10周年のSPコンテンツ!
35
tarafuku10 @tarafuku10
ジョーダン・ピーターソンの「なぜマルクス主義は魅力的なのか」を訳してみた。2017年10月に開かれた公開トークショーからの抜粋です。質問しているのは観客のひとりです。 youtube.com/watch?v=6h_mMV…
拡大
tarafuku10 @tarafuku10
質問者: マルクス主義はなぜ、古典的自由主義などに比べて根強いイデオロギーのでしょうか。マルクス主義は19世紀半ば頃から存在し、大学キャンパスなどほとんどすべてのものを支配しようとしています。 pic.twitter.com/3at9J1hy1k
拡大
tarafuku10 @tarafuku10
ピーターソン: いい質問です。最初の共産主義者 ‐ ここではとりあえずロシアということにしておきましょう ‐彼らは今日のマルクス主義者に比べれば、哲学的にそれほど非難されるようなものではありませんでした。理由としては、彼らはユートピア構想を持っていました。
tarafuku10 @tarafuku10
これは必ずしも良いことではありませんが、彼らはこれが必ずしも良いことではないことを知りませんでした。欧州の古い貴族体制は崩壊しかけ、ひどい戦争を体験し、帝政ロシアといえば、まあ共産主義に比べれば地上の楽園かもしれませんが、問題があったことは間違いありません。
tarafuku10 @tarafuku10
ニーチェですらこう言っています。「共産主義は実験の価値はあるかもしれない」。しかし著書『力への意思』の中でこうも言っています。「結果として何億もの人が死ぬことになるだろう」。これは歴史上最も注目に値する予言の1つと言っていいでしょう。
tarafuku10 @tarafuku10
だからマルクス主義が魅力的というのはわかります。ユートピア的です。しかし、暗い側面もあります。「あなたより持てる者はすべて、それをあなたから盗むことで手に入れた」。これは、人間の精神に潜むケイン (聖書の登場人物) 的要素(訳注: 平たく言えば嫉妬)に強く訴えかけます。
tarafuku10 @tarafuku10
「持てる者はすべて汚いやり方で手に入れた」という考え方により、嫉妬はもちろん、それを取り返すための行為が正当化されます。それは美徳にすら見えます。これは恐るべき憤りの哲学です。また、病的な反人間的エートスも一役買っています。多くの環境運動の基礎にあるのがこれです。
tarafuku10 @tarafuku10
もちろん、私たちが地球に対してひどいことをまったくしてないと言いたいわけではありません。たとえば、海に対して理解不能なほどひどいことをしています。しかし、環境保護の運動家が「人類はこの惑星の癌である」と身も蓋もない言い方をするのを聞いたことがあります。
tarafuku10 @tarafuku10
もし誰かがこのようなことを言ったら、一目散で逃げてください。(聴衆一同、笑)。なぜなら、これは、精神の根源的な部分でジェノサイド的だからです。したがって、まだ調査されていないさまざまな動機がマルクス主義の復活を後押ししているのだと私は思います。
tarafuku10 @tarafuku10
これは、子供たちが受けている質の悪い偏った教育の結果でもあります。子供たちは第二次世界大戦やナチについてある程度知っています。しかし、ソ連と中国で何が起きたのかはまったく知りません。私は人格について大学で教えていますが、1930年代にウクライナで300万人が餓死したことについて...
tarafuku10 @tarafuku10
...ほとんどの学生はまったく聞いたことがないと言います。なんということでしょう。私たちは長い冷戦を闘い、地球を滅ぼしかねない事態だったというのに。ところが、スターリンや毛沢東の政治体制がありえないほど残虐だったことを認めるのは、新マルクス主義者にとって不都合です。
tarafuku10 @tarafuku10
だから、彼らはこれについて話さないと決めたのです。このように、さまざまな腐敗がマルクス主義を推進しています。しかし、その最大のものは「憤り」でしょう。私が考える最悪の感情、最悪の行為は、憤り、欺き、傲慢さです。これら 3 つが合わさるとき、気を付けなければならない力が生まれます。
tarafuku10 @tarafuku10
質問者: マルクス主義はこの世から消えてなくなることはあるのでしょうか? それとももっと勢力を強めるのでしょうか?
tarafuku10 @tarafuku10
JP: マルクス主義はポスト・モダニズムやアイデンティティ・ポリティクスに姿を変えたのだと私は考えています。非常に巧妙なやり方です。これはフランスの学者、主にデリダとフーコーがもたらした結果です。マルクス主義は消えようとはしていません。新しい戦術をとろうとしているのです。
tarafuku10 @tarafuku10
誰も想像していなかったことですが、彼らはいたるところで中位レベルの統治組織を支配しようとしています。したがって、脅威は高いレベルの政治組織に存在するのではありません。個人を支配する権力は必ずしもそこにあるのではないのです。こうした権力は小さな政治構造、サブ政治構造にあります。
tarafuku10 @tarafuku10
たとえば、教育委員会。たとえば、カナダ・オンタリオ州の弁護士会は、弁護士に原則声明の提出を求めようとしています。テンプレートまで用意して、原則声明に何を含めるべきかご丁寧に指示までしようとしています。これは基本的に、平等、多様性、包摂についての声明です。
tarafuku10 @tarafuku10
その原則声明に同意して提出しなければ、それは基本的に自分が差別主義者と認めることになり、弁護士資格を取得できません。オンタリオではこれについて現在大きな論争が起きています。私たちはこの論争に勝てるかもしれませんが、油断はできません。また、一般の人々が、中位レベルの...
tarafuku10 @tarafuku10
...統治組織の支配に油断しすぎていることも理由のひとつです。こうした比較的小さな権力を持つ地位を乗っ取ることが得意な集団に、それを簡単に許しています。これには気を付けなければなりません。なぜなら、これは本当に良くないことだから。そして、反撃するのが非常に難しいことだから。(了)
tarafuku10 @tarafuku10
男女平等の取り組みに関して「男女には生まれついての性差がある」と社内メモに書いたことで Google 社から解雇されたエンジニアのジェームズ・ダモア氏の動画。事件の概要が本人の口から簡潔に語られています。 twitter.com/hkakeya/status…
tarafuku10 @tarafuku10
ジョーダン・ピーターソンはカナダ・アルバータ州出身の臨床心理学者。1962年生まれの56歳。バーバード大学で教鞭を執った後、現在はトロント大学の教授。今年初めに出版した「12 Rules of Life」が200万部を超えるベストセラーに。左派による大学教育現場の支配を強く批判。 pic.twitter.com/WVQPsrtmoR
拡大
tarafuku10 @tarafuku10
あと、6つ目のツイートにある「ケイン」は「カイン」のまちがいです。「カインとアベル」のカイン。ごめんなさい。

コメント

原酒 @shimekirigenshu 2018年10月25日
翻訳に感謝します。 カナダも教育界と法曹界を左派に握られているのですかね。
八代泰太 @clockrock4193 2018年10月25日
更に言えば、中位レベルの階層の人間を煽りやすいんだよなあ。 「優秀な自分が今の無能な権力者を蹴倒して、無知な下層民を指導すれば、もっとより良い社会になる。プロレタリア独裁だ!」 って下克上と無制限の権力行使の両方を全肯定する理論だから。
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2018年10月25日
『脅威は高いレベルの政治組織に存在するのではありません。個人を支配する権力は必ずしもそこにあるのではないのです。』←たしかに日本でも、国民の自由を直に束縛しにかかるのは政府じゃないもんな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする