編集可能 編集部イチオシ

古代世界のギリシャ、ローマも極彩色の世界だった

まとめました。
41
坂本葵 @aoi_skmt

今は白亜のパルテノン神殿も、古代には極彩色で着色されていました。米国テネシー州ナッシュビル市にある、パルテノンの原寸大レプリカ神殿では極彩色ライトアップが試みられている模様。ギリシャの本家も一度やってみてほしい。 pic.twitter.com/vJa9G3m4us

2015-06-29 18:14:50
拡大
拡大
坂本葵 @aoi_skmt

「古代ギリシャは白亜の文明」という思い込みは根深い。かつて極彩色だった美術品からその痕跡を博物館員が「洗浄」してしまったエルギン・マーブル事件など。なぜ、ギリシャ=白というイメージはこんなにも強固なのか? まあ、全ての元凶は18世紀ドイツのヴィンケルマン先生という人なんだけど…

2015-06-29 18:43:04
坂本葵 @aoi_skmt

感覚的には、私もすごく分かるんですよ。端正で美しい古代ギリシャ彫刻の、ド派手な極彩色復元図を見ると(…見なかったことに…)って内心思うもの。羽毛ティラノや、上下前後反転ハルキゲニアの復元図にショック受けるのと同じ心理でしょうね。しかし、受け入れねばならんのだ、真実を!

2015-06-29 18:52:59
坂本葵 @aoi_skmt

【ブログ更新】 「である」ことと「であってほしい」こと―古代ギリシャ彫刻の色をめぐって きのう投稿した極彩色のギリシャ彫刻画像に、「日本の仏像にも同じ問題を感じる」など多くの反響を頂いたので記事を書きました: blog.aoisakamoto.com/2015/06/post-0…

2015-06-30 19:42:04
リンク 藍色手帖BLOG 「である」ことと「であってほしい」こと―古代ギリシャ彫刻の色をめぐって - 藍色手帖BLOG (古代ローマ彫刻、プリマポルタのアウグストゥス像) はじめに 白い大理石のギリシ... 6 users 44
u @ingansseuregi

タイやビルマの人は日本の仏像を見ると「色も塗り直さないで放置していて可哀想」と感じるらしいです。 日本では塗り直さないのが普通だけど、自然に帰っていく、みたいな神道系の思想が入った結果なのかなあ。 twitter.com/hakoiribox/sta…

2017-04-25 22:57:12
暇人イマジン自由人 @_himajinimagine

@usamizuho だからなのか?『誤解だらけの日本美術 デジタル復元が明かす「わびさび」』2015とか、『日本の国宝、最初はこんな色だった』2008/両書とも、著者は小林泰三、光文社新書。美術界からシカトされとるなぁ、なんだかなぁ・・・と、思っているのは小生だけか?もともとどーやったかて大事やで!

2017-04-26 18:18:50
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

@_himajinimagine @usamizuho ここにつなげるか ローマの彫像も、いまは大理石の白一色の美、のイメージだけど元は彩色されてたよね、との話が数年前のNHKスペシャルで放送されたな…検索…発見 24.7.4「知られざる大英博物館」古代ギリシャ 白い文明は嘘だった yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/p…

2017-05-01 14:39:18
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

@_himajinimagine @usamizuho ギリシア・ローマ彫刻はなぜ白いのか?大英博物館の恐ろしいスキャンダル rui.jp/ruinet.html?i=… 「である」ことと「であってほしい」こと―古代ギリシャ彫刻の色をめぐって blog.aoisakamoto.com/2015/06/post-0… pic.twitter.com/QKgDnKQn8p

2017-05-01 14:41:07
拡大
松岡誠一(仏像文化財修復工房) @mokujiki2

「である」ことと「であってほしい」こと―古代ギリシャ彫刻の色をめぐって app.m-cocolog.jp/t/typecast/717… 仏像をピカピカ金や極彩色に直すのは功徳でもあり、一概に否定は出来ないが、塗ると、元々の造形も覆い隠して、新しくなってしまうので、像の歴史を尊重した文化財的な修復をお勧めするとよく言います

2018-09-10 16:00:34
松岡誠一(仏像文化財修復工房) @mokujiki2

先日お聞きした、鎌倉後期の説話の沙石集には、仏像の色を塗り直してしまったら、霊厳がなくなったとか、壊れた像は帳で隠すとか、割合古くから、塗り直して新しくしない方がいい感覚があって、他の国と違うのが面白い。 twitter.com/mokujiki2/stat…

2018-09-10 16:36:30
Piro/Linuxコマンド操作解説マンガ連載中 @piro_or

エルギン・マーブル事件 app.m-cocolog.jp/t/typecast/717… ギリシャの彫刻は元々極彩色に塗られていたのに、白いのは良い事だという価値観に基づいて大英博物館で勝手に色を削り落としていた、という話 現地で見て図録も買ったのに把握しとらんかった。1930年代に明るみに出たスキャンダルだったんだ。

2018-09-10 20:45:46
Piro/Linuxコマンド操作解説マンガ連載中 @piro_or

年代的にはごく最近の事と言えるけど、誰も触れないと知られないまま忘れられてしまうんだなあ、と思うと、忘れないための碑があちらこちらで作られることの理由を改めて実感する

2018-09-10 20:48:54
まとめ 日本の主要な古い仏像はなんで「塗り直し」を行わなかったの?そっちのほうが本来じゃね?~という謎 謎なのか判り切った話なのかどうかも知らないけど、知ってるやつはコメント欄かブクマで答えろ。(偉そう) カテゴリは「歴史」。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) @hakoiribox @repunkuratuy @shishinosenzi @ogopogon @m_ysaki @Revo6kim @takakura1982 @jennywxf @usikubiog @PeterYokoyama @hanataray @lilly_masako @MissaSJN @usamizuho @kutabirehateko @chokomeko40 @kyuru18 @akisato_ @_himajinimagine @masatsugu_mori @ao_mikan @hakona.. 115008 pv 353 205 users 167

コメント

dag @digital_dag 2018年9月10日
これは良くある話だな。修復する際、当時の姿に復元するのか、長年人々に愛されてきた姿を守るのかというのは常に問題になる。
5
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018年9月10日
今の工業技術がないとうまく出ない色とかあるんじゃないの?
0
dag @digital_dag 2018年9月11日
工業技術が進んだおかげで経済性が無くなり製造されなくなった材料とかはある。ほかにも毒性が判明して製造されなくなったり。
10
【わちゃっとピンボールDLよろしく勇気!】ねねっとテックダイナー @nenet_techdiner 2018年9月11日
同じ塗料でもモデラーによって見え方は随分変わる。だから"当時と同じ塗料"ってフレーズに騙されてはいけないと思う。だもんで復旧工事、着彩時にはモデラーを招聘するのが良いのでは?(絵描きは流派が有るし立体物塗は専門外。宮大工も大工。)東照宮つくるために静岡集めた職人⇒バンダイ、タミヤや青島文化教材⇒モデラーは錺職人の末裔⇒修復工事にモデラー登用で大勝利☆
4
kartis56 @kartis56 2018年9月11日
そもそも件のは修復じゃないでしょ
0
kartis56 @kartis56 2018年9月11日
[c5389263] 以前の歴史ヒストリアの、着物にテクスチャ写してるやつ
0
トゥギャッター編集部 @tg_editor 2018年9月11日
@mototchenさんのまとめ https://togetter.com/li/1265508 を本日の編集部イチオシに選ばせていただきました!そうであってほしいという感覚の問題は難しいですね 特集ページでも紹介しています。https://togetter.com/recommend みてね!
0
文里 @wenly_m 2018年9月11日
実は中国の西安にある秦の始皇帝陵の兵馬俑、掘り出された時点では彩色が残っているのだけれど、空気に触れた途端に見る見る無くなって土人形の色になるらしいね。その原理は解明された?
1
島村鰐 @wani_shima 2018年9月11日
「修復」と称しつつも、実際には現代の人間がそこに「時間の重みを表現する創作」を上から描いているに過ぎないのかもしれんなぁ
2
吉影 @_Yoshikage 2018年9月11日
実は日本の寺社仏閣も数百年前の建設当時は極彩色に彩られてたって聞いたことある
1
聖夜 @say_ya 2018年9月11日
青銅って名前で勘違いしやすいですけどブロンズは鋳造直後は金色ですからね。緑青屋根の建物も建造当時は金ピカだったはずです。塗料(特に赤や黄)が酸化や太陽光(紫外線)で褪色するのは現代の看板でもそう珍しい話ではないと思いますし、兵馬俑の青銅の武器は錆びないようにクロムメッキされていたくらいなので、本体がわざと色が消えるようにしていたなどということはないでしょう
3
Yuka|Wicca @QQYukaQQ 2018年9月11日
可能であるならば、その時代の人の色彩センスも知りたい私なのでありました。
1
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2018年9月12日
NHKスペシャルの番組で言われているけど、「偉大なる古代ギリシャの彫刻は純白でなければならない」って考えは「野蛮な有色人種の劣った極彩色の文化を、優れた白人の知的な純白な文明で上書きしなければならない!」的な西欧植民地主義的な思考がドップリと乗っかっているのだよね。 芸術も政治・イデオロギーと無縁では無く、むしろ大々的に利用して積極的に迫害の材料に使われていたという典型的な例。さてはて今後はどうなることやら?
4
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018年9月12日
最近どっかで、エジプトのスフィンクスももともとは被り物をしていたって説を読んだな。現存するスフィンクス、頭と体の比率がおかしくて、頭が小さすぎるんだって。
1
さとうあきひろ @akihirosato1975 2018年9月12日
姫路城白くなりすぎ問題とかも根っこは一緒だよね。芸術・美術的価値があるものの場合、経年劣化がかえって味になるケースも少なくないだけに。「元々はこうだった」という情報を残すことは大事だけど、元通りに修復するのが果たして常に正しいのかは判断に迷うところ。
0
Труд №1@b142499e @ai11gukt4icqgu3 2018年9月12日
カタール人「国旗が変色しちゃったけどむしろこっちのがいいな」
1
☢️山下238☣️HPVV打ったよ @Yamashita238 2018年9月14日
染み込んだ塗料を分析して元の色を再現…みたいにはいきませんかねえ。
0
aomakerel @aomakerel1782 2019年12月18日
ヨーロッパも中東もインドから日本の大仏も古代の時代の色彩はだいぶ現代人受けしない感じだよね。顔料に制限多かったとかあたりだろうけど
0