10周年のSPコンテンツ!
12
明道聡子(リブラ舎) @libra_edit
鏡リュウジ先生とゲーム作家・米光一成さんの講座聞いてきました。買って満足してるタロット各種、思考を深めるために使ってみようと思います。 思考ツール、創造ツールとしてのタロット| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター asahiculture.jp/shinjuku/cours…
大塚和彦(ヴィジョナリー•カンパニー) @amdotibet
昨日の『思考ツールとしてのタロット』講座。ジェームス・ヤングの名著『アィデアのつくり方』と共通項を思う。アィデアは技術なのかもですね。 pic.twitter.com/VjOxU6vPug
拡大
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
昨夜の朝日カルチャー、米光一成さんとの講座、いらしてくださった方、ありがとうございました。米光さんが僕の古い連載記事の切り抜きをお持ちくださって恥ずかしいやら感激やら、、マヤって知ってます?ムーの弟誌。 pic.twitter.com/ChjwQScgWu
拡大
鏡リュウジ @Kagami_Ryuji
米光一成さんのこちら、ぜひ。タロットに関心ある方もない方も。そして巻末の参考文献はぜひ! amazon.co.jp/%E6%80%9D%E8%8…
NORI STAR CREAM @NORISTARCREAM
昨日の、どこ座ろうか迷ってたら結局1番前の席になっちゃったんだけど、カード引かせていただきました。(私が引いたのは正義だった)前列に座っていると、色々と絡まれるんだなあ、、勉強になりました🐿
NORI STAR CREAM @NORISTARCREAM
鏡リュウジさん、勝手に大御所どどーんっていうイメージ持ってたんですけど 実際はしっとりした小綺麗ななお兄さんって印象でした。。それでも50歳!?お若いよ〜〜!
与儀明子 @yogikko
「米光 一成+鏡リュウジ 思考ツール、創造ツールとしてのタロット」あんまり面白くて興奮して、新宿から池袋まで歩いてしまったー。涼しくてきもちよかった。
与儀明子 @yogikko
「米光 一成+鏡リュウジ 思考ツール、創造ツールとしてのタロット」、占いとクリエイティブの違い、占いとカウンセリングの違い、科学と魔術の違い、今の科学的な思考体系とタロットの違い、世界の分節化、イメージのファイリングとしてのタロット、関係妄想などなど、面白い切り口がたくさん。
与儀明子 @yogikko
3枚引き「愚者・正義・女教皇」で鏡さんが語った、自他が未分化な赤ん坊として生まれ落ちて(愚者)、世界が分節化されてバランスを取るようになり(正義)、神秘の世界へ(女教皇)っていうストーリー、なるほどなーと。正義=世界の分節化ってイメージで捉えたことがなかった。面白いなあ。
与儀明子 @yogikko
ああいうふうに出たカードでとっさにストーリーを作るのをまのあたりにすると、占いとクリエイティブの境目って曖昧だなあーと思う。関係妄想の世界は楽しい。
ドルチェ☆ショコラ☆ @akikyon620
今夜は朝日カルチャーセンターさんで 思考ツール、創造ツールとしてのタロット講座でした(*^_^*) 鏡リュウジさんと米光一成さんのお話が楽しくあっという間に終わっていた感じでした。 占い寄りのタロットの捉え方ではない⁈お話は新鮮でした(*^_^*) pic.twitter.com/HhxyG4vh7j
拡大
ヨシノ・エリカ @ikkaichie
知ってる人だからとお世辞ではなく 「思考ツールとしてのタロット」は、タロットを日々教えてる立場からして、特にタロット初心者さんおススメしたい1番の良書。 多分、以前も書いたと思います。 タロットに対し、こういう姿勢で接すると、論理性を持てる占いが出来る。 twitter.com/kagami_ryuji/s…
ナミカワサトシ @ten_int_line
米光一成さん、鏡リュウジさんの講座に行って来ました。思考ツールとしてのタロットをKindleで読んでたのでなんとなく想像していたのだけど、米光さんの相談においての使い方がカードを引いた本人の解釈に完全に委ねる方式で、OHカードと共通するな、と思った。
ナミカワサトシ @ten_int_line
OHカードはドイツのユング系精神科医が精神療法に使う道具として開発した(以上、すべてうろ覚え)もので、文字カードと絵カードの組み合わせを見てクライアントが連想的に語っていく(話し手が話し終えるまで誰も口を開いてはいけない)というのが基本的な使い方なのだけれど、
ナミカワサトシ @ten_int_line
米光さんは相談の失敗からその方式に至ったという非常に実用的(笑)な話をしていて面白かった。 あとOHカードはタロットから象徴の体系を取り除いたさらに未分化なものなので、良く言えばより自由、悪く言えばフラットで発展性がない。米光さんは相談以外にも自分の中で象徴の樹を育てていくという、
ナミカワサトシ @ten_int_line
タロットの象徴性をより活かす使い方をされているとのことで、なるほど!と思った。 というのは私これまでタロットを少し敬遠していたのね。占いやシンボルは好きなんだけど西洋のシンボルとあまり馴染みがなくて。 OHカード持ってるんだけど、使い続けて自分の中で育てていく感覚ではなかった。
ナミカワサトシ @ten_int_line
鏡リュウジさんが日本トランスパーソナル学会の理事をされていると知って受講を決めたのだけど、占いには鏡さんが言うところのディビネーションという個を超越したものという視点から人間の精神を捉えた時に健全な精神はもちろん、病める精神とは何なのかを再定義することができると思うのね。
枚子 @chocolat_24love
『くま対タロットがおーがおー (こどものもうそうブックス)』(米光一成, 高良玉代, 与儀明子 著) を読み終えたところです a.co/0OE8PeP pic.twitter.com/mF9Hj5TVym
拡大
枚子 @chocolat_24love
んあーーーーおもしろかったーーーー 特にじつははっきりと説明できずにいた死神以降の流れがなるほどだったしオチのそういうのずるいーーー
枚子 @chocolat_24love
タロット解説本によくある、最終章のリーディングをそういう形でやらせてくるのも伏線のちらしかたもずるいーーー 最終日に彼が持ち込んだたくさんの荷物がなんだったのかっていうそのあの あーーー
白珠千佳@9/28Tbooks下北沢 @chikashiratama
鏡リュウジさんと米光一成さんの対談いきたかったー。その悔しさのあまり米光さんの新しい電子書籍(『くま対タロットがおーがおー』)買ったので読む。
米光一成noteで表現道場マガジン @yonemitsu
『くま対タロットがおーがおー 』(こどものもうそうブックス) amazon.co.jp/dp/B07GZZBFQ6/… 『思考ツールとしてのタロット』に続くタロット本です。さく米光一成 え高良玉代 へんしゅう与儀明子。半額セール中! #タロット
ヨシノ・エリカ @ikkaichie
米光一成さんと鏡リュウジさんの対談に行ってきました☆ ウラナイ・トナカイのまつい先生と 「まさにタロットって思考ツールですよね。」と話したのを思い出してました。 お二人は初対面とのことでしたが、私はお二人とも面識があったので、より楽しめました! @yonemitsu @Kagami_Ryuji pic.twitter.com/22apApaSXQ
拡大
えつなぎは @nagiha_etsu
鏡リュウジ先生と米光一成さんの『思考ツール、創造ツールとしてのタロット』を受講しました。米光さんご自身のタロットの使い方?を聞かせていただき、思わず笑ってしまいながらも、タロット=占い、と限定できない私にとっては、あるある!なお話も多くて、嬉しくなってしまいました。
筒井 or 太田 @tsutsui_ota
仕事のあとダッシュで米光さんと鏡リュウジさんのタロット講座、終了20分前になんとか滑り込み。鏡さん、めちゃ素敵な人でポーっとなる。そういえば私鏡さんと荒井良二さんの『はじめての占星術』を友達にプレゼントされたのを機に占いに興味を持ち出したんだった、とサインもらったあとに思い出した。
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする