TwitterAPI有料化は可能な限り対応予定です。続報あり次第公式アカウントにて報告いたします。
2018年11月17日

人権は国際法規、人権を守ることは「国の義務」。 ~よしりん「国家が無いところで人権が守られるわけない」に寄せて~

それはあたかも雇ったガードマンが「私がいてこそ貴方の安全は守られる」と言い出すようなもの。 一方で国にしか出来ない、国しかしない人権保護はある。それは「教育と福祉」。 万国よ、団結せよ。グローバル経済から税の権利を勝ち取るために。
6
町山智浩 @TomoMachi

人権を保障しない国家なら国民にとって存在意義がないのです。人権とは人が自分を守るために作り出した相互安全保障だと考えていますが、国家はそのためであって、国家を国民の人権に優先するのは本末転倒です。会社も同じで、従業員のための共同体です。住宅ローンのために過労死するのは愚行です。 twitter.com/no_bondage_/st…

2018-11-16 00:23:18
住友陽文 @akisumitomo

基本的人権よりも国家の方が先行して存在しているとしか理解できない者は、すでにそれにより日本国憲法を無視し、それに反していると言わざるを得ない。答えはちゃんと憲法にある。憲法が前提にしているロジックというのは実態がどうであれ、そういうものだ。

2018-11-16 16:01:23
住友陽文 @akisumitomo

例えば、憲法11条。「基本的人権の享有を妨げられない」とある。つまり憲法や憲法を制定した国家よりも以前に基本的人権が「すでにある」ということを前提にしている。だから「妨げられない」だ。そして国家や憲法以前的な基本的人権が「現在及び将来の国民に与へられる」と。人権は「天賦」とされる。

2018-11-16 16:06:56
住友陽文 @akisumitomo

憲法97条も同じ。「憲法が…保障する基本的人権」は「人類の多年の…努力の成果」であり、「現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託された」と。国家や憲法より以前に人類史とともに人権はあり、それが今に「信託」されているとされる。日本国憲法の理窟とはそういうもの。

2018-11-16 16:08:37
住友陽文 @akisumitomo

しかるに2012年自民改憲案は、その憲法11条の「基本的人権の享有を妨げられない」の「妨げられない」という文言を削除して単に「享有する」で止める。意味は同じじゃないかと思うかもしれないが、全く意味が違ってくる。すなわち基本的人権は憲法及びその国家によって与えられることになるからだ。 pic.twitter.com/bcjsVqmelt

2018-11-16 16:19:09
拡大
住友陽文 @akisumitomo

わかるかな? 「基本的人権の享有を妨げられない」だったら、妨げるという行為の前に「基本的人権の享有」が「ある」ということになるが、「基本的人権を享有する」だったら、憲法発信で基本的人権が発生することになるわけだ。あの改憲案を作った者は分かっていて慎重に文言を変更しているのだ。

2018-11-16 16:20:26
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

人権は理念としてまず自然権、と言うだけなく、戦後世界では国連が世界人権宣言及び法的効力を持つ国際人権規約で規定。個人が国家の頭越し人権救済を国際機関に求める個人通報制度があり、国の枠を超えた人権機関があり、また国内には政府から独立した人権機関の設置が求められている、と言う枠組み。 twitter.com/C4Dbeginner/st…

2018-11-17 04:55:37
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

また冷戦終結後の1993年、国連世界人権会議のウィーン宣言において 「全ての国家が国際連合憲章、他の人権に関する国際法規、並びに国際法に則り、全ての人権と基本的自由を普遍的に尊重し保護する義務を遂行する必要があることを厳粛に再確認する」とした。→

2018-11-17 05:11:33
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

ウィーン宣言は「すべての人権は普遍的であり、不可分にして、互いに依存しており、関連している。国際社会は全ての人権を地球規模で、公平に、同じ根拠で、同じ重大性を持って扱わなければならない」とした。 人権は国家を超えた権利であり、国際法規に則る。 「個々の国家に則る」事は排された。

2018-11-17 05:17:29
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

この様に「人権」は戦後間もなくの世界人権宣言、1960年代の国際人権規約、1990年代のウィーン宣言などを通して国際法上の意味をアップデートさせて来た。 然るに、日本は数々の国際条約にある、個人が人権救済を国際機関に直接求める「個人通報制度」を、すべて未だに批准していない。OECD国には稀。

2018-11-17 05:33:52
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

また1992年国連人権委採択の「パリ原則」で、国連加盟国は「政府から独立した人権機関」の設置を求められており、現在世界110か国に存在するが、日本には未だにない。つまり日本は明らかな人権"後進”国なのが現状であり、それを改善しない事は自ら参加している国際条約に反する。

2018-11-17 05:43:37
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

この様な日本政府の態度、条約履行のサボタージュは、人権が「国家を超える権利」である事を認めなければならないのだが認めたくない、と言う事だろう。 必然的に国内における人権についての周知・広報活動も「国際法的息味」を説明せず、思いやりがどうのの”道徳”の話にすり替える。

2018-11-17 05:49:42
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

この「人権」についての周知・広報の欠如から起こる「国民の無知」が、世界の現状を無視して国賦人権論だの、「憲法が国家を縛るのは王制時代の話」だのと言った、自民改憲案にも表出したガラパゴス思想を生き長ら得させている。よしりんの言説もこの様に生まれた「無知」の一つに過ぎないだろう。

2018-11-17 05:54:52
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

それが「無知」でないなら、日本が実際に締結している国際条約に則して「この条約は認められない」とか「この宣言は認めない」とか「国連自体を認めない」と言った立ち位置を具体的に明らかにする必要があり、それをしないと言う事は単にそれらを「知らない」からだろう、と思われて仕方がない。

2018-11-17 05:58:10
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

国連は実際に法的・物理的実効性を持つ「国家の枠を超えて人権を守る」活動を多数行っており、難民保護のUNHCRなどは分かりやすい例だろう。武力を用いるPKOもある。

2018-11-17 06:19:54
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

一方で、上記の様な国連の活動を別にすれば、現在の国際社会に於いて「実際に日々国民の人権を守る能力を持つ」のは「国」である、と言う事も事実。これも国民が「税金を払う」事に対応した対等な契約関係であり、国が”恩を施している”わけでは勿論無いのだが。

2018-11-17 06:24:50
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

しかし日本人は、「封建的主義的家父長家族制度の拡大モデルとして国家を規定する」事を明治にやっているので、その惰性として「”親の恩”の延長として”国の恩”がある」、国(戦前なら天皇)は家父長である、国民はこれに「報恩」する事が国家安泰の道である、と言う思考を無意識にしているきらいがある。

2018-11-17 06:30:46
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

国民の人権を守ることは、国際法上の「国の義務」。国民は国がその義務を果たせる様に「納税の義務」を自らに課している。ガードマンを雇っている様なもの。雇ったガードマンが「私がいるから貴方の安全は守られているのだ」と言い出し、警備会社の繁栄のために貴方の身を捧げろ、と求めてきたら?

2018-11-17 06:37:12

一方

田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

日常的に国民の人権を守るために必要な活動で、「国」以外は企業も国際機関も原則的にしない事、はある。「国」の重要な機能ですね。 それは「教育」と「福祉」。この”ゆりかごと墓場”こそが、国家が成り立つ要諦。

2018-11-17 06:48:10
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

企業は人の「労働」を商品として買うが、その人は教育によって労働する能力を得ており、また肉体が衰えた老後には福祉によって一生を全うする。 この「前」と「後」のコストを、企業は直接払っていない。

2018-11-17 06:54:04
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

専ら国が行う基礎教育・福祉の原資を企業から間接的に徴収するのが「法人税」だが、冷戦終結以降の経済グローバル化の中、いわば「国民を抱える国」が”労働提供者”として国際企業から買い叩かれる様になり、その競争の結果として法人税は大きく下がっている。国は教育と福祉の予算捻出に苦しんでいる。

2018-11-17 07:09:17
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

冷戦終結後から今に至るまで、政治においては民族、宗教の様な「内向きのローカリズム」が強まり、一方経済だけは「国境を越えて世界単一化」している。これは相互作用でもある。 国が国際企業による世界ビジネスの市場になっても、国際企業は「教育」「福祉」だけは「国がやる事」として顧みない。

2018-11-17 07:17:01
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

グローバルビジネスは労働力と言う果実を国境をまたいで世界で貪りながら、それを「育てるサイクル」は「国」に丸投げしている。 こうなると国はグローバル企業の下請けの様な存在で、自国民と言う労働力の提供対価(法人税)を、他国を睨んでダンピングせざるを得ない。→

2018-11-17 07:24:20