アプリで作成
2018年10月22日

ラブストーリーは突然に

メイン大倉 サブ安田
7
はぐ🕊 @516hug

#エイトで妄想 カラオケオールすることなったんだけど、友達が男子も呼ぼってなって元々女子だけの5人からなんか増えて15人でオールすることに。「楽しくていいね!大人数のほうが!」ちょうど彼氏の忠義くんとは倦怠期に突入したのかなんなのか、一ヶ月に一回LINEするくらいだし。

2018-10-11 17:32:08
はぐ🕊 @516hug

それに忠義くんはいろんな地方でよろしくやってるみたいだし?それに対して私になんの連絡もなかった。…あんな週刊誌に堂々と撮りだたされてるのに。謝りのLINEもないなんて何?「(ファンかよ私は)」見てないとでも思ってんのかよ。男『〇〇ちゃん?顔怖いで?』「あっ。ごめんね~」

2018-10-11 17:34:52
はぐ🕊 @516hug

でもやっぱ楽しくないんだよね。同年代の男子とか年下キョーミないし。「みんなごめんね、わたし帰んなきゃ。」門限ありきの過保護タイプのおかげで、こうゆう時非常に便利だ。「……はぁ。」私たち付き合ってるってゆえるの?今の関係なに?「謎なんですけどっ」…と石ころを蹴ったら、『ったァ』

2018-10-11 17:39:40
はぐ🕊 @516hug

人の顔面直撃した。「すみません!!大丈夫ですか!?」これはヤバイ、と思ってその人のとこに駆け寄る。『大丈夫ですぅ、』「え」『…えあれ、〇〇ちゃんやんかぁ!』「やすださん!?」忠義くんのメンバーさんに会うの久しぶり!ってゆうか「石!大丈夫ですか!?怪我してたら『大丈夫やって(笑)』

2018-10-11 17:44:30
はぐ🕊 @516hug

安田さんは忠義くんとプライベートで仲がいいし、「最近あの人元気ですか」『あの人?…大倉?(笑)元気やで?…どしたんなんかあった?』"なんか"さえもないんですけどね。「会ってないんで」『え!そうなん?……いつから?』「ツアー始まった7月から」そう言うと、安田さんは難しそうな顔をした。

2018-10-11 17:49:26
はぐ🕊 @516hug

なにかの手違いで 好きになってくれないかな

はぐ🕊 @516hug

『今から大倉と会うけど…連れてったろうか…?』「はっ?!」待ってどういうこと、いや言葉の意味はわかるけどっ。『会って話した方がええんやない…?』「いや私たち全然連絡も取ってないし」『だからやん』だって…会って私が傷つくだけじゃん…。なんか言われたらどうすんのさ。別れの言葉、とか

2018-10-11 17:53:27
はぐ🕊 @516hug

なんやかんや言い合い、悶々と考えてるうちに、彼がいるというお店に着いてしまった。『…怖い?会うの。』「……怖いですよ?」苦笑いで見上げたら、『…なんかあったら、俺がもらってあげるし』…目が何度も瞬きをした。だって、「意外…安田さんもそういう冗談言うんだ」『え』『冗談やないけど』

2018-10-11 17:57:42
はぐ🕊 @516hug

「(笑)安田さんは真っ直ぐでいてほしいです、そうゆう気遣いか冗談かわからない言葉なんて使わず」『だから。冗談やないよ、?』目と目が合って伝わる。ほんとだ、って。「いや…なんで」『大倉より先に好きやってんで?』って苦笑いされた。『りょー、なんで大倉に紹介したんって恨んだもん』

2018-10-11 18:04:24
はぐ🕊 @516hug

元々亮ちゃんは私の家の近所に住んでいて、だから小さい頃から知っていて。俗に言う、近所で遊んでくれる優しいお兄ちゃん、だった。『俺だけにとどめておいてほしかった。紹介するの』亮ちゃん繋がりでメンバーさんとこんな風にも知り合いになれたけど、「安田さん、」『……俺の方が先やったのに』

2018-10-11 18:09:09
はぐ🕊 @516hug

『……俺の話はこれくらいにして、とりあえず、中入ろっか。』「あ、ちょっ、」ぐいぐいと押されて中に入る。…と「…っ」見慣れた姿。キャップ深めに被ってマスクして、スマホ見てる。…なんて声かけよう。『大倉お待たせ』安田さんが私を見かねて先に声をかけ、スマホから目線をあげた彼と目が合った

2018-10-11 18:17:52
はぐ🕊 @516hug

『…〇〇』「…ひさしぶり」『なんで…』『俺が連れてきてん』ちょっとこの空気ほんと耐えられない。『………座る?』安田さんが説明し、忠義くんはちょっと間を置いて、自分の横を空けた。「…横いいの」『…嫌…なん』その一言、表情で充分だった。彼にも色々思ってることはあるんだと、読み取った。

2018-10-11 18:24:12
はぐ🕊 @516hug

隣に座ったものの気まづい。気まづすぎる。忠義くんも何も言わないし、と思ってたら、『こんな時間どこおったん、、』と口を開いた。「カラオケ」オールするつもりだったから今は結構な深夜だ。『…そ』あ。会話終わった。『話割るごめん。なあ大倉頼みあるんやけど』『?なに?』『別れてくれへん?』

2018-10-11 18:29:53
はぐ🕊 @516hug

『は…?』忠義くんの返しは、当然と言っていいだろう。何十年と苦楽を共にし、何よりも信用している仲間から、しかも安田さんからの衝撃的な発言。『何言うてんの、ヤスどうしたん?』『どうもしてないよ?別れてほしいなーって思ったから言うただけ』対照的にケロッとしてて笑う余裕さえある安田さん

2018-10-11 20:03:06
はぐ🕊 @516hug

『意味がわからんのやけど』『えー?(笑)だって大倉さあ、ずっとやん?』「安田さん…?ずっと、って…?」忠義くんを見ると、額に汗をかいてて、焦った顔をしていた。『ライブ始まったら毎年さぁ、ライブ終わりすぐクラブ行くやん?んでホテル持ち帰り。これループやん』『ヤスっ』嘘でしょ何この話

2018-10-11 20:11:48
はぐ🕊 @516hug

「ほんとなの?」私は、週刊誌のあの人だけだと思ってた。色々あった彼にとって、気持ちがはち切れて、いつかやってしまうであろう"仕方ない過ち"だったんだと思ってた。「答えてほんとなの…?」なんで答えないの?『無理やわごめんな大倉?ほんまは俺は席外して2人で話してもらおって思ってたけど』

2018-10-11 20:17:13
はぐ🕊 @516hug

『なんか〇〇ちゃんと並んでんの見たら無性にイライラしてきた。』ニコッと笑いながら言う安田さんだけど、目が笑ってない。『なんでお前みたいなんが彼氏なんやろって』『なんも知らんと〇〇ちゃんはお前のこと待ってるんやろなぁって思ったら、俺が2人の仲裁入るより、奪った方が早いやん、って』

2018-10-11 20:21:15
はぐ🕊 @516hug

『…ヤスが奪える?』低い声が横から聞こえた。『やっさしーいお前が、親友の恋人奪える?』忠義くんが安田さんを睨み、安田さんも睨み返し、二人の間に目には見えない火花が散る。

2018-10-11 20:28:47
はぐ🕊 @516hug

『…奪えるで。』『案外簡単に。』その発言に忠義くんは眉をひそめた。「二人とも…もうやめよ…」私だって傷心したままでいたい。けど、私のせいで2人が争うのは見てられないんだよ。大事な時期でしょ…。『〇〇ちゃん…』「大丈夫、忠義くんの家には帰らないし」『ちょ、は、何言うてんの?』

2018-10-11 20:36:52
はぐ🕊 @516hug

「…否定しなかったよね。さっきの話」『そ…れは』「ほんとなんでしょ」『……』「逆に忠義くんはさ、私がそうしてて、許せるの。はいはい構わないよ~って許して家に帰るの?」「私にはそれは無理(笑)」『行くとこないやんお前』「あるよ?」「安田さんち。」『〇〇ちゃん?』『本気?』「本気。」

2018-10-11 20:41:32
はぐ🕊 @516hug

『なら行けば』……この一言で、私の中の何かがプツンと切れた。「今ここで別れたってことにしてくれていいから。」「安田さんいこ」腕を掴んで2人で店を出る。『〇〇ちゃん、』『〇〇ちゃん』『なあ!って!!』グッと力を入れて立ち止まられて、腕を引いてた私も止まらされた。『泣いてるやん…』

2018-10-11 20:46:37
はぐ🕊 @516hug

「なんで引き止めないの」「なんで言い訳しないの?」「なんで行くなって言ってくれないの」「なんで別れたくないって言ってくれないの?」今思ってることを全部声に乗せて吐いたら、ボタボタと涙が落ちていく。傍から見たら、ジブリのような泣き方なんじゃないだろうか。「なら行けば?…だって…泣」

2018-10-11 20:50:05
はぐ🕊 @516hug

『大倉もちゃんと話しようって思ってたんやと思う』「…わかってる」忠義くんのあの顔見ただけでわかるもん。分からないほど忠義くんを見てなかったわけでも付き合いが浅い訳でもない。「話してこなきゃだよね」『…』「行ってくる」行こうとした私の手を、「え…」安田さんは掴んだ。

2018-10-11 22:15:25
はぐ🕊 @516hug

『行かせたくない』『言うたやん、俺、冗談やないねん…ほんま。』「安田さ…」『〇〇!』忠義くんの声が聞こえた。走って追いかけてきたんだ…「忠義くん」『ごめん、ヤス』『…』『ヤスの気持ち、最初っから気づいててん。〇〇のこと好きなんやろうな、って…』『大倉って卑怯やなぁ』『ごめん…』

2018-10-11 22:21:13
はぐ🕊 @516hug

『…けど〇〇が好きになってくれたんは俺やった。』そう言って私の手を取る忠義くん。『週刊誌出た時にさ、なんでか近いうちにこうなるんちゃうかなーって想像できたんよな。ヤスにばらされて、〇〇と別れて。』「忠義くん」『いざそうなって、うわー無理やなーーって』『全然無理やし。』

2018-10-11 22:27:09
残りを読む(45)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?