54
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
今回、試験的に、いつもの年よりも増して「自分で自分のお誕生日を盛り上げてみる」ということをしてみましたが。個人的には満足いく実験結果となりました。皆さまありがとうございました。(*´ω`*) やはり、何事も恥ずかしがったり遠慮したりしていると、愉快なことはできないのですね。 twitter.com/barbara_asuka/…
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
ここ2年にかけて、「ファンとクリエイターの関係」について多くの知見を得ましたが、大きかったものは「ファンは、その人にお金を遣うことによって、ファンである自分を確認する」というものと「勇気の無いファンのために『場』をつくることが大切」、このふたつです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
「ファンは、その人にお金を遣うことによって、ファンである自分を確認する」について。 まじめなクリエイターさんは「ファンに何かを買ってもらうことは、ファンに負担を強いる」と思っていらっしゃることが多いです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
しかし、あるアーティストを20年追っている友人を数年観察し、意見を詳細に聞いたところ、そうではない、とわかりました。 ファンは、「追っかけている人が創っているもの」を求めている。買える範囲であれば買いたい。そして、それによって「自分で、自分が誰のファンであるか、確認をする」のです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
仮に、「自分が好きな人が、買えるものも創らず、ライブもせず、活動もしない」だったらどうなるでしょうか。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
そうしたら、どんなに好きだった人でも、だんだん興味が薄れ、ココロが離れていき、場合によっては他の人に興味が移ると思われます。 「活動が少ない人」は、ファンが離れやすいのです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
そして、やはり、「無料のライブや配布物(=費用はアーティストやクリエイターの負担)」よりも、「有料のライブや販売物(=費用はファン負担)」のほうが、たくさんの作品や商品の販売、活動をしやすいのです。 (本来、「兼業より専業のほうが有利」というのは、ここが重要だからなのです)
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
※「無料で配布する成果物」と「有料で配布する成果物」については長くなりますので、また改めてお話ししたいと思います。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
ここで、私が申し上げたいのは、 「有料で製作、配布、実施したほうが、クリエイターやアーティストはより活発に活動できる。そして『活動が活発であること』は、ファンにとっても有り難く、ファンも増えることになる」 ということです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
さて、最初に戻りまして、次の、 「勇気の無いファンのために『場』をつくることが大切」 についてです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
例えば。 何かイベントをしたとして。 「サイン会なんか、別に設ける必要はない。人気がありすぎる人ならともかく、人数の少ないイベントの場合、アーティストはそのへんうろうろしてるんだから、『サインください』と言えばいいだけのことではないか」という考えもあるでしょう。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
私は長年、上記のような考えでした。なぜなら、私はすぐに「サイン下さい」と言える人だったから。 でも、先日、その考えを改めることにしました。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
あくまで「お客さん」の立場からであれば、「サイン下さい」と言える人は、サイン会の必要など感じません。 しかし、ここ2年、実験的に「ファンを増やすにはどうしたらいいか」ということを考えて、その観点からすると、「サイン会は、設けたほうがいい」という結論に至りました。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
私は物怖じは(あまり)しないので、サインが欲しい、と思えば「サイン下さい」と言います。 でも、「サインが欲しくても、言えない、言いにくい人」であればどうでしょうか。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
好きな人がいても「サイン下さい」と、言えない。残念なことです。 でも、「サイン会やりますのでお並び下さい~」と言われれば、そのシステムを「利用」して、その人はサインをもらうことができます。めでたいことです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
「システムを設ける」ことの利点はそれだけではありません。 「自分から声をかけるほど、サインは欲しくない人」でも、「サイン会やります~」と言われれば、「せっかくだから、もらっておくか」と並ぶことが少なくありません。私もそういうことありますから、よくわかる。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
そして、人は、「少しでも興味ある人から、親切にしてもらった(この場合は、サイン)ら、より一層好意をもつ」わけです。 結果として、「システムを構築することで、ファンの好意が増えた」ことになります。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
「サイン会」はごく一例ですが、「参加しやすい」「買いやすい」「乗っかりやすい」システムを構築することは、クリエイターやアーティストはファンを増やすために有効ですし、ファンにとっても有り難い。いいことしかないわけです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
で。 話を最初に戻しますと、今回の私の誕生日は、「もしかしているかもしれない、私のファン」の皆さまのために、ささやかではありますが、「乗っかりやすいシステム」を実験的に創ってみたりしたわけです。(*´ω`*)
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
ファンを増やしたいクリエイターやアーティストの皆さま。 恥ずかしがったりしないで、「ファンが乗っかりやすいシステム」を創りましょう。それもせずに「ファンが増えない、動員が増えない」と嘆くのは、昼寝していて稲穂が実ることを夢想するのと同じですよ。 畑を作らないと、作物は実らないのです
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
上で、ファンとアーティストの関係を「畑の作物」に例えましたが、逆に、ファンから見れば「アーティストのほうが、作物」になるのです。 自分が応援したり、励ましたりしたアーティストが、活動を続けて、より素晴らしい存在になる。ファンは、アーティストやクリエイターを育てているのです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
ファンとアーティスト、クリエイターの関係は「どっちが偉い」ということはないのです。お互いに影響を与えあう。 私は、ファンとアーティストは対等な関係だと思っています。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
※だからと言って、「ファンがアーティストに横柄な態度を取って良い」わけではありません。通常の人間関係と同じく、人には敬意をもって接することが必要です。何かあった場合はこの限りではないことも、通常の人間関係と同じです。対等、というのはそういうことです。
バーバラ・アスカ★夏コミ月南イ29帝国音楽堂 @barbara_asuka
そんなわけで、アーティストやクリエイターのファンが増え、双方、楽しいことや素晴らしいことの総量が増えるといいなあ、と思いつつ、このお話を終えることにします。 昨日は皆さまのおかげで楽しい誕生日になりました。 今週も良い1週間になりますように。〈了〉
残りを読む(1)

コメント

ドキドキへるぺす @dkdkhrps 2018年9月10日
バーバラにも誕生日をお祝いしてくれるファンがいるのに…😢
@tumujikaze9999 2018年9月10日
つまりファンは好きな人のツン(有料)とデレ(無料)のバランスが大事ってことですな
はるか @chima_nan 2018年9月11日
10年以上前に、ナンシー関が同じことを言っていた気がする。
× ((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ あちぃ @cv45ValleyForge 2018年9月11日
活動者はお金を貰うことに遠慮しなくて良いし、乞食は無視して良い。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする