カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
2
一田和樹 @K_Ichida
『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書11月10日)目次の一部が掲載されました。米国や欧州はもちろん、アジア各国の実態も紹介しています。フェイクニュースやネット世論操作を語るうえでフィリピンやインドの実態やミャンマーの民族虐待はかかせません。 amazon.co.jp/dp/4040822447/ pic.twitter.com/OiOBIgmuf0
 拡大
一田和樹 @K_Ichida
備忘録代わりに今後の予定。 11月10日『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)、12月14日『大正地獄浪漫2』(星海社)、2019年1月安部響子シリーズ3巻(集英社)、上半期サイバーサスペンス物(某社)。『大正地獄浪漫』の3と4が2019年に出るとするといっぱいです。ないとヒマ。
一田和樹 @K_Ichida
考えてみると、本格ミステリの新作を書いていないので絶賛原稿依頼募集中です。前代未聞のトリックの本格ミステリ書きます!(質と面白さもがんばります) フェイクニュースの新書が売れたら続巻って可能性もあった。今回のアジア版なので中南米編、中東編、アフリカ編とかできる(とらたぬ)。
一田和樹 @K_Ichida
現代ビジネスに『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)の紹介を寄稿しました! 引き続き次の記事では日本で起きていることを紹介する予定です。 「ネット世論操作で敵国を攻撃…フェイクニュースは「兵器」になった」 gendai.ismedia.jp/articles/-/582… gendai.ismedia.jp/gendai-shinsho #現代新書
一田和樹 @K_Ichida
記事中にある世界48カ国で行われているネット世論操作をまとめた資料ではその予算や規模の推計も行っています。新書では著者のひとりに推計方法とその誤差について確認しています。また、SECに摘発された金融業界専門のネット世論操作会社数社も取り上げ、紹介しています。
一田和樹 @K_Ichida
『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)は現状を概観した上で、東南アジアを中心に事例紹介しています。ハイブリッド戦とネット世論操作とフェイクニュースの日本語の資料は少ないので参考になると思います。Mentionmap社の協力を得て小規模ながら独自の実態調査も行いました。
一般社団法人セキュリティ対策推進協議会 @spread_jp
ネット世論操作で敵国を攻撃…フェイクニュースは「兵器」になった gendai.ismedia.jp/articles/-/582… #現代新書
結城由羅@世界忍者国 @yura_yuki
"SNS上で世論操作を行うためのロシアの組織)の年間予算は数百万ドル(中略)日本円換算で数億円から10億円以上となる。だが、戦闘機の値段に比べたら極めて安価" なるほどコスパが良い。 ネット世論操作で敵国を攻撃…フェイクニュースは「兵器」になった gendai.ismedia.jp/articles/-/582…
一田和樹 @K_Ichida
ネット世論操作につけ込まれる民主主義4つの脆弱性のひとつ「脆弱なメディア」にもろにあてはまっています。日本は4つの脆弱性の全てに該当し、憂慮すべき状況です。 ネット世論操作で敵国を攻撃…フェイクニュースは「兵器」になった | 現代新書 | 講談社(3/3) gendai.ismedia.jp/articles/-/582… twitter.com/t_trace/status…
hashimoto hiroki @musevanreyback
「沖縄知事選の投票が行われ、玉城デニー氏が当選…日本の選挙が世界の他の国と同様にフェイクニュースの戦場になったことが明らかに…前回のアメリカ大統領選においてロシアが干渉していた…」/ネット世論操作で敵国を攻撃…フェイクニュースは「兵器」になったgendai.ismedia.jp/articles/-/582…
一田和樹 @K_Ichida
また、アメリカ大統領選で成功したロシアの手法がフランスでは失敗した理由をサイバー対策からメディアとの協力関係など具体的に解説しています。ぜひ原文を読まれることをお勧めします。時間のない方や英文が苦手な方には『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)をオススメします。
宮脇睦@LVL48.みやわきチャンネル @miyawakiatsushi
ネット世論操作で敵国を攻撃…フェイクニュースは「兵器」になった gendai.ismedia.jp/articles/-/582… #現代新書 とても日本が遅れているのね。
Seikoh Fukuma @doku_f
この本気になる。あとで読んでみよう。「角川新書から11月10日に上梓する『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』は、読者がすでに新しい戦争のまっただ中にいることを自覚させる本である。全体の解説から世界各国と日本の状況をコンパクトにまとめた。」
南アジアの産業発展と日系企業のGPN @SouthAsiaGpn
「強いリーダーシップでインドを引っ張ってきたモディ首相の足元が揺らいでいる。与党インド人民党(BJP)では重鎮が次々に離反して政権批判を強め、“モディ下ろし"を画策する一派も現れた」 nikkei.com/article/DGXMZO…
七千夜叉 @volantverba
★ネット世論操作で敵国を攻撃…フェイクニュースは「兵器」になった(一田 和樹) | 現代新書 | 講談社(2/3): gendai.ismedia.jp/articles/-/582…: 『右派政党BJPがトロール(書き込み要員)を雇い、敵対する政党や反BJPのジャーナリストを攻撃する書き込みを行わせた』まさに自民党。
藤村厚夫 @afujimura
「フランス政府は2018年8月に『情報操作 デモクラシーへの挑戦(INFORMATION MANIPULATION A Challenge for Our Democracies)』と題するレポートを公開した。世界各国の取材と調査を基にしたフェイクニュースとネット世論操作に関する包括的な資料だ」|gendai.ismedia.jp/articles/-/582…
「嘘と真実を見極める大切さを訴える『フェイクニューススタンド』」も登場
AdGang @adgang_jp
嘘と真実を見極める大切さを訴える『フェイクニューススタンド』 ift.tt/2yUptDc pic.twitter.com/1XsAySXogM
 拡大
デザインメモ @designmemo_jp
“自分が信じたくない内容だからといって、フェイクニュースだと思い込んでしまってはいけない” / 嘘と真実を見極める大切さを訴える『フェイクニューススタンド』 | AdGang adgang.jp/2018/11/168129…
藤村厚夫 @afujimura
米New York市のBryant公園近く、ありふれているが、ユニークなニューススタンドがたたずむ。ラックに並ぶのは、よく見かける雑誌や新聞かと思いきや、すべて実在しない“フェイクニュース”メディアばかり。中間選挙を意識したジャーナリズム団体によるキャンペーン| adage.com/article/advert…
津田大介 @tsuda
これあいちトリエンナーレ2019でも、展示(というかどこかで見られるように)したいなぁ……。www3.nhk.or.jp/news/html/2018…
一田和樹 @K_Ichida
津田先生の御高著も『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)とほぼ同時期に書店にならぶようです。おそらく全く違う視点と結論だと思いますので、両方読むとバランスよく情報を摂取できると思います。 twitter.com/tsuda/status/1…
NHK国際部 @nhk_kokusai
事実に基づかないフェイクニュースの拡散が各国で問題になる中、アメリカのニューヨーク中心部に、あえてフェイクニュースだけを集めて、新聞などの形にして売ることで警鐘を鳴らそうという売り場が登場しました。 www3.nhk.or.jp/news/html/2018…
KOUNOSUKE2001 @PANASONY2001
@nhk_kokusai アメリカは遅すぎます。 日本では数十年前から、中国・韓国・北朝鮮らの特定アジア国に異常なまでに媚びへつらい、偏向報道を垂れ流しつつ国民から視聴料を半ば強制的に徴収する、フェイクニュースだらけの公共放送が存在するんですよ。 ご存知ですか?
残りを読む(25)

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018年11月5日
2005年に行われたブロガー懇親会(民主党のhttp://bit.ly/2QkgEcL 自民党のhttp://bit.ly/2JD2rF3 )とか、孫正義 @masason 氏がTwitterからの質問や要望にすぐ返事をするとかあったんだけど、もう孫さんも滅多にTwitterに書かなくなったとか、ブロガー懇親会に出席した人のブログも更新が途絶えたとか、ネット発言が地下に潜る時代になったのかね。このまとめのテーマって、一時期騒がれた「ステマ」にも通じるものがある。その「ステマ」って、今は?
hizen31415 @hizen31415 2018年11月5日
興味深い内容ではある。しかしネット上のフェイクニュースだけでは片手落ちだ。既存マスコミのフェイクニュースを無視しては意味がない。
ゆゆ @yuyu_news 2018年11月5日
狙って火をつけたニュースと、自然発生的にうっかり大炎上してしまったニュース(豊川信用金庫事件的な)とあるから、正誤はあるかもしれないけど、その背景の悪意を見抜くのは難しいのでは。誤解から大炎上してスパイ疑惑とか怖すぎるわ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする