まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

矢野先生;「人工知能は都市とビジネスをどう変えるか?」#RealEstateTechConf20180919

カンファレンス名:テクノロジーは不動産業界を進化させることが出来るのか? Can Technology make us happier? 第2部:テクノロジーの進化と不動産市場の未来を考える url: http://www.cs.reitaku-u.ac.jp/sm/shimizu/Seminar.html 日時:平成30年9月19日(水) 於:日本大学三軒茶屋キャンパス1310教室 説明:清水千弘研究室が主催のカンファレンス。不動産分野の学術研究・産学連携のグローバルな取組を議論。 続きを読む
不動産 MIT ディープラーニング 機械学習 不動産テック テクノロジー 講演 都市 AI
370view 0コメント
1
A.MIYAMOTO @ak_miyamoto
日立製作所フェロー 矢野先生の基調講演 #RealEstateTechConf20180919
かう @Carpe_diem355
「新しいことを始めるのに史上これ以上の時はない」 #realestatetechconf20180919
A.MIYAMOTO @ak_miyamoto
現状認識:多様・短期のニーズ、複雑未知、カスタマイズ、 #RealEstateTechConf20180919
かう @Carpe_diem355
標準化した業務を横展開する段階から変化に対応していく段階に #realestatetechconf20180919
かう @Carpe_diem355
人間が特徴を指定する必要がなくなる. 猫の顔を自動識別するAI #realestatetechconf20180919
ihf @t94393670_ihf
ブランコの漕ぎ方を機械が自分で学習する様子...! #RealEstateTechConf20180919
かう @Carpe_diem355
ブランコの漕ぎ方を勝手に学習していくロボット #realestatetechconf20180919
A.MIYAMOTO @ak_miyamoto
ブランコ学習:最終的には人より上手に漕ぐ。人間は学習をやめてしまう? #RealEstateTechConf20180919
Hiroaki Sengoku @xianshiyuming
ブランコのロボットがだんだんと反復を繰り返して、ブランコを上手に漕げるようにするデモ。コストとペナルティをどう決めるかが鍵で、ここをどう定義するかが難しいよね。ドメイン知識は求められると思う。 #realestatetechconf20180919
A.MIYAMOTO @ak_miyamoto
鉄棒の例:大車輪用のプログラムを書いたわけではない。実験と学習をマシンが繰り返した結果 #RealEstateTechConf20180919
かう @Carpe_diem355
生命の情報処理へ. DNA(自然淘汰)とAIに共通しているのは実験と学習の繰り返し #realestatetechconf20180919
かう @Carpe_diem355
目標を単価向上としてAIと人間の専門家とで競争させてみた #realestatetechconf20180919
A.MIYAMOTO @ak_miyamoto
POSに実験と学習を適用、人間と売上勝負 人間はインタビューなど実施で効果なし、人工知能は高感度スポットでの従業員配置で売上アップ #RealEstateTechConf20180919
かう @Carpe_diem355
大量のデータさえあればAIが勝ってしまう #realestatetechconf20180919
Hiroaki Sengoku @xianshiyuming
アウトカムがシンプルで明確なものには良いと思うんだけど、心理や社会慣習みたいなぐちゃぐちゃしたものは、人間がシンプルにしてあげるプロセスはやはり残るのだろうか #realestatetechconf20180919
A.MIYAMOTO @ak_miyamoto
SBIネット銀行 単純な理由で融資の可否を決められてはたまらん 与信の精度向上で多くの人にチャンスを #RealEstateTechConf20180919
かう @Carpe_diem355
小売店でも電車の運転効率でもローン審査でも, 人間が気づかない改善が生まれている #realestatetechconf20180919
A.MIYAMOTO @ak_miyamoto
機械学習:多目的だが 明確かつコントロール可能なアウトカムが必要 #RealEstateTechConf20180919
かう @Carpe_diem355
AI適用の要件 目的が明確かつ定量的 (目的変数) AIが支援すべきアクションが明確 (制御変数) コンディションのデータがある (説明変数) #realestatetechconf20180919
残りを読む(28)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする