編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!

渡辺真由子が漫画やアニメ規制のために出したトンデモ本を検証してみた(1)

渡辺真由子というのは、星槎大学大学院客員教授、慶應義塾大学博士(政策・メディア)で、表現規制大国カナダに心酔し、漫画やアニメの規制派最右翼の一人です。 本来はこちらが先です。 続きは”渡辺真由子が漫画やアニメ規制のために出したトンデモ本を検証してみた(2)”になります。
渡辺真由子 表現規制 捏造 カナダ 児童ポルノ
6488view 8コメント
29
ログインして広告を非表示にする

ツイートまとめ 2327 view 27 5 users 渡辺真由子が漫画やアニメ規制のために出したトンデモ本を検証してみた(2) 渡辺真由子というのは、星槎大学大学院客員教授、慶應義塾大学博士(政策・メディア)で、表現規制大国カナダに心酔し、漫画やアニメの規制派最右翼の一人です。 こちらは”渡辺真由子が漫画やアニメ規制のために出したトンデモ本を検証してみた(1)”の続きになります。

渡辺真由子 ”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”関係
http://cute.sh/gero48/ahi/kipo/buecher/bue/wm.htm

オレオレオレだよオレ(アレ)(@ororeoredayoore )さんがさらに詳細をご自身のHPにまとめてくれました。

オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”を読んだ。 「マンガ・アニメ・ゲームの性表現規制を考える」との副題がある通りの主張が見られる。細かいことをすっ飛ばして言う。とても有意義だから読むといいよ、と。(追って補足
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
読まずに語れるエスパーは好きにしてくれればいい。これは、批判的な読み方を鍛えるのにちょうどよい入門書である。また、どうすれば独自説をそれっぽく構成できるかを知ることもできる。そういう訓練が足りない方にこそ、お勧めしたい。大丈夫、簡単には騙してくれないから。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”を読んだ。 博士論文が原型だそうだ。つまり、疑義は、著者渡辺以外に主査新保史生等にもぶつけることができる。あとがきに共犯…おっと失礼指導関係者が顕名されているので、ご確認あれ。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”を読んだ。 博士論文が原型だそうだ。いくら世襲用ディプロマミルの附属電算外語専門学校だからって、これで博士かよと感嘆せざるを得ない。どんな力が働いたのか、取材するジャーナリストはいないもんだろうか。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”の特徴は、TV的な構成である。一般の論文のようにディレクトリ構造を大きく明示することがない。そこでは、今はこの話次はこれといったノリで、落とし所を示唆しながら番組が展開する。読者は、斬新な方法論に触れることができる。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”はすごい。14-17頁と4ページも使って「国際社会から日本への批判」を示すんだけどね、エクパット以外の話は末尾2行だけでね。「国際社会」を切り取る独自の視点、真似できないよなあ。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”が仰々しく引く外国の法制は、米英加の三国だけ。全部英語圏、英米法圏。カナダを削って独仏どっちかを入れるとかEUの枠組の話を足すあたりが常道なんだけどね。あるいは特殊な例を出すとかね。どうしてこうなったんだろうね(^_^)
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”73頁以下に、「児童ポルノ規制をめぐる判例」の節がある。現れるのは高裁判例一件である。これを選んだ理由どころか、判例の流れの中での位置付けすら説明されない。余計なものは削ぎ落とされている。(つづく
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
つづき)それなのに、なぜか、裁判例が何を言っているのかという一般論が語られてしまう!なお、最高裁のサイトで検索すると、児ポ法に関する最高裁判例が11件得られる。敢えて古い下級審判例を参照するならそれなりの理由が必要ではあろう。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”206頁は、二つの「刑が確定した」事例を紹介する。ところが。そんな例があるのかと脚注を見ても、裁判例らしき情報は示されていない。別人が著した一般書の単一の頁が示されるだけである。(つづく
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
つづき1)それを見れば、確かにその二つの事例が言及されている。しかし、明記されるのは「摘発」程度で、起訴の有無すら明らかでない。なお、次の頁に入ってからならば、一方について争われず罰金刑が下った旨が書かれる。(つづく
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”はすごい。序章1(2)で事例を並べつつ、それだけでは不十分だとして「研究結果」を引く渡辺先生。そして!序章2(2)では、事例だけを幾つも紹介して…で、全体的な説明もなくこの項おしまい!ついさっき自分で否定したやり方かよ!
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”終章205頁以下は、175条による規制の拡張と強化を訴える。もしそれで済めば、それっぽい漫画等の規制はかなりなんとかなる。ところが渡辺先生は、屋上に屋を架すように児ポ法による規制もしろと仰せである。なぜだ。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”3・4章は刑法175条と児ポ法と有害図書規制を並列に扱う。全体をまとめる話をしていないので、趣旨は不明である。多分、創作児ポ規制に使える道具として等しいものと捉えているのだろう。(つづく
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
つづき)とりあえずそこに関連して一点。終章には、有害図書規制が出てこない。だったらなんで手前で出したのか。あるいは終章の主張にとって不要ということなのか。小さい蛸壺の中の話を羅列する構成のどこを見ても、明示的な回答が存在しない。いつの間にか消えただけである。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”4章は、わいせつ寄りの児童ポルノの定義について、学説の批判を引き同意を見せる。それなのに終章では、現行法の定義を何ら批判せず、むしろこのままでやれると太鼓判を捺してのけるのである。人権の視点とか言ってたの、どこの誰だったっけ。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”6章は外国の制度を紹介する。そこでは主に構成要件の話がなされる。背後にあるはずの、各国なりの当罰性に関する考え方とか保護法益論とかは全く語られない。しかも全体をまとめる小括的なものも章内にはない。(つづく
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
つづき1)それなのに、なぜか、諸制度が「人権」の観点から組まれたという評価がなされているのである(191頁等)。その評価の渡辺にとっての根拠を、書かれた限りの内容から読み取ろうとすれば、マンガを規制できることくらいしかないのだが。(つづく
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”197頁は、これこれこういう判例が「多い」と言い切る。前後に脚注は無く、関連箇所で扱った判例は高裁のもの一つだけである。つまり、多いと断ずる基準が読者に示されないのである。やはりエスパーなのか。(追って補足
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
補足)なお、多いという言葉に一義的な基準はないので、多いと評価すること自体は間違っていない。しかし同時に意味もない。印象操作の手段として以外はね。そういう判例もなくはないと言うのは簡単だが、それ以上はとりあえず文献を漁れと言わざるを得ない。(つづく
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子に博士号を売った新保史生先生って、右翼ないし極右系のところでもご講演をなさっておいでなんですね(^_^) atarashii-kenpou.jp/workshop/w24-0… jidaisassin.jp/lecture/lec30-…
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”90頁には、恥ずかしい誤字がある。法令用語を、マスコミ語で書いてしまっているのだ。この誤字は、それが法律の論文を名乗る限り、条文の文言の用字を誤ったものとしか読めない。これを通した指導教授も恥ずかしい。
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore
かつて、裁判所は、政府の都合に沿う憲法解釈を打ち出すために「公共の福祉」を宝刀とした。その撫で斬りぶりが、人権擁護の立場から批判された時代があった。渡辺真由子”「創作子どもポルノ」と子どもの人権 ”は、「人権」の刀での撫で斬りを政府に求める。倒錯的である。
残りを読む(12)

コメント

tk@タウイ @kei06r 20日前
読むと正気が削れるたぐいの本?
胸肉 @muneniku_mogmog 20日前
すごく…赤いです…
しじみ @sijimi_1125 20日前
何かを伝えたいんだろうけど、読みにくい文章だな…
LINSTANT0000@蛮神の心臓無いマン @linstant0000 20日前
ウェイ系サボり学生が一月ででっち上げたB4の卒論かな? これが日本の規制派と下層文系の実態なんだよな。 こんな妄想ゴミ論文で博士号貰えるとか、論文掲載誌の査読と大学や学会のお偉方の腐敗っぷりがわかりますね(棒)
嬌嫣PE@「はるかなレシーブ」応援中 @kyoen 20日前
規制側がいまだに左右でスクラムくんでるのが再確認できたな
愚民Artane.🦀@#東京オリンピックやめようよ(´・ω・`) @Artanejp 10日前
ラジカルフェミニズム方面の平常運転としか言いようがないですね(´・ω・`)
オレオレオレだよオレ(アレ) @ororeoredayoore 5日前
上掲とかそれ以外について、 http://cute.sh/gero48/ahi/kipo/buecher/bue/wm.htm 以下にまとめ直しましたのでご笑覧を。そしてできたらてきとうにヒソヒソと宣伝を。
nanasi @nanasi43 3日前
渡辺真由子さんのツイート: "<表現を考察する>部門で、いつの間にか紹介されてをり⇒日本のマンガを研究する!|東京都立図書館 " https://twitter.com/mayumania/status/1049953376966856704 日本のマンガを研究する!|東京都立図書館 https://www.library.metro.tokyo.jp/readings/pickup/201809/index.html
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする