211
エターナル総書記 @kelog21
「日本の長谷川先生が認知症になった」 「長谷川先生は長谷川式を完全に覚えているので長谷川式で診断できない」 って、世界中に衝撃を与えるニュースじゃないですか。 pic.twitter.com/DFPAl3FFLZ
拡大
リンク 文春オンライン 183 users 9373 認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」 | 文春オンライン 社会の高齢化に伴い、認知症患者が急増している。厚労省の発表によれば、2012年時点で国内の65歳以上の認知症患者数は462万人にのぼり、2025年には約700万人、高齢者の約5人に1人が認知症になると…
リンク Wikipedia 1 user 31 長谷川式認知症スケール 長谷川式認知症スケール(はせがわしきにんちしょうスケール)とは、長谷川和夫によって作成された簡易的な知能検査であり、主に認知症患者のスクリーニングのために用いられる。言語性知能検査であるため、失語症・難聴などがある場合は検査が困難となる。日本においては、MMSEと並んでよく用いられる。かつては長谷川式簡易知能評価スケール(はせがわしきかんいちのうひょうかスケー..
いっちゃん@下手のヴィーナス @kageka0331
長谷川先生が認知症やて…!?ホンマに???信じられへん…世の中、分からんもんやなぁ…
瑠衣ちゃん @a_da_ba_na
あの長谷川式の生みの親が認知症になってしまったんですね…。若き日の先生が認知症医療に大きく貢献したことにより未来の自分を救うことにもなったのでしょうね。 twitter.com/kelog21/status…
庄屋サトル権兵衛 @beatles0614
長谷川和夫先生、認知症になられていたのか…
のぞみ @col_cet48
今日のNHK、長谷川先生の特集…。医療者として考えさせられることがたくさんあった。 認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」 #文藝春秋 #認知症 bunshun.jp/articles/-/7221
スーちゃん@台湾でコロッケ売ります @su_chan_tw
『長谷川式認知症スケール』、以前介護の仕事をしていた時に使用していました。 長谷川先生... #長谷川式 #介護 #介護士 twitter.com/kelog21/status…
テル @fallentoOmega
長谷川先生認知症になっちまったんか
瑛心 @eicoarioso
いま、ニュースを見ていて驚愕。認知症スケール開発者としても有名な長谷川先生御自身が認知症に罹られていたなんて…。
りんごあめ @ringo7810
長谷川式考案者の長谷川先生が認知症って見て、なんとも言えない気持ちになった、、、
じゃりばん @yuu__rkrn
長谷川式スケールの人認知症になっちゃったのか… 医療系に携わっていれば知らない人はいないよな…
. @radykhm
認知症なら真っ先に長谷川式って言われるくらいに有名な長谷川先生も認知症なのか。
ぶり @BaltimoreKmters
認知症といえば長谷川式簡易認知評価スケールっていうくらいの超有名人です
smithyoko @smithyoko
長谷川式の長谷川先生が認知症だというニュースを見た。 認知症になっても自分を失う訳ではなく、ふと自分自身に戻る瞬間があると。 自分を冷静に分析されている姿に涙が出た。
おりた @toronei
いやこれは凄いわ。 / “認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」 | 文春オンライン” htn.to/mX7EUff4tYr
女子大生トレーダー @mindfullness225
長谷川式認知症スケールを作った長谷川先生が認知症を発症して、自ら体験を語るとかエモい。エモすぎる。
うるおい訪問看護リハビリステーション @ns_pt_ot_st
「長谷川式簡易知能評価スケール」を開発した長谷川和夫氏(89)は、昨年10月の講演で、自らも認知症であることを明かした。 「開発者の私は、この質問項目を全て覚えているので、正しい診断ができない(笑)。」との発言は"確かに"と衝撃を受けたが、ユーモアがあって好き。 bunshun.jp/articles/-/7221
城井ふとん / joyfuton @futon345
認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」 #文藝春秋 #認知症 bunshun.jp/articles/-/7221 “開発者の私は、この質問項目を全て覚えているので、正しい診断ができない(笑)。なので、難しい心理テストをいくつも出してもらうことになりました。”
Spica @freie_Herz
長谷川式スケールの考案者。とても柔軟で素敵な先生だ。 ~少しずつでもいいから、認知症をみんなが学ぶ。「認知症の人も私と同じように、楽しみたい、幸せになりたいと思っているんだ」という気持ちで。 認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」 bunshun.jp/articles/-/7221
Kai Redeyes @k_redeyes
認知症医療第一人者 長谷川式スケールの長谷川先生が 自身も認知症になっていたのね それでも勉強し続けている姿勢 リスペクト
Satoll @arinko_4277
認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」 #文藝春秋 #認知症 bunshun.jp/articles/-/7221 いつ誰がなってもおかしくない、認知症。 これからの課題なんだろうなぁ...
修学会 @syuugakukai
長谷川先生の長谷川式スケール問題は、神経心理屋が認知症とか高次脳機能障害になった時どうすんだろ?って問題とも通ずる。 ただ「それでも測れるのが神経心理テストの良いところ」とは思っている。
リンク ニュースウオッチ9 - NHK 3 users 8432 ニュースウオッチ9 - NHK 「そもそも」を掘り下げ、「見て、聞いて、納得」するニュースを目指す「ニュースウオッチ9」ホームページでも、番組とキャスターの魅力を、しなやかに発信します。
リンク 朝日新聞デジタル 12 users 789 長谷川式スケール開発の専門医が認知症になって:朝日新聞デジタル ■「なぜ私が・・」の思い、今はより分かる かつて、「痴呆(ちほう)」と呼ばれて偏見が強かった認知症と、私たちはどう向き合えばいいのか。長谷川和夫さんは半世紀にわたり、専門医として診断の普及などに努めな…

コメント

Kongo @kongo_kirishima 2018年11月23日
何が衝撃なのかわからない。人は誰しも老いるだけ。この方もそうであるというだけ。
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2018年11月23日
映画の「花いちもんめ」を思い出した。公開当時認知症という概念もなかった時代、アルツハイマーによる「ぼけ=痴呆」にかかってしまう元教授とその介護にあたる息子の嫁の日々を描く作品。この映画で介護保険制度が検討されるキッカケになったんだよね。
時計じかけのミカン @mkn_inv 2018年11月24日
財前五郎だってガンで死んだんだから、そりゃあり得る事だよね。そもそも長谷川式は認知症の現象面での分類法であって治療法じゃない。どの程度の症状かが分かるだけで治せないんだから。
あさい(@asaist) ⋈ @asaist 2018年11月24日
嗜銀顆粒性認知症ということで80代以降に掛かりやすい認知症というお話でしたね。自分がなったことの体験を語られていたのが印象的でした。
クロヒバ @kuro_hiba 2018年11月24日
認知症を自覚して、なおかつ周りの人に伝えられる事って出来るんだと驚愕。認知症になった事を自覚できるのか?と家族がなってから気になってました。この人はどう思ってるんだろう。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2018年11月24日
認知症の偉い先生が89歳になるまでガンにも心臓病にも脳卒中にもならず認知症になったというのもある意味天の配剤なのでは
ローストの肉 @ROM69787270 2018年11月24日
あなたが深淵を覗くとき、深淵もあなたを覗いているのだ
お知らせ @yozakifumii02 2018年11月24日
永六輔の無名人語録に「昔はボケるまで長く生きなかった」と書いてあったの思い出した。
らてーる @tenta325 2018年11月24日
今は初期だから覚えてられるのかな? いつか自分が開発した診断法でちゃんと認知症だと診断される日が来るんだろうな
マシン語P @mashingoP 2018年11月24日
死刑廃止論者の弁護士が身内を殺されて転向したような衝撃はないな。
お知らせ @yozakifumii02 2018年11月24日
言える時に言う勇気は凄い。
マッカチン @ManabonHam 2018年11月24日
今がいつなのかわからない。自分の年齢が解らない。場所が曖昧。なんか夢の中に居る時と似ている気がする... そう考えれば、なんとなく優しくできる気がする
IheY @kujira090 2018年11月24日
自分は関係ないと無意識に思ってる事柄が、いざ自分の身に起こるとどうなるのか想像もできないよ。けど、自分自身も、家族も地続きで確実に存在する未来の姿。 時間というルールで、死亡フラグを回避したら必ず訪れる未来には老いる。 インフラも公共施設もサービスも企業も老いる。人体に例えると動脈になる流通や、静脈になる地域産業も。 廃墟マニアだけがよだれを垂らすだろう。
しぇりりん(平成ジャンプ無限大組) @m_sheririn 2018年11月24日
認知症ってもいろんなタイプあるからなぁ…権威だからって罹らないわけじゃないし
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん @sengodebu 2018年11月24日
エターナル総書記ってなんやねんその名前・・・
K山、 @henzanryou 2018年11月24日
個人的に「『認知症』ではなく『認知不全症』が本来あるべき名称ではないか?」という主張への支持を捨てるつもりはない。 .
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2018年11月24日
初期症状のうちに対処をすると、進行を抑えられるものだったりすることもあるから、それを簡便に診断できるスケールが使えないのは大変ということかなと。そして、わりと認知症「自分が若いころに熱心だったこと」はしっかり覚えてたりするから、自分が研究開発したものを忘れるとするとかなり進行してからになりそうな気がする。
HANATARAY @hanataray 2018年11月24日
良記事だなあ。痴呆症と言われて恥とされていた過去からずいぶん変わった。これからもっと変わらないと。
おつめ🍎一人目妊活 @rieri_m 2018年11月24日
物事を逆順に言うとかの、あのテスト?の規格を作った方かしら。 一定以上長生きしたら軽重の差はあれ全員かかる病気みたいなものだからなぁ。死ぬことと一緒で、あまり怖がることはないよ。 その頃になって介護してくれてる方に迷惑をかけないよう、なるべく人の言うことを素直に聞くように心がけている。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2018年11月24日
むしろ医者の不養生じゃなかった結果て感じよね…認知症ばっかりは努力で防げるもんじゃねえし
杉山 兆 @Kiz_Sugiyama 2018年11月24日
故・岩田隆信先生の『医者ががん患者になってわかったこと』(中経の文庫) ご一読をおすすめします。
Dally @Dally_Shiga 2018年11月24日
kuro_hiba 介護する家族のための認知症の解説本は溢れているけれども、「自分が認知症かも?」と感じている患者本人に向けて書かれた本はないという記事を読んだことがあります。自覚症状がある方も決してなくはなく、なおかつ大多数ではないためかあまりフォローされていない分野のようです。
冶金 @yakeen4510 2018年11月24日
財前五郎? あれ純粋な創作じゃなかったっけ? 小説と事実をごっちゃにするのは変だろ……。
冶金 @yakeen4510 2018年11月24日
老いる=発症する、ではないようなので、やっぱり衝撃的なんだろうな。医学なんてこんなもん、と割り切ってしまえばいい。
和菓子 @nkltsl2 2018年11月24日
認知症研究者が認知症になってしまったというのは、個人にとっては辛い現実だとは思うけど、人類にとっては大きな希望だと思う。 NHKのインタビューで「認知症当事者になってその辛さが解ったので、もうかつてのように生易しい事は言えない」という風に話してたのが印象的だった。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2018年11月24日
nkltsl2 若くして認知症を外から研究し、老いては認知症を己の内側から観察する。 今後、長谷川先生の語る認知症の内側は認知症という疾患の概念を大きく深く拡げてくれるのではなかろうか
かめあたま さおたろう @yamasan73 2018年11月24日
人類はそのうちに認知症も克服するのだろうか・・・。
musyokunin @musyokunin 2018年11月24日
そもそも認知症が全ての患者にとって不幸な事とは限らないからな。死ぬ間際まで意識が鮮明だったり、老いてから連れ合いが死んだのを認識するっていうのも苦痛だと思う。と今年祖父祖母が亡くなってから思うようになった。
無式MT @MxxTxxxx 2018年11月24日
言うほど信じられないか? まっさきに野口英世が思い浮かんだわ
瑞樹 @mizuki_windlow 2018年11月24日
「認知症予防の第一人者」ではないからねぇ……
cal @___KUMA_KUMA___ 2018年11月24日
kuro_hiba 私の祖父も認知症を自覚して病院にかかり、実際にそう診断されました。「最近何か変なんだ」と不安そうに言っていました
ビンゴ @Tyatya_pudding 2018年11月24日
この話の「衝撃」が単に「認知症になったこと」だと思ってるやつらばっかりでわかってないやつ多すぎ。 時代を作った有能判別スケールが全く役に立たない超例外的事例が「制作者が認知症になる」ということで生まれてしまったということが驚きどころだろ。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2018年11月24日
Dongpo_Jushi_x 認知症は予防のしようがないから仕方がないけど、うつ病の方は「そんな働き方してたら絶対うつ病になるだろ」って働き方して罹患してるし、多くのうつ病患者を救おうと努力した結果なのがまた闇が深い。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2018年11月24日
『開発者の私は、この質問項目を全て覚えているので、正しい診断ができない』と言うのが何より凄いわけで。ゲーデルの不完全性定理みたく『公理が自分自身を評価できない』的状況が発生してる、という。
九銀@半bot @kuginnya 2018年11月24日
結局こうなるんだから人生なんてクソゲーでしかない
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2018年11月24日
長谷川スケール(HDS-R)の設問調べてみたんだが、『「これからいう 3 つの言葉をいってみてください。後でまた聞きますのでよく覚えておいてください」と教示する。「桜・猫・電車」あるいは「梅・犬・自動車」のどちらかを使う。』これ、開発者ならずとも設問知ってたら完全にアウトだな。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2018年11月24日
その次の「100-7は?その答えからさらに7を引くと?」も問題知ってたら即答しそうだからアウトだろう。
特急ニセコ @ExpressNiseco 2018年11月24日
つまり、認知症の確認テストを作った自分自身が、答えも何もかもまだ覚えているが故にその認知症テストが通用しない「例外」になってしまったと言う、ある意味「過去の自分への痛烈な一撃」を食らわせてしまった訳ですね…
特急ニセコ @ExpressNiseco 2018年11月24日
例えがアレですが、全ての答えを把握している「全知全能」の弱点こそが、こういう「何でも知っているが故に何も出来ない」という矛盾めいた事態なのかもしれないですね…
ephemera @ephemerawww 2018年11月24日
当然に予想できたことであり、こうなることも蓋然性の高いことだったのでは? やはり驚くことではないと思う。それよりこういう話を聞くにつけ、なぜ老人が増えていくのに尊厳死の議論は高まらないのかと思う。病気や死は自分に訪れないと思っていないか
ビンゴ @Tyatya_pudding 2018年11月24日
これに近い事例は料理研究家の服部幸應先生が調理師免許をとれない(なぜなら調理師免許の問題を作成する側だから)だと思う。
なんもさん @nanmosan 2018年11月24日
kuro_hiba 認知症患者に症状の自覚がないわけじゃないんですよ。程度問題こそあれ初期は誰もが自分がおかしくなってることをわかっていて、症状の進行にともないそれすらどんどんぼやけていくのです。いっぽう人生経験にもとずく感情だけはかなり先まで残りますから、周囲の扱いの変化や自分の無力さを実感していくのはかなり苛立たしいもののようですよ。
なんもさん @nanmosan 2018年11月24日
Tyatya_pudding 服部先生が子供の頃から調理師免許は存在してましたし、彼自身が調理師学校創設者の息子ですから、免許を持ってないのは単にそのための勉強をしてないだけですよ。要は経営者としての勉強しかしてない料理の知識がちょっとあるだけの人です。有名になる前に仕事して個人的にちょっとだけ知ってますけど、自己宣伝のやり方がちょっと胡散臭い人でしたな。偉大なる先行者としての辻静雄先生はきちんと料理人を立ててましたし、ちょっと格が違う感じです。
araburuedamame @rpdtukool 2018年11月24日
癌の第一人者も癌になって、がん性疼痛を「煮えたぎった油を注ぎ込まれているような痛みである」とか書き残していた記憶。
ぷらずまわい @plaxma_y 2018年11月24日
ロールシャッハも解釈は非公開だけど知ってる医療関係者には意味ないよな。
Cook⚡退院したよ!近況は固定ツイ。もうしばし鍵。 @CookDrake 2018年11月24日
これ、報道されたの結構前の話よね。改めて報道があったのか。
CAW=ZOO@喪中 @CAWZOO 2018年11月24日
ボケという名称から認知症に変えてやっと認知症という単語が認知されてるのに認知不全にしろとか、誰が得するんじゃ(マジレス)しかもわざわざ長ったらしく変えて。何がそれで認知されるの。
ぬめりけ@ガチで永遠となりかけてるよろず屋に幸あれ @pokute55 2018年11月24日
えっ?カリスマ整体師さんも肩が凝るときはあるだろうし、救急救命士だからって事故に遭いにくくなる筈もないんだけど、認知症だけなんで専門家がなるなんてびっくりな空気が…?生活習慣病とかと違って本人の行動である程度防げる類いの病気じゃないし、医者の不養生にすらあたらないと思うんですけど
旭町旭 @dondondondon2 2018年11月24日
9割の医療従事者は病死する
なんもさん @nanmosan 2018年11月24日
pokute55 いや認知症は本人の行動で「ある程度は」防げる病気と認識されてるからこその驚きもあると思いますよ。むろん防げない病態の認知症もあるわけですから、仮に軽度でもあってもあえて本人の意思で発表した感はありますね。
ぬめりけ@ガチで永遠となりかけてるよろず屋に幸あれ @pokute55 2018年11月24日
nanmosan そうなのですか。無知ですみません、ありがとうございます。どうしても脳の老化で起こる、というイメージがあるので、リハビリで症状を抑えるのはわかるけど老化を防ぐのは無理では?と思ってしまっていました。偏見がとけてよかったです。
neologcutter @neologcuter 2018年11月24日
「医者が病気になるときは、自分の専門分野の病気になる」とマーフィーの法則にある。なるほどね~
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2018年11月24日
研究対象が原因で亡くなった研究者って多数いるから正直違和感は無いなぁ。放射性物質を扱う研究者はそれを原因とする凄惨な死に方してるケースがいくつかあるし、感染症を研究していた医師の志半ばに・・・ってエピソードはそれこそ多数あるでしょ。野口英世とかも私生活の畜生っぷりはそこそこ知られてるがそれでも名を遺すのはやはり研究中に病に倒れたことが理由である気がするよ。
カミ @kami2805 2018年11月24日
人間の命の限界ってやっぱ80くらいなんだな。
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2018年11月25日
長谷川式認知機能検査は今年正式に保険適用になったんだよなあ
クリスセドン @sedooooooon 2018年11月25日
ツイッターユーザーもどんどん認知症の人が増えていってわけわからんツイートが量産されていくのだろうか
田町光る月夜茸そば🍄 @Saint_Kiramichi 2018年11月25日
黄熱病を研究していて自らも黄熱病に罹患しちゃう野口英世みたいなものか(それはちょっと違うか)
ユーコン @yukon_px200 2018年11月25日
「公表するのは勇気ある」とは言うが、レアケースを見すぎて感覚が鈍麻しているのかも知れん。或いは達観
えぬやま @hungrynamekuji 2018年11月25日
数ヶ月前のニュースだと思ってたけど、今更「ニュース」なんだ?
冶金 @yakeen4510 2018年11月25日
でももっと重くなったら「自分で作ったが忘れました」ってことになるんじゃないのか??
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2018年11月25日
dondondondon2 本当かね? 自殺が1割に到達したらその命題は崩壊するぜよ?
旭町旭 @dondondondon2 2018年11月26日
d2N5Q4GciZtsa2e 老衰と事故死は病死ではないからね。日本人全体では、老衰4.8%、不慮の自己3.3%、自殺2.1%。足して8.0%は病死ではない。 医療従事者の死因は普通の人と大差ないだろうから、9割で合ってる。
なうなう @twi_nau 2018年11月28日
読んでも冷静に分析できててぜんぜん大丈夫そうで驚きが無い
さだこーじ ツイッターデトックス中 @SadaKoji 2018年11月29日
人は自分のことはわからんものよな(´д`;)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする