10周年のSPコンテンツ!
1
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
この本、ときどき読み返すのですが amazon.co.jp/dp/4487801036
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
著者の山下氏は、これの前身といえるこの本の頃から、よくわからない分析チャートを使っています。amazon.co.jp/dp/4872330463
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
ラ・ペンタトニックとかミ・ペンタトニックとか。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
彼がいう「ラ・ペンタトニック」とは「ラ・ド・レ・ミ・ソ」のことです。 「レ・ペンタトニック」なら「レ・ミ・ソ・ラ・ド」ですね。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
彼独自の用語です。別におかしいわけではありません。楽典に載っているわけではないけれど、彼独自の呼称ですので、とやかくいうつもりはありません。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
しかし楽曲分析にあたって、著者は使い方を誤っているように思えます。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
たとえばCメジャー調の楽曲におけるEm和音に「シ」が混じるとき、彼は「Emにラ・ペンタトニックが重なっている」と分析しています。Em和音の基音「ミ」に「ラ・ド・レ・ミ・ソ」の組み合わせ、つまり「ミ・ソ・ラ・シ・レ」(Cメジャー調)のうちの「シ」が混じっているのだ、と。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
これ、私なら違う解釈を取りますね。このEm、実はGメジャー調でのⅥm(Cメジャー調におけるAmに該当する)であり、そこに同じくGメジャー調における「ミ」の音が重なっているのだ、と。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
坂本は複調にしているんですよ。Cメジャー調と思わせて実は4度下の調であるGメジャーを奏でていたり、反対に4度上の調であるFメジャーを奏でていたりする
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
山下邦彦氏は、ここがわかっていない。だからペンタトニックの音がテンション・ノート的に和音に混じってくるという解釈をして、Emにおける「ラ・ペンタトニック」とか、Gにおける「レ・ペンタトニック」という風に分析してしまう。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
それぞれ正解はGメジャー調のⅥmに「ミ」が、Fメジャー調のⅡmに「ラ」が鳴っている、ですね。

ここ、ちょっと説明をとばしているのでわかりにくのですが結論は正しいので「よくわからんがそういうものであるか」ということでよろしく。(話すと長くなる!)

KUMI_Kaoru @KaoruKumi
この手で「Sweet Revenge」を分析すると、面白いものが浮かび上がってくるのではないか…と夢想しています。

コメント

いなづまとおるさん19歳+α @hentai_majires 2018年9月7日
「たかが電気」とほざいたこと関連かと思いきや、真面目な音楽の話でした。心が汚れてるなぁ(などと言いつつ過去の坂本龍一のあの発言を定期的に蒸し返す汚れた人)
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年9月7日
hentai_majires ありましたね電気発言。高校生のときにデモって「試験廃止」「成績表廃止」とか皆で騒ぎ倒して要求のいくつかを日比谷高校にのませた大たわけ者。