2018年11月17日

CHL学科6期大阪校Day 7アイデアピッチ

医療x地域をテーマにした医療専門職によるマイプロ・プレゼンイベント「医療を変える、社会を変える:医療者たちのアイデアピッチ in 大阪」の記録。2018/11/17(土)13:30-17:00、Pine Brooklyn(大阪市福島区)にて開催。
0
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

持続可能なケアを地域のみんなといっしょにつくる医療者(ジェネラリスト)を教育で支援する民間非営利法人です。

http://t.co/CWIY15rfnX

一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

病気の根っこにアプローチする研修「CHL学科」第6期大阪校は、いよいよ半年間の研修の締めくくり、アイデアピッチを明日開催。満員につき事前登録がないと会場に入場いただけませんが、このアカウントで簡単な速報を予定しています。11月17日(土)14:00頃から16:30頃まで。終了後まとめます。#chlbyms pic.twitter.com/H1TXwVQAKO

2018-11-16 16:36:07
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

地域x医療のアイデアピッチは、大阪会場でまもなく開幕。ピッチの様子は簡単に速報していきます! #chlbyms pic.twitter.com/RYHBbH29jT

2018-11-17 13:05:22
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

「医療を変える、社会を変える;医療者たちのアイデアピッチ in 大阪」スタート!内科医の林さん発進。自分がはまったベリーダンスを健康意識を高めるため、地域の女性に拡げるPJ。患者グループなど少人数グループから実践中。#chlbyms pic.twitter.com/Y4JbYsYuyI

2018-11-17 13:57:46
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

林さんへの質問。1)敢えて地元のキーパーソンに行くよりダンス愛好家から始めて拡げたら?、2)年を重ね家にこもる男性への発展もありうるのか?3)対象者を絞って拡げるイメージがあるのか?全方位的なのか?4)口コミで集まる人は意識レベルが高い。本当に運動が必要な人にどうリーチする?#chlbyms

2018-11-17 14:02:54
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

1人目林さんへの質問の続き。5)LGBTqのかたをこのPJでどうとらえているのか。6)潜在的にこもっている人を意識した方がいいのでは?インストラクターになる医療者の報酬をどうするのか?#chlbyms

2018-11-17 14:05:03
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

2人目スタート。訪問看護師の平山さん。自分らしく生きて逝くmyナース制度創設PJ。かかりつけ看護師がほしい、の患者の声から発想。健康なときから自費看護(健康相談や予防看護等)から始める仕組み。1人づつ拡げていきたい。社会的弱者も使えるようにするにはどうする?が悩み。#chlbyms pic.twitter.com/sId2hg3qa5

2018-11-17 14:11:32
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

2人目平山さんへの質問。1)月額の利用料と費用対効果をどう考えている?2)保健指導と予防看護の違いは何?旅行の介護支援との違いは?訪看がつく優位性は何?3)利用契約者とニーズの掘り起こしをどうする想定か?どこまで網を拡げるつもりか? #chlbyms

2018-11-17 14:16:20
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

3人目出陣。家庭医の江口さん。子宮頚がんで悲しむ女性を減らすPJ。毎日10人が子宮頚がんで亡くなる日本。早期発見ができれば完治するのに、受診率が低調。中でも受診率をあげるために地元のかかりつけ医や小児科医に依頼し、母親のついで受診の際に検診勧奨を進める。#chlbyms pic.twitter.com/x7dsfTedZZ

2018-11-17 14:22:05
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

3人目江口さんへの質問。1)発症年齢が若年化している背景をどう分析しているの?2)晩婚化する中で、小児科に来るお母さんは対象とずれているのでは?働いている女性に企業産業医経由もあるのでは?3)検診受診はハードル高い。自己採取して持ち込む形もありでは?#chlbyms

2018-11-17 14:26:24
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

江口さんへの質問の続き。4)受診率勧奨をした効果は測定できているのか?5)予防接種が有効と思う学生期を念頭に活動を構想してもいいのでは?6)学校健診でかかわるのも一手ではないか? ここで10分休憩。#chlbyms

2018-11-17 14:28:36
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

休憩明けてOTで病院経営企画を担う濱田さんスタート。来年度に向けて新たに経営戦略を院内の仲間と立案する。理念から紐解き、地域ニーズ、院内の実情を踏まえて戦略ビジョンを描き、可視化された指標でまわす想定。院内と自治体、地元の理解を得ながらどう進めるか悩み中。#chlbyms pic.twitter.com/axHlJDrfPv

2018-11-17 14:44:23
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

4人目濱田さんへ。1)理念にある「地域に信頼される」とはどんな状態を目指す概念?戦略との関連は?2)経営戦略室と経営陣との関係性をどう構築している?3)地域のニーズは捕らえずらいもの。細分化してどう把握する? #chlbyms

2018-11-17 14:50:04
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

5人目助産師の峰さん開始。助産師によるプチオンライン育児相談室の立ち上げマイプロ。30分予約制、TV会議利用の自費サービス。特に乳児期・施設入所前のお母さんにサービスが行き届いていない。相談の質担保のために助産師の振り返り、他の専門職への紹介、相互の教育扶助を構築する予定。 #chlbyms pic.twitter.com/GP5ZXrPDv9

2018-11-17 14:56:36
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

峰さんへの質問。1)30分の相談料はいくらを想定?2)相談は最初1対1かもしれないが、ピアカウンセリングに転ずる発想は持っているのか?3)この手の相談を使えない、人との関わりに悩んでいる人はどうする考えか?4)どんな助産師が相談に乗るか心配な人にどうする?スーパーに座ってみる?#chlbyms

2018-11-17 14:59:42
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

峰さんへの質問。5)お産した地域と子育ての地域が異なる人も多い。地理的な制約をこえる発想が必要かもしれない?6)この相談事業の法的問題はクリアしている?7)遠隔医療のガイドラインが出ているが、これは医療じゃないからクリアできるのでは?#chlbyms

2018-11-17 15:02:05
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

6人目医療SWの森井さん。独居や経済的問題、セルフネグレクトなど退院が難しい人を減らせないか、のマイプロ。そのために退院支援をする支援者が困らない体制つくりを進める。組織単位でのネットワークで支えたい。インフォーマルな社会資源とつながる、見守りの体制強化、当事者理解から。 #chlbyms pic.twitter.com/z7Dd2X4D7N

2018-11-17 15:07:28
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

6人目森井さんへの質問。1)行政とはどんな連携を期待しているのか?2)どのくらいの規模の対象者をイメージしたPJなのか?最初から大きいと関わり方に迷う人が増えるかも。3)各組織の経営上のコンフリクトをどう解消する?#chlbyms

2018-11-17 15:13:29
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

7人目。救急医の高場さん。持続可能なER型救急を立ち上げるPJ。一次から三次まで同時に診れる体制をいま構築する必要が強い地域。院内でのコンフリクトと向き合いつつ、人材の確保も進めていく計画。とりわけ人材確保に悩んでいる。ERが教育資源にもなり、経営資源にもなる提示ができるか。 #chlbyms pic.twitter.com/QaoaxjqPew

2018-11-17 15:19:54
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

高場さんへの質問。1)むしろ一次救急をささえる方向がいいのでは?ER型は救急医を疲弊させるかも。2)人と資金の循環をうまくできる仕組みができればいいが。3)ER型はむしろ医療資源をたくさん必要とするかも。どう考える?4)ER型の住民メリットは何? #chlbyms pic.twitter.com/P5yqBRcWX7

2018-11-17 15:25:31
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

休憩明けて開業医の小林さん発進。5〜10歳の子どもが親と命を考える地元のPJ。心音聴取、在宅介護体験、心肺蘇生体験等。アンケートで効果を把握しながら、チームを増やし組織づくりに展開していきたい。クラウドファンディングも検討。 #chlbyms pic.twitter.com/DB3BF77h1g

2018-11-17 15:41:45
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

小林さんへの質問。1)医療からみた命だけを考えることになるのかもしれない。異なる捉え方を包摂できる工夫が必要?2)目的がいまいち分からなかった。何を伝えたい?3)いのちへの感性は医療関係者に高く、若者に低いことを前提にしている印象。アンケートでは何を把握する? #chlbyms

2018-11-17 15:47:02
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

小林さんへの質問の続き。4)子どもだけでなく親にメッセージを伝えていく意識も必要と思った。 #chlbyms

2018-11-17 15:47:41
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

診療所の内科医安井さんにバトンタッチ。急激に人口増加する中で、最期まで充実した暮らしができるコミュニティ整備、医食住の提供PJ。具体的には予防医療、在宅療養を提供する体制づくり、食を楽しむための地産地消の推進、多世代のつながりづくり等。 #chlbyms pic.twitter.com/z7H0q3J1hp

2018-11-17 15:53:09
拡大
一般社団法人Medical Studio @medicalstudio

安井さんへの質問。1)いま組成した会は3つの柱を束ねるための組織?2)どんな主旨の活動なの?3)逆に人口減少地域でのまちづくりってどんな未来があるのだろう?4)何から始めるのか、何をいましているのか見えない。最初に手をつけるならどれ?進捗は?プラットフォームづくり?#chlbyms

2018-11-17 15:59:14
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?