女のオタクについて。女のオタクは存在するのか。

まとめました。
8
果たして、女性をオタクと呼ぶ習慣は世間に定着していたのか
Calci @Calcijp

初めて「おたく」という言葉が登場したとされる中森明夫の漫画ブリッコの文章を呼んだ。かなり陰湿な文章でなぜ彼がこんな文章を書いたのか不思議だが、ちゃんと「おんなおたく」という言葉の提示もある。「女オタクは存在しない」という根拠自体が希薄だった。 burikko.net/people/otaku02…

2018-04-26 15:18:38
Calci @Calcijp

なんか「女のオタクなど存在しない、歴史の捏造は許さない」とか言うツイートを見かけたので1977年頃のコミケの写真貼っとくわ。 pic.twitter.com/4fSwn4lXdL

2018-04-25 16:32:05
拡大
Calci @Calcijp

同じことを長いことやってるとね、自分より後からやって来た人が僕の知ってる時代について適当な事を書くのを目撃するようになるのね。ああ、歴史の捏造ってこうやって行われて行くんだなという気がします。

2018-04-25 16:58:08
Calci @Calcijp

記録写真の破壊力というものは百万言を弄しても覆せぬものです。ぜひイベントにおける記録写真撮影についてはみなさん寛大にお願いします。そして皆さんご自身も写真を撮って残してください。何十年か経つとそれがかけがえのない価値を持つようになるかも知れません。

2018-04-25 17:10:42
ピンフスキーの母 @nabata_me

オタクに女性は含まれません。確かに、中森明夫がイベント内の女性を指して、その容姿をもってオタクとしたことがありましたが、その後、女性を指してオタクと呼ぶ事は定着しませんでした。『重要なのでもう一度言います”女のオタクは存在しません”。』嘘を書くのはやめましょうね。 twitter.com/maggy_xyz/stat…

2018-04-22 12:50:43
ピンフスキーの母 @nabata_me

現代においても女のオタクを指すときは「女の」オタクと呼ばれていることに、なんで疑問を持たないのかね?こういう人たちは・・・。オタクはつまり現在においても女性を指すことを前提としていない。おかしいよね?イベント参加者は女性の方が多いんでしょ? 気付こうよ。自分がウソツキだってことに

2018-04-22 12:57:33
ピンフスキーの母 @nabata_me

鋭いご指摘です。 例えば看護師を考ると、女性の多い種類には”女性”はつかないわけです。むしろ”男性”がついたりする。 これが、なぜオタクだと男性であることが前提になるのか。イベント参加者は女性の方が多いのにおかしいですよね、という話なんです。 #peing #質問箱 peing.net/ja/qs/37489967 pic.twitter.com/oBEVAkkmtS

2018-04-26 11:14:36
拡大

女性のオタクは自分がオタクだと名乗る権利を、はるか昔に放棄したのではないのか
ピンフスキーの母 @nabata_me

こういう人に言いたいのは、「じゃあなぜ”その時に”オタクは男ばかりではないと主張しなかったのですか?」ということ。こう言う人たちって決まって、安全になったと見るや否や乗り遅れるなとばかりに我も我もとオタクを主張するのは何でですかね? twitter.com/tomoco/status/…

2018-04-25 23:20:15
ピンフスキーの母 @nabata_me

男性の地位を表す言葉で、女性を呼ぶことは不可能ではないが、それは比喩でしかない。もし「オタクは女も含まれる」と言ってる人というのは、嘘をついているか別の定義で使っているかです。

2018-04-28 00:47:44
ピンフスキーの母 @nabata_me

もし別の定義で使っているのだったら、何も恥じる必要はない、昔から継続し今に至るまで、「私はオタクだ」と言っていればよかったのです。なぜ今になって、安全だとわかってから「私はオタクだ」と言い出すのですか?それはさすがに無いでしょう。

2018-04-28 00:50:32
ピンフスキーの母 @nabata_me

今どきのオタクの定義には含まれなくてもいいと思うのであれば、昔のオタクの定義には含んでほしいということですね。ではなぜ”その時代に”私もオタクだ女にもオタクはいるぞと言わなかったのでしょう。なぜ”今になって”いきなり「女にもオタクはいます」になるのでしょう。私の疑問はこれなんです。 twitter.com/mahiru_nyan/st…

2018-04-22 16:43:34
ピンフスキーの母 @nabata_me

オタクの厳密な定義は私にはできません。それは誰もが同じでしょう。今さら誰かが決められるようなものではない。 ただ男性の階級を表す言葉に”オタク”が使われてきた事実や、今オタク名乗りしてる人たちの多くが「俺はオタクとは違う」と言いオタク叩きまでしていた事までは消えないと思うんですよね

2018-04-28 17:06:26
ピンフスキーの母 @nabata_me

安全になったとわかったとたん「俺はオタク」と主張する人に対して、きみらも何か思わないの?

2018-04-24 00:44:45

オタクは定義できるのか
ピンフスキーの母 @nabata_me

@yuche13 いえ、厳密に定義するのは不可能だと思います。私が何を言っても、それは私の個人の思い出に根差した意見ですし、読む人にとってもその解釈でいいと思っています。私はみんなが示し合わせたように嘘を(あくまで私個人の見解)言ってるのに何か言いたくなっただけです。

2018-04-24 00:47:54
くべると @qwert2323

@nabata_me 1992年公開の「七人のおたく」というヒット映画が、当時一般人が想像するオタク像をデフォルメして描いていたと思うのですがいかがでしょうか? オタク像の時代を見る試金石になると思うのですが。

2018-04-24 22:38:22
ピンフスキーの母 @nabata_me

@qwert2323 当時を生きる人間としてあれこそ盛大なプロパガンダだと思いました。しかし私もああいったオタクの新定義(もしくは起源に基づいた定義)に拍手を送った一人でもあります。あの中では格闘オタクが存在しますが、現在においても過去においても格闘オタクなる概念は浸透してないと思います

2018-04-24 22:40:55
ピンフスキーの母 @nabata_me

@clever1984wm その空間では、知識を称賛してオタクという言葉が使われてきたということですね。その時に”世間に対抗して”オタクという言葉を使った自覚はありましたか?そこが問題になります。私の主張は、オタクという言葉は趣味ではなく格下男性をそう呼んでいたという事実の再確認です。

2018-04-25 00:29:44

オタク女さんについて
ピンフスキーの母 @nabata_me

だいたい「オタク女」とは2005年時点では、ある人物を指す固有名詞だったんだよ。オタク男が誰かの固有名詞になったことなんてあったか?あるのなら教えてくれ。

2018-04-23 22:11:03
リンク ニコニコ大百科 第一次ブログ連戦争とは (ダイイチジブログレンセンソウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 第一次ブログ連戦争とは、2005年5月から2007年1月にかけて、主に2chのニュース速報板・ニュース速報VIP板とコピペブログとの間で勃発した抗争である。 開戦までの大まかな流れ 199... 8

オタク女的落書きブログ

上記の人物はオタク女、オタ女とよばれていた。
この頃(2005年当時)、中川翔子の存在は広く知られていたのだが、この時代に、なんと「オタク女」が個人を指す固有名詞として成立していた。
”女性であること”と”オタクであること”のイメージが、いかに乖離していたかということと、”女性”と”オタク”を併せ持つ存在がいかに独自性、個性として認識されていたか、がうかがえる。

ピンフスキーの母 @nabata_me

2000年以前にオタク趣味の美しい女性に対して「オタクですね」と言ったことのある奴だけ俺に石を投げろ。そうじゃない奴は覚悟しておけよ。

2018-04-22 18:13:37
残りを読む(1)

コメント

ムック船長 @captainmuck 2018年8月30日
少し前に自分もした話だけど、女性オタクに語り部文化が無いか男オタクに存在否定派がいるかじゃないと中々出ない言説だと思ってる
4
118 @118_710 2018年8月30日
自分の存在がわからなくなった。
3
豆腐豆腐豆腐 @NewName_NoIdea 2018年8月30日
いない、もしくはいなかったって言いきるためには地球上のどこにも存在していないと証明しないとならないんだけど、そんなの無理では
7
nekosencho @Neko_Sencho 2018年8月30日
「女性のオタク(に相当する行動をしていた人)」は存在したが、「オタク」とは呼ばれていなかったという趣旨でOK?
1
ドカター・ストレンジ @runekaruto 2018年8月30日
ライセンスじゃないんだから、オタクと名乗りたいなら勝手に名乗れば良い。本人の自由だし・・・そして他人をオタク扱いしたけりゃ勝手にすれば良い。本人が嫌がったら止めるべきだが。
5
重-オモ- @__oMo__ 2018年8月30日
「最初はある種の男性を指す言葉だった。後からある種の女性も内包するようになった言葉」じゃダメなのか?意味が拡大、変更する言葉などいくらでもあるというのに。
2
ると。 @nec0lt 2018年8月30日
まあ、アニメや漫画好きの中学生や高校生が相手の事を「お宅は〜」って言ってたから、中森明夫がそういう彼らの事を気持ち悪がって「オタク」って言い出したのが最初だからなあ。諸説あるけど、アニメや漫画好きの間で相手の事を「お宅は〜」って言う様になったのは、マクロスが原因だと言われてる。マクロス流行る前に、中森明夫がアニメファンや漫画ファンをディスってたら、違う呼び方になってたんだろうなあ。
1
たけ爺 @take_ji 2018年8月30日
”オタク男が誰かの固有名詞になったことなんてあったか?” ……宅八郎が”オタク代表”のようにいじられた時代あったよな。
10
ると。 @nec0lt 2018年8月30日
まあでも83年当時、そのアニメや漫画好きの中学生や高校生は、大半が女性だったんだけど。連続幼女誘拐殺人事件の容疑者として宮崎勤が逮捕された89年から90年くらいに、「オタクは男しかいない」みたいな文脈で中森明夫や遠藤諭が言い出したんだよね。だから、そういう時期の「東京おとなクラブ」というミニコミ誌などを資料にしていれば、まとめ主の言い分に繋がるんじゃないかな。知らんけど。
8
木場貴志 @cobatacashi 2018年8月30日
こんなカテゴライズに言い争うほど大した意味なんてないよ。こっち側の人間は、好きなものを好きなように楽しんでるだけなんだから。
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2018年8月30日
これ前もあったぞ。 で、その時も多分書いたが、「オタク女」はかつては可視化されておらず、オタクが市民権を得た……とは言わないまでもある程度漂白されて見れるものになった頃になって、採り挙げられるように、名乗り出すようになってきたとは言える。 だから表題の言い分も一理はあるわけだよな。
5
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2018年8月30日
「おたくのビデオ」にも出てくるけどなぁ。
2
cinefuk 🌀 @cinefuk 2018年8月30日
1989年( nec0lt )に「隠れ」なかったオタクは凄いな…と思うけど、それをマネタイズする根性もない多くのオタクは、正体を隠さざるを得なかったんだよな。それを「仲間を売った」というなら、そうかもしれない。差別にはそういった「当事者が大っぴらにしたくない」事もある
2
ると。 @nec0lt 2018年8月30日
cinefuk それもあるけど、当時のマスコミが男性に限定してた所があったから、女性に火の粉が飛びにくかった側面もあったと思う。火の粉が飛んだとしても、燃え広がることがあまりなかったと言うか。中学生や高校生の内は、堂々とオタク活動してた女性も多かったけど、社会人になったり主婦になったりして普段は「非オタクに擬態」していたし。あと、一部のオタクが異性嫌い拗らせて男女に別れて対立しやすかったから、それと一緒にされたく無いのもあったと思うよ。
4
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2018年8月30日
なるほど女流作家というからには作家に女性はいないのか。
3
ピンフスキーの母47y9m @nabata_me 2018年8月30日
女性作家のくだりはpeingの回答のところをご覧ください。
0
まこす @sayonarain 2018年8月30日
水玉螢之丞さんはオタク自認してらっしゃいましたよね。
4
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2018年8月31日
失礼ながら生天目氏の主張を知らないまま書いていたが、基本、ぼくと同じ考え方なんだな。 となると一つの極論としては同意できる。
1