10周年のSPコンテンツ!
0
zionadchat39 @zionadchat39
コワーキングスペースのカフェを出て エレベーターに乗り込む。6階。 外を見る。
zionadchat39 @zionadchat39
羽虫の死骸。 羽虫というより 甲虫。羽の硬い。 1枚目の写真に赤丸でサークルした。 このサークル内に甲虫の死骸。 動いていないから たぶん死骸。 すでに2階へのボタン押していて エレベーターのドアが閉じたので 再度、6階に戻って撮影した。 pic.twitter.com/kbNMQj5G6z
拡大
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
2枚目の写真に紫色でサークルした。 スマホで10倍ズームイン撮影。 pic.twitter.com/MX4EVImmjX
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
ノーマル標準撮影の1枚目写真の 赤丸サークルには、 遠くのビル群 サークル内に収まってる。 twitter togette で 画像大きさは同じ。 赤丸サークルと 紫色サークルの大きさも ほぼ同じ。 pic.twitter.com/GCR5h7myz2
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
togetter 。 r 抜け落ちてた。 サークルの大きさを、 羽虫が へばりついて死んでいた ガラス平面基準 大きさで描くと こんな感じ。 pic.twitter.com/w1B6V7ZLOS
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
俺の視線方向は、こんな感じ。 俺の顔 正面に 羽虫の死骸と、 ビル群背景を 見ている。 光子複数、光子群は 俺の視線方向と 逆向きに来たとするのが、 光学機器であるカメラと 被写体の間(あいだ)を 近接作用で電磁現象が 光子がボールのように 届いたという 古典力学モデルでの 一般解説。 pic.twitter.com/FLXoTAvoIe
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
フィンマンの本に、 ニュートンも考えたという、 光の反射率と透過率の話。 ガラスの厚みを変えると、 光の透過率が徐々に下がり 単調減少かと思ったら、 そうでなく、再び 光の透過率が上がる。 これを繰り返すらしい。 この図にトリックが潜んでいる。 pic.twitter.com/QvbelvQujl
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
ガラスの厚みを考えないで、 ガラスを輪郭線のような 縦線で描くと、 抽象的、数学的に考えてしまう。 光線が、ガラス表面で反射し、 残りがガラス内部に突入し、 ガラスの裏側を抜け出る。 ガラスの厚みがあれば、反射率が 単調増加するだろうと、 イメージする。 思い込みで。 pic.twitter.com/J57Z456Mv3
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
でも、実験すると違うようだ。 ガラスの存在を 縦線1本で表すのでなく、 2本の線で描いて、 さらにガラス板を構成する ガラス物質、Si原子複数を 描き込むと、。。。 pic.twitter.com/IZZuEjhkG9
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
動いているのは、 光子複数、光線で、 ガラス板は 動いていない。 として、 描いた図。 pic.twitter.com/j6nVPJftnW
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
先程の拡大図に、 光線がガラスに触れる位置へ、 光線の光子群だけが 集まり通過しようとするのでなく、 Si(ケイ素)原子それぞれが放つ 重力波が、動いて 届いてるような絵図、。。。 描いた。 pic.twitter.com/BW1J7eb5te
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
もちろん、今、これを理解しろ というのではない。 ガリレオは地面に立ち、 地面は不動として、 鉄球1つが 落ちて来るイメージと 鉄球2つを繋げた鉄アレイが 落ちるイメージを比較した。 ガリレオは、地球という 球(たま)をイメージできなかったから、 或いは、 鉄球1つが地球と同じ重さだったら pic.twitter.com/Q5Nd1rB02U
拡大
zionadchat @zionadchat
amzn.to/2PMiuGl R.P. ファインマン の 光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 Amazon でチェック! pic.twitter.com/e9a152zgiH
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
何を目指してるかは、 示せた。 まずは スナイパーとして 己(線路系観察者)と 背景(線路風景)と、 標的(線路に対する相対速度0の列車)で、 数学的抽象思考が落とした 豊饒さを積み上げていく。 観察者と被観察者(対象)の 位置関係を徹底しった説明に 入る。

# 草稿 Galileo to Newton 「12」標的固定

今回は 草稿のを使わなかったので
iPad だったので、今回 入れなかった

残骸。今回のから追い出したもの。

次回以降 丁寧に説明。
残骸は、これ以外に多々だが

一度に説明しては、混乱なので。
今回は、先に観察者も
なにかに対して動いてる。

立場交換の話じゃなく。

そこ目指してるだけ、出した。

あとで 草稿 整理するけど、
それより 次の記事を書き出し優先させる。

残骸のを1つ1つ丁寧に。


timekagura @timekagura
要(ようは、 今回話した  量子力学に関係するような話は、 アインシュタイン氏と ローレンツ変換のローレンツ氏が 誤認したトリック部分と関係ないんで、 ガラスの厚み、ゼロ。平面。 3次元空間内に存在する平面として、 話を進めるという、言い訳を 先に述べさせて もらった。
timekagura @timekagura
特殊相対性理論が アイデアマン アインシュタイン氏の 宇宙項とかと同じような。 あら間違ってた。 それでいて、本質では、量子力学の地図となる、 アイデア、アインシュタイン氏の。 3次元空間で光線(こうせん)軌跡一定じゃなく、 ミンコフスキー魔改造空間で 光線軌跡一定に するだけで
timekagura @timekagura
量子力学の地図となる。
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする