カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

「記録」は神聖な行為

歴史を記録する史官は、神聖な仕事として支配者からも尊重されてきた。捏造すれば、国家は成立しえないことを知っていたからだ。
神聖 歴史 記録
4
shinshinohara @ShinShinohara
WBSニュースがこれを報道したのも驚いたけど、他の局が全く反応しないし、ネットニュースもほとんど取り上げていないことに二度ビックリ。公文書偽造を強制することは、科学研究の成果を捏造しろと言ってるのと同じなのだよ。 lite-ra.com/i/2018/09/post…
shinshinohara @ShinShinohara
趙穿という人物が晋の霊公を殺したとき、歴史の記録を仕事とする太史は、実力者である 趙盾が霊公を殺した、と記録した。 趙盾は自分は殺していないと抗議、修正するよう迫ったが、太史は決して修正しようとしなかった。「あなたは親族の趙穿を罰しないではないか」と反論され、趙盾も諦めた。
shinshinohara @ShinShinohara
歴史を記録する太史や史官は、しばしば支配者に不都合な歴史を記録し、そのために命を失うこともあった。それでも正確に歴史を刻もうとしたのは、記録という行為を神聖なものだと考えていたからだ。実力者である趙盾が引き下がらざるを得なかったのも、その神聖さを尊重したからだ。
shinshinohara @ShinShinohara
公文書は洋の東西を問わず、歴史を正確に記録することを心がけてきた。「史記」は代表格。司馬遷は一度殺されかけたこともあるのに、当時の武帝の欠点も記録している。漢の創立者である劉邦も、粗野な人間ぶりを記録している。媚びていない。そして支配者も、正確な歴史を尊重した。
shinshinohara @ShinShinohara
今回の捏造は、民主主義の底を割る行為なだけでなく、国家としての底を抜いた行為でもある。体温などのデータを改ざんし、カルテを捏造する病院が続出したら、医療は成立するだろうか?調書を改竄して警察は機能するだろうか?戦記を改竄して戦争に勝てるだろうか?有り得ない。
shinshinohara @ShinShinohara
「歴史は支配者によって都合よくねじ曲げられるものなのだよ」と嘯く輩がいそうだが、とんだ勘違いだ。歴史を正確に刻むことを怠れば、現実が見えなくなる。民衆が反乱を起こしていても美食に明け暮れ、自分たちが殺される運命になっていたことにも気づかなかったフランス革命前夜の貴族たちのように。
shinshinohara @ShinShinohara
実験記録を捏造したら、何が正しいか分からなくなって科学でなくなる。カルテを捏造したら、患者の容態が把握できなくなって医療が成立しなくなる。調査結果を捏造したら、犯罪者と無実の人を区別できなくなって警察は成り立たなくなる。戦記を捏造したら、戦略も立てられず、その軍隊は敗亡する。
shinshinohara @ShinShinohara
この問題は、とてつもなく重要な問題だ。これがおろそかになったら、誰も税金を納めなくなっても仕方ない。領収書を取っておくことも記録を正確にとることも必要ない、と国が見本を見せたようなものなのだから。

コメント

ゆーき @yuki073 2018年9月27日
共産主義国で権力者が、書記長や総書記などの記録系の肩書を名乗る理由が、記録内容を決められるからというのは有名ですね。
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2018年9月28日
で……結論は? 何をどうせよと?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする