2018年10月19日

2018年映画鑑賞

1
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。3。これは随分昔にテレビで見たことがあったけれど、殆ど忘れていた。カイザー・ソゼ。練りに練った脚本で最後まで真相を読ませないようにしているんだけど、それは「過去シーンは全てケントの説明によるもの」と分かった瞬間に崩れる(と思う)。それより、サクサク進めるテンポがいい。 pic.twitter.com/8EBokfDZE7

2018-12-31 00:02:33
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。2つめは1948年英国映画「オリヴァ・ツイスト」。19世紀前半のディケンズの小説からの映画化で、これは2回目とのこと。その後も何度も映画化舞台化されてるものだけど、この作品の印象は、ちょっと心情変化の描き方が雑かな……。19世紀のロンドンの汚さの演出は凄い。 pic.twitter.com/lwR8Zf7AZE

2018-12-30 21:13:56
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。一日家にいる日じゃないと見る気にならなかった本編220分の超大作。少年たちがユダヤ系マフィアになりのし上がりながら運命に翻弄される半世紀を描いたもので、比較的淡々と出来事を描写していく。デニーロはイタリア系もユダヤ系も行けるのか。行けてしまう演技力。技術的には割と平坦。 pic.twitter.com/fsroVG5EJk

2018-12-30 20:44:37
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。またディー・カイゼリン観てきましたよ。ホントもうとてつもなくかっこいいよねこのアニメ。初回鑑賞と同じ新宿角川で、今日は永野&河村のトークイベント付き。代理でいかせてくれたユーイチさんありがとう〜 pic.twitter.com/bCjhvgHcKi

2018-12-28 22:00:52
拡大
拡大
拡大
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。トラさんすしおくん絶賛、ボタQさんも童夢だって言うんで見てみました。童夢カットがえらく目立つなw 話は童夢ではなくて諸星大二郎の「天神さま」かな。モンタージュな構成でエラく多くの視点を組み合わせてるうえ、安易な予測を裏切りまくる。面白かった。 pic.twitter.com/spq7WdJDGZ

2018-12-27 23:41:23
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。19世紀中頃のセミノール族との闘いを描いフロリダ西部劇なんだけど、占領されているスペインの残した城塞を攻略したら捕虜の女性を救出。そして追われ、生きて帰るもののいない湿地を行軍、アリゲーターや蛇もかわしつつ最後は決死の総力戦……一騎打ち。インディージョーンズだったw pic.twitter.com/KLJCkMmRVt

2018-12-27 00:14:45
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。スコセッシ&デ・ニーロのタッグ第一作。金を借りまくっても返す気のない男とそれをかばう友人が金貸しの友人から逃げようとするだけの話。しかし人を苛つかせることにかけてはデ・ニーロの右に出るものはいないな!内容無いのに引き込まれるのは、緊迫感のある映像の賜か。結構好きだな。 pic.twitter.com/GPrZcDJpMN

2018-12-26 00:44:57
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。主演のバート・ランカスターってジェームズ・スチュアートを薄くした感じ?牛追いたちの間で起こる諍いを描いた作品で、ダメな実子と優等生な乳兄弟が結局わかり合えずに対決してしまう。視点がコロコロ変わって入り込みにくいな。脚本か、編集か。時々ステレオ音声が極端に広がる。 pic.twitter.com/q95pZNAvRk

2018-12-25 01:07:16
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。ラストは大名作「市民ケーン」。これ初めて見ました……いや、ホント凝った構図で画面デザインが凄いな。そして多方面で引用されまくっているのがよくわかる。「犬ヶ島」もコレだよね。ストーリーはさして面白いわけではないんだけど、実在の人物(ハースト氏)がモデルと聞くと興味深い。 pic.twitter.com/rrC386H0tW

2018-12-24 01:01:28
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。高校生の時にサントラLPを買い、映画を見たのはずっと後の深夜テレビ。綺麗になったBlu-rayを買ったのは今年夏前で、ボーナス映像だけ先に見てて、本編をやっと今日見た。真っ赤や真緑の画面がクリスマスらしいね!正直、編集がダメダメすぎると思うんだよね。怖さはない。色が綺麗。 pic.twitter.com/EJmWpCuoOF

2018-12-23 20:27:38
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。1953年の西部劇映画黄金期の名作、ネイティブ・アメリカンとの闘いが終わり、今度はその頃の開拓者と新しい入植者との諍いがテーマ。開拓者ライアー側のやり口は強引なんだけど、どちらに正義があるのか分かりにくかった。シェーンの早撃ちは凄い。映像は雄大。冒頭のパイがおいしそうw pic.twitter.com/Mkh8sj57y6

2018-12-23 20:19:56
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。「シックス・センス」と制作・監督・脚本・撮影が同じ布陣で映像の美しさと感触、編集の良さは折り紙付きなんだけど、そもそものアイデアがイマイチなのと、クリーチャーが出てきてしまうと一気にチープになってしまって乗れなかった。水がダメなら畑で葉に溜まった水滴とか平気だったの? pic.twitter.com/lBkKddLCoI

2018-12-23 20:10:41
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。ラストはレンタル落ち108円で買った2005年作。いやー、ホントに美しい映像。自然は雄大だし夜は暗いし、街はホッパーやワイエスの描いた世界が映像になっている感じ。役者も自然な演技で安心できるんだけど、こういう秘めた愛情物語はあまり心に来ない僕でした……ゴメン。 pic.twitter.com/0sdntyZLoy

2018-12-21 23:14:09
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。昼に見た「西部戦線異状なし」とは撮影監督繋がりの「戦艦バウンティ号の叛乱」は1935年のアカデミー賞受賞作。いやホント海洋ロマン超大作。250年前の英国凄い。それと船医が飲んだくれてるのと、チャールズ・ロートンのルックス(あの唇)は、松本零士作品のベースになってるのかな? pic.twitter.com/PbQICSyNte

2018-12-21 20:22:18
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。今年見た中で一番古い1930年作だけどそれを感じさせない素晴らしい作り。世間の熱狂と老教師の煽りに後押しされて飛び込んだ独仏戦線の最前線での悲惨な現実をドキュメンタリータッチで描く。訓練風景はフルメタル・ジャケットの元ネタ。廉価版でなく、メーカーblu-rayで見直したい。 pic.twitter.com/06yv3ZSe95

2018-12-21 14:35:57
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。3部作の最後の一本。いやー、1,2作目がヒットした余裕ですかねえ。登場人物それぞれの境遇と過去と現在が複雑に絡み合った脚本を、説明せずに繋げながら結末へ突き進む潔さ。それを支える奇をてらわない撮影と編集。クライマックス後はちょっと冗長だったけど、総じて面白かった。 pic.twitter.com/AHNnFkJXtb

2018-12-21 01:17:35
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。シンゴジの裏で見たヘップバーン映画は、僕の「クソ映画オブザイヤー」暫定1位の座を確保。いやー、内容的には最低だな。ただ、1960年のNYCが見られる点は興味深いし、なにより50年代中盤の映画から格段にモダンになった編集、タイミング、構図、自然なパンフォーカスに驚いた。 pic.twitter.com/dqfG7FJqks

2018-12-16 23:03:16
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。大学生の時に公開されたウイルスの脅威を描いた映画だけど、国立感染研のウイルス部で仕事をした後に見ると、ファンタジーだなあって思いますね。話のメインは「アメリカの正義」。ウイルス話はそれを補強するための肴にすぎない。残念。名優揃いで演技は素晴らしい。 pic.twitter.com/j2QyyeiVM0

2018-12-16 23:00:12
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。白山宣之さんのお気に入りだったと聞かなければ敢えて見ようとは思わなかった作品。いやこれはお金かかってるな!特に月明かりの出ている場面でのスムーズな入れ替わり、どれだけ丁寧な仕事なのか。ディズニー・ジョークが寒いのと、お子様対策でお色気少なめな以外は素晴らしかった。 pic.twitter.com/V93mbyBtAV

2018-12-14 22:26:18
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。イングランドの新聞記者がスコットランド西岸の小さな街の新聞社に赴任。新聞社の問題、市長の問題、市民の問題が、主人公と市長の娘との恋愛で全て解決するという、かなり強引な脚本。当時の雰囲気は伝わるんだけど、面白いかな……?ヴィヴィアン・リーが若くて綺麗。1937年。 pic.twitter.com/f71jl9lWgB

2018-12-14 02:59:29
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。これはディック世界を最もディック的に描いているのではないか。妄想と現実の交錯。事実は妄想ではなく虚構。最初から種明かしされているのは小説を読んでいるときと同じ感覚。ベスト盤で耳タコなほど聴いていたグラスの楽曲。終わり方が満点だな。 pic.twitter.com/tdKb9pgF9d

2018-12-12 01:21:20
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本、ラスト。ペキンパー初映画監督作品『荒野のガンマン』は、南北戦争での復讐とならず者の銀行強盗と流れ弾で子どもを殺されてしまった酒場の女性の旅を絡めた、複雑というか、少々強引な脚本かな……。映像的にも未確立な感じ。安物盤で音声が400ミリ秒遅れてるのを修正して鑑賞。 pic.twitter.com/s7T3MIGrX6

2018-12-09 23:50:02
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。やっとここまで来ました(@500円以下)。30年経って作る前日譚って難しい。CGも発達してて、これ観てから第1作を観て繋がるとは思えない。とはいえ、そうやって化け物が作られたんだとか、あそこで死んでたのは……等が明らかになってて面白かった。しかしブレラン続編と感触そっくり。 pic.twitter.com/Szsrwm1XJ9

2018-12-09 18:28:26
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本、番外。『救急救命室 ER』第4シーズン初回に行われたライヴ放送の、東海岸版と西海岸版を連続して。2年くらい前にD Lifeで観たのは両方の編集版で、改めて2回の違いを見て面白かった。2回目で足された演出、減らされたセリフ。全員2回演技してるんだけど、赤ちゃんのみ交代してた。 pic.twitter.com/PMfxaigjEj

2018-12-09 16:08:20
拡大
鈴木淳也 Jun'ya Suzuki @JunyaTheSphere

今日の一本。スコセッシ×デニーロの中で一番マニアックな作品とのことだが、この怖さは『タクシー・ドライバー』どころじゃない。僕の考える理想のファンの姿の対極で、正直ずっと気持ち悪いんだけど、その演技、リアリティが凄い。同レベルの映像で妄想と現実が入り乱れる。結末も妄想なのかどうか。 pic.twitter.com/cpS4NLXhab

2018-12-09 15:59:43
拡大
残りを読む(109)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?