炙煩(あぶりわずらい)事件

琉球時代の不思議なお話。
10

きっかけ

島の人Part2 @simasyodes

今日ラジオで(おっ)と思った話が出たの 「炙煩」(あぶりわずらい)って琉球王朝時代に起きた実在の事件とされるもんなの

2018-09-28 00:33:52

舞台

島の人Part2 @simasyodes

時は乾隆9年(1744)(日本だと寛保4年(延享元年))場所は沖縄本島から約50kmほど離れた粟国島。

2018-09-28 00:34:40
島の人Part2 @simasyodes

島で「怪光(赤い光)」を見た島民や家畜が次々と死ぬという奇怪な事件であった。人々は「炙煩(あぶりわずらい)」と呼んで恐れ、ついに琉球王府も役人を派遣して調査に乗り出した。

2018-09-28 00:35:21
島の人Part2 @simasyodes

とここまで書くと(それで それで)と前傾姿勢になりそうです。 しかしこの話「オチ」ない・・・ 調査した役人も「わかりませんでした。」って結論で終わりなんです。

2018-09-28 00:35:55
島の人Part2 @simasyodes

なんだのか? UFOなのか? なにかのウイルスなのか? 私はもしかしたら「ウラン鉱石」みたいの見つけてしまって「被爆」したんじゃないかな?とも「炙煩」だから皮膚が爛れた(ケロイド?)みたいな症状だったのか?(ただ、沖縄で採掘された話は知らない) いずれにしろ、真相は闇の中である。

2018-09-28 00:40:10
島の人Part2 @simasyodes

この話は琉球の歴史書「球陽」にも残ってるんだな。

2018-09-28 00:40:23

オチがないのが好き

島の人Part2 @simasyodes

こういう「不思議」だけど「なんかあるがわからない(オチがない)」話って大好きなの(完)

2018-09-28 00:43:27

最後は粟国島の宣伝でも

コメント

ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2018年9月29日
宇宙のどっかで超新星爆発が起きて、大量のガンマ線が、とか…… でも、それだと地球上の他の地域でも同時期に同じ被害が発生してる筈やしなぁ……
1