「マイノリティーとは誰だったんですか?」「ヘイシャン・ジャパニーズの女性です」

大坂なおみ〜セリーナ・ウィリアムズ〜カトリーナ・アダムス〜USオープン決勝と表彰式で何があったのか? ひとつの見方をまとめました。
25
keiko kimura @keikogoldstein

これは、大坂ちゃん勝つかも!! pic.twitter.com/abKmAFzerJ

2018-09-09 05:45:57
拡大
keiko kimura @keikogoldstein

セレナ泣いて抗議、おかしいよ

2018-09-09 06:33:31
keiko kimura @keikogoldstein

大坂ナオミ優勝!!素晴らしい!!おめでとう🎊!!

2018-09-09 06:42:21
ライブドアニュース @livedoornews

【祝🎊】日本人初の快挙、大坂なおみ全米オープン優勝の瞬間 (引用元:US Open Tennis) pic.twitter.com/GEjQQqsrsn

2018-09-09 07:36:25
kentarotakahashi @kentarotakahash

大坂なおみさん、大阪生まれ、母方は北海道で、彼女自身も現住所は札幌。被災地にルーツがあるんだな。

2018-09-09 08:58:35
keiko kimura @keikogoldstein

昨日のセレナの振る舞いについて、フェミニストや反人種差別の人達は、コメントしたほうがいい。セレナ1人の敗北の言い訳に男女差別や人種差別を使われたのだから。セレナのした事はフェミニズムや反差別運動への妨害にこそなれ良い影響は生まない。

2018-09-09 23:06:07
keiko kimura @keikogoldstein

I’m sorry が「ごめんなさい」でないとしても、要するに「残念」という意味であっても、何でナオミ選手があの場面で泣くような辛い思いをしなければならないかを考えた方がいい。

2018-09-10 00:46:30
振り返るパンダ @Aoniyoshi1234

NYポストがUSオープンの観客、セレナウィリアムスを痛烈に批判し、大坂なおみを絶賛。アメリカのこの自己批判できる懐の深さみたいなのは本当に尊敬するわ。もし逆の立場なら、日本のマスコミが日本選手と観客含めてここまで批判できないと断言できる。 nypost.com/2018/09/08/its…

2018-09-09 14:03:35
北丸雄二 @quitamarco

セリーナ、あの抗議について「私は女性の権利と女性の平等を示すためにここで戦っている」「男性選手が同じ抗議をしても審判はゲームを取らない。これはセクシズムだと感じた」「私はこうしなければならなかった。私のためにならなくとも、次の選手のために」 そうだよね、セリーナ。かっこいい。 twitter.com/CamCox12/statu…

2018-09-10 09:19:18
kentarotakahashi @kentarotakahash

この構図はさすがに違うように思うなあ。NEW YORK POSTのモーリーン・カラハン(女性)は、全米テニス協会CEOのカトリーナ・アダムス(女性)こそを批判していた訳だし。事実(コーチの反則)を認めない、ラケットを破壊、審判に暴言、いずれもカッコ良くないし、女王に求められる役割でもない。 twitter.com/quitamarco/sta…

2018-09-10 13:18:01
木村元|artes @kimuragen

USオープン ウィリアムズ=大坂 ドラマにみるマイノリティ女性選手の葛藤と連帯 mariyoshihara.blogspot.com/2018/09/us.html

2018-09-09 16:55:51
kentarotakahashi @kentarotakahash

ブログ自体は、セリーナ・ウィリアムズが何も奪われていない時点で、ラケットを折ったりすることで大坂なおみから何を奪っていたか、ということが全く見えていない点でツマラナイ内容なのだが、長大なコメント欄は面白い。この件に関する見方が網羅できる。 mariyoshihara.blogspot.com/2018/09/us.htm…

2018-09-11 02:41:02
ソウル・フラワー・ユニオン @soulflowerunion

「大阪で生まれ、日本の国籍を持ち、ハイチに父方のルーツを持ち、北海道に母方のルーツを持ち、子どもの時からアメリカで育ってテニスの腕を磨く。そのどれが欠けても、大坂なおみではない。全部があって彼女なのだから」 nyniche.com/2018/09/10/usn…

2018-09-11 06:59:37
kentarotakahashi @kentarotakahash

悪くない記事なんだけど、それでも、こんなステレオタイプ化がひょっと覗く箇所はある。 「「こんな試合結果になって、残念です」といって、ぺこりと頭をさげた大坂選手。そしてセリーナに対戦できたお礼まで述べた謙虚さ。その仕草や態度はまさに日本人らしかったと感じる」 nyniche.com/2018/09/10/usn…

2018-09-11 08:25:33
kentarotakahashi @kentarotakahash

まあ、これについてはNYタイムズも同じようなことを書いている。全体としては「なおみは日本を再定義する」という記事なんだけど。 「Ms. Osaka demonstrated a characteristically Japanese trait when she apologized for her win. “I’m sorry it had to end this way"」 nytimes.com/2018/09/09/wor…

2018-09-11 08:39:01
kentarotakahashi @kentarotakahash

どうして、マルチカルチュラルな彼女の"I'm sorry"はマルチ・ミーニングだという見方はできないんだろうね。

2018-09-11 08:42:54
kentarotakahashi @kentarotakahash

あの"I'm sorry"は彼女自身、"apologetic"だったとしているようだから、あれは「謝罪」ではないと強弁するのもおかしいんだけれど、でも、誰に対して言ったかと言えば、まずはニューヨークの観客に対して。 "I know every one here was cheering for her, so I am sorry it had to end like this"

2018-09-11 08:52:36
kentarotakahashi @kentarotakahash

「みんながセリーナを応援しているのは知ってるわ、こんな結果になってゴメンね」でしょ、これ。「こんな結果になってお気の毒」かもしれない。とすれば、謝罪というよりは憐憫。 "I know every one here was cheering for her, so I am sorry it had to end like this"

2018-09-11 08:55:44
kentarotakahashi @kentarotakahash

一方で、テニス・プレイヤーとしての彼女からすれば、最も「残念」だったのはセリーナを実力で倒したのに、それを誇れないようなカオス的状況にされたことでしょう。"I am sorry it had to end like this"には、そのことへの抗議のニュアンスも感じられる。

2018-09-11 09:35:57
kentarotakahashi @kentarotakahash

ニューヨークの観客は大半がセリーナのファンで、ブーイングを止めない。全米テニス協会会長は「セリーナこそ真のチャンピオン。全ての選手のロールモデル」などとスピーチ。そんな超絶アウェイ状況で、彼女は日本人らしい謙虚さで謝罪したなんて解釈は、あまりに一面的(な類型化)でしょう。

2018-09-11 09:36:19
kentarotakahashi @kentarotakahash

だって、考えてもみてよ、あの状況であれが言える日本人なんて、どれだけいる?

2018-09-11 09:45:18
kentarotakahashi @kentarotakahash

思うに、多様なルーツを持つ彼女は、目の前の状況はこうでも、世界は見ている。メディアの向こう側の多様な人々は、多く自分の味方になる、ということも解っていたんじゃないかな。

2018-09-11 09:45:30
KASUGA, Sho @skasuga

世界が納得→マッケンロー「自分はもっとひどい発言をしていた。男性と女性で異なる基準があるのは間違いない」 / “セリーナ「ペナルティーは女性差別」と反発 論議呼ぶ | NHKニュース” htn.to/P2mivrTP

2018-09-10 18:42:36
kentarotakahashi @kentarotakahash

今回の審判が異なる基準を持っていたことは裏付けられないけど? twitter.com/skasuga/status…

2018-09-11 11:20:57
残りを読む(60)

コメント

torami (C.Hirose-Sase) @toramin 2018年9月13日
期待どおりにまとめてくださった。
0
denev @_denev_ 2018年9月13日
セリーナと全米テニス協会が腐ったクズだというのは事実だけど、「審判の良心」などという、あるかどうかもわからないような胡散臭い代物を根拠に、ルールの二重基準を認めようというのは暴論でしょう。パワーゲームになるからルールの公正さを放棄しよう、という主張は気が狂ってるとしか思えない。パワーゲームを排除した上で公正さ(選手の暴言に対する処罰の大統一基準)を確保するやりかたを模索するのが筋でしょう。セリーナ憎しのあまり、墓穴を掘っている気がする。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
_denev_ 気が狂っている? 例えば、日本国憲法67条にはどう定められているか知っていますか? 「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される」です。貴方はこの憲法の精神を「気が狂っている」と考えるのですか?
1
たこあし16ぽん @takoasi16ponn 2018年9月13日
kentarotakahash テニスの審判に日本国憲法出してくるほうがだいぶ気が狂ってると思うけど、もしかしてツッコミ待ちだったのかな
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
私が書いたのは「審判はルールと個人の良心に基づき、判定を下せばいい」であり、67条と同じことを言っています。「ルールの二重基準を認める」「ルールの公正さを放棄する」など、一つも言っていない。ルールに基づき、審判が恣意性を排した厳格な裁定を下すことしか求めていない。それが「胡散臭い」?
2
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
takoasi16ponn なるほど。テニスの裁定など、ビジネスであり、パワーゲームであり、そういう胡散臭いものなのだから、憲法にあるような「裁定者の毅然とした在り方」を求めるのは「気が狂っている」というのなら、解らないでもないですね。
1
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
"「審判の良心」などという、あるかどうかもわからないような胡散臭い代物"ねえ。今回のことで「選手のモラル」よりも「審判官のモラル」が問われるのだとしたら、そりゃあ、審判団が特定選手の試合をボイコットという流れも起きるだろうね。
1
denev @_denev_ 2018年9月13日
kentarotakahash まさしくその通りです。現在の最高裁判事の国民審査は機能していません。明確に丸が付けられた判事以外は、不信任とみなすべきでしょう。同様に、競技審判の決定も神聖不可侵ではなく、きちんと検証可能な仕組みを作るべきです。
0
denev @_denev_ 2018年9月13日
kentarotakahash この件とは無関係に、審判のモラルが問われるのは当然です。私は単に、あなたの「審判の良心に任せろ」という主張にのみ反論しています。審判も人間ですからね。ただ、まとめの趣旨からは横道に逸れる話題なので、冒頭からふっかける議論ではなかったと思います。その点はお詫びします。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
_denev_ 最高裁判事の国民審査は憲法79条に基づき、最高裁判所裁判官国民審査法によって制度が定められています。それが機能していないことが、76条の精神が「気が狂っている」の理由になるのですか?
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
kentarotakahash すみません、上の方で間違えていました。67条× → 76条○。ごめんなさい。
0
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
_denev_ モラルを問うというのは、良心を問うということではないのですか? 貴方は裁定者は何をもとに裁定を下すべきと考えているのでしょう? ルールと良心以外の、一体何をもとに?
2
kentarotakahashi @kentarotakahash 2018年9月13日
モラルを問う者はそれこそ真摯でないといけないはず。良心を「あるかどうかもわからないような胡散臭い代物」と考える人がどうやってモラルを問うんだろう?
1
keiko kimura @keikogoldstein 2018年9月13日
USオープン女子決勝で起こった事。リベラルを盾にした見方が大手をふるなか、見えにくい大事な観点。
0
keiko kimura @keikogoldstein 2018年9月13日
USオープン女子決勝で起こった事。見逃しがちな大事な観点。
1