限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
10
NYの会議通訳者が教える英語 @NYCenglessons
私は雇う側にも雇われる側にもなってますからかなりの自信を持って言いますが、「我慢が足りない」「努力が足りない」としょっちゅう言われている人たちは、だいたい我慢しすぎの傾向があるのです。本当に我慢も努力もしない人たちは、そんなことを言われる前にさっさと逃げ出していますから。
NYの会議通訳者が教える英語 @NYCenglessons
仕事の話をするんでも「スルー」とか「フェードアウト」とかいう言葉を頻繁に使う方々が一部にいらっしゃいまして、彼らは要するに平気で黙ってトンズラします。こういう人たちは表面的な愛想が良すぎるとか、突っ込んだ話をすると話題を変えるとか、割と共通した傾向があります。続く。 twitter.com/NYCenglessons/…
NYの会議通訳者が教える英語 @NYCenglessons
逆にやたらと「申し訳ありません、もっと頑張ります」とかいう人たちは自分の弱みを見せすぎですから、奥さんと喧嘩した上司の鬱憤晴らしの対象にされたりします。ほとんどの組織は一部の仲間外れを「必要」としていますから、そういう立場に置かれた人が「頑張る」のは自分のためにはなりません。 twitter.com/NYCenglessons/…
NYの会議通訳者が教える英語 @NYCenglessons
ついでに言うと、合わない職場で頑張っても良い結果は出ません。上司に嫌われる理由も「自分より良い大学を出ている」「容姿が気に入らない」「ゴルフも麻雀もしない」「仕事ができすぎる」など色々あります。外の世界にはそういうことが問題にならない環境はいくらでもあります。 twitter.com/NYCenglessons/…
NYの会議通訳者が教える英語 @NYCenglessons
逆に自分が高学歴かつ高所得でありながら底意地の悪い人というのもたまにいるんですが、彼らは自分が今まで周りに踏みつけられながら、自分も周りを踏み潰して這い上がってきた人たちです。幸せな環境で働いたことがないのです。近くにいると迷惑ですから離れた方が良いと思います。続く。 twitter.com/NYCenglessons/…
NYの会議通訳者が教える英語 @NYCenglessons
組織の中には、こういう底意地の悪い有力者が派閥を作って一定部門を掌握していることがあります。しかし周りを踏みつけてのし上がってきた分だけ敵も多いので、何かの契機に派閥ごとクビになったりします。組織にいる間は誰とでもつかず離れずの関係を保つことが不可欠。内部派閥を作ってはダメです。 twitter.com/NYCenglessons/…

コメント

いかおとこ @mororeve 8日前
こいつ前なんか適当かましてたよね
BUNTEN @bunten 8日前
「ほとんどの組織は一部の仲間外れを「必要」としています」親子揃って小学校でこれをやられた。orz
ステンレスたわし @hushuutawasi 7日前
>組織にいる間は誰とでもつかず離れずの関係を保つことが不可欠  これは心掛けてるな。100%上手くいくわけじゃないけど、「取り込まれる」のだけは回避するように意識してる。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする