前編放送後、 #フェイクニュース や単語の用法がドラマの影響で変わっている実例/野木亜紀子さんへの依頼の経緯、記事によってまちまちのように読めたりするし、御本人が「タイトルがミスリード」と指摘したりも

ちなみにGoogleの検索結果の1ページ目も、カタカナの「フェイクニュース」はほぼドラマ関係のみになっています。これは時間の経過とともに解消されていくかとは思いますが、テレビとネットメディアのタイアップは、やはりSEO的にはものすごい影響力ですあることを感じますね(どちらも検索エンジンからは「信頼できるリソース」と認知されているだけに) また、Wikipediaでは「フェイクニュース」を「虚偽報道」に転送していることからも、こちらのドラマ名でキーワード上位を席巻する理由のひとつになっているかもしれません。これは、Wikipediaの編集コミュニティでも「フェイクニュース」という言葉の主意は「虚偽報道」であると合意が取れている証左でもありそうですね。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%9A%E5%81%BD%E5%A0%B1%E9%81%93
野木亜紀子 フェイクニュース(ドラマ) ドラマ ねとらぼ フェイクニュース BuzzFeed Japan Twitter ミスリード テレビ
11
ますたん(dj MASTER, 223-0P) @Master2230
昨日の新聞見てたらラテ欄でNHKのドラマ「フェイクニュース」ってのが取り上げられてたんだけど、その説明見る限りではなんか「ネット炎上≒フェイクニュース」としているような印象がして「ん?」と思った。
ますたん(dj MASTER, 223-0P) @Master2230
実際に視聴したわけじゃないのでとりあえず感想検索かけてみたらやはりそういう広い意味での「フェイクニュース」で使われてたようであっ…(察し)
ますたん(dj MASTER, 223-0P) @Master2230
あと、"#フェイクニュース"のハッシュタグ、元々は(マスコミでも個人レベルのツイートでも)デマ注意喚起みたいなものだったのにドラマの話で完全に上書きされてる…。これも狙い通りなのか知らんが。
アクロイド🍋3/11立ち見チケット @7bg5WOf9CzkBtG0
#フェイクニュース を見てから「釣られる」ことが減った。 好きなアーティストが「問題児」呼ばわりされてる見出しとか見ると昔は怒りでその記事をボロクソ叩いてたけど、それこそバズるから結果的に向こうの思惑通りになっていることに気づかされた。 PV数の貢献にならないようにスルーしてる。
デマの拡散 = フェイクニュースという用例:「NHKのドラマのフェイクニュースみたいだな」
井上太郎 @kaminoishi
私のツイートを批判するならきちんと一言一句吟味しそのツイートの趣旨目的まできちんと精査してから批判してもらいたいと思います。根拠が確認できないことは「ような・らしい」等を用い決して断定する発言はしません。マスメディアのように一部切り取り批判は所詮ツイート、無視かブロックするだけ。
ピエール007 @lllolllolllo
@kaminoishi 前川さんに関してのツイートは、どうしてあんな風に呟いたのかとても不思議です。たくさんのリツイートで広まってしまい、信じてしまった人もいるでしょうしNHKのドラマのフェイクニュースみたいだなって思いました。
金子 翔 @kakerupc
@kaminoishi あなたがやってる事は”批判する価値すら無い”んだよな。 「日本を愛する」とデマを生み出さずにはいられなくなるの? twitter.com/kaminoishi/sta…
金子 翔 @kakerupc
@kaminoishi プロフィールに「嫌いなもの 嘘」って…。 開いた口が塞がらない…。
脚本の野木亜紀子さんへの依頼の経緯、記事によってまちまち?

※編注※

それぞれの記事から引用すると、相反するのは以下のところかなと思います。

https://www.asahi.com/articles/ASLBK5GM4LBKUCVL00Y.html
「北野プロデューサーが野木さんに書かないかと提案してきたのは、恋愛や結婚をテーマにしたドラマだった」

https://news.yahoo.co.jp/byline/narimareiichi/20181020-00101116/
「僕自身も新人時代、報道記者をやっていまして、ずっと、社会的なテーマを、エンタメを通して世に問いたいと思っていました」「まだ枠もとれてない段階で、ドラマを一緒に作りたいです!と連絡して、雑談の中でいくつか企画を提示したら、恋愛や夫婦ものではなく、誤報を正すチームの話をやりたいと言われたのが記憶に残っています」

後者の要約では前者にならないとは思いますが、果たして。

やん @skd7
NHKが必死に頼んだ 逃げ恥の脚本家が挑む偽ニュース:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASLBK…
やん @skd7
NHK土曜ドラマ『フェイクニュース』放送記念 プロデューサー・北野拓インタビュー(成馬零一) - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/byline/narimar… @nariyamada NHKドラマ #フェイクニュース を盛り上げるための記事2つ。相反する内容でどちらかがフェイクなのはわざとなのだろうか?
やん @skd7
朝日だと恋愛ドラマを依頼。インタビューでは初めから社会的なドラマの脚本を依頼になっているw
「タイトルがミスリード」「フェイクニュースのフェイクニュースなんてサイコーですね」
朝日新聞(asahi shimbun) @asahi
NHKが必死に頼んだ 逃げ恥の脚本家が挑む偽ニュース t.asahi.com/uclb
リンク 朝日新聞デジタル 29 users 166 NHKが必死に頼んだ 逃げ恥の脚本家が挑む偽ニュース:朝日新聞デジタル 「逃げるは恥だが役に立つ」や、現在放送中の「獣になれない私たち」で話題の脚本家・野木亜紀子さんが、報道をテーマにNHKドラマ「フェイクニュース」を書いた。新興のネットメディアを舞台に、1本のツイート…
獣になれない野木亜紀子 @nog_ak
この記事、文字数もあるんだろうけどタイトルがミスリード。フェイクニュース前編を試写で見た後にこのタイトルをつけるとは笑。「NHKが必死」ではなく、北野Pが必死だったという話です。 >NHKが必死に頼んだ 逃げ恥の脚本家が挑む偽ニュース:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASLBK…
HHH(3H) @hhh100531
@nog_ak 見出しがフェイクニュース前編で語られたままですね。 ミスリードは自組織全体の信頼性を損なうだけと何故気付かない? と、この手のものを観る度思います。 校閲が機能していないのか、そこの人の感性が歪んでいるのか。 真実に勝るものはないし、情報氾濫の中、真実以外は不要と感じてます。
MORI Kyosuke @kyosuke_mori
@nog_ak 最近、大手メディアのミスリードちっくなヘッドラインが多いんですよね…そして、起きる事件は『虚構新聞』でも想像し得ないことご怒ったり(^^;
築地市場 @tsukijishijo
@nog_ak フェイクニュースのフェイクニュースなんてサイコーですね
知雪@4児の母になりました✨ @ChiyukiEsu
@nog_ak N=なんか H=必死の K=北野P だから、NHKであってるってことにしときませんか? しときませんか…
知雪@4児の母になりました✨ @ChiyukiEsu
@nog_ak 画像が北川景子だったので、旦那のDAIGO風に(笑)
497🦊 @starfes
リアルフェイクニュース状態なのはさておきwこの記事の野木さんの恋愛ドラマに興味ない発言で思ったのは、半青や大恋愛がなぜ面白いのかは北川さん大石さんが恋愛に興味あるからという単純な理由なんだろうなと思った
sail @hysknttnkk
#フェイクニュース というドラマを野木亜紀子氏が書くと聞いた時、まさにこんなケースを思い浮かべた。もともと"虚構のニュースをメディアが流す"ことを指す言葉じゃなかったかな。 #NHK twitter.com/nog_ak/status/…
黒い三連星 @saitama1972
NHKが必死に頼んだ 逃げ恥の脚本家が挑む偽ニュース:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASLBK… ネットのニュース=フェイクニュースと印象付けたいようだけど…もう既存メディア(テレビ地上波、新聞)がフェイクニュースの元凶だとバレてるから無駄(笑)
残りを読む(35)

コメント

pt2012 @pt20121 2018年10月23日
経緯に関してはさらに新説:「そのときに野木さんは、誤報を扱ったドラマがやりたいんですと言われていて、僕も野木さんもフェイクニュースに興味を持っていたので、それで持ち帰って企画書を作りました」 https://news.mynavi.jp/article/20181023-fakenews/ このへんは結局、あまり状況を確定するような説明がなく、記者それぞれの理解で書かざるを得なかったという感じかもですね。もはや音声でも聞かない限りはわからないですね。
pt2012 @pt20121 2018年10月23日
上記記事を紹介していたライターさんのツイートはこちらです。 https://twitter.com/mijiyooon/status/1054623160132194304
pt2012 @pt20121 2018年10月23日
更に追いかけてみたら、やはり経緯やプロデューサーの本人像も含め、記事によりかなりばらつきがあるというのが実際のようですので、改めてこちらの後半に収録しました→https://togetter.com/li/1280043 記者ごとに解釈が違うのであれば読み手としては判断しようがないのですが、それでもこういった情報提示をもとに読み比べて考えるしかなさそうですね。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2018年10月23日
「KYって誰だ」みたいなことになってるんです?
pt2012 @pt20121 2018年10月23日
Clearnote_moe どちらかというと、その後の「KY = 空気読めない」みたいなことをしようとしているのかを確認しようとしているところですね。まあこれもたまたま偶然同じワードが流行しただけなのかもですが… https://dic.nicovideo.jp/a/ky
pt2012 @pt20121 2018年10月23日
あと、これもたまたまなんでしょうけど「KY」も「フェイクニュース」も、その年のユーキャン流行語大賞にエントリーされています(KYが2007年、フェイクニュースが2017年) https://www.narinari.com/Nd/2007118266.html https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12050630/?all=1
kartis56 @kartis56 2018年10月23日
pt20121 KYの「その年」は1989年です
pt2012 @pt20121 2018年10月24日
kartis56 ありがとうございます。「KYって誰だ」のその年については、ご指摘の通りですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする