諸葛亮の北伐は何故頓挫したのか?

諸葛亮の北伐が何故頓挫し、そもそも好調だった第一次北伐が街亭の戦いで破綻し、以後も精彩を欠いている理由について纏めてみました。
56

諸葛亮の北伐の目的と基本方針について

ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

諸葛亮の北伐の目的というか、最終目標は長安制圧なんだろうけど、その手前で狙っていた基本方針は祁山を経由して雍州と涼州を分断して涼州方面を制圧し、第二の補給地点を確保することで長安へと東進することにあった。

2018-10-19 16:07:57
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

諸葛亮の第一次北伐と共に、雍州の三郡である漢陽(天水)安定、南安の三郡が陥落というか降伏している上に、諸葛亮は趙雲を箕谷に布陣させて囮にし、諸葛亮は自ら涼州方面に進撃しているので、諸葛亮の基本方針は雍涼分断、そして制圧が目的だったのが分かる。

2018-10-19 01:17:44
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

魏延の長安進撃は結構記述が怪しい魏略に掲載されていることだけど、一応正史だと「諸葛亮と道を異えて潼関で会し、韓信の故事の如くしたく思った」とあるので、諸葛亮とは別ルートで長安へと進撃して潼関を塞ごうとしているので、魏延はとりあえず長安取ろうぜ派だった。

2018-10-19 01:21:31
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

魏延の主張は間違っていないし、むしろ漢王朝の元々の首都である長安を落とすことは蜀漢にとっては間違いなく意義のあることだし、潼関と函谷関を抑えれば、そのまま洛陽まで進撃も夢ではないんだが、補給線への負担を考えるとそう簡単にはいかない。

2018-10-19 01:22:48
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

成都から漢中には大巴山脈がそびえ、漢中から北には秦嶺山脈と過酷な山越えを二回もしないといけない。アルプス越えを二回しろといっているようなもので、仮にスヴォーロフやハンニバルでもこれは結構な無理ゲーである。

2018-10-19 01:24:12
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

故に、諸葛亮は安全というか雍州と涼州を分断した上で、第二の補給線を確保し、さらに羌族ら異民族とも提携することで北伐を計画していた。それもかなり入念にやっていていたからこそ、三郡がいきなり降伏、そして陥落している。 だが、諸葛亮にとってここで予想外のことが起きた。

2018-10-19 01:25:28

諸葛亮の誤算

ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

天水、南安、安定の三郡は制圧出来たが、涼州と雍州の境目にある隴西郡だけは張既の下で郡太守をやっていた游楚が激しく抵抗しており、ここで諸葛亮の進軍が止まってしまう。 さらに魏の涼州刺史である徐邈が蜀に寝返ったはずの南安奪回に向けてゲリラ戦を行い、諸葛亮の戦略が狂い始めた。

2018-10-19 01:28:06
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

さらに曹叡が長安まで親征し、張郃に三郡奪回を命じ、張郃は数万の兵と共に街亭へと進軍を開始する。街亭は雍州西部にとっては背面のような場所で、ここで食い止めないと蜀軍は隴西と街亭から挟撃される。 そこで諸葛亮は馬謖に街亭を守らせた。

2018-10-19 01:30:10
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

馬謖は街亭に布陣するも山頂に陣取ったわけだが、馬謖の言い分というか理由としては「魏軍は一刻も早くこちらを撃退したいはず。だからこそ短期決戦で挑んでくるからそれを速攻で撃破する」ということで山に陣取ったんだろう。

2018-10-19 01:31:47

街亭の戦いについて

ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

街亭の戦いを考察すると、魏からすれば三郡が制圧され、隴西まで王手をかけられているような状態。だけど、游楚と徐邈が頑張っているから早く救援に駆けつけたいっていう事情が背景にはあったと思う。 故に、馬謖は相手が短期決戦で挑んでくるからそれを迎え撃とうとした。だが相手が悪かった。

2018-10-19 01:33:44
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

游楚や徐邈が頑張っているが彼らは正直寡兵であるし、本来ならば速攻で救援したいけど、張郃は馬謖が短期決戦を挑もうとしていて、包囲されることを配慮していないことを看破し、水源を抑えて包囲し、あえて持久戦に持ち込むという結構な奇策を打ったわけである。 馬謖の選択はそこまで間違っていない

2018-10-19 01:36:34
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

だが張遼や楽進、徐晃らと共に並び立つ歴戦の宿将といってもいい張郃相手では馬謖は完全に実力不足だったわけで、街亭の戦いが呆気なく終わったのは馬謖の作戦ミスと共に、馬謖の作戦ミスに盛大につけ込んで短期決戦ではなく持久戦を取るという張郃の奇策が見事に決まったからに他ならない。

2018-10-19 01:38:32
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

実は正史だと諸葛亮は馬謖に山頂に陣取るなとかは一切言っていない。だけど馬謖の指揮が諸葛亮の意に添わなかったのは事実だったようで、諸葛亮の計算としては馬謖が街亭で上手く防いで本隊を動かすまでの時間稼ぎを行った上で各個撃破を狙ったのではないかと推測する。 だけど、諸葛亮は動けなかった

2018-10-19 01:41:13
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

馬謖ではなく、魏延や呉懿ら蜀の宿将達に街亭を任せるべきっていう意見があったけど、諸葛亮があえて馬謖に守らせたのは馬謖に箔を付けさせるっていうのもあるが、游楚と徐邈が激しく抵抗しており諸葛亮の第一目標である雍涼分断に大きなブレーキがかかっていたからに他ならない。

2018-10-19 01:42:54
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

三郡を制圧し、後は隴西だけっていう状態の中で諸葛亮からすればあと少しで完全制圧出来る中、唯一隴西郡が激しく抵抗し、一度制圧した南安でも徐邈が反撃している状況下なのだから、諸葛亮からすれば「街亭よりも隴西だよ!」的な焦りもあったと思う。 そう見ると街亭の戦いの視点が少し変わってくる

2018-10-19 01:44:41

諸葛亮の計算を狂わせたのは誰か?

ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

街亭の戦いで魏延や呉懿を派遣しなかったのは、しなかったのではなく出来なかったのではないか? 隴西郡さえ陥落すれば諸葛亮の雍涼分断は成功するわけだし、隴西郡を落とせば涼州を魏と分断出来るので、その後に街亭へと進撃して張郃に備えれば魏にとっては一番厄介なことになる。

2018-10-19 01:46:25
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

故に、魏延や呉懿を隴西郡制圧に投入し、速攻で隴西郡を制圧した上で東進するっていうルートの方が確実である。後、街亭は森林地帯で街道以外から進軍するのが難しい場所でもあったから非情に守りやすい場所だった。故に、馬謖には撃退ではなく防御を諸葛亮は求めた訳である。

2018-10-19 01:48:06
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

正直、街亭の戦いは魏延や呉懿を向かわせるか、諸葛亮自ら向かうべきだった。街亭の戦略的価値を考えるとその方がいいんだが、それが出来なかったからこそ馬謖に任せたのは、隴西郡太守である游楚と涼州刺史徐邈の二人が激しく抵抗していて本隊を動かせない状況にあったわけである。

2018-10-19 01:50:13
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

游楚と徐邈のファインプレーがなければ、おそらく隴西郡も陥落し、涼州も分断され諸葛亮はそのまま蜀軍を街亭へと向けさせて万全の体制で向かい討つことが出来たはずなんだが、それをさせなかった游楚と徐邈は地味だけとかなりスゴイことをやっている。

2018-10-19 01:51:25
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

そして、諸葛亮の本隊が隴西郡と南安に釘付けになったことで、張郃は街亭へと進軍し、さらに馬謖の策を看破して持久戦に持ち込むっていう奇策を打つことで街亭の戦いであっさりと馬謖を破って蜀軍の背面を突ける状況になったことから諸葛亮の第一次北伐はここで完全に破綻して撤退する羽目になる。

2018-10-19 01:53:16
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ

街亭の戦いのMVPは間違いなく張郃だけど、諸葛亮の第一次北伐そのものに対するMVPは游楚と徐邈なわけで、特に徐邈は以後の北伐で諸葛亮に祁山から涼州方面の進撃を完全に出来ないようにさせたので、ある意味諸葛亮にとって最大の敵であったと思う。 この二人がいなかったら逆に街亭で防がれていた。

2018-10-19 01:55:31
残りを読む(10)

コメント

ろんどん @lawtomol 2018年10月19日
対諸葛亮戦で、演技だと功績はだいたい司馬懿になってて、活躍した他の魏の武将が忘れられてるor逆にやられ役になってるのは少し可愛そうですね
4
伍長 @gotyou_H 2018年10月19日
徐邈って人は、最初は「酒など飲んで酔っ払うとは何だ!」みたいな扱いをされたものの、その後国全体の倫理が地盤沈下を起こして、「おとなしく酒を飲んでるだけの徐邈を見習え!」みたいなポジションになったという、熱い掌返しを食らった人でもある
12
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月19日
単純な話、魏と蜀では国力が違い過ぎる。魏には戸籍が2つあって、税務の対象となる戸籍とそれらがほぼ賦課されない戸籍の2つがあって、兵役は前者だけが実質担っていたので、戦争が長引いても後方の生産体制にはほぼ影響がなかった。(この2重戸籍は現代の中国にも引き継がれている)。
5
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月19日
一方、蜀は1つしか戸籍がなく、降伏した際の国力調査はほぼ実情を把握したものであったらしい。また、蜀は屯田兵が大半で、戦況がどうであれ一定期間を過ぎれば兵士を後方へ戻すことを諸葛亮は確約していた。あの山岳地帯を塔はして人を入れ替えたり、猫車押して物資運んだぐらいじゃ戦線の維持どころか攻めていくことなど無理なのは明白。
5
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月19日
孔明はナポレオン同様、自分が総大将として指揮をとり、何十人何百人と伝令を使える間は無類の強さを誇ったが、他人に総大将を委任した際の勝率はたいしたことがない。自分にしかできないことしか自分ではしない、他人に任せてよいことは積極的に他人に任せることを徹底した司馬仲達には結局勝てなかった。
7
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月19日
魏は曹操以来、素行不良でも才能のある者は我慢して使い続けることを是としたが、孔明が率いた蜀では清廉潔白な人事システムがあだになって、型破りな才能を持つ次世代の新人、つまり姜維の後を継ぐ人が出なかったことで部将の不足が如実になっていて、入蜀以後の人材はかなり不足しているのは否めない。
7
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月19日
当時の人口調査では魏の人口は443万人、対して蜀は94万人とある。が、これはあくまで皇帝を頂点とする表向きの戸籍の人口でしかない。で、なければいくら戦乱が続いたからって後漢の最盛期から人口が7分の1になるわけがなく、減少した人口の大半は家や田畑を捨て、流浪の果てに臣下の私有地で裏戸籍に入ったはず。この流出人口の受け入れ先として、道中険しく「守るに易く、攻めるに難し」の蜀には人口流入の上では大きなハンデになるだろうから、実際の人口差、国力差はもっと大きいだろうと推測できる。
1
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月19日
三国時代になると、戦争は全て「国家間戦争」となるので、臣下は自分が戦場に赴く場合、使い勝手の良い自分の手勢以外は全て官兵で賄うしかない。この官兵の出どころは皇帝を頂点とする表向きの戸籍にカウントされている人たちだけ。つまり、仲達とすれば、自分が戦場に立たない限りは魏の官兵と公金を垂れ流しするだけで、どれだけ持久戦しても自分の懐は痛くもかゆくもないわけで、国境線が後退しない限りは、むしろ「孔明ウェルカム」だったんではなかろうか。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年10月19日
まとめの分析の流れで言えば、攻撃側はどこかで敵の抵抗が予想を上回ってうまくいかない時に、増援にまわせる遊軍をもてないといかんということかも。
3
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2018年10月19日
mikumiku_aloha 遊軍は送ったんですが、そいつが約立たずだからこそ諸葛亮は大失敗しました。
0
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2018年10月19日
softhitter99 魏延か諸葛亮本人が街亭に向かうべきでしたね。
0
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2018年10月19日
しかし、成都から漢中への1回を省略できるとは言え、この400年前に漢中から関中への侵攻を成功できた漢って、どんだけ巧みに兵站やってたんだと思います、
5
昆布出汁 @kobu_dasi 2018年10月19日
張郃とかあの時期なら最も経験豊富と言っても良い歴戦の将軍相手にぶつけたのが馬謖ってのはやっぱり格が違ったように思う。
2
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2018年10月19日
BigHopeClasic 戦功第一とされた蕭何の才能の凄さですね。
2
tama @tamama666 2018年10月19日
くっ!せめて諸葛亮の元に忠実な部下として項羽と蕭何と白起と王翦と楊大眼がいて劉禅が光武帝劉秀ならワンチャンあったはず…
5
佐野まさみ @gameperson_sano 2018年10月19日
五丈原のあたり、あまり力入れて読んでなかったんでマーク。
1
黒田クロ@ふたけっとH11 @kurotoya 2018年10月19日
BigHopeClasic 劉邦の関中進出成功は1.項羽がそもそも関中確保に大して興味を持ってなかった。2.当時の咸陽周辺の支配者である章邯ら三秦が秦人から見放されており、支配力をあまり有していなかった。3.これらにより漢の短期決戦戦略が成功、兵站への負荷が小さかった。という3点があるのではないかと。
3
tama @tamama666 2018年10月19日
真面目な話、シンプルに法正またはホウ統が生きていれば街亭任せられてあんなことにならなかったのかなと思います とくに法正は惜しいなぁ
1
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2018年10月19日
tamama666 法正と龐統が生きていなくても、呉懿や魏延だったら流石に総崩れになって街亭を失うことはなかったと思いますから諸葛亮の人選ミスと判断ミスです。徐邈伝と張既伝にある游楚の記述だと、諸葛亮はかなり隴西制圧にこだわっていたようですし。あのタイミングで張郃が進軍してきたのも、隴西が陥落できなかったも諸葛亮の戦略が半分ぐらいぶっ壊れかけてました。
1
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2018年10月19日
[c5542754] 故に、王平だけは実はこの北伐で昇進してますからね。馬謖は処刑されましたが、部下二人も処刑されてます。諸葛亮自身も右将軍に降格していますし、第一次北伐は諸葛亮にとって一番の大チャンスであり、同時に一番の大失敗です。
2
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2018年10月19日
[c5542752] 天水、南安、安定はほぼ無抵抗で下っているのを見ると、諸葛亮はかなり入念に計略を練っていた見たいですが、肝心の隴西郡だけは上手くいかず、それどころかまとめにも書きましたが游楚が徹底抗戦していた上に、徐邈も南安奪回に向けて動いていますので諸葛亮自身、かなりテンパっていた可能性もあります。 魏延や呉懿を回さなかったのは、隴西制圧と南安の徐邈へ対処させるためではないかと。
1
熾 (ツイッター休止、マストドンにいます) @JapaneseDrugLab 2018年11月3日
徐邈の酔った上での問題発言と、鮮于輔の「徐邈は慎み深い奴ですから」という発言は、医学的に考察すると、「エタノールの脱抑制作用」とかかわりが深い。エタノールや、ある種の睡眠薬は普段「やってはいけない」と思って自制していることを、抑制をなくして行わせる力があり、これを「脱抑制」という。 だから、普段慎み深い人ほど、お酒を飲んだ時に問題行動を起こしてしまう。スマップの草彅剛とかも、普段はとても礼儀正しい人らしいしね。(続く)
1
熾 (ツイッター休止、マストドンにいます) @JapaneseDrugLab 2018年11月3日
旅館の宴会の後がグチャグチャに汚れるのは、銀行員と警察官の一行だそうだ。普段、束縛されてる人たちだからね……
1
熾 (ツイッター休止、マストドンにいます) @JapaneseDrugLab 2018年11月3日
あ、何が言いたいかというと、お酒を飲んで問題を起こす人は、普段まじめな勤務態度でストレスが溜まっている善良な人であることも多い、ってことですw
1
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2018年11月3日
JapaneseDrugLab 徐邈に関しては盧欽という人が 「徐公は志は高く行いは絜白で、才は博く気力は猛強だった。その施行する所は高潔であっても狷介ではなく、博くありながら簡約を守り、猛々しくも寛容であれた。聖人は清廉を困難としたが、徐公にとっては容易であった」と絶賛しまくっていて、田豫ら共に清廉を貫いた人として死後も褒めたたえられてますしね。本質はやっぱり鮮于輔が言った「慎み深い人」なんでしょう。
2
(あ)@お気持ちヤクザ @MutsuniNaruBeam 2018年11月3日
酒なんて飲むと信用失うよ! これからは五石散で幸せを感じよう!
3