限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

甲冑をまとった合戦場の弓術を聞いてみたら現代弓道と全然違った件.#ガチ甲冑合戦 #日本甲冑合戦之会 #弓術

兜・甲冑を纏っていると装甲が邪魔をして弓を大きく引けないし、敵からの矢などの飛び武器を避けるために真っすぐ立たず、身を低くする。 【続編・火矢について】https://togetter.com/li/1318000 『凄く…熱いです…』火矢を使う解決方法は2つ。我慢する!そして矢を●●する!
弓道 ガチ甲冑合戦 長槍をもって戦うカンタンなお仕事 槍で叩く叩く叩く突くーッ! 初陣OK 弓術 刀剣 甲冑武者がガチな組討を再現…? 花の慶次 甲冑戦
33676view 76コメント
329
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 戦国マンガ「#花の慶次」の公式Facebookページで #ガチ甲冑合戦 が紹介された時の師匠の甲冑を纏っての弓術の動画です。 敵の矢・鉄砲などから身を守るために身を低くし、甲冑や兜に引っかからないよう、弦の引き方が現代弓道とかなり違います #ガチ甲冑合戦 の詳細 samuraijp.xsrv.jp/event.html pic.twitter.com/HRvFcy7lwf
リンク www.facebook.com 花の慶次 【再現!戦国合戦】 第六回 “弓矢の実践的な扱い方” 今回は戦国時代の主力飛び道具”弓矢と鉄砲”のご紹介です。 戦国時代の合戦において敵を死傷させた武器の割合は意外にも約7割が遠距離武器で主に「弓矢、鉄砲、印地(投石)」とされています。これは当時の軍忠状という軍功を証明する公的な書類を統計的に分析して得られた情報です。...
左近大夫☆浜次郎 @sakone_shogen
折角弓持ったんだから資料用に弓引いた姿撮ったろと撮った写真 普通に弓引くと弦が太刀の柄や兜の吹返し、庇とかにすっごい引っかる… 結局結城合戦絵巻や十二類合戦絵巻の弓を射る武者の様な姿勢に落ち着いたよ 兜の吹返に弦が当たるから弓道みたいには引けないとは聞いてたけど本当にムリなんやね… pic.twitter.com/kulvj2UCir
 拡大
 拡大
 拡大

私が交流させていただいてる左近大夫さんが甲冑をまとって弓をひいてみたところ、やはり似たような感想を以前、ツイートされてました。

左近大夫☆浜次郎 @sakone_shogen
ちなみに腰を落として姿勢を低くし、斜に構えてるのは「目の前の楯や遮蔽物に身を隠しながら射ってる感」を出すため 無断転載とかは困るけど、作画資料等にはご自由に〜
趣味人の方のはのい@明けることのない落胆 @shumijin_hanoi
@sakone_shogen 突然失礼します。 なんか、引き尺は弓道よりもアーチェリーのそれに近いように見受けられました。 ということは、昔の弓は今のより相当強かったのではないかと勝手に想像してしまいます。義経が自分の弓の弱さが敵に知られては恥と弓を拾うシーンもあるだけに尚更です。
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 甲冑や兜をまとった状態で弦を大きくひくと装甲にひっかかるため、#ガチ甲冑合戦 では大体、右目の下あたりまで引くようにならいました。 弓を体に寄せ、右耳ほどまで引くような現代弓道の引き方とかなり違います。 右手で大きく引けないため、後ろに体重移動をして弦をひくという面もあります。 pic.twitter.com/NZXKJq1psP
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 #ガチ甲冑合戦 で採用されてる、甲冑着用時の弓の引き方で右目の下まで弓を引くのは照準(サイティング)をあわせやすい、とも習いました。 日本の火縄銃の操作は、古来からある弓術の影響をうけてる、といわれてますが火縄銃は右頬に当てるようにして使うために、私は感覚が似て感じます pic.twitter.com/cB3TJy5ov6
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 それほど弓を引かない #ガチ甲冑合戦 の弓術の特徴としては連射性が挙げられます。 師匠が門下生に説明をしながら弓を引いてる時間を計ったところ、15秒で3回放っていました。約5秒で一射。 同じ弓の引き方で弓術が達者なものは3、4秒で一発放てたのではないか?と師匠の感想です。 pic.twitter.com/YiQWg5ywso
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 師匠が試すと 『矢を水平に放つと20mほどで威力が落ち始める』 『しかし45度の描くよう放物線に射上げ、落ちてくる矢は先端が金属製で重たければ30m先の12mmの木の板を貫く』 『ただし先端が重すぎると飛距離が落ちる』 twitter.com/7hiko/status/3…
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 #ガチ合戦合戦 では、自分たちも相手も置楯・矢楯に身を隠して弓矢などの飛び武器をつかい、また、水平に矢をはなつと障害物に隠れた相手を狙えないため、放物線に矢を放ちます。 先にかいたように放物線を描いて落とすときは自由落下によるエネルギーを得るために先端を重くし、矢尻を軽くします。 pic.twitter.com/WqgdUJIw3H
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 #ガチ合戦合戦 は集団戦であるため、敵は目の前にだけいるわけではありません。隙があれば左右も狙います。 体の真ん中に軸をたてる立ち方は正面だけを狙うのには向いてますが、片足だけに体重をのせてると戦車の砲台のように左右に体をむけ、狙えるようになります。 これは銃器の扱いにも通じます pic.twitter.com/Dt84xyaVnh
 拡大
 拡大
吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 #ガチ甲冑合戦 を企画・運営する横山総師範が某・実写版映画での甲冑をまとって、火矢を放つシーンがありました。 火矢を扱う時は、体によせるように弓を引くことは危険なので、一連の話のような弓矢の引き方で行ったそうです。 pic.twitter.com/1I9L3eRj2b
 拡大

ガチ甲冑合戦で採用されている弓矢の扱いは現代弓道より、星神社(高知県)のお弓祭の方が近いと師匠はいいます

●ガチ甲冑合戦ってどんなイベント?
【過去に巌流島、という格闘イベントに出た時のインタビューより】

『日本には伝統的な武術があるわけですから、そういった武術を駆使して、リアルに合戦を再現したらどうなるのかと思ったんです。』
『現在行われている伝統武術の技が使えるのかどうか。甲冑をつけて闘う日本武術のルーツに戻してみたらどうなるか、というのが今やっている試みです。』

吉村英崇@11月~1月は繁忙期につき、低速モード @Count_Down_000
@koroho_goshin2 そして合戦では弓矢だけで戦うのでなく、敵との距離が狭まれば槍や刀など様々な武器を使います。さらに狭まれば組討もします。 手の内を柔らかく、柔軟に使うことが求められます。 そのため #ガチ甲冑合戦 では現代弓道のような弽(ゆがけ)はつかわず、ほぼ素手か、簡単な手袋しか手につけません。 pic.twitter.com/lY1jSdn2Ye
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
ツイートまとめ 『凄く…熱いです…』火矢を使う解決方法は2つ。我慢する!そして矢を●●する! #日本甲冑合戦之会 #ガチ甲冑合戦 #弓術 映画・刀剣乱舞の撮影に、日本甲冑合戦之会が火矢の製作をし撮影現場では火矢による攻撃法の指導などを協力しました。 (*映画全体のアクション等の監修を行っているわけではございません。) 火矢、甲冑を纏って弓の集団運用について先月UPされた公式ブログの一部と、それに対する反響をマトメさせていただきます。 14842 pv 425 16 users 43
リンク ganryujima.jp 実戦(武術)と競技(試合)は全く違う。プロの格闘家でも実戦で勝てるというわけではないんです! | 巌流島 「巌流島」はファンや格闘家、有識者がオープンな議論を尽くし、新たな格闘技ルールを構築・検証していく実験イベントです。
東郷 基 @wdnsj669
伊勢安土桃山城下街にて11月にガチ甲冑合戦を予定。過去の一騎討ちの動画です。赤甲冑側が私で相手は問同流兵法や護身術功朗法の有段者にして剣道歴20年四段の現役警察官。体重差もこの時の相手と私で20キロ程もの差がありましたがそんな実力や体重差もひっくりかえるのがガチ合戦の醍醐味の一つです。 pic.twitter.com/53TrxZIUTF

これは江戸時代のように剣術だけ、弓術だけ習う、地稽古をするというだけでなく実際の合戦場を再現して、弓、砲、槍、刀、組討などを有機的くみあわせて総合的に戦ってみよう、文献や伝承にあった技術を実際に使ってみようというコンセプトでもあるそうです。

今までは野戦がほとんどでしたが、2018年11月のガチ甲冑合戦は砦攻めを実際にしてみたらどうなるか?という試みを行います。

関心がある方は是非、見て下さいね

国際ガチ甲冑合戦 in 三重(2018)
●11月3日(土) - 伊勢・安土桃山城下街 (伊勢市)
 15:00 戦国の武術解説 / 銭振舞い 
 ガチ甲冑合戦『砦攻め』 ※弓・鉄砲・槍・刀で激突!
●11月4日(日) - 志摩スペイン村 特設合戦エリア (志摩市)
 15:00 銭振舞い 
 ガチ甲冑合戦『川中島の戦い』 

主催:日本武術文化連盟/日本甲冑合戦之会
後援:三重県
協賛:近畿日本鉄道株式会社(近鉄)/株式会社JTB

タイムスケジュールなど詳細は下記のリンク先を御覧ください。

リンク samuraijp.xsrv.jp 9 users 613 ガチ甲冑合戦 - 日本甲冑合戦之会 2018年11月3日(土)-4日(日) 武術家と一般参加者による合戦再現イベント。ガチで戦うので、両軍の勝敗は終わってみるまで判りません!
甲冑合戦之会おしらせ係 @koroho_goshin2
次回の #ガチ甲冑合戦 参戦希望受付がいよいよ開始です! 2018年11月3日(土) - 4日(日) 国際ガチ甲冑合戦 in 三重「砦攻め&川中島の戦い」 詳細:samuraijp.xsrv.jp/event.html 今度のガチ甲冑合戦は砦攻め! 「伊勢・安土桃山城下街」と「志摩スペイン村」をまたいで、 2日間にわたり開催します! pic.twitter.com/A70lQ9ayC8
 拡大
 拡大
 拡大

最後まで読んで下さり、有難うございます。

ガチ甲冑合戦や技術的な質問がありましたら、横山雅始総師範(@koroho_goshin )までお問い合わせください。

●フランス功勲推薦委員会よりフランス貢献十字勲章を受ける
●フランスSt.ローランドバー 射撃協会永久会員
●フランスにて名誉市民賞
●NHK総合 「戦国のへ~、ほ~ 素朴な疑問を解決!」出演
●読売テレビ「所さんの目がテン!」出演
●フランス国家憲兵隊・治安特殊部隊やイタリア警察
およびクラヴ・マガ護身術指導員達ほかヨーロッパの武道団体の招聘により指導

コメント

巨乳特権を許さない会bot @KyotokukaiBot 9月27日
弓道体験で胸当てを貸してくれませんでした。
緑川だむ @Dam_midorikawa 9月27日
さて弓道警察の人を正座して待とう
八月さん @hatigatusandesu 9月27日
射法八節やってたらいい的だわな
富士瑞 @mizubase 9月27日
最近ちょこちょこTLを流れていくのを見るけど、弓はどこで調達してんのかな。
アンチョビ @anchovy_aid 9月27日
フル武装で弓は本当にかっこいいなあ(//∇//)
arabiannightbreed @a_nightbreed 9月27日
もっと押し手(左手)の肩を固めるのかと思っていたけど、フル装備の甲冑だと却って難しいのかな?
arabiannightbreed @a_nightbreed 9月27日
戦場用の弓懸をアップでぜひ見たい!
Daiji @Daiji75 9月27日
十数える間に三つ射るのだっけ
ヘイローキャット @Halo_nyanko 9月27日
実戦の構えを見れば上が長くて下が短い和弓の合理性は一目瞭然だったんだな
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 9月27日
まあ弓道だと相手のほうから攻撃される、ってことないですからね。壁打ちテニスみたいなもの?
memo @after_relax 9月28日
アンゴルモア一巻のあとがき(雑記帳)に書いてあって感動した
ひふみよいつ @hihumi_yoitu 9月28日
武士は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 9月28日
そら甲冑着てたらまともに使えないメインウェポンなんてないもんな。使えるような使い方するのが当然だった……(笑) 「術」と「道」の違いがよくわかるねw
@mouth0717 9月28日
競技弓術の構えが不合理なのか鎧兜の造形が不合理なのか。
@atelier_AO 9月28日
エアガンでもサバゲと競技射的では撃ち方が違う、という理解でいいのかな?
ヘリオドール @heliodor_ruby 9月28日
伝承などで、何人張りの強弓とかよくあって、まともに引けたんだろうか? と思っていたけれど、動画見て現代の弓道に比べて引き絞る距離が短い→(同じ張りなら)少ない力で引けるが威力も少ない→現代の弓道より張りが2~3倍強くて丁度良かったのかもしれないという考えになった。
グレイス @Grace_ssw 9月28日
西洋だとフロントファイターとアーチャーでは鎧がそもそも違うとかあったんだが、日本だとそういうのないのかな。
OOEDO @OOEDO4 9月28日
兜のあの部分は飾りなのだから、飾りのために戦闘術が変わるより、戦闘術のために飾りが変わるのが普通じゃないかと思うのだけど、現にそうなってるのだから不思議
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 9月28日
11月の安土桃山のガチ合戦は他の用事で残念ながら見送り・・・次の機会を待ちます~
Brandkloof @Brandkloof1 9月28日
mouth0717 鎧兜の造形で滅多やたらに派手で、縦にも横にも無駄に長大というのは遠中距離戦闘をする上では合理的なデザインですよ。距離感が狂って目視での正確な標準が出来難くなりますから。
OOEDO @OOEDO4 9月28日
よろいかぶとが派手なのは、個人の武功が恩賞に直結する時代だから、とにかく派手派手しい格好で「あ、あのXX殿が一番槍か!!」という感じで分からせる必要もあったとは聞きますね。
荒木俊三 @toshizoaraki 9月28日
日本の武士が重装弓騎兵なのは、初めは弓が未発展で「威力ないし射程も短いので乗馬で接近して撃つしかない」「接近するなら鎧が欲しい」が理由とか。後に弓が発展すると、徒歩の足軽が弓で弾幕を張るようになり、弓騎兵としての武士はすたれた。
狐謡 @Towa_towa_to 9月28日
mouth0717 まあ剣術介者剣術と素肌剣術が違うのと一緒だわな。鎧有りで戦うときの合理性と、鎧無しで戦うときの合理性は、メリットデメリットが違うんで、それそのものが異なると言うこと。逆に、鎧を着ずに、鎧のように深く沈みこんで戦う必要性がないのは、刀も一緒。
野獣後輩 @yaju5123 9月28日
この考察は面白い。洋弓やモンゴルやトルコの複合弓も顎までしか引き分けないが、日本もそのような引き方だったのか。
肝付河内守風羽 @teizankou 9月28日
薩摩日置流は甲冑着込んで集団隊列で前進、後退したりまでする射法が今でも残ってる
せるりあん @kdkwshine 9月28日
うちの地元はこれやってるわ。今の自衛隊がツーマンセルで相互に援護しながら前進していくのと考え方は同じことやってたな
ぴよよ @ki0yo0yo0 9月28日
時代がだいぶズレるけど、母衣を纏った弓合戦とかも見てみたい。
平家八草@C96は芸能(スポーツ)で行きます! 九番目の星はここにある @kawaikunai_mono 9月28日
火縄銃を中腰で撃ててるのがすごく興味深いです。戦列歩兵は立ち撃ちしないといけなかったらしいので
hachigatu @iijagennahito 9月28日
話には聞いてたけど、半身だと本当に肩の装甲と兜が盾になるのね。これなら武士が盾を持たないのも納得出来る。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 9月28日
騎乗でも試して欲しいな。
バレルロール @zoahunter 9月28日
屏風絵とかでよく見るポーズだ!誇張ではなかったんだ。ほえ~。
bun🍃 @bun3559 9月28日
ontheroadx むしろサービスの練習でしょう。撃(打)ちっぱなしで返ってこない。
マルマル @wYfFjxwabW7NUNG 9月28日
OOEDO4 どこの部分か分からないけどツバも吹き返しも必要な防御パーツなはずだけど?本当にどこの部分?
ソフトヒッター99 @softhitter99 9月28日
百年戦争のイングランド長弓兵は、弓を下向きに、矢をつがえて、矢先を上に向けながら弦を引き、やや斜め上に向けて放つみたいなフォームでしたっけね。長弓兵=自由農民(ヨーマン)たちは、弓の引きすぎで引き手側の方から腕が異様に発達したシオマネキみたいな体型だったなんて話もあったなぁ。
橘太郎AT @Tati_Automatic 9月28日
前からの写真で見ると弓を構えた時に左の大袖で上腕と脇が隠れ、しころで首元を守りつつ吹返はその上に更に張り出して斜め上から顔面に飛来する矢を防ぎやすい構造になっている
とれんち㌠ @toren_chi 9月28日
実戦武術としては鉄砲以降お役御免になって江戸期以降は礼法・心身鍛錬的な側面に特化してった(幕末期には講武所の科目からも実戦的じゃないってことで外されてる)ものの現在形が弓道なイメージ なのでその前、武術としての弓術が活きていたころの技術復元って意味でも面白い
naruto,tousen @narutousen 9月28日
弓道警察が信用できないのは一番批判するべき、上向いて射るのは「楯に当てずに敵を撃ち下ろす」という大嘘を批判しないこと。近距離の的当てしかしたことない弓道部らしく、遠距離の敵を撃つには射角をつけないと手前の地面に刺さるだけなのが分からずに現代の曲射砲の使い方と同じだと思ってる。言われた練習をこなすだけのバカは『ゴールデンカムイ』の30年式小銃の照尺のてっぺん(2400m)使ったらどうなるか考えて修行し直せ。
森のムック(JAJA-SiNE) @Macmillan_m21 9月28日
そら弓道の作法だの姿勢だの律儀にやってたら額に矢が刺さって死んどるやろなあ 剣道も実戦で相手が面胴小手しか狙うわけじゃないしこういうので弓道警察だのが出てくるなら自分の知ってることしか知らない知識の狭さを露見するのと一緒や
吉村英崇@Armored Samurai battle @Count_Down_000 9月28日
弓道家100人で参加して #ガチ甲冑合戦 にて一斉射撃をしてみたい、とある漫画家さんが呟かれたことがあります。それをきいた師匠は大変、乗り気で弓、甲冑、置き盾、合戦場を用意するので一度、弓合戦をしませんか?とお話をしてた時期があります。漫画家さんより、弓道の先生も紹介して頂きましたが残念ながら、お流れになったようですが是非、技量がある方がいらっしゃるならば #ガチ甲冑合戦 に参加いただきたいと思っています。マトメ作成人より Dam_midorikawa
吉村英崇@Armored Samurai battle @Count_Down_000 9月28日
雁行の陣、弓の動画はあいにく手元にありませんがが火縄銃のものならばいくつかあります。 https://www.youtube.com/watch?v=4eSYwyr-qno 師匠は今までは古流武術、甲冑合戦のイメージが強いのですが、もともとはフランス国家憲兵隊・治安特殊部隊のタクティカルトレーニング(近接戦闘・射撃)の指導をしていたこともあり、20年前ぐらいまでは軍隊格闘技の先生と知られていました。マトメ作成人より teizankou kdkwshine kawaikunai_mono
ももさん @momo33san 9月28日
弦が引っかかるような色々ごちゃごちゃ付いた鎧兜着てるのって偉いさんだから自分で弓使わないイメージだったんですがどうなんだろ?
@mouth0717 9月28日
Brandkloof1 そうなのか……。初見ならたしかに混乱しそうだがお互いに相手の甲冑のデザインがだいたいこんなもんって分かってたらそこまでの撹乱効果は期待できない気もするけど、まあ実際に戦闘を経験したわけでもないしそう言われればそうなのかもしれない。
@mouth0717 9月28日
Towa_towa_to 速射性、精密性、貫通力あたりの指標がありそうだけど、鎧を着込んでいるって言うことはある程度の近接戦闘が想定されてるから、弓道的な正確さより連射できることのほうが重要ってのはたしかにあるかもしれない。あとまとめにあるような引きが浅くて手を前に出した姿勢のほうが、多少崩れた態勢からでも弓が引けそうな感じがあるな。
ヘイローキャット @Halo_nyanko 9月28日
momo33san 大名クラスでも弓の名手とかいましたから必要があれば使ったんじゃないですかね。
とれんち㌠ @toren_chi 9月28日
momo33san 色々ごちゃごちゃついた鎧=大鎧であれば、もともとが平安・鎌倉の頃に騎馬上での弓の撃ち合いに合わせて発達した鎧なんですよ 大袖(肩から垂らす楯)も弓を引いた時に相手に向く左側のほう(射向の袖)が丈夫だったり、脇を護る鎧も右側(栴檀の板)は弓の取り扱いの時邪魔しないように左(鳩尾の板)より可動可変性が高かったりします 兜の両脇の吹返も矢に対するアレですね
とれんち㌠ @toren_chi 9月28日
実演者の方曰く「兜の庇に引っかかる」レベルだったら足軽御用達(?)の陣笠とかモロに引っかかりまくりだったんじゃなかろうか…成立年はアレだけど『雑兵物語』だと陣笠+栴檀板鳩尾板つきの胴丸着た弓足軽が載ってるんだよネ
skerenmi @skerenmi 9月28日
うーん、那須与一がこの姿勢で扇を撃ち抜いたのか? みたいな疑問が AではなくBみたいに言ってるけど、AもBもって話だったりしない?
K2 @K__R_K_ 9月28日
弓道警察的には、一枚目の畳の上で引いてる写真で押手が弓に負けてそうなのが気になる。鎧着込んでるせいで押しにくいのか、単に本人が弓に慣れてないのか、弓術には手の内なんて概念がなかったのか。枝葉末節ですいません。
トリュー @DD113_penguin 9月28日
艦これ弓道警察とは一体なんだったのか…
ペンギンコマンドのおっさん(35) @OssanBlackRX 9月28日
艦これは弓道警察に突っ込まれないようにするためだけに必要以上に弓道っぽく演出しちゃったから…
mananbo @mananbo1 9月28日
弓術というよりこんなイベントがあったことが驚き。すごく楽しそう。参加してみたい。ロマンがあるなあ
しょうさん@応援中♪ @shousan_na 9月28日
弦が耳に当たるというのは、弓道初心者に有りがちな事故らしいです。陣笠に胴丸の足軽スタイルでも、弓道式では引っ掛かりまくりでしょうね。かといって兜の側面をのっぺりさせてしまうと、側頭部に斬りかかられると、兜に沿って滑った刀がそのまま首元にザックリ! などいう事に。
ふじこ @hujikodesu 9月28日
甲冑を着てる時点でほぼ全ての弓道警察は未経験のど素人と変わらないから指摘の仕様がないだろ…と思ったら何人か発生してて草。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 9月28日
(テニスサーブ道とかできねーかな…サーブ法八節…)
ダラスキー高代(仮名) @takafee2010 9月28日
薩摩日置流の腰矢指矢は実戦をなぞったものですよね。日置流や竹林ではつくばい(膝をついてうつ)もやるし、兜抜きを模した打ち抜きをやってるとこもあるので、戦国時代の実戦そのものではないけど、それを模したものはまだ伝えられていますよね。
ダラスキー高代(仮名) @takafee2010 9月28日
ただ、現代弓道は通し矢の堂射の影響が大きいようなので(かけは堂射由来だし、正面打ち起こしが広まったのも竹林由来の本多流の影響が大きいし)、実戦のそれとは別物、とは言えそうですね。
ケサギリ@春から実家出る(三度目) @zerokenn 9月29日
まだ甲冑はしたことないけど 弓馬術初心者ですが… 馬乗って引くときもだいたい同じ姿勢と教わりました。 鎧に引っかからないという徒歩と同じ理由もありますが 駆け足~襲歩(ギャロップ)で弓射をする場合「立ちすかし」 で鞍に体を乗せない状態で脚で衝撃を吸収し(=腰を落とし)上半身の揺れを抑えないといけません そうするためには腰を視点に上体をやや前にしないとGが掛かって後ろにツンのめってしまいます
murodu @murodumi10 9月29日
競技は相手に殺される心配ないけど実戦は矢も鉄砲も刃も礫もウンコも飛んでくるから、こうなりますわな
D.KATO @D_KATO1231 9月29日
OOEDO4 単純に戦場での配置を把握する意味でも大将や主要な武将は目立つ格好をしていた方がいいと思います。誰がどこにいるのか分からないで、指揮はできませんから。
りざ @rizariza2017 9月29日
narutousen 弓道競技にも遠的って競技が有って、確か斜め上に射ってた気がするんだけどなあ…
naruto,tousen @narutousen 9月30日
rizariza2017 にもかかわらず頭がそっちに行かないのはかえって問題ですね。本当に練習で言われたことをただ繰り返すだけということでしょうから。
野獣後輩 @yaju5123 9月30日
narutousen だって考える必要無いし。弓道やるのに実戦云々を考えてる奴とかまず居ねえよ。 射形に一々ツッコミ入れるのはナンセンスだけど。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 9月30日
Dam_midorikawa 弓道警察とっくに膝を屈してるよ
フローライト㌠ @FluoRiteTW 9月30日
narutousen なに突然ムチャクチャわめいて吹き上がってんだ?弓道が近距離だから?嗤わせんな、あの距離でも直射なんてせんわい
フローライト㌠ @FluoRiteTW 9月30日
DD113_penguin ごく一部のバカ以外は、最初から「艦載機道」とか「空母道」だって言ってるからね。弓道だろうが弓術だろうが、矢が変化したりはしない
吉村英崇@Armored Samurai battle @Count_Down_000 9月30日
弓の強さで40キロ、50キロのものが昔は有ったといわれるけど、これは仰るように 【現代の弓道に比べて引き絞る距離が短い→(同じ張りなら)少ない力で引けるが威力も少ない→現代の弓道より張りが強くて丁度良かった】と師匠がいっていましたね。情報量が多すぎるとポイントがずれてしまうので省略しましたが、そのようなコメントがでるのは嬉しいです! heliodor_ruby
フローライト㌠ @FluoRiteTW 9月30日
弓道部員時代は18キロ使ってたけど、それで重い、重すぎると言われる現代弓道。10キロ台でも10~20mの距離なら生身で喰らえば致命傷イケるけど、戦場で防御してる前提の相手に有効打を与えるには数十キロの強弓じゃないとダメなんでしょうね……
naruto,tousen @narutousen 9月30日
yaju5123 FluoRiteTW こいつら自分が弓道部は中学で学んだ物理も知らず距離毎にいちいち当るまで練習しないとダメダメだと言ってるってことに気付かないのかねえ。自分が無視してたことを指摘されたぐらいで吹き上がっているからヒトに「吹き上がってる」って言ってるのが見え見え! 本当の意味で直射を理解していないからこういう指摘がカンに障るんだよね。オナニーの邪魔してどうもすいません。
naruto,tousen @narutousen 10月3日
弓道部で直射もしてないのに臼砲みたいな弓の使い方をオカシイと全然思わないって事があるんですねえ。ワタシが知らないだけで弓道部では地面に横に置いた的に当てる練習してるのかな?
脱臼 @pratula_twi 11月2日
全然ちゃうやんけ!(元弓道部
野獣後輩 @yaju5123 12月15日
narutousen 無視も何も、ハナから眼中にねーよ。距離毎に射角つける技術とか、弓道やる上では不要だし。 強いて言うなら弓力や弦、矢を変える時に調整はするけど調整にも1ヶ月くらいは普通に掛けるね。
naruto,tousen @narutousen 12月15日
yaju5123 【無視も何も、ハナから眼中にねーよ。距離毎に射角つける技術とか、弓道やる上では不要だし】なるほど【本当に練習で言われたことをただ繰り返すだけということでしょうから】と言ったのはあながち間違っていなかったと言うことですね。だから弓道警察は弓を曲射砲のように使うことに鈍感なんですね。自分が習っていないから。大変よく分かりました。
なおかん @foox6741 12月24日
なんか弓道警察を叩きたいが為に、弓道人全体を侮辱しかねないズレた事言いまくってる人がいるけど、こういうのも弓道警察並みに問題だわ