編集可能
2018年10月21日

まさにサソリそのもの「スコーピオン」という銃

4
Lcron @erukuron

ギャップの強いスコーピオンちゃんの2コマ漫画です pic.twitter.com/8CPEa9vLqc

2018-10-20 19:04:08
拡大
AOE @AOE45451919

@erukuron 101部隊とかテロリスト狩りとかゲリラ狩りとか・・・中々血生臭い銃ですよね

2018-10-20 20:33:12
布切れ宵月@頭上クレイモア @YoidukiUlanov

@erukuron スペツナズとかKGBとか機密という意味で言えないからなぁ、、、 あれ?こんな遅くに誰かな?

2018-10-20 22:42:22
山猫不燃物 @Mk603KMod0

@erukuron 北朝鮮の特殊工作員とか………かな?

2018-10-20 19:04:57
HK15 @hardboiledski45

現在位置が自分でもよくわからなくなった鉄砲おたく。原理主義的ハードボイルドおたくでもある。大藪春彦ファン。映画も好き。

HK15 @hardboiledski45

もともとタンククルー向けの護身用火器として作られたはずなんですけどね。いつの間にやら東ヨーロッパあたりでずいぶん物騒な使われ方をされるようになって……

2018-10-21 19:11:36
HK15 @hardboiledski45

このあたりの変遷は、ソ連におけるカウンターパート……いや、順序としてはスコーピオンの方がカウンターパートなのですが……であるスチェッキンAPSとも不思議に似通っています

2018-10-21 19:13:17
HK15 @hardboiledski45

スコーピオンにせよAPSにせよ、もとから特殊作戦用途を志向して設計されたとはいえない銃なのです。その方面への転用の可能性は、ずっと後になってから見出されたのでした

2018-10-21 19:25:45
HK15 @hardboiledski45

このあたりが、最初から特殊作戦用途を意識して開発されたイングラムM10とは違うところです。イングラムはまさにダーティな仕事のために作られた銃でした

2018-10-21 19:28:06
HK15 @hardboiledski45

ただ、スコーピオンにせよAPSにせよ、大型拳銃サイズでフルオート射撃が可能であった点が、とりわけ都市部での戦闘、わけても屋内戦闘において有利に働くと判断されたのは間違いなく、それが後の特殊作戦用武器への展開を容易にしたのは間違いないでしょう

2018-10-21 19:44:40
HK15 @hardboiledski45

また、スコーピオンもAPSも、比較的ローパワー・低初速の弾薬を使う銃であったのも、かえって功を奏したでしょう。フルオート射撃時のコントロールが容易になりますし、またこの種の弾薬は消音器との相性もいいのです

2018-10-21 19:47:27
HK15 @hardboiledski45

こうしたスコーピオンの特徴に目をつけたのは、ワルシャワ・パクト加盟国の軍・警察特殊部隊ばかりではありませんでした。70年代、西ヨーロッパに吹き荒れたテロルの嵐……この中でたびたびテロリストが用いた凶器のひとつが、まさにスコーピオンでした

2018-10-21 20:08:01
HK15 @hardboiledski45

en.m.wikipedia.org/wiki/%C5%A0kor… IRAや赤い旅団をはじめ、多くのテロ組織でスコーピオンは用いられました。78年のアルド・モロ元首相誘拐事件において、モロ首相をあの世に送るのに用いられたのもスコーピオンだとされています

2018-10-21 20:11:29
HK15 @hardboiledski45

まさに西欧諸国の警察組織にとって、スコーピオンは、闇の中で毒針を振るい、大勢の人々をあの世へと送る、恐ろしいサソリそのものだったのです

2018-10-21 20:14:18
HK15 @hardboiledski45

この種の小型軽便な全自動火器は、まさに都市部でのテロルに最適なのです。〈フォーンブース・ガン〉──電話ボックスの中での撃ち合いにしか使えぬ銃──という皮肉に満ちた呼称は、一方で、この種の銃が活躍する状況がいかなるものか、如実に示しています

2018-10-21 20:21:26
HK15 @hardboiledski45

逃げ場のない狭い室内、敵の毛穴すら見えそうな超至近距離。熟練したガンファイターでも尻込みするような最も過酷な状況で真価を発揮するのがこの種の小型短機関銃です。小さな、小さな魔獣。そう呼んで差し支えありますまい

2018-10-21 20:24:46

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?