12
YUKI_kidssitter @YKidssitter
1.私自身、いま一般にアッパー層と呼ばれるご家庭のベビーシッターとして働いています。メリットデメリットというか、良い面と改善したい面のどちらも感じたうえで、チームで仕事をすることの利点が大きいと考えました。#フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
2.まず、私が良いと感じている面。ご家庭の生活と深く関わり、お子さんの成長に長く寄り添えること。これは複数児を担当し、1年ごとに担任が変わっていった保育士時代には感じ得なかったことです。きめ細かな関わりができることに喜びを感じます。#フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
3.そのため、お子さんとも保護者の方とも信頼関係が築きやすく、歴が長くなるごとに深まっていると感じます。いま伺っているご家庭のお子さんにとっての私は、年上の、気の置けない友達のような存在だと感じてくれているようです。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
4.保護者の方にも、プライベートな面の質が上がったと喜んでいただけています。具体的には、休養をとりやすい環境が叶ったとのこと。その時間があるから、また仕事もプライベートも頑張れる、生活にハリが出るということです。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
5.保護者の方とは毎回顔を合わせて話す時間がゆっくりとれるため、お子さんの様子や、お互いの希望、要望が伝えやすく、フラストレーションが溜まりにくいと感じています。もちろんこれは、お互いの性格や生活環境、相性が大いに関係してくるとは思います。#フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
6.そして、特に重要だと感じているのが待遇です。私の場合、現在31才で、新卒保育士1年目の給与の倍になりました。この給与アップ率は、保育士を続けていたとしたら、あり得なかった数字だと感じています。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
7.次に、改善したい点。私が一番強く感じているのは、休みの取りづらさ。個人で仕事を受けている以上、替えがきかないので、体調不良等での休みを取ることにすごく気がひけるのです。風邪のときなど、お子さんにうつすわけにはいかないので結局は休むのですが。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
8.こういうときに、理解のあるピンチヒッターがいてくれたら!何度そう思ったかわかりません。私の場合は保護者の方が別のシッターさんに当たってくださるのですが、それが申し訳ないです。前もってわかる都合の休みも、気が引けて取りづらく感じています。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
9.結果、プライベートを犠牲にしてしまい、私はすっかり「付き合いの悪い人」になってしまいました。自分で選んだこととはいえ、やっぱり少し辛いです。たまには土日も休みたい。気兼ねなく休みのとれる環境を整えるため、助け合える仲間が必要だと感じました。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
10.長時間労働もなかなかキツめ。休日は12時間以上休憩なしでお子さんと過ごすのも当たり前です。食事はお子さんと一緒にとれますが、ずっと危険のないように気を配りながら楽しく過ごすのに相当な神経を使っていることが自分でわかるほど、ヘトヘトになります。#フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
11.相談しあえる相手がそばにいないというのも寂しいです。保育士時代は他の先生方と話してホッと一息つけたことも、今は飲み込むしかなく。情報も、自分から取りにいける範囲に限りがあることを身をもって知り、同業の相談相手の有り難みを強く感じています。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター
YUKI_kidssitter @YKidssitter
12.長くなりましたが、まとめ! フリーランス のベビーシッター、やりがいあって稼げるけど、ひとりじゃ心もとないこともある。だから、サポートしあえる仲間と繋がりたい。 #フリーランス #保育士 #ベビーシッター

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする