40
まるてん@九州炭鉱研修 @ckbthbr
今日見付けた謎の事故の写真。板谷氏とも話して、場所は羽幌炭礦鉄道の築別川第一橋梁と判明。だけど事故の詳細が全く判らない。派手に脱線、川へ転落してるから大事故のはずなのに… pic.twitter.com/8nbtdqMcCj
拡大
拡大
拡大
拡大
いたや @AKAIWA8095D
そもそも、石炭羽幌に書いてあったら一瞬で分かるというのに記載なし。なんなんだこれ
いたや @AKAIWA8095D
ウチの資料庫にある社内機関紙である石炭羽幌でもこんな記録は一切なかったし、こんな事故だったら国鉄も黙ってないだろうし
まるてん@九州炭鉱研修 @ckbthbr
ソ34って国鉄の車両ですよね… 完全に国鉄さん把握してるじゃないですか…
戯言使い はっしー @tasyumigata
てか、クレーン車「ソ」が来る事故って、めっちゃレアだな
戯言使い はっしー @tasyumigata
ソ30形がそもそも稼働してる&事故車を片付けてる写真ってだけでも貴重なのに、ソ30形がまだ蒸気クレーン車だった時の写真ってコレおまえ、、、ウルトラレア。役満ですよ
いたや @AKAIWA8095D
何がアレって、ソ34号機は車籍が岩見沢車なんだよね。それだけじゃ飽き足らず、国鉄旭川車のソ104号機も導入して救援活動に従事しているってことがヤバいと思う。 ちなみに、ソ34号機は小樽鉄道博物館の野外にて静態保存されている
戯言使い はっしー @tasyumigata
え?これ板谷氏が話してた消防呼んで橋脚吹き飛ばしたやつじゃないの?
まるてん@九州炭鉱研修 @ckbthbr
この事故の影響でコンクリートを使うような補修でもしたんですかね
まるてん@九州炭鉱研修 @ckbthbr
先日の脱線事故画像のリツイート先に信憑性の高い情報がないか追ってるけど全く手掛かりがない
こむろん @komuron9971
何かこの事故、前に爺ちゃんから聞いた気がするな……
こむろん @komuron9971
@ckbthbr 写真交じりに話を聞いたことは覚えてるんですが、何分小さいころの話でして、あれはとても大変だったんだ、くらいにしか覚えてないです…… その祖父ももう今はいないので聞き直すこともできず… お役に立てずすみません…
いたや @AKAIWA8095D
昨日、まるてそが発見した羽幌炭砿鉄道の脱線事故の写真だけど。1970年4月に発生したものじゃないかと疑い始めた
戯言使い はっしー @tasyumigata
まるてんさんが公開した羽幌炭鉱脱線事故について板谷氏と電話会議。爆笑の渦&凄い色々な事が解った。これ、ホントにスゲェ写真だぞwwwww
戯言使い はっしー @tasyumigata
で、いたや氏と2人で持ってる羽幌の資料をぜーんぶひっくり返したんですが、脱線事故に関する記述無し。はい、この事故やっぱり揉み消されてますはい。
まるてん@九州炭鉱研修 @ckbthbr
あの事故の推察の話を聞けて私は満足☺️
いたや @AKAIWA8095D
そいや、どこかに第一橋梁を歩いて渡った時の写真があったな
いたや @AKAIWA8095D
あー、間違いないな。この傷。 セキ車脱線事故の時の衝撃で折れ曲がってるわ… pic.twitter.com/gvqIe0i3jW
拡大
戯言使い はっしー @tasyumigata
凄いヤバい。羽幌炭鉱鉄道脱線事故の絞り込みホント楽しい。てか、、、鉄道マニアの方々も必見ですわコレ、、、
いたや @AKAIWA8095D
そして最後の最後に羽幌本坑の立坑開発課の人が羽幌炭砿鉄道五線停留所で発生したデハ1001の火災事故に巻き込まれそうになるんだから笑っちゃうでしょ
いたや @AKAIWA8095D
羽幌炭砿鉄道で発生した五線停留所でのデハ1001火災事故について当時の資料を漁っていたら、当時の乗客は4人。しかも乗客のうち2人は羽幌炭砿鉄道職員の築別砿業所生産部次長の和気氏と羽幌本坑運搬立坑を手掛けた開発課副課長の矢崎氏で、道央圏の立坑見学の帰りだったっぽくて更に草
いたや @AKAIWA8095D
C95では北海道最北のビルド炭鉱『羽幌炭鉱』についての同人誌を販売します。羽幌炭鉱倒産時に廃棄された月報や機関紙、技術資料などを元に歴史や技術、ぶっ飛んだ裏話等を中心に資料点数80点以上、未公開写真等を用いて解説を致します。 12/31(月) 西地区“し”ブロック-05a にてお待ちしております! pic.twitter.com/ZvIDrlJ0xn
拡大
拡大
拡大
拡大

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする