【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

新商品の企画開発っておもしろい?

大企業への就職を希望する若い方は多いと思いますけれど、中小企業にいて新商品の味付けやキャッチコピーやパッケージデザインを考えて、バイヤーとの商談やSNSでの宣伝までする…というのも面白いものですよ? という風に思ってもらえたらいいなぁっていうまとめ。
企画 チャウダー コピー 開発 ほたて 青森 デザイン しじみ 新商品
2445view 3コメント
3
ログインして広告を非表示にする
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
新商品の発売まで「秒読み」という段階になってきましたので、こぼれ話を少々。このたび発売になるアイテムは2種類(そしてそれらを詰合せたギフト仕様も用意しています)。シリーズ名は…。 「あおもりのきらめき★★★★★」 ※Twitterでは表現できませんが「の」が他よりもフォントがやや小さい。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
もともと高級レストランに業務用で供給してそのままお客さまにお出しできる味というのを目指していましたので、第一案では「あおもりの五ツ星★★★★★」でした。これはモーターショーにおけるコンセプトカーみたいな派手な言葉で、市販車に落とし込む現実的な過程で「きらめき」に落ち着きました。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
新商品は「あおもりのきらめき★★★★★」シリーズです。もしかしたら将来的に「あおもりのときめき」とか「あおもりのひらめき」とかラインナップが拡充できそうでいいじゃないですか。「あおもりのざわめき」「あおもりのささやき」月夜に甘い口づけ…なんてね。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
小さい会社なので今日もネットショップに登録する新商品の画像を作成して、そのあと市内のお得意様のところに商品の配達に行って、帰ってきてから新商品の包装作業に従事するという「なんでも屋さん」をやってました。でもこれで、ようやく、新商品が世に出ていくのが確定です!
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
新商品Aのリーク画像。これはいったいなんでしょう…? pic.twitter.com/hShWlUdlMu
 拡大
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
新商品Bのリーク画像。これはいったい…? pic.twitter.com/Hex31zyV7C
 拡大
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
新商品のこぼれ話。隠し味を隠すことなくパッケージ正面に「○○と△△。運命の出逢い。」と謳ってます。これも昨日の「モーターショーにおけるコンセプトカーみたいな派手な言葉は、市販車に落とし込む過程で現実的な線に落ち着く」パターンのやつで、第一案は「奇跡のデアイ。」でした。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
最初にデザイン案に「奇跡のデアイ。」という言葉を乗せたときには「片仮名は変!」というツッコミがほうぼうから入りまして、まぁそうだろうなと思いつつも、どことなくFANATIC◇CRISISっぽくて個人的には気に入ってました。まぁ「出会い」だとあまりにつまらないので「出逢い」にしましたけども。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
…というわけで新商品にかかわるキーワードは、 「運命の出逢い。」 「あおもりのときめき★★★★★」 「その味はまるで高級レストラン!」 この3つ。これにプラスして商品Aには「濃厚」、商品Bには「贅沢」というコンセプトが付随します。新商品の公開まで、あとちょっと!(味には期待してて!)
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
もうすぐ発売になる新商品のこぼれ話。今回の商品パッケージはシホンがデザインしたもので、とにかく写真が美味しそうに撮れていることもあって評判が良いです。これまでのシリーズを踏襲しつつ、しじみちゃん本舗っぽくない目新しさもあるとおもってます。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
デザイン的な作業をするときには①ありがちな感じ、②思い切りトガってるやつ、③その中間くらいの3パターンを用意して選んでもらいますが、社内的にはだいたい①が選ばれます(シホン的にはだいたいボツになった②が好きで、形を変えてツイッターネタにするので無駄にはなりません)。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
今回はまず②に近い③(ちょっとトガってる感じ)をまず考えて、試しに印刷して文字の大きさの具合なんかを確認してたら横でそれをチラ見したひとが「いい感じ」と言ってくれたこともあって、そのまま第一案で決まりました。ベースの色を赤・青・緑・橙に変えて選んだりはしましたが、流れが良かった!
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
背景まで作りこんで撮影した美味しそうな写真を大胆に惜しげもなく半分カットすることになってカメラマンさんにはちょっと申し訳なくもありますが、そのぶんおなじ写真がパッケージと、写真全体をつかうチラシとで形を変えて2つの用途に活用できたのも偶然うまく歯車がまわってる感じがしました。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
もうすぐ発売になる新商品、コピーも、パッケージデザインも、もちろん味も期待していてください!(そしてふたたび一部にガウスぼかしをかけたリーク画像を投下) pic.twitter.com/7V00TMWJ1U
 拡大
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
今回の商品はインバウンド(訪日外国人観光客さま)を意識してまして、パッケージに英語表記を入れています(裏面の「お召上がり方」にも英語表記を添えてます)。青森にいると英語圏の方より中国や韓国からの観光客の方のほうを多く見かけるくらいですけども、ハブ言語としての英単語を採用です。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
SHIJIMI is a freshwater clam which has rich amino acid and vitamin B group. HOTATE is a Japanese scallop which has rich UMAMI flavor and soft texture. デザイン的に2つの商品の文字数がある程度そろっている感じにしたかったので、頭をひねりましたことよ。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
新商品の隠し味(パッケージ正面に堂々と記載しているので隠していません)、それは「青森県産のすりおろし🍎」(りんごピューレ)です。メインの具材だけでも青森らしさがあって美味しかったのですが、これが加わることによってほのかな甘みとコクがでて格段に美味しくなりました。 pic.twitter.com/SPyEmlm957
 拡大
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
もちろん他にもいろいろ青森っぽい隠し味を模索はしてみたのですが(たとえば黒にんにくとかね)、🍎が加わったときのカチリと味の歯車が噛み合った感じはコピーにもなった「運命の出逢い」でした。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
試作段階で「試しにこのくらい入れてみよう」が偶然にも最良の配合でもありました。このへんの運にも恵まれました。あとで検証してみましたがこれより少なかったら「あまり味のちがいはないな…ボツ!」だったし、多かったら「味の個性がつよすぎる! ボツ!」と可能性の幕を閉じていたことでしょう。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
まぁ「運に恵まれた」とはいっても「試しにこのくらい」という分量がそもそも過去の経験に基づいているわけで、岸辺露伴先生風に「自分の『運』をこれから 乗り越える!!」で引き寄せた結果なのかもしれません(?)
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
そうなんです、2つの新商品に共通の隠し味は「青森県産すりおろしりんご」です! あおもりのきらめき、それは青森県産食材の運命の出逢い! pic.twitter.com/urLnFvw8mK
 拡大
 拡大
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
昨日から新商品の案内がはじまりました。道の駅、おみやげ物屋さん、百貨店、リゾートホテルの売店など、ご注文をいただいたばかりか、すでに店頭にならべてもらえたお店もあります。バイヤーさんに試食してもらうとマチガイなく「おいしい」と言ってもらえます。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
お店にならべてもらうこととお客様に買っていただけることはイコールではなくてこのあとは店頭での商品力が問われることになりますが、お店にならべていただかないことにはお客様の目にふれる機会もありませんので、最初の関門をできるだけたくさんクリアするように願っています。
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
しじみちゃん本舗、待望の新商品。 あおもりのきらめき★★★★★シリーズ 「濃厚しじみチャウダー」 「贅沢ほたてチャウダー」 2アイテム発売開始となっております。その味はまるで高級レストラン! ※ネットショップでのお取扱いは今しばらくお待ちください。 pic.twitter.com/RkbfrU8FTT
 拡大
しじみちゃん本舗(公式) @shijimi4438
あおもりのきらめき★★★★★「濃厚しじみチャウダー」 青森県十三湖産の特大サイズの大和しじみに、自社製しじみエキスを加えた濃厚なクラムチャウダーです。青森県産のすりおろしりんごでコクとほのかな甘みを追求しました。1食160g入、648円(税込) pic.twitter.com/QYV9R69Sct
 拡大
残りを読む(12)

コメント

ポン酢太郎 @ponzoo2you 9日前
タイトルから期待されるものと開いてから見せられるものが違いすぎた。申し訳ないけど★は1個
半猫人(はんにょじん) @hannyozin 9日前
めちゃ美味しそう…開発、面白いですよね。産みの苦しみがある分、出来上がった喜びはひとしお。私も中小企業に勤めています。若いうちから任せてもらえるのは本当に魅力的です。
tamama @tamama666 8日前
一食648円・・ なかなか強気なお値段 ちょっと普通の人の自分にはレトルトにこの価格は無理 ターゲットはどの辺なんだろう
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする