『本を贈る』(三輪舎刊)、10人が目を閉じてつなぐリレー! アンカーまでの、アンカーからの言葉を綴じていきます! #本を贈る

2018年9月、三輪舎さんから刊行された『本を贈る』。執筆陣、販売いただいている書店・本のある空間、手にしていただいた読者の方々からの声です。 #本を贈る
本を贈る
1
岸政彦 @sociologbook
あと牟田都子さん @s_mogura のエッセーも面白かった。表記ゆればっかりでごめんなさいってなった……
岸政彦 @sociologbook
長いこと読み手だったんだけど、ひょんなことから書き手にまわりましたが、これからも作り手と売り手のことを忘れずに、一冊一冊丁寧に書いていきたいと思った。→
岸政彦 @sociologbook
酷暑のなか、一軒一軒丁寧に書店さんを巡回するのにおつきあいさせてもらったのは、ほんとに良い思い出です。こうやって本を売ってるんだなと、ほんとに勉強になった。→
岸政彦 @sociologbook
朝日出版社営業の 橋本亮二さん @asahipress_sake が、拙著『断片的なものの社会学』を大きく取り上げてくださっていた。じんぶん大賞のスピーチでの私の言葉は、これは完全に橋本さんのことです。→
岸政彦 @sociologbook
本作りのプロが集まって作った『本を贈る』、とても面白かったです。勉強になりました。本を作るということの困難と快楽。→ pic.twitter.com/tefqgzGL3H
拡大
拡大
snow@美術と本のあいだ @art_and_book
昨夜は三輪舎『本を贈る』のイベントへ。加藤製本・笠井瑠美子さんと朝日出版社・橋本亮二さんの日々の話など。真摯にコツコツと一冊の本に仕立てる製本。作り手と売り手のあいだで本を届けるために心を尽くす出版営業。お二人の出版に携わるプロとしての矜持に憧れます。じんわりあたたかな夜でした。 pic.twitter.com/c9jSiUoZ15
拡大
拡大
朝日出版社 酒部 @asahipress_sake
「2018.10.10.「本があなたに届くまで〜瑠美子と亮二の場合」 #本を贈る #かもめブックス イベントまとめ」をトゥギャりました。 togetter.com/li/1275526
raizo @raizox
三輪舎さんの「本を贈る」。装幀がステキです。 #books #本の本 ift.tt/2yfNrbI pic.twitter.com/A6V4NbPOV6
拡大
朝日出版社 酒部 @asahipress_sake
パーティは終わった。日々は続く。また瑠美子に手紙を書こう。 #瑠美子と亮二 #本を贈る pic.twitter.com/bLK4iLAYU4
拡大
Mariko @happymariko
『本を贈る』 瑠美子さんからいただいた 花ぎれの名刺が素敵すぎて 起きてきた家族をつかまえ、見せる。 この部分よ、ここ! pic.twitter.com/EHuyvgGo1T
拡大
拡大
笠井瑠美子 @kasairumiko
まるで演劇のようですが、花布はここだ!のシーンです。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございます。準備から片付けまで徹底的に面倒をみてくださった、かもめブックスの面々にも心から感謝いたします。無事終わってよかったーー twitter.com/3rinshapub/sta…
Mariko @happymariko
『本を贈る』 イベント帰りの電車で再読 リアルにお会いして お話をうかがって また読むと 別の景色が pic.twitter.com/aw3gYLkWng
拡大
拡大
友田とん『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する1』 @tomodaton
ても軽いのは、表紙のボール紙もすごく薄いからだと聞いて、確かに薄い!と気付いた。普段考えていないことは、見えてても見てないもので、こうして一冊の本が手元に届くまでには目に見えない人の仕事があるのだと思った。あとは、僕も駅弁本屋やりたい!、龍朋のトマト卵麺食べたい!と思った。
友田とん『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する1』 @tomodaton
『本を贈る』刊行記念・本があなたに届くまで〜瑠美子と亮二の場合(かもめブックス)に行ってきました。橋本さんの書店営業のプレゼンが、本屋でもないのにうちにも何冊か入れなきゃと思うほどだった。笠井さんの上製本の工程の解説が熱かった。自家製本熱が再燃しそうだった。『本を贈る』がと→
牟田都子 Satoko Muta(校正/休眠中) @s_mogura
本は作品じゃなく製品なんだけど、著者にとっては作品なのだと思う。そこのギャップにとりわけ多く直面するのは編集者や校正かも。
いか文庫 @ika_bunko
本屋さんでのイベント、久しぶりにお客で参加します。瑠美子と亮ニ、かもめブックスさんの名札つけてる。いいな。 pic.twitter.com/wDj29ISP4T
拡大
友田とん『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する1』 @tomodaton
今夜はこれを聴きにきました。笠井さんが専門の束見本といえば、話がぜんぜん逸れますが、藤子不二雄A『まんが道』でまだ創刊前の雑誌『ぼくら』の束見本を編集長から手渡されて満賀と才野のふたりが興奮した場面を思い出します。束見本を受け取ると興奮する。 3rinsha.co.jp/event/okuru_20…
Readin'Writin'(落合博/子どもに育てられ中) @ochimira
「本を贈る」(三輪舎)刊行記念イベントを11月7日(水)に開催します。 ツバメ出版流通の川人寧幸さんと荻窪の本屋Titleの辻山良雄さんをお招きします。 参加費1500円。定員30人。残りわずかです。 詳しくはreadinwritin.netをご覧ください。 twitter.com/rao_rug/status…
ema-tweet @ema_tweet03
今夜に向けて、笠井さん(製本)と橋本さん(営業)の執筆箇所を読み直し。 「本を贈る」ことへ込められた思いが、言いすぎかも知れないけれど、お二人の生き様とか生気に触れたくらい強くてかっこよくて、でもすごく温かくて。今夜直接お話を伺えるのが、益々楽しみになった。 #本を贈る
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug
講義の冒頭でたまに本を紹介しているのだが、今回は『本を贈る』(三輪舎)を選定。本づくりに携わる人たちの珠玉の内容はさることながら、手触りなどの装丁についても詳しく説明すると、講義後に実際に手に取ったある学生が「これ、部屋に飾りたい!」と。オブジェにもなるこの本、オススメです!
タカラ~ム@Takahiro Sano @ramuramu
「本を贈る」を読了。編集、装幀、校正、印刷、製本、営業、販売(書店)という読者に『本を贈る』プロセスにかかわる方々の思いや考え方など、どれも興味深く読んだ。内容も素晴らしいし、装幀も素晴らしい。ずっと手元において、繰り返し読みたい本。 honzuki.jp/book/269922/
snow@美術と本のあいだ @art_and_book
三輪舎『本を贈る』読了。もう言葉にならないのだけど、とてもよかった。ゆるやかにつながるオムニバス映画を見ているようでした。静かに流れる奥付のエンドロールが終わっても、席を立てなかった。本が生まれてたどる順に編まれ、最後に手渡されていたんですね。携わった方々にありがとうと伝えたい。 pic.twitter.com/nCtfqJGIHU
拡大
R Sekiguchi @gucchi_penguin
よーし。じゃあ『本を贈る』が2刷になったら(仕入れとは別に)自分用のを購入して、そこに「ピッキング/梱包:俺」って書き足しちゃうぞ!あ、「購入:俺」もだった。
残りを読む(292)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする