モール型ECサイトに出店するべきか、それとも自社で独立したサイトを立ち上げるか

今では様々なEC作成プラットフォームが存在し、どのプラットフォームを選択するかによってショップ内でできることが違うため、ショップのコンセプト、予算、機能性、サポート体制など自社に適した方法を選ぶことが大変重要です。
モール型ECサイト EC作成プラットフォーム ネットショップ
0
mailpicks-updates @MailpicksU
【Shopify Japan 株式会社】 ECサイトのコンバージョン向上と返品減少を実現!ARツールで新しい買い物の体験が可能に 「Shopify AR」提供開始 by PR TIMES by info@prtimes. - mailpicks.cc/ja/mails/165f0…
PR TIMESニュース @PRTIMES_NEWS
ECサイトのコンバージョン向上と返品減少を実現!ARツールで新しい買い物の体験が可能に 「Shopify AR」提供開始 prtimes.jp/main/html/rd/p… pic.twitter.com/DfpoQvbGnj
拡大

コメント

Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
モール型ECサイトに出店するメリットは、「集客力が高い」ということです。その一方、モール内の出店数が多いため競争が激しく、その中に埋もれてしまう可能性があります。また、利用者は「モールで買い物をした」という印象を持つので、ブランド戦略で他社との差別化やファンの構築には不向きと言えます。
Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
自社サイトを立ち上げる最大のメリットは、「自社ブランドを構築できる」ということです。サイト内をショップのイメージ、コンセプト、顧客ターゲットなどに合わせて自由にデザイン、カスタマイズすることができ、オリジナリティのあるネットショップを作り上げることができます。ブランド戦略がしっかりしていれば、そのブランドに対する顧客の愛着度も高まりリピーターを獲得することができます。
Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
以前に比べ自社サイトの作成は、それほど難しくはありません。今では、ショップデザインのテンプレートなどサイト構築にあたって必要な機能が備わっているEC作成プラットフォームが多く存在するので、プログラミング(HTML・CSSなど)の知識がなくても簡単にネットショップを始めることができます。
Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
多々存在するEC作成プラットフォームの中で今注目されているのが、世界No.1シェアを誇るカナダ発の「Shopify」です。現在、個人・中小企業から世界的な大企業まで全世界175カ国・60万店舗以上で利用されていて、2017年に日本市場参入を果たしました。
Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
「シンプルで使いやすく高機能なサービス」というのがShopifyの魅力です。100種類以上の洗練されたテーマ(デザインテンプレート)が用意されていて、クオリティの高いオリジナルの独自サイトを手軽に作成することができます。また、Shopifyアプリストアには2000以上ものアプリがあり、目的などに合わせて必要な機能を追加し、ネットショップを自由にカスタマイズすることができます。
Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
Shopifyの最大の特徴はネットショップを作成するだけでなく、実店舗やSNSとも連携したマルチチャネル販売機能や運営管理ができるバックオフィス機能を備えた総合的プラットフォームだということです。
Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
Shopifyでは、費用や時間などのコストを最低限に抑えてネットショップを開業させ、事業の拡大とともに徐々に必要機能を追加していくことが可能ということもあり、小規模ビジネスにとってはとても有効なECプラットフォームと言えるでしょう。
Personal Media Int @thepmi 2018年9月19日
オリジナリティのあるネットショップを作り上げることができます:https://www.shopify.jp/
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2018年9月19日
自前でサイトを立ち上げる最大のデメリットは全部自前でやらないといけない事。SSL対応とかカード会社との契約とか。それなりに大きな規模で商売をするのでない限り割に合わないと思う。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする