
點面悪鬼百之助 @x743 2018年8月29日
追悼の意を込めれば著作権を無視してもいいのか?(全部読んだ)
19
旨塩レッド @Jem_appelle_ 2018年8月29日
友蔵の話面白かったけどな。家族と良い思い出しかない人には、理解しがたいのかね。知らんけど
16
しましま @jkgkikllh 2018年8月29日
さくらももこは健康オタクだったから、ちゃんとがん治療したか心配。水虫を直した成功体験が健康オタクにしたんだろう。
6
金目の煮付 @kinmenitsuke 2018年8月29日
飲尿健康法とか、さくらももこのエッセイで知ったなぁ。
5
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2018年8月29日
おじいちゃんの実態は相当ひどいと相方に聞いたけど、 ちびまるこのおじいちゃんに、さくら氏が理想を託していたとしてもなんの不思議もない。 そういう理想の家族像を漫画に描くことは普通にあると思うしね。 一時期スピリッツだったかなあ?、中学(高校?)時代のまる子ちゃんが描かれていた特別編が短期で連載されてた気がするけど、小学の時のキャラと違って、すごくオドオドとした女の子の話だった気がする。 WIKIにも一切記載がないが、幻の話になってしまったのかなあ?違う作家さんだったかな?
1
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2018年8月29日
まる子ちゃんの人気の理由はやはり、独特の本音というか毒の部分がうまいこと散りばめられていて、そういう部分でも面白い作品だということかな、 綺麗すぎるサザエさんの前に、 適度に本当の悲しみと毒のあるまるこちゃん。 という秀作、それをもっと濃くしたのがクレヨンしんちゃん だと思ってるけど。 共通してるのはいずれの作家さんがもう存命ではないということかなと。
6
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2018年8月29日
NHKではようやく、 存命の時の写真を公開してましたね。 すごくきれいな方だなという印象だった。惜しい。ご冥福をお祈りいたします。
1
山本 @hana_dai0990 2018年8月29日
さくらももこもマネージャーだか知人をいたずらで勝手に退職させてパワハラしてたよね 似た者同士としか
0
tsukina @tsukina_ttt 2018年8月29日
読者としては先に知ってたアニメや漫画の友蔵像でどうしてもイメージが歪むんだろうね。だから後から実は…な部分を見て「酷くない?」って批判する。
3
きたあかり @kita_akari0420 2018年8月29日
故人を面白おかしく、悪く描く事への批判というよりは「知りとうなかった」という感情なのでは
8
フレンディーたかた @butter_knife_ 2018年8月29日
そういえばさくらももこのエッセイ集、何冊かうちにあったな。 しかし笑ってる姉に追い打ちを掛けてく姿はちびまる子そのもので、またギャグ作家らしくて実に面白いw
6
狩野宏樹 @KAN0U 2018年8月29日
漫☆画太郎の描くババアが暴れ回る理由と同じだな……。
1
にせローラ @keika_boku 2018年8月30日
フィクションと現実の乖離にショックを受けるのは分かるが作者を批判するまで行くと理解を越える。実際の友蔵はこうだったけどアニメの友蔵の人間性は何ら毀損されない。
8
no_face @___no_face___ 2018年9月1日
KAN0U 寝たきりのおばあちゃんにせめて漫画の中では元気でいてほしかったんだっけ
0
Haru(* ´ ∀`*)精神科→脳内科提案中 @HARE_3_ 2018年9月2日
家族だからって無理に愛する必要はない。合わなければ離れた方が幸せなこともある。
3
野乃卯はたいち @deko8uso800 2018年9月2日
友蔵の件もだけど、初期エッセイ3部作のうち『たいのおかしら』だったかな、「小杉のババア」「ミーコのこと」どちらも話題に上がった人や猫は既に逝去した時点で書かれてるけど、好き嫌い善悪だけではかれない微妙な距離の、ともすれば筆者か対象者どちらかだけが悪者になりかねない話も絶妙なバランスで書かれている。読んだ当時さくらさんをどう思っていいのかわかりかねたけど、あんな風に書ける目線視点はなかなかないものだと今でも思ってる
1
slips @techno_chombo 2018年9月2日
zairo2016 いや、その辺って勝手に周囲が押し付けた「イメージ」なんじゃないかと。「サザエさん」だって発表当時は正直なところ、その時代としては相当に「とんがってた」家族を描いてたわけで。
3
ペンギン海未ねこちゃん @Penginumineko 2018年9月2日
家族だからという理由で、批判できる人はある意味家族に恵まれている証拠かもしれない。 世の中には、そういった人間の想像を越えるロクでもない奴らがゴマンといるのだから。
2
星川月海 @hosikawatukimi 2018年9月2日
現実の友蔵がかなり嫌な人物であったということは「ちびまる子ちゃん」単行本の中の語り(だから作中のおじいちゃんは理想な部分も込めて描いたこと)や同時収録されてる「ほのぼの劇場」の中でもたびたび描かれているのだけどなぁ
1
B_BLUE_HEARTS @BBH_X01 2018年9月3日
さくらももこスゲえと思ったのは、「実のおじいさんをあんなにひどく言うなんて!ファンやめます」という投書に対して「あ、しょうがないな。このエッセイがなくても、多分自分はいつかこの人の気に入らないものを書いて、この人は私のファンをやめたはずで、今嫌いになってもらってよかった」という意味の返しをしていたこと。 ここ最近の、すぐ「不快に思われたなら謝罪します」という腑抜け連中とは違うなあ、と。
7